おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

雨畑ダム公害

雨畑公害 静岡新聞調査報道

堆積汚泥・私はこう向き合う/異様な富士川水系、歩いて調査を 佐藤駿佑博士(海洋科学)【サクラエビ異変 母なる富士川】|あなたの静岡新聞




調査報道を続けている静岡新聞に感謝

以後記事

不法投棄により富士川水系に流出したとみられる高分子凝集剤入り汚泥(ポリマー汚泥)の分析実験を行った高分子化学が専門の佐藤駿佑氏(30)は10日までに静岡新聞社の取材に応じ、「水系のありさまは異様だ。河川にポリマー汚泥が残留している可能性が極めて高い」と指摘した。その上で、石油由来の高分子凝集剤の代替製品となり得る天然由来の凝集剤開発が必須と警鐘を鳴らした。


 −富士川水系を何度も訪れた感想はいかがですか。
 「山には自然があり生物も見つけた。しかし、川は暗い灰色で見たことがない川になっていた。人工的というか自然の中で川だけが浮いている印象。弾力が強い泥は、住民も『これまで見たことがない』と話していた」
 −日本軽金属雨畑ダムの堆砂も見ました。
 「ポリマー汚泥の不法投棄現場と雨畑ダムは同じ富士川水系雨畑川にあり、1キロも離れていない。長年不法投棄していたのは、ダム管理企業が出資する採石業者。水系を荒廃させ『死の川』にしたきっかけは、ダムの大量堆砂だ。その処理が違法なポリマー汚泥の河川内投棄を誘発した側面はないのか」
 −富士川水系に残留するポリマー汚泥の実態調査をする山梨・静岡両県への期待はありますか。
 「アクリルアミドポリマー(AAP)が紫外線で分解され生じるアクリルアミドモノマー(AAM)検出のため、両県は富士川水系計11地点で各点200ミリリットル程度採取して調べている。1地点当たりの採水量が少な過ぎる。流域全体の安全性を保障するものには到底なり得ない。近辺で水を利用している特定の人がいて、その人のために行う調査なら理解できるが、『とりあえず爐覆き瓩箸いΔ海箸魍里める』という意図が透けて見える。最も危険なのは地下水系に入り込み、井戸などに流れ出たケースや、河川内の『ホットスポット』だ。実際に歩き、どこにそうした箇所があるか探すのが第一歩だ。ただ、両県が目指すべきは富士川水系の自然環境の回復であり、人と自然の共栄だ。汚泥の除去はその前提条件にすぎない」
 −環境への深刻な負荷に対処する新法のプラスチック資源循環法成立をどう見ますか。
 「石油由来のプラスチック製品の抑制だけでなく、代替品の開発にこそ重点的に国の予算を配分するべきだ。環境中に放たれた高分子凝集剤の特定や回収は技術的に困難で、コストが伴う。そうすると、不法投棄がはびこるという悪循環が生じる。そこには構造上の欠陥がある」=随時掲載します
 (「サクラエビ異変」取材班)

 さとう・しゅんすけ 1990年生まれ。博士(海洋科学)。2018年3月、東京海洋大大学院海洋科学技術研究科応用環境システム学専攻卒業。同大学術研究院技術補佐員として天然凝集剤の研究開発に従事するなどした。東京都出身。




雨畑ダム公害 行政の不作為

凝集剤22トン、富士川に投棄 報道までの10年間、 山梨県が発表|あなたの静岡新聞


これ犯罪ですよね?
静岡新聞が調査報道しなければ、表に出なかった公害
ニッケイ工業の当時社長は山梨県の元治水課長という天下りとこれも静岡新聞が報道。
山梨県内には調査報道出来る地方メディアは存在しないので、常に企業や行政からの発表報道をそのまま垂れ流すのみ。






富士川水系雨畑川で採石業者ニッケイ工業が長年続けていた、高分子凝集剤入り汚泥(ポリマー汚泥)の大量不法投棄で、山梨県は合計約22トンの凝集剤が河川内に投棄された、との調査結果を26日までに発表した。また、河川内への不法投棄は2009年から本紙が19年5月に報道するまでの約10年間続いていたことも新たに分かった。


 22トンの凝集剤は、ニッケイ工業が砕石を製品化する際に出る汚水に添加され、濁り成分の沈殿に使われた。同社は沈殿したポリマー汚泥を雨畑川に不法投棄していた。ポリマー汚泥の総量について山梨県は依然明らかにしていない。
 同県が同社に書面での報告を行政指導し、同日までに回答があった。発表によると、ポリマー汚泥に含まれていた凝集剤は3種類で、計21・9トンだった。凝集剤成分として利用されることが多いアクリルアミドポリマーを含む凝集剤は2種類で、6割以上に当たる13・3トン。残りの8・6トンの凝集剤の成分は調査中という。
 不法投棄が始まった時期については地元住民らから「不法投棄の引き金になったのは、11年夏の台風で1キロ上流の日本軽金属雨畑ダムが放水し、汚泥処理装置が流されたため」との指摘があった。しかし、実際にはこれよりも2年早い09年から河川内への不法投棄が繰り返されていたことも同社の文書による報告で判明した。
 同県は2019年5月の報道を受け、雨畑川の投棄場所にあったポリマー汚泥4400立方メートルを除去させ、刑事告発などは見送った。本紙はことし5月、東京海洋大研究室と連携して行った富士川水系の泥の分析実験で、いまもポリマー汚泥が河川内に残留している可能性が高いことを指摘していた。
    ◇
 山梨県の長崎幸太郎知事と静岡県の川勝平太知事は27日、静岡県庁で覚書を交わし、「富士川の豊かな水環境の保全に向けた山梨県・静岡県協働プロジェクト」をスタートさせる。同水系でのポリマー汚泥の残留の実態などを明らかにする。
 (「サクラエビ異変」取材班)





追記 まあ酷い企業体と山梨県、早川町の三角関係だ。

雨畑ダム問題(犯罪がいまだ告発されず) 雨畑ダム公害

強い濁り 幼生「生息地」を直撃 発生原因、官民の調査必要【サクラエビ異変 母なる富士川】|あなたの静岡新聞





濁りはサクラエビの卵のふ化や幼生の成長を阻害する―。荒川久幸東京海洋大教授(58)の研究グループが28日までに明らかにした実験結果は、資源量が危機的水準にあるとみられるサクラエビ漁の関係者が、高い関心を持って見つめることになる。今後はサクラエビが産卵から漁に適した大きさに成長する過程と、濁りの発生原因や拡散状況との関係を精度を高めて追究していく必要があり、グループは研究を精力的に続ける方針だ。



 今後の研究のポイントは.汽ラエビの卵や幼生の生態▲汽ラエビにとっての駿河湾奥の地理的重要さ―が主軸になる。このうち,蓮大森信東京海洋大名誉教授(83)=生物海洋学=が論文などで明らかにしている部分が多い。
 
 ▪猴匹裘董
 サクラエビは産卵期が近づくと雌雄が別々に群れ、メスはより沿岸域の上層に出現する。卵や幼生は表層のうち浅い場所に生息することが分かっている。場所は海況によっても左右されるが、川の濁りは海の比較的浅い場所で強いとされ、研究成果を踏まえるとサクラエビの産卵から幼生期に影響を与えている可能性が高い。
 △砲弔い討蓮∀儕がサクラエビにとって「急所」と呼ぶべき場所だと漁業者も認識している。「母なる川」の富士川は栄養塩を多く供給し、河口など湾奥ではこうした栄養塩により幼生の餌となる植物プランクトンが大発生する。卵や幼生を滞留させる特徴的な沿岸流も存在し、湾奥はサクラエビの“揺り籠”と言え、「そこに強い濁りが常時出ている意味を考えるべき」(荒川教授)だ。
 
 ▪複合的
 県は2020年2月以降、富士川沖と日本軽金属蒲原製造所沖で浮遊物質量(SS)の分布調査を計8回実施。卵や幼生の生息する表層のうち浅い場所では1リットル当たり10〜数百ミリグラムのSSを記録したときもあった。駿河湾に注ぐ同製造所放水路の濁度は県企業局が観測しており、近年は高い傾向にある。
 富士川上流域では、少なくとも11年夏以降、日軽金出資の採石業者による高分子凝集剤入りポリマー汚泥の大量不法投棄が継続。専門家は「高分子凝集剤によって集合された泥の粒子は密度が低い状態にあるため軽く、水流などの影響でより下流に拡散される」と説明。プラスチック成分による環境破壊の枠組みでも精査すべきとの指摘もある。
 湾奥の濁りは自然由来のものも含め複合的原因で生じているとされ、官民挙げた広範な調査研究が不可欠な状況だ。
 (「サクラエビ異変」取材班)








Recent Comments
Archives
お薦め映画