外来種対策基本方針(素案) 道民意見募集手続


一部の釣り人が虹鱒を指定外来種に選定するのはけしからんと、いろんな事を書いているが
殆どが利己的な意見にしか見えない。

このHPにある素案を果たしてどれだけの釣り人が読んで、文句をつけているのだろうか?

僕も一人の釣り人として虹鱒の歴史的な記述(たとえば今野保さんの本)を読んでいて、虹鱒と北海道の関係性には興味があるし、駆除の必要はないのかなと考えている。(素案にもその様に書かれている、ケースバイケース)

良くある主張に
虹鱒に罪は無い
NZだってブラウントラウトは外来種
虹鱒は引きが強いスポーツフィッシングの対象
観光資源(釣り資源)

この程度でもし行政なり淡水魚や環境の専門家が納得すらならば、日本もおしましでしょ(笑)

漁業権が無い事で、勝手に発がん卵や稚魚放流している連中(ほとんど釣り人だと思われる)に本当に自然を愛するという思想哲学があるのだろうか?と疑いたくなる。

オショロコマや他の生物への影響は無いですか?虹鱒を放流している人たち。
自分の子供達にその行為を誇れますか?

在来種あるいは既存の生態系への影響が無い、あるいは小さいというデータも無しに釣り人のエゴを押し付けても一般の人は納得しないと思うけどね。


釣り人の民度が試されている事が分からないのかな。。。

俯瞰的に素案を読んで、じゃ虹鱒どうする?とかブラウントラウトどうする?とか議論する場を作ろうという提案の方が説得力ありませんか?

川や湖は釣り人だけのものじゃないという大前提を考えてパブコメ出してみたら?

こちらご参考まで。移植放流禁止の魚種。

少し昔は、「野の学問」的な淡水魚なんていう釣り人、学者、行政、が同じ土俵の上で議論出来る場があったけど、今じゃ、釣り雑誌でも一部しか議論されていないから、ある意味、完全に釣り文化が衰退しているのかもしれません。

「過去に目を閉ざす者は、現在にも未来に対してもやはり盲目になる」