NHKスペシャル | ノモンハン 責任なき戦い


録画で視聴

辻政信少佐は天才だったのか?単なる好戦派ではなかったのか。
若きエリートの暴走を認めた上層部
さらに天皇(天さんと呼んでいる)の指示さえ無視する。

そして相手軍の情報すらいい加減に把握して、日本兵は鉄砲玉以下だったのだろう。

笑いながら敗戦を語る軍幹部たち、そしてまさに犬死した最前線の日本兵、また多くが自死。
そして責任を転嫁して自決させる幹部。

平気で嘘をつき続ける幹部。
無責任としか言いようがない戦争指導者たち。

あまりに理不尽すぎる戦争の一面を見る事が出来ました。



HPより
79年前、モンゴル東部の大草原で、日ソ両軍が激戦を繰り広げたノモンハン事件。ソ連軍が大量投入した近代兵器を前に、日本は2万人に及ぶ死傷者を出した。作家・司馬遼太郎が「日本人であることが嫌になった」と作品化を断念した、この戦争。情報を軽視した楽観的な見通しや、物量より優先される精神主義など、太平洋戦争でも繰り返される“失敗の本質”が凝縮されていた。しかし軍は、現場の将校には自決を強要した一方で、作戦を主導した関東軍のエリート参謀たちはその後復帰させ、同じ失敗を重ねていった。
今回NHKは、ロシアで2時間に及ぶソ連軍の記録映像を発掘。4Kで精細にスキャンした映像を「AIによる自動カラー化技術」で鮮やかに着色し、戦場の実態を現代によみがえらせる。さらに軍の判断の経緯が証言された、150時間を超える陸軍幹部の肉声テープも入手。敗北はどのようにして隠され、失敗は繰り返されたのか。映像と証言から迫る。





nIkWBE_qT6G_Ux6jm7n_rgrqg1JH1_QDKvB8v3EevsxQWvhL4ZHdQzqp6J4aUgmZiAeLyhVHWqS56LbJlnZLdqWQ