おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

不正

そうだ戦争の時にリニアのトンネルに逃げよう!

【経済インサイド】リニア中央新幹線 完成後は安全保障で貢献へ(1/2ページ) - 産経ニュース



JR東海様に書かされています?それとも忖度?

リニアのトンネルにJアラートで逃げるんでしょうか?(笑)

以下記事 備忘録

JR東海のリニア中央新幹線の整備が各地で進んでいる。運行区間の約9割でトンネル内を走行するのが特徴だ。完成すれば、東京、名古屋、大阪の三大都市圏をつなぐ重要な輸送網となるが、実は日本の安全保障面で効果を発揮するとして期待されている。

 リニア中央新幹線は、最高時速505キロを実現するため、走行区間はカーブが極めて少ない。直線に近い形でルートを引くことで、東京−名古屋間の距離を東海道新幹線より約50キロ短縮した。このうち、86%に当たる247キロの区間でトンネル内を走行する。深さ40メートルの地中においては、地権者への事前の補償なしに事業者が使用権を設定できる「大深度地下」の認可を受ける。地下に設置される駅までの深さはおよそ20〜50メートル。つまり、大都市間の地下を直線で結ぶ移動路と避難施設を備えた、巨大な施設となるわけだ。

 このリニア中央新幹線の特徴について、「抗堪性(こうたんせい)が強い」(関係者)と期待されている。抗堪性とは、軍事攻撃に耐えて防護し機能を維持する能力のこと。自衛隊や警察の部隊がトンネル内を移動しても、敵国の偵察機や人工衛星などから発見される可能性が低いため、安保上の利点があると考えられている。

 海外で鉄道網に抗堪性を持たせた事例の一つに、旧ソ連がモスクワに整備した地下鉄がある。核シェルターの代わりとして、「西側」の地下鉄よりはるかに深く掘られているという。旧ソ連の構成国だった中央アジアのウズベキスタンの首都タシケントにある地下鉄も、同様の機能を持たせるために整備された、との説もある。
PR

 ウズベキスタン政府は、旧ソ連崩壊後も地下鉄での写真撮影を禁じていた。一説には「軍事関連施設」との扱いだったとされており、撮影が解禁されたのは2018年になってからだ。

 記者は当時、この地下鉄を利用したことがある。ウズベク政府の許可を得て写真を撮影することもできた。プラットホームに天井や壁などの巨大な美術品が飾られた荘厳な造りだった。

 もっとも、この地下鉄の深度は、大深度地下を掘削する箇所のあるリニア中央新幹線と比べて浅いとみられる。核シェルターとしての役割を本当に持たせていたかどうかは定かではない、との見方もある。

日本の安保関係者が懸念するのは、軍事力の増強を進める東アジア各国の動向だ。10月1日、中国・北京で挙行された軍事パレードでは、無人偵察機などが披露された。北朝鮮は短距離弾道ミサイルなど飛翔体を相次いで発射し、日本を取り巻く安保環境は変化している。その意味でも、抗堪力の強い施設の整備は重要性が増している。

 一方、着々と進められる中央新幹線の整備だが、進捗が不透明となっている箇所がある。

 工事による大井川の流量減少問題で、JR東海と静岡県との対立が続き、静岡工区は未着工だ。JR東海は10月初旬、山梨県の実験センターで試乗会を開催。「いまだ工事関係者の宿舎整備などの準備工事の段階」と説明したが、着工の見通しは立っていない。

 JR東海のある幹部は、最高時速505キロで営業運行できる陸上の乗り物は将来的にも実現は難しいとして、リニア中央新幹線が「陸上の交通機関としては、最後の乗り物になる」と期待を寄せる。多様な効果が見込まれる次世代の交通インフラだが、お披露目される日はまだまだ遠く、実現が遅れれば、安保上の損失は計り知れない。(経済本部 岡田美月)





石つぶて 清武英利 講談社 2017

図書館本

すでにドラマ化もされているんですね。(見ていませんが)
現在(2019年)の司法の弱体と官邸主導の種々な不祥事(モリカケ等)を見ていると
かなり警察の力がそぎ落とされていると感じます。


さて本書
外務省での不祥事、機密費詐欺事件(本来は汚職)。
全て実名で当時を綴っている。(現役刑事1名を除く)
主人公は刑事達だ。巨大組織からの「餌付け」を拒んで生きる人達と筆者は書く。
不正に立ち向かう名も無き勇者(石礫、いしつぶて)。

官房報償費(機密費)という不明瞭な金を競馬馬、女性、その他(国会議員や大使館、その他)に
使ったノンキャリア職員。
おそらくキャリア職員も関わっていたが不問となっている。
この辺は佐藤優さんが、逮捕職員が墓場まで事実を持って行くことで外務省の崩壊を防いだのだろうと
著作の中で書かれていたと記憶する。
だから、次官経験者や大使経験者も逮捕者には頭が上がらないのだろう。

興味深いのは、キャリア官僚(次官や局長になった)が賭けマージャンに興じていた事。
逮捕者(松尾)はマージャンが強く、キャリア官僚らから勝った金を部下に集金させていて
その額が、給料の何倍にもなっていたと。
多くのキャリア官僚が参考人調書を取られている(現日銀総裁、財務官、首席内閣参事官ら多数)
要人外国訪問時の報奨金(機密費)の多岐にわたる支出(それが松尾の懐に入る、大使館に配る等)
松尾と外務省幹部との間の金の流れまで到達できなかった。





この方も主人公の刑事の一人として登場

乗客の安全など無視ですよ。金だけですから。リニア

リニア乗客の安全問題に切り込まず。堕ちた日本のジャーナリズム - Yahoo! JAPAN


https://www.mag2.com/p/news/421644


以下記事 10月29日

まぐまぐニュース

2027年の品川・名古屋間の開業に向け工事が進むリニア中央新幹線。開業後、約25kmに及ぶ南アルプストンネル内で立往生する事態が起きたときの安全対策に不備があると、メルマガ『NEWSを疑え!』の共著者の一人、西恭之・静岡県立大学特任助教が訴えたのは今年7月初めのことでした。この問題について、静岡県知事が10月11日に言及。しかし、問題意識を持って追取材に動いたマスコミは現時点で確認できていないようです。メルマガ『NEWSを疑え!』主宰者である小川和久さんは、こういった現状に接し、日本のジャーナリズムの劣化を嘆きます。
リニアの問題を報じないマスコミ

今年7月1日号のテクノ・アイ(西恭之・静岡県立大学特任助教)を憶えていらっしゃるでしょうか。建設中のリニア中央新幹線について、地震や停電時の乗客の避難対策の不備を指摘したものです。

静岡県内の場合、乗客は緊急停車したリニア中央新幹線から斜坑を3キロ以上歩いて2個所の非常口から地上に出ることになっていますが、まず、元気な人間でなければたどり着くのは難しいほどの勾配と距離です。たどり着いたとしても、非常口は標高1000メートル以上の高さにあり、そこから下山しようとしても標高1000メートル以上の高地を避難所が設けられる可能性のある場所まで、10キロ以上を歩かなければなりません。冬などであれば、東京や名古屋の服装のままの乗客が寒さから命を落とす危険性は明らかです。

しかも、南海トラフ地震や東海地震が起きた場合、緊急停車したリニア中央新幹線の乗客に対して、自衛隊を含めて、災害対応で大わらわの行政組織の手が回るとは思われません。救援の手はさしのべられないと思わなければならないのです。

そう考えれば、非常口などはもっと脱出しやすい位置や構造にして、乗客の自助・共助だけで危機を脱することが可能なものにする必要があります。西さんのコラムでは、乗客の安全に配慮したスイスのゴッタルドベーストンネル(57キロ)の例などが紹介されています。

この問題について、10月11日、静岡県の川勝平太知事が記者会見で触れ、西さんのコラムも配付しました。その結果は、日本のマスコミの惨憺たる現状を表すものとなりました。

取り上げたのは中日新聞だけ。それも西さんへの取材はおろか、具体的に知事が指摘した危険性に言及したものでもありませんでした。単に「知事がこんな話をした」という、おざなりの「出席原稿」(ちゃんと仕事をしているというアリバイ原稿)として処理されてしまったのです。

この問題に火が付けば、下手をするとリニア中央新幹線計画は頓挫するおそれさえあります。そうでなくとも、乗客の安全対策について新たな工事などが必要となるでしょう。

少なくともジャーナリストであれば、西さんに取材し、コラムに書かれたスイスの具体例などを確認し、JR東海に取材するでしょう。さらに、一定の乗客安全対策が施されている青函トンネルの安全対策についてJR北海道にも聞くはずです。残念なことに、その形跡はいっさいありませんでした。

私はJR東海のドン・葛西敬之名誉会長とは1991年以来の付き合いですし、その関係からもリニア中央新幹線には成功して欲しいと思っています。静岡県と対立している大井川の流量減少問題も、良い形で決着して欲しいと願っています。

しかし、ことは乗客の安全の問題です。少しでも疑問が残るようなら、その点を解明しなければなりません。JR東海が気づいていないなら、問題を指摘し、解決に向けて動かすのもジャーナリズムの仕事ですが、そういう問題意識がまったく感じられませんでした。

実を言えば、西さんのコラムはメルマガ『NEWSを疑え!』の読者である少なからぬ大手マスコミのベテラン記者が目にしているのですが、コラムが出てから3か月以上も経つのに反応はゼロでした。

これをジャーナリズムの劣化と言わずして何と表現すれば良いのでしょうか。ボーッと記者発表を垂れ流しているんじゃねえ!と怒鳴り上げるようなデスクなんて、もはや、棲息していないのでしょうね(苦笑)。(小川和久)

image by: YMZK-Photo / Shutterstock.com

MAG2 NEWS




リニア需要予測 ?? 

山梨県/リニア需要予測結果について


平成24年の発表資料ですが

なぜか
発表日:2019年6月20日

何か意味があるのかな?

以下内容

今般、上記需要予測の結果を次のとおりとりまとめた。
※詳細については、別紙のとおり

(需要予測結果)
1.リニア新駅利用者数(乗降客数) 約12,300人/日
(開業時:約8,900人/日)(71.9%)

(目的別利用者数)
通勤・通学 100人/日
ビジネス(通勤以外) 3,600人/日
観光(買い物、レジャー含む) 8,600人/日
合計 12,300人/日

2.立地企業数(新たに立地する事業所の数)約2,600社
(開業時:約800社)(30.4%)

3.居住人口(新たに居住する人の数)約14,600人
(開業時:約3,800人)(25.7%)

pdfの内容テキスト

リニア需要予測結果について
(調査目的)
○ リニアを活用した県土づくりを計画的に進めるための基本的な指針となる「リニア活用基本構
想」の策定に向け、リニア新駅利用者数などを調査・分析した。
○ 国立社会保障・人口問題研究所の将来人口推計を踏まえ、東京都・名古屋市間開業から
概ね10年後の平成47年(2035年)時点を目標年次として推計を行った。
(需要予測の前提条件)
○ JR東海が長期試算見通し(平成22年4月)を行った際の運行条件を用い、リニアの運行本
数は5本/時とし、その内1本が本県のリニア新駅に停車すると想定。(上下線とも)
○ また、リニア開業時(東京都・名古屋市間)には、中部横断自動車道(増穂以南)や新山梨環
状道路、西関東連絡道路は整備済みと想定した。

(需要予測の推計方法)
○ 需要予測は、アンケート調査で企業や住民が回答したデータをもとに予測する表明選好法
(SP 法)注により実施した。
注:アンケート調査で人々の選好を尋ねることによって評価する方法
(1) 企業アンケートから、本県への進出企業数及び撤退企業数、リニア新駅利用者数(目的:ビ
ジネス)を推計
(2) 住民アンケートから、本県への転入者数及び転出者数、リニア新駅利用者数(目的:通勤・
通学、観光(買い物、レジャーを含む))を推計
・企業アンケート:県内外5,500社(回答1,300社)
・住民アンケート:県内2,000人及び県外Web調査(回答1,300人)
(需要予測結果)
1 リニア新駅利用者数(乗降客数)・・・・・・・・・・・・ 約12,300人/日 の利用が見込まれる
(開業時:約8,900人/日)(71.9%)
目的別利用者数
通勤・通学 100人/日
ビジネス(通勤以外) 3,600人/日
観光(買い物、レジャー含む) 8,600人/日
合計 12,300人/日
(内訳)観光目的のリニア利用者数(乗降客数)・ 約 8,600人/日 のリニア利用が見込まれる
(開業時:約6,200人/日)(71.9%)
2 立地企業数(新たに立地する事業所の数)・・・・・・ 約 2,600社 の立地が見込まれる
(開業時:約 800社)(30.4%)
3 居住人口(新たに居住する人の数)・・・・・・・・・・・・ 約14,600人 の増加が見込まれる
(開業時:約3,800人)(25.7%)
○ なお、リニア新駅利用者数(乗降客数)、立地企業数及び居住人口の開業時(平成3
9年)の数値については、既存の新幹線駅での定着状況、新幹線開業後の企業・人口
動向を勘案し推計している。
※需要予測結果の詳細については別紙資料参照




pdfをjpeg に変換
120724data リニア需要予測_ページ_1120724data リニア需要予測_ページ_2s

行政の不作為 皆知っていましたよね? 早川町 雨畑ダム

山梨県知事「責任果たしていない」、日軽金批判 台風・雨畑孤立|静岡新聞アットエス


行政の不作為では?
 新しい知事なのでご存知ないのでしょうから、しっかり県庁内や早川町の行政聞き取りすればわかるのでは? 

天下りの管理者がいたんですから。#雨畑ダム

以下記事

山梨県知事「責任果たしていない」、日軽金批判 台風・雨畑孤立
(2019/10/29 08:28)

 駿河湾サクラエビの不漁をきっかけに注目されている雨畑ダム(山梨県早川町)の堆砂から上流の雨畑地区が台風19号の影響で孤立状態に陥った問題に対し、長崎幸太郎知事は28日の定例記者会見でダム管理者の日本軽金属を「社会的な責任を果たしていない」と厳しく批判し、水害をもたらすダム湖内のヘドロ撤去に速やかに着手するよう求めた。
 台風19号では同県の行政指導を受けて日軽金が設置した土堤防は破壊され、県道などが崩落した。国はヘドロ撤去などの抜本策を実行するよう行政指導したが、いまだ手付かずの状態。長崎知事は「(孤立は)土砂の堆積物を放置していたことが大きな原因。地域住民に大変な恐怖感を与えている」と指摘。その上で「極めてけしからん話だ」と声を荒らげた。
 一方、ダム下流の雨畑川で数千トン以上のコンクリートくずが日軽金出資のニッケイ工業などにより不法投棄された問題を受け、同県は今のところ行政指導にとどめている。長崎知事は廃棄物処理法に基づく刑事告発について「警察当局とも意見交換している」と明らかにした。その上で「刑事法規は意外とハードルが高い。再発防止のため制裁を加えられないか検討する」とした。




リニア 誰が責任を取る?

「大井川流量減らない」JR東海社長強調 リニア工事|静岡新聞アットエス


どうして環境アセスメントの段階で宣言しなかった?
都合の悪いデータは決して出さないJR東海

以下記事

「大井川流量減らない」JR東海社長強調 リニア工事
(2019/10/29 08:21)

 JR東海の金子慎社長は28日、名古屋市で開いた定例記者会見で、リニア中央新幹線工事に伴う大井川の流量減少問題について「トンネル湧水を川に戻すので、利水者の関心がある河川流量(表流水)は減少しない。根本を理解いただきたい」と述べた。一方、静岡県側は南アルプストンネル掘削が地下水に影響し水系全体の水が減少すると指摘しており、論点の食い違いが浮き彫りになった。
 金子社長は「(河川流量の減少分よりも量が多いとする)トンネル湧水を全部川に戻せば大井川の河川流量は増える」と説明。「利水者の方々の関心は河川の流量なのだろうと思う」と想定し「工事のどの段階であっても河川流量は減らない」とする試算結果を強調した。地下水への影響には言及しなかった。
 ただ、同社はトンネルがつながるまでの期間、湧水(地下水)が県外に流出することは避けられないとしている。この点について金子社長は「突発湧水のリスクがあり、安全面から上り勾配で掘るしかない」と県外流出を事実上認めた上で「大変難しい問題だが(国土交通省が主導する)新しい枠組みの中で整理をしていただけないか」と期待を込めた。
 大井川下流域では水道などの家庭利用、田畑、ウナギ養殖、工場といった用途で地下水が使われ、影響を危ぶむ声が強まっている。







カジノ反対なんだね、倉本聰さん 

第29週|ストーリー|やすらぎの刻〜道|テレビ朝日


高級老人ホーム内での賭場を舞台にカジノ反対を演出しているんだろうな。

さすが倉本さんです。

反戦、反原発、そして賭博反対。

ご自身の人生で体験し感じた事をしっかり残そうとしている様に感じますね。







テレビの国から
倉本 聰
産経新聞出版
2019-07-24


トッカイ 不良債権特別回収部 清武英利 講談社 2019

図書館本

新聞で良く見た、懐かしいお名前 中坊公平弁護士 整理回収機構 社長

バブルの崩壊に伴う不良債権の回収のドラマのノンフィクション仕立て。

何処までも金に執着し海外に金を移動し、ムショ暮らしもし、出所後も悠々自適に暮らす連中がいる。

なんとか不良債権を回収しようとする回収機構のスタッフ、そして今現在も組織はある。

債権の時効を停止させるための訴訟印紙代だけで2億円弱かかる事もあるという。

今も、海外や国内に隠されている金がある。

正直者が損をする時代でもある。

そしてバブルで踊った多くの犯罪者がいる。


台風19号で全部汚泥は静岡に流れました? 雨畑ダム不正

雨畑川に汚泥投棄 県が行政指導|NHK 山梨県のニュース


刑事告発じゃないんですか?

台風終わった後に行政指導!

不法投棄の汚泥もすべて静岡にまた流れましたよね?

誰のための行政なんですかね???

そうそう、他の場所には違法投棄してないの???


以下記事


雨畑川に汚泥投棄 県が行政指導

10月15日 20時44分

早川町の雨畑川に大量の汚泥が不法に投棄されている問題で、県は15日、甲府市の生コンクリート製造会社などあわせて3社に対し今月23日までに撤去に向けた計画書を出すよう行政指導を行いました。

行政指導を受けたのは甲府市の生コンクリート製造会社と南部町の運送会社、それに東京の砂利製造会社のあわせて3社です。
県によりますと、甲府市の生コンクリート製造会社は、平成27年3月からおよそ4年間、ミキサー車からコンクリートを取り出す際にできた汚泥を県の許可を受けていない南部町の運送会社に早川町の雨畑川の左岸に運び込ませ、東京の砂利製造会社が県の許可を受けずに汚泥を不法に受け入れたということです。
県は廃棄物処理法と河川法に違反している疑いがあるとして3社に対し今月23日までに撤去の方法や期限などを盛り込んだ計画書を提出するよう求める行政指導を行いました。
県環境整備課の河西博志課長は「3社の関与が確認されたことから、生活環境の保全を図るため、撤去を勧告した。3社には廃棄物の早急な撤去と適正な処理を求める」と話しています。




正面右のこんもりした木の下も汚泥じゃないのかな。

72873435_488804725040324_3535412044918423552_n

今まで共存共栄だったんですよね? 雨畑ダム

<動画>台風19号襲来直後の雨畑地区〜放水路沖【サクラエビ異変】|静岡新聞アットエス


堆砂の問題もヘドロの廃棄も、地元行政、住民は知っていたんですよね?
私営ダムの管理会社社長は県の退職天下り。

原発マネーと同じで、誰が何をしたのか?
その辺をしっかり調べるべきですよね。

違法投棄問題は刑事告訴しないんですか??

都合が悪くなると、ダム撤去だのと言い出すのも、いかがなものかと思う。

以前も書いたけど、早川町って補助金だけでほぼ存在すると、建設業界の知人が言っていました。
公共事業(リニアも含む)で一部は潤い、真面目に生活している住民は蚊帳の外なんでしょうね。

そんな早川町も山村留学だの移住を募っていますが、
あなたならどうする??

また税金投入で土建屋さんだけが儲かるの?


記事
(2019/10/13 19:08)


 駿河湾産サクラエビの不漁をきっかけに堆砂問題がクローズアップされている日本軽金属の雨畑ダム(山梨県早川町)が台風19号の影響で増水し、上流の41世帯・68人が13日現在、孤立していることが住民や同県への取材で分かりました。堆砂による水害はこれまで繰り返されており、住民からはダム撤去を求める声が出ています。

【台風19号】雨畑ダム上流、孤立 堆砂影響、住民「撤去を」
(2019/10/14 07:45)


 駿河湾産サクラエビの不漁をきっかけに堆砂問題がクローズアップされている日本軽金属の雨畑ダム(山梨県早川町)が台風19号の影響で増水し、上流の41世帯・68人が13日現在、孤立していることが住民や同県への取材で分かった。堆砂による水害はこれまで繰り返されており、住民からはダム撤去を求める声が出ている。
 孤立しているのは本村など雨畑地区の複数の集落。集落に続く県道と林道の計4カ所が冠水したり崩落したりした。一部住民は防災ヘリで救助されたが、大半の住民は自宅に残っている。停電などインフラへの影響はないという。
 昨年秋の台風24号に続き洪水被害は3回目。堆砂率9割のダムを管理する日軽金は、国から抜本解決を求める行政指導を受けた矢先だった。また、応急措置を求める山梨県からの行政指導を受け、同社は河川内に土堤防(380メートル)を先月末造成した直後だった。
 同社蒲原製造所は「被災状況を早急に確認する」とコメント。一方、地区の60代男性は「何度繰り返すのか。ダムの早期撤去を求めたい」と訴えた。









NHKスペシャル | ノモンハン 責任なき戦い

NHKスペシャル | ノモンハン 責任なき戦い


録画で視聴

辻政信少佐は天才だったのか?単なる好戦派ではなかったのか。
若きエリートの暴走を認めた上層部
さらに天皇(天さんと呼んでいる)の指示さえ無視する。

そして相手軍の情報すらいい加減に把握して、日本兵は鉄砲玉以下だったのだろう。

笑いながら敗戦を語る軍幹部たち、そしてまさに犬死した最前線の日本兵、また多くが自死。
そして責任を転嫁して自決させる幹部。

平気で嘘をつき続ける幹部。
無責任としか言いようがない戦争指導者たち。

あまりに理不尽すぎる戦争の一面を見る事が出来ました。



HPより
79年前、モンゴル東部の大草原で、日ソ両軍が激戦を繰り広げたノモンハン事件。ソ連軍が大量投入した近代兵器を前に、日本は2万人に及ぶ死傷者を出した。作家・司馬遼太郎が「日本人であることが嫌になった」と作品化を断念した、この戦争。情報を軽視した楽観的な見通しや、物量より優先される精神主義など、太平洋戦争でも繰り返される“失敗の本質”が凝縮されていた。しかし軍は、現場の将校には自決を強要した一方で、作戦を主導した関東軍のエリート参謀たちはその後復帰させ、同じ失敗を重ねていった。
今回NHKは、ロシアで2時間に及ぶソ連軍の記録映像を発掘。4Kで精細にスキャンした映像を「AIによる自動カラー化技術」で鮮やかに着色し、戦場の実態を現代によみがえらせる。さらに軍の判断の経緯が証言された、150時間を超える陸軍幹部の肉声テープも入手。敗北はどのようにして隠され、失敗は繰り返されたのか。映像と証言から迫る。





nIkWBE_qT6G_Ux6jm7n_rgrqg1JH1_QDKvB8v3EevsxQWvhL4ZHdQzqp6J4aUgmZiAeLyhVHWqS56LbJlnZLdqWQ

富士川の濁り問題 雨畑ダム

濁り原因、両県食い違い 静岡、山梨まとめ難航 早川水系調査|静岡新聞アットエス


山梨県側はまったく調査報道せず。
記者クラブの発表だけを記事? その記事すら見当たらない。

将来のために記事を保存

以下記事

駿河湾サクラエビの不漁を受け静岡、山梨両県が5〜7月に早川水系で行った濁りの実態調査の取りまとめ作業が難航している。発生原因と生態系への影響評価に対する両県の意見に食い違いがあるためだ。富士川の上流と下流で濁りの捉え方の違いが鮮明となっている。
 「厳しい調整中だが、遠くない将来きちっと報告できる」。9月末の川勝平太知事の定例記者会見。中平英典水産業局長が補足説明し、両県の食い違いを認めた。当初は8月末にも取りまとめが完了するはずだった。
 最大の相違点は、日本軽金属の導水管などを経て、駿河湾に流れ込む濁りの源。早川水系には雨畑ダムや砂利プラント、リニア中央新幹線工事など人の手が多く入る。「『糸魚川―静岡構造線』がありもともと土質がもろい」と主張する山梨県。一方、10回程度、14カ所で行った調査では、砂利プラント周辺で濁りが強く、静岡県は「重機が常に河川をかき混ぜている。人的要因も相当程度ある」(幹部)と譲らない。
 アユなど生態系との関係も見方が異なる。雨畑ダム堆砂除去の行政指導を徹底するよう国土交通省に申し入れた長崎幸太郎山梨県知事は「濁りが原因かは不明」。静岡県の意見は「間違いなく影響する」としている。
 サクラエビ不漁との関係は両県とも今のところ「分からない」。静岡県は9月補正予算に1350万円を計上し調査する方針。4日の情報連絡会で鈴木伸洋・東海大非常勤講師は産卵量などから「今期は顕著な影響は見られない」と私見を述べつつ、海の環境調査の重要性も挙げた。

■「回復」根拠、異論も
 県桜えび漁業組合の実石正則組合長が秋漁実施の根拠にした県水産技術研究所の花井孝之研究統括官によるサクラエビの資源回復に関する説明。資源量が上向いているとする根拠や現状認識には異論も存在する。深海に住むサクラエビの生態の理解が関係者の間で共有できていない背景がある。
 4日の情報連絡会。冒頭で資源状態の説明に立った花井研究統括官は「個人の見解」とした上で、駿河湾全体での7、8月合計の総卵数が約500兆粒に達した分析を示し、前回連絡会(9月20日)と同じく回復傾向にあると強調した。富士川沖に卵が少ない現状に対し「何らかの理由で親エビが湾奥まで北上できない状態」と解説したが、その説に「自信はない」とも吐露した。
 サクラエビ研究の第一人者、東京海洋大の大森信名誉教授らの「さくらえび漁業百年史」などは、主産卵場の富士川沖(湾奥)で春夏に産卵ピークがあることを重要視し、そもそもサクラエビは成長に伴って北上するわけではないと記している。




濁り 静岡新聞富士川濁り2

気を付けましょうね。提灯記事 どこがサイエンスライター?

静岡県知事の「リニア妨害」 県内からも不満噴出の衝撃【前編】 (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン



自称?サイエンスライターの様です。

JR東海から投稿料頂いているんでしょうか?
原発芸能人や原発著述業があった様に、リニア御用ライターですかね。


きっと原発立地もこんな連中が広告代理店と原発マネーで絡め捕られて
魂を売ったんでしょう。

関電の現状を見ていれば分かりますよね。

福島なんか、さらに巨大な金が流れたわけですから。


関電 お仕立券(スーツお仕立て)

高浜スーツがあるということは

柏崎刈羽スーツやら

浜岡スーツ

そして最も高級な福一、福二スーツなんてのがあるんでしょうね。

そして、リニアなんかも山梨スーツ、長野スーツ、名古屋スーツなんてね。

原発、リニア、ダム、高速道路 いたるところに金がばら撒かれているのでしょう。

そうそう、以前山梨県の知事もお仕立券300万円分貰っていましたね。
https://dot.asahi.com/wa/2012092600966.html?page=1

政治家も公務員もこれだから辞められませんね。


備忘録として上記のwebより

山梨県警の怪とも呼べることが起きている。行政委員の職に選任された会社社長から計300万円分の仕立券を受け取った―山梨県警や地元メディアの関係者は口をそろえて断定する。だが、名指しされた県知事にはおとがめがなく、疑惑を捜査した県警幹部は7年前の不貞を理由に重たい懲戒処分を食らわされた。

 元建設官僚の横内正明知事(70)が衆議院議員3期を経て知事に初当選したのは、2007年1月のこと。4年後の昨年1月に再選。今は2期目を務めている。

 横内知事と葬儀会社社長Xについて、捜査関係者が明かす。

「知事就任から計6回、いずれも50万円の紳士服仕立券を贈ったことが確認できた。Xは桐箱入りの仕立券をいくつも購入していた。横内知事は仕立券を使用する際、名前は実名を記し、職業欄に『医師』と記載していた。仕立券には通し番号や使用時のID確認があるため、使用者がわかる仕組みになっていて、店の人には素性がばれ、顧客名簿の職業欄にはカッコ書きで『知事』と書かれていたそうです(笑)」

 だが、捜査は結実していない。県警関係者が言う。

「当初は仕立券と一緒に現金も贈られたとの情報で捜査を始めたが、現金については葬儀業者の地元信金の口座から引き出された形跡がうかがえただけで、知事へのカネの流れは掴めなかった。現場から『仕立券も換金できるから贈収賄が成り立つ』との意見は出たが、警察庁も地検も現金の授受を突き止めないと事件を立件しない、との判断だった」

 政治とカネの問題に詳しい日本大学法学部の岩井奉信教授が解説する。

「金券でも贈収賄は成り立つが、個人間の場合は"請託"の立証が難しく、罪に問うハードルが高い。とはいえ盆・暮れに何度も50万円を受け取ることは、仕立券であっても社会通念から大きく外れている。政治家としては明らかに道義的、倫理的な問題があります」

※週刊朝日 2012年4月13日号

ズブズブな原発ムラ

中部電力「関電問題」受けて調査 「華美な金品の受け取りなかった」(メ〜テレ(名古屋テレビ)) - Yahoo!ニュース


本当に反吐が出るな。原発ムラ

華美なとは単位が億か?

儀礼の範囲は1000万程度か?

総括原価方式、広告代理店、行政、学会、ゼネコン すべて金のため。

電気代と税金(原発に対する交付金)が確実にムラビトに流れる仕組み。

田原総一朗さんの小説・映画が今も生きているんだろうね。


中部電力「関電問題」受けて調査 「華美な金品の受け取りなかった」

10/2(水) 0:33配信

メ〜テレ(名古屋テレビ)

 関西電力の役員らが原発がある自治体の元助役から多額の金品を受け取っていた問題を受け中部電力は同様の事案の有無について調査を行ったことを明らかにしました。
 
 中電の勝野哲社長は1日に会見を行い、関電の問題について「同じ公共事業者として大変重く受け止めている」と述べました。

 現役役員と原子力部門の過去10年間の幹部らあわせて27人を対象に聞き取り調査を行ったことを明らかにし、調査では全員が「華美な金品を受け取ったことはない」と回答したということです。

 一方で接待や贈答について勝野社長は「儀礼の範囲でお付き合いはあった」と述べました。







原子力戦争 (ちくま文庫)
田原 総一朗
筑摩書房
2011-06-10




原発ユートピア日本
早川 タダノリ
合同出版
2014-01-25

消費税アップ

総括原価方式で絶対儲かる電力会社 今回の関西電力の犯罪は他の電力も同じでしょう。
そうして政治家や天下り公務員が絡んでいる。

金品貰っても、一時的に預かっただけ。

泥棒がそのうち、そのテキスト使うぞ!
盗んだんじゃない、一時的に預かっていると。




個人的には消費税(付加価値税 VAT)はヨーロッパ同様に20%位で良いと思う。
もちろん、食料品は無税等の軽減税率は必要です。
そして、日本でも以前あった贅沢品への課税や富裕者層への累進課税のアップ。





「想像できる未来を、超えよう」??

JR東海が動画を作ったそうです。

誰がリニアに乗るのでしょうね?

富裕層しか乗らない、外の景色も見えない、環境大破壊の世界が相手にしない技術

000040018_ページ_1000040018_ページ_2





林道という利権 行政との癒着

107億円の林道、4割で木材生産なし 価格低迷などで:朝日新聞デジタル


源流等で釣りをされる方は承知の事実

林業しないのに、毎年伸びる舗装林道
必要ないのに作り続けられる林道です。

昔は林務部? 今は森林環境課とかいうのでしょうか?
林業は赤字なのに林業公社に天下って、やっと解体したと思ったら、別の林道関連会社に天下りとか。

もちろん国の林政が間違っていただでしょうし、バカな学閥もあったのでしょう。
それにしても、バカなのは地方林政でしょう。

無駄な人件費、無駄な公共事業、そして自然破壊としての治山ダム。

以下記事

新潟県や県内自治体が2005〜17年度に開通させた林道全35路線のうち14路線の周辺地域で、18年度までに木材生産の記録がないことが分かった。森林所有者と事業者の調整が難航したり、木材価格が低迷したりして多くの林で伐採が進んでいないといい、整備を進めた県は「改善を図りたい」としている。

 林道は、伐採や水源維持などのための森林整備に使う道路。国有林以外の民有林などでは、地方自治体が国の補助を受けて整備する。新潟県内では05年度以降、35路線で総延長約75キロが開通し、事業費は計107億4768万円だった。

 ところが、この林道の利用区域で実際に木材(スギや広葉樹など)の伐採・搬出記録があるのは21路線のみ。残る14路線は利用区域内での木材生産の記録がないという。林道に関して調査している重川隆広・新潟県議に県が示した資料では、木材生産記録がある21路線の利用区域で05〜18年度に生産された木材は計1万9632立方メートルで、約91%がスギ材だった。スギ材の卸価格から試算すると、生産額は最大で約2億4千万円となる。

 ログイン前の続き同県長岡市で14年度に開通した長さ約3キロの「八石山(はちこくさん)南線」は、木材生産の記録がない14路線のひとつ。地元森林組合の幹部によると、複数の森林所有者の要請で整備され、組合が雑木林を刈り取ったあとにスギを植える計画だった。ところが、森林所有者との協議が不調となり、計画が頓挫しているという。

 木材価格が低いことも生産が進まない理由の一つだ。農林水産省の統計によると、1980年をピークに下落が続く。17年のスギ中丸太は1立方メートルあたり1万3100円でピーク時の約3分の1、ヒノキ中丸太は同1万8100円で、4分の1に下がっている。

 県林政課の担当幹部は取材に対し、「公金と時間を費やして整備した林道が有効に使われていないのは深刻な問題」としたうえで、「林業を推進する立場の県や市町村がもっと早く所有者と事業者の間に立って調整を進めるべきだった。市町村や事業者とも協力して改善を図りたい」と答え、県内の民有林林道の現状を広く調べる考えを示した。

 新潟県の林業産出額(17年)は全国3位の413億円。ただ、大半を占めるキノコを除いて木材に限ると、全国36位の11億1千万円にとどまる。(高木真也)



東電 経営陣無罪の闇 特集「福島第一原発の事故をめぐる裁判で、東京電力・旧経営陣に無罪判決。今回の裁判で何が見えてきたのか」

【音声配信】特集「福島第一原発の事故をめぐる裁判で、東京電力・旧経営陣に無罪判決。今回の裁判で何が見えてきたのか」崎山敏也×桶田敦×荻上チキ2019年9月19日(木)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時〜)


非常に分かりやすく説明しています。
podcastでお聞きください。

原子力ムラ
内閣府
学会
企業
官僚

全てが関与して、誰も責任を取らない素晴らしい国 ニッポン。

社会通念、国策、司法 

こちらも是非 https://bit.ly/2kXyW9b
「無罪」証拠と矛盾多い忖度判決(刑事裁判傍聴記: 添田孝史)





千葉県出身のサンニチ記者 取材報道 山梨は取材しない?

記者が見た被災地の現状〜台風禍の千葉南部【社会/山梨】 | さんにちEye 山梨日日新聞電子版


良く書かれた記事だと思います。

では、山梨出身の記者さんいないのかな?
リニア問題(残土、水枯れ、土地買収)、雨畑汚泥問題、中部横断道問題等々

記者クラブ発表を鵜呑みにして発表報道だけですよね?


これが山梨のジャーナリズムなのですね。




メモ 雨畑ダム不正

静岡のサクラエビ不漁と山梨のダムの関係は 川の濁りを両県調査:イザ!


産経系列のメディア テンション弱いのはなぜ?

結末が
仮にサクラエビとの関係がないとしても、きれいな川を守ることが両県民の願いであることは間違いない。

なんで?こんな終わり方???

天下りはすでに問題外なの?

地元は全部知ってますよね???



以下記事

静岡のサクラエビ不漁と山梨のダムの関係は 川の濁りを両県調査
2019.9.16 13:28


 昨年から記録的不漁が続く駿河湾のサクラエビ漁で、湾から約60キロ離れた山梨県のダムがクローズアップされている。ダム底に堆積した土砂などが湾に注ぐ富士川を濁らせているのが、サクラエビ減少の原因ではないかというものだ。山梨・静岡両県は川の濁りなどを調査しているが、直接の因果関係はいまのところ明らかになっていない。(渡辺浩)

 ■水質調査は見解相違

 注目されているのは、アルミ圧延大手の日本軽金属(日軽金・東京)が山梨県早川町に所有する雨畑ダム。1365万立方メートルある総貯水量の9割以上が土砂で埋まっている。

 静岡県側には、ダムの土砂堆積などによる富士川水系の濁りとサクラエビ不漁に因果関係があるのでは、との疑念が強い。

 静岡県の川勝平太知事は4月、「(不漁との関係が)ないというわけにはいかない。(光合成を阻害された)植物プランクトンや、それを食べる動物プランクトン、魚介類に影響があるのは当然」と発言。由比港漁協(静岡市清水区)は山梨、静岡両県に海への影響を調べるよう求めた。

 そこで両県は合同で5〜7月に計9日間、水質を調査。県境付近では4日間、国の基準を上回った。ただ、山梨県側は「濁りは降雨によるもの」との見解を示す一方、静岡県側は「そうとは断言できない」と見解が分かれている。

 不漁には取り過ぎや海水温の上昇も関係しているとみられ、川の濁りとの強い因果関係を立証するのは難しそうだ。

 ■「全部撤去できない」

 そうはいっても、雨畑ダムに問題があるもの事実。ダムは雨畑川の中流にある発電用のダムで、昭和42年に完成。電気は日軽金蒲原製造所(静岡市清水区)に送られている。

 当初の予測では100年かけて半分近くが土砂で埋まる計算だったが、土砂の流入に除去が追い付いていない。上流の川底も上がり、台風の際に民家や道で浸水が発生。国土交通省や県は抜本的対策を講じるよう指導していた。

 このため日軽金は9月3日、国交省や県などとの検討会を県庁で開いて課題を報告したが、敷根功執行役員は記者団に「会社の力だけではどうしようもない。全部の土砂を撤去するのは現実的ではない」と語り、さじを投げている。

 これに対し、山梨県の長崎幸太郎知事は11日の記者会見で「誠意を感じない」と不快感を表明。翌12日に国交省に出向いて日軽金への再指導を求めた。

 ■元県幹部の名前も…

 雨畑ダムをめぐっては、日軽金の事実上の関係会社である「ニッケイ工業」が下流の河川敷に汚泥を不法投棄し、増水で一部が流れ出たほか、同社が管理する河川敷にコンクリート廃棄物が不法投棄されていたことも判明。県は刑事告発も視野に調べている。

 ニッケイ工業は、雨畑ダムの土砂除去のため昭和52年、日軽金が10%出資して設立。社長の三井時男氏は元県幹部で、平成17年に治水課長で退職すると同時に日軽金に再就職し、ニッケイ工業に移った、


 長崎知事は「(三井氏から)県に対して何らかの働きかけがあったとは確認されていない。(OBだからといって)変な疑念を持たれないように、厳格に向き合う」としている。

 富士川水系の濁りは山梨県側でも懸念されている。釣り愛好家でつくる山梨本流釣同好会は今月10日、「ここ10年ほど、濁りが悪化している」として、国交省甲府河川国道事務所に雨畑ダムと川の汚染の因果関係を調べるよう求めた。

 仮にサクラエビとの関係がないとしても、きれいな川を守ることが両県民の願いであることは間違いない。


無駄なダムを作らないために


https://www.nishinippon.co.jp/item/n/544603/
記事より

長崎県と佐世保市が同県川棚町で進める石木ダム建設事業は19日、予定地の一部の土地について県収用委員会が定めた明け渡し期限を迎えた。この日は、反対運動を続けてきた住民と中村法道知事が5年ぶりに面会。子どもや高齢者を含む約50人が古里への思いを訴えた。国の事業採択から44年。ダムの必要性を主張する県側との議論はなお、平行線をたどっている。

 石木ダム予定地は約79万3千平方メートル。これまでに54世帯が事業に同意し、移転した。一方、13世帯はダムの必要性に疑義を唱え、予定地に暮らし続けている。

 2014年7月以来となる県と住民の面会は約2時間半に及んだ。川棚高2年の松本晏奈(はるな)さん(17)は「思い出が詰まった古里を奪われるのは絶対に嫌です。どうか私たちの思いを受け取ってください」と涙ながらに手紙を読み上げた。

 中村知事は面会後、報道陣に「渇水で不自由した人もいる。用地を提供して協力した人も多く、そうした思いも大切に事業を進める必要がある」と述べ、話し合いを続ける意向を示した。

 収用委は今年5月、この13世帯や、反対住民を支援する「一坪地主」が所有する約12万平方メートルを明け渡すよう命じる裁決を出した。一坪地主の所有山林を中心とする約1万5千平方メートルの明け渡し期限が19日、住民所有の宅地や田畑は11月18日。住民が立ち退かなければ、一定の手続きを経て強制的に家屋を撤去する行政代執行が可能になる。 (野村大輔、平山成美)

(1) プロテクターズ・オブ・ファイアフライ・リバー(ほたるの川のまもりびと/パタゴニア特別限定版):パタゴニア - YouTube





子どもたちの理解を誤らせるリニア漫画・STOP!行政の裁量権を問う「リニアまんが訴訟」に公正な判決を求める署名

キャンペーン ・ 甲府地方裁判所民事部: 子どもたちの理解を誤らせるリニア漫画・ストップ!行政の裁量権を問う「リニアまんが訴訟」に公正な判決を求める署名 ・ Change.org


行政とメディア、ゼネコン等々が一体となって間違った(嘘)情報を垂れ流す、まさに原発行政や
それに伴う原発立地の際の広告代理店の暗躍と同じ構図です。

未来ある子供を騙す事を大人が率先して行う愚かさ。

いい加減にやめませんか?

どうぞ上記のリンクから署名をお願いします。

山梨大学元教授、山梨県立大学元学長の伊藤洋先生も参加されています。








山梨県行政 早川町行政 みんな知っていていまさら? そしてニュースは静岡から

サクラエビ異変 濁りとダムの関係慎重、山梨県知事一問一答|静岡新聞アットエス


ニッケイ工業(雨畑ダム管理)の社長は山梨県の天下り、そして元職が治水課長。
まさに笑い話というか典型的な行政の不作為

そして早川町は大昔からしっていた堆砂問題。
10期も町長やっていて知りませんはありえない。

さらに下記記事の、「濁っていない」発言。
すでに山梨静岡両県の調査で濁っていることは分かっているだろう。
仮に濁っていないというなら科学的根拠を行政として提出するべき。




以下記事

サクラエビ異変 濁りとダムの関係慎重、山梨県知事一問一答
(2019/9/13 07:31)

 静岡県内サクラエビ漁師が危惧する雨畑ダム(山梨県早川町)の濁り。濁水は水力発電用導水管を経て、日本軽金属蒲原製造所(静岡市清水区)から駿河湾に注ぐ。ただ、長崎幸太郎山梨県知事はこれまでの記者会見や12日の国への要望で、ダム周辺の災害防止で日軽金を批判するが、ダムの堆砂と濁りの因果関係の有無には慎重な姿勢を示している。
 長崎知事の11、12両日の発言は次の通り。

 ―山梨県の釣り愛好団体がダム堆砂の生態系への影響調査を国に要望したが。
 「濁りが原因で釣りづらくなっているか現時点では判明していない。濁りの問題とダムの因果関係は分からないのが現状だ。国土交通省がいろいろと調べると思う」

 ―国交省に直接要望に訪れたわけは。
 「先日の検討会を受け、日軽金は極めて長期間をかけ、低レベルの安全度の堆砂除去しか考えていないと認識した。住民の生命財産について感度が鈍すぎる。誠意もない」

 ―日軽金の特にどういう点に怒りを感じているのか。
 「日軽金が『抜本対策』として考えているダムの堆積除去のレベルと期間だ。余りにも常識からかけ離れた悠長なものだった。日軽金とわれわれの認識には相当な開きがある」

 ■早川町長「濁ってない」 報道に不満あらわ
 山梨知事に同行し、国土交通省を訪れた早川町の辻一幸町長は12日、富士川支流の早川に強い濁りがあるとの報道に「迷惑だ」との認識を示した。
 辻町長は、釣り愛好団体が国交省に提出した要望書に対する受け止めを記者に問われ「早川は濁ってない。ちゃんと調べてくれ。濁っているとマスコミに書かれて迷惑、不名誉なことだ」と述べた。
 さらに、ヤマメやイワナが早川で育ち、釣り人が来ていると指摘し「その現実をどう書くのか。迷惑千万な話ですよマスコミは」と強調した。



山梨の釣り人の要望が静岡のメディアで流れる不思議

「濁りで富士川窒息」危惧 山梨の釣り団体、国に影響調査要望|静岡新聞アットエス


山梨の御用メディはリニア、高速道路、ダムなどの報道はつねに発表報道のみで
決して調査報道を行わない。

行政もメディアも不都合な事実を有する企業もみな同じ穴のムジナの様である。

そして、時間が経ってから、騙されたとか知らなかったと言ってももう遅いんだよ!

ここまで郷土の民度が低いとは思っていなかったよ。




「濁りで富士川窒息」危惧 山梨の釣り団体、国に影響調査要望
(2019/9/11 08:09)


 駿河湾サクラエビの記録的不漁をきっかけに富士川、早川(山梨県早川町)の濁りや、早川支流の雨畑川での産業廃棄物の不法投棄が問題視されていることに対し、同県の釣り愛好団体が10日、国土交通省に、影響を科学的に調べるよう求める要望書を提出した。
 富士川の環境観察などに取り組む山梨本流釣同好会が提出した。要望書では「(堆砂が著しい)雨畑ダムの大量の土砂・ヘドロが河川を窒息させ、不法投棄が生物の急激な減少に追い打ちを掛けているのではないか」などと指摘。会員の山本克水さん(61)=同県韮崎市=が甲府河川国道事務所(甲府市)を訪れ、金子隆信副所長に手渡した。
 川の濁りは主に静岡側から指摘されてきたが、雨畑ダムがある山梨側からも声が上がった格好。雨畑ダムの土砂・ヘドロが川底に沈殿している可能性に加え、汚泥などの不法投棄の影響も調べる必要性を訴えた。富士川の濁りを主因とし天然アユの資源量の危機的減少に警鐘を鳴らした、専門コンサルタントたかはし河川生物調査事務所=高知県=による環境保全調査報告書も提出した。
 山本さんは「サクラエビ不漁をきっかけに静岡側から富士川の問題に光が当たった。富士川本流は濁りが強すぎて釣りざおを出せない。濁りはサクラエビにも影響しているはず」と力を込めた。
 金子副所長は「これまでのデータでは富士川本流の水質は環境基準を超えていない。今まで通りの水質調査を続けていく」と述べた。




官邸ポリス 幕蓮 講談社 2018

図書館本

内閣情報調査室に在籍したという著者のノンフィクション(92%事実だそうだby 著者)

昨今の政治絡みのゴタゴタ(モリカケ、御用記者(強姦不逮捕)、スポコン不正等々)を
中の人が書いたらしい。

物足りないのは、どうして首相を守らなければいけないのか?(影の総理は誰なのか?)等が
読み解けない。

また文部次官の読売新聞のスクープ(出会い系パブ)の記述も信憑性が少ない様に思う。
結局はうやむやな感じでしかない。

なんか物足りない感じの書でした。

この筆者が誰かを推測している著作もあるようです。amazon レビューの中にも記述があります。


ご興味あるかたはどうぞ。



ポッドキャスト 本間龍さん

大竹まこと ゴールデンラジオ!「大竹メインディッシュ」


【9月2日 著述家_本間龍】 さん 是非聞いてみてください。本を読まれない方は特に

ブラックボランティア

東京インパール2020

改憲と国民投票

すべて電通が絡んでいるわけです









原発プロパガンダ (岩波新書)
本間 龍
岩波書店
2016-04-21

山梨で報道されない事

水のない川、干上がった田 山梨で起こった“異変” リニア工事で“水枯れ”は起こるか?(テレビ静岡NEWS) - Yahoo!ニュース


オリジナルの動画を含むサイトはhttp://www.sut-tv.com/news/indiv/2127/

早川町の雨畑ダム汚染問題もリニアも、山梨のメディアは一向に調査もしないし報道もしない。
この姿勢は、静岡県のメディアを見ていると良くわかります。

国の利益が国益なら県の利益の県益を一部の人間がどうにでもできる事が良くわかります。
新聞もTVラジオも忖度し、あるいは結託して都合の悪い情報を隠蔽しているのでしょう。

どれだけ民度が低いことやら。

最低限の調査報道すらしない山梨のメディアなのです。

記事より

JR東海の回答

JR東海は山梨県の水枯れについて、テレビ静岡の取材に以下のように回答しています。

【山梨県の水枯れについて】
「調査を行い公共工事の基準に基づいて適切に補償しております」
※なお戸数など、どのぐらいの規模で水枯れが起こっているか詳細は明らかにしていない。

【山梨県内ですすむ南アルプスのトンネル工事について】
「掘削に伴う周辺の河川や井戸・湧水の流量の減少は確認されていません」

【静岡県内で予定される南アルプスのトンネル工事について】
「山梨と同じく『先進ボーリング』と呼ばれる調査で、トンネルを掘る場所の
地質状況などを事前に十分に確認しながら掘り進めていきます」




環境アセスメントやり直し ニア大井川問題、全量回復を事実上撤回 JR「約束ではない」

リニア大井川問題、全量回復を事実上撤回 JR「約束ではない」|静岡新聞アットエス



平気で嘘をつく! どこかの首相に似ていますね。
まあJR東海の名誉会長?が首相の指南役だそうですから。

以下記事

リニア大井川問題、全量回復を事実上撤回 JR「約束ではない」
(2019/8/30 07:48)

 リニア中央新幹線南アルプストンネル工事に伴う大井川流量減少問題で、JR東海の新美憲一中央新幹線推進本部副本部長は29日、昨年10月に同社が表明したトンネル湧水の全量を大井川に戻す方針に関し「約束ではない」との認識を示した。全量回復とした当初の方針は「工事完了後との認識だった」と釈明し、工事中を含むトンネル湧水の全てを大井川に戻すとする方針を事実上撤回した。
 静岡県庁で開かれた利水関係者との意見交換会後に記者団の取材に答えた。新美副本部長は「その時点(昨年10月)で工事中、工事完了後など、細かいところまで詰めて話をしていなかった」と説明。全量回復の具体策について「私の頭には浮かんでいない。これ以上はノーアイデアだ」と述べた。一方でトンネル湧水の県外への流出量を減らす努力は、引き続き検討する考えを示した。
 流域市町や利水団体は「全量」には、工事中に発生する湧水も含まれるという認識で「約束が守られていない」(大井川土地改良区の内田幸男理事長)と不信感を募らせている。利水関係者とJRとの今後の協議に影響する可能性もある。
 JRは昨年10月、利水団体との基本協定案で「原則として静岡県内に湧出するトンネル湧水の全量を大井川に流す措置を実施する」と明記。金子慎社長は昨年11月の記者会見で協定案の「原則として」の削除も可能との認識を示したが、29日の都内の記者会見では「(意見交換会で)技術者が丁寧に説明しているので(私の)説明は控えたい」とした。
 全量回復の方針に関しては、愛知県の大村秀章知事が「JRは全量返すから影響ないと言っている。次に何があるのか」と発言し、本県の対応を批判する根拠にもなっていた。






興味深い記事 学習しない地方公務員

日本は出世意欲が最低、断トツで自己研鑽していない国に【アジア太平洋14か国調査】:MONEYzine:資産運用とお金のこと、もっと身近に


出世欲だけはある公務員、でも勉強しない。同調圧力に弱く、空気を読む。そんな感じ?
目立たず、休まず、働かずの地方公務員と言われて久しいが。

最近では(昔から)都合の悪い情報は出さず、隠蔽する。それに追従する記者クラブとメディア。


そして、すでに企業にもこの疾病は蔓延しているようである。


以下記事より

次は「自己研鑽」について。勤務先以外での学習や自己啓発について、日本は「特に何も行っていない」が46.3%で、14の国・地域で最も高くなっている。2位のオーストラリアと比べて24.8ポイントも差があり、断トツで自己研鑽していない国と言える。

一方、「仕事選び」で重要視する点について、日本の1位は「希望する年収が得られること」、2位「職場の人間関係が良いこと」、3位「休みやすいこと」が挙がっている。「年収」は他国も1位ないし上位だが、「職場の人間関係」や「休みやすさ」は日本のみベスト3に入っており、独自の傾向が見られた。

 続いて、「ダイバーシティ」について見ていくと、日本は「女性上司のもとで働くことに抵抗はない」で最下位となっている。また、「外国人と一緒に働くことに抵抗はない」でも最下位で、「年下上司のもとで働くことに抵抗はない」でワースト2位となっている。







Profile
鎌倉おやじ
趣味:イワナに遊んでもらう、菜園、読書、焚き火、ランタン

愛読人:内山節、池田晶子、養老孟司、山本素石、高桑信一、相田みつを、宮本常一、網野善彦、野田知佑、南木佳士、川上健一 佐藤優 内田樹(順不同)

夢:晴釣雨読で自給自足、在来魚保護 (最近釣りにはそれほど熱中してません、年のせいでしょうか)
Recent Comments
Archives
お薦め映画