おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

平和

資料25−1 米軍基地負担に関する提言(案)

平成30年07月26日、27日 「全国知事会議」の開催について/全国知事会ホームページ


日本国憲法より上位にある日米地位協定 それを運用する日米合同委員会

全国知事会の提言がニュースにすらならない日本の報道

対米従属(奴隷)を続けることが今の政府には都合が良いのでしょうね。


資料25−1
米軍基地負担に関する提言(案)
全国知事会においては、沖縄県をはじめとする在日米軍基地に係る基地負
担の状況を、基地等の所在の有無にかかわらず広く理解し、都道府県の共通
理解を深めることを目的として、平成28年11月に「米軍基地負担に関す
る研究会」を設置し、これまで6回にわたり開催してきました。
研究会では、日米安全保障体制と日本を取り巻く課題、米軍基地負担の現
状と負担軽減及び日米地位協定をテーマに、資料に基づき意見交換を行うと
ともに、有識者からのヒアリングを行うなど、共通理解を深めてきました。
その結果、

日米安全保障体制は、国民の生命・財産や領土・領海等を守るために
重要であるが、米軍基地の存在が、航空機騒音、米軍人等による事件・
事故、環境問題等により、基地周辺住民の安全安心を脅かし、基地所在
自治体に過大な負担を強いている側面がある。

基地周辺以外においても艦載機やヘリコプターによる飛行訓練等が
実施されており、騒音被害や事故に対する住民の不安もあり、訓練ルー
トや訓練が行われる時期・内容などについて、関係の自治体への事前説
明・通告が求められている。

全国的に米軍基地の整理・縮小・返還が進んでいるものの、沖縄県に
おける米軍専用施設の基地面積割合は全国の7割を占め、依然として
極めて高い。

日米地位協定は、締結以来一度も改定されておらず、補足協定等によ
り運用改善が図られているものの、国内法の適用や自治体の基地立入権
がないなど、我が国にとって、依然として十分とは言えない現況である。

沖縄県の例では、県経済に占める基地関連収入は復帰時に比べ大幅に
低下し、返還後の跡地利用に伴う経済効果は基地経済を大きく上回るも
のとなっており、経済効果の面からも、更なる基地の返還等が求められ
ている。
といった、現状や改善すべき課題を確認することができました。
米軍基地は、防衛に関する事項であることは十分認識しつつも、各自治体
住民の生活に直結する重要な問題であることから、何よりも国民の理解が必
要であり、国におかれては、国民の生命・財産や領土・領海等を守る立場か
らも、以下の事項について、一層積極的に取り組まれることを提言します。

1 米軍機による低空飛行訓練等については、国の責任で騒音測定器を増や
すなど必要な実態調査を行うとともに、訓練ルートや訓練が行われる時期
について速やかな事前情報提供を必ず行い、関係自治体や地域住民の不安
を払拭した上で実施されるよう、十分な配慮を行うこと
2 日米地位協定を抜本的に見直し、航空法や環境法令などの国内法を原則
として米軍にも適用させることや、事件・事故時の自治体職員の迅速かつ
円滑な立入の保障などを明記すること
3 米軍人等による事件・事故に対し、具体的かつ実効的な防止策を提示
し、継続的に取組みを進めること また、飛行場周辺における航空機騒音規制措置
については、周辺住民の実質的な負担軽減が図られるための運用を行うとともに、
同措置の実施に伴う効果について検証を行うこと
4 施設ごとに必要性や使用状況等を点検した上で、基地の整理・縮小・返
還を積極的に促進すること

平成30年7月27日
全 国 知 事 会



ファンティパイナップルの事

奇跡体験!アンビリバボー:長老は26歳★ガーナで英雄になった日本人 - フジテレビ


無駄な援助が多い昨今

確実に根付き、引き継がれている事もある。

芯までおいしく食べられるファンティパイナップル

そのパイナップルに賭けた青春

亡くなっている事は知っていたが、改めて記事を読んで感動。


心よりご冥福を祈ります。

JICAの記事はこちら
https://www.jica.go.jp/volunteer/outline/story/11/index.html




雑記 ポスター


予定を着々とこなし(結構奇跡的?)
ガーナ人同僚のサポートも大きく、そろそろ帰国です。

ポスターというのは色んな意味で国民色が出るのかな。

面白い。

IMG_7791IMG_7838IMG_7976IMG_7977IMG_7978

国の宝


子供は宝

可愛いね。

仲良くしたいです(笑)

アクラにてIMG_20180731_002445IMG_20180731_002443

村の平和 光と影

電気も水道もありません。
一応車ではアクセスできます。

ひっそりと慎ましく生活しています。

病気さえなければ素晴らしいと思うのは、いわゆる先進国の人間の驕りでしょうか?

時間の流れがゆっくり感じます。

もちろん、農作業や漁業でしっかり肉体労働しています。
子供たちは学校へも行きます。

未来を担う子供たちが大勢いることがガーナの将来を明るくしていると思います。

IMG_7903IMG_7969IMG_7999IMG_8002IMG_8010IMG_8034IMG_8035IMG_8073IMG_8080IMG_8088IMG_8095

宿命の戦記 高山文彦 小学館 2017

図書館本

高山さん(1958-)の宿命の子(2014)の続編だろうか。
460ページにおよぶ大著

日本財団の笹川陽平氏のハンセン病制圧の活動に密着した海外渡航記録、
バチカン、WHOでの孤軍奮闘から世界協働システムの構築
日本より海外で有名な笹川氏や日本財団の活動を綴っています。

ハンセン病に疎い方は最後の補遺が非常に良くまとまっていると思いますで
まずはそこから読まれるのも良いかと。

ちなみに私自身、笹川財団、日本財団の活動に興味があり、かつハンセン病にも
興味があったので下記の書は既読です。

人間として生きてほしいから 笹川陽平 海竜社 2008
世界のハンセン病との闘い 笹川陽平(1939- ) 明石書店 2010
世界のハンセン病がなくなる日 笹川陽平 明石出版 2004
この国、あの国 笹川陽平 産経新聞社 2004
外務省の知らない世界の素顔 笹川陽平 産経新聞社 1998
隣人・中国人に言っておきたいこと 笹川陽平 PHP 2010

評伝 笹川良一 伊藤隆 中央公論新社 2011
悪名の棺 笹川良一伝 工藤美代子 幻冬舎 2010
宿命の子 高山文彦 小学館 2014
残心 笹川陽平 幻冬舎 2014
くじけてなるものか笹川良一が現代に放つ警句80 工藤美代子編著 幻冬舎 2011




目次 出版社のHPより
はじめに
第一章 神よ、なぜに見捨て給う インド/ムンバイ、プネ
第二章 砂嵐のあとで エジプト/カイロ、アレキサンドリア
第三章 風光る国の奥には アフリカ/マラウィ共和国
第四章 ピグミーの森、踊る大使 アフリカ/中央アフリカ共和国
第五章 ゼロの大地から インド/チャティスガール州ライプール
第六章 引き裂かれた母子 ブラジル/リオ・デ・ジャネイロ
第七章 愛を乞う者 ロシア/ウクライナ
第八章 忘れ得ぬ人びと 中央アジア/西ヨーロッパ/アフリカ
第九章 叫びと囁き ブラジル/マットグロッソ州クイアバ
第十章 少女は拍手に包まれて 西太平洋/キリバス共和国
第十一章 フランシスコ教皇の改心 バチカン市国/ローマ教皇庁
補 遺 ハンセン病と人間 最後の一マイルのために
おわりに

巻末付録
年表
参考文献



沖縄から世界平和、地球平和を

沖縄慰霊の日:平和の詩「生きる」全文 - 毎日新聞


二度と同じ悲しみ、苦しみを日本に、そして世界に起こしませんように。

動画はこちらから

沖縄県浦添市立港川中学校 3年 相良倫子

 

私は、生きている。

マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、

心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、

草の匂いを鼻孔に感じ、

遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。

 

私は今、生きている。

 

私の生きるこの島は、

何と美しい島だろう。

青く輝く海、

岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、

山羊の嘶き、

小川のせせらぎ、

畑に続く小道、

萌え出づる山の緑、

優しい三線の響き、

照りつける太陽の光。

 

私はなんと美しい島に、

生まれ育ったのだろう。

 

ありったけの私の感覚器で、感受性で、

島を感じる。心がじわりと熱くなる。

 

私はこの瞬間を、生きている。

 

この瞬間の素晴らしさが

この瞬間の愛おしさが

今と言う安らぎとなり

私の中に広がりゆく。

 

たまらなく込み上げるこの気持ちを

どう表現しよう。

大切な今よ

かけがえのない今よ

私の生きる、この今よ。

 

七十三年前、

私の愛する島が、死の島と化したあの日。

小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。

優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。

青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。

草の匂いは死臭で濁り、

光り輝いていた海の水面は、

戦艦で埋め尽くされた。

火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、

燃えつくされた民家、火薬の匂い。

着弾に揺れる大地。血に染まった海。

魑魅魍魎の如く、姿を変えた人々。

阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。

 

みんな、生きていたのだ。

私と何も変わらない、

懸命に生きる命だったのだ。

彼らの人生を、それぞれの未来を。

疑うことなく、思い描いていたんだ。

家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。

仕事があった。生きがいがあった。

日々の小さな幸せを喜んだ。手をとり合って生きてきた、私と同じ、人間だった。

それなのに。

壊されて、奪われた。

生きた時代が違う。ただ、それだけで。

無辜の命を。あたり前に生きていた、あの日々を。

 

摩文仁の丘。眼下に広がる穏やかな海。

悲しくて、忘れることのできない、この島の全て。

私は手を強く握り、誓う。

奪われた命に想いを馳せて、

心から、誓う。

 

私が生きている限り、

こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。

もう二度と過去を未来にしないこと。

全ての人間が、国境を越え、人種を越え、宗教を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。

生きる事、命を大切にできることを、

誰からも侵されない世界を創ること。

平和を創造する努力を、厭わないことを。

 

あなたも、感じるだろう。

この島の美しさを。

あなたも、知っているだろう。

この島の悲しみを。

そして、あなたも、

私と同じこの瞬間(とき)を

一緒に生きているのだ。

 

今を一緒に、生きているのだ。

 

だから、きっとわかるはずなんだ。

戦争の無意味さを。本当の平和を。

頭じゃなくて、その心で。

戦力という愚かな力を持つことで、

得られる平和など、本当は無いことを。

平和とは、あたり前に生きること。

その命を精一杯輝かせて生きることだということを。

 

私は、今を生きている。

みんなと一緒に。

そして、これからも生きていく。

一日一日を大切に。

平和を想って。平和を祈って。

なぜなら、未来は、

この瞬間の延長線上にあるからだ。

つまり、未来は、今なんだ。

 

大好きな、私の島。

誇り高き、みんなの島。

そして、この島に生きる、すべての命。

私と共に今を生きる、私の友。私の家族。

 

これからも、共に生きてゆこう。

この青に囲まれた美しい故郷から。

真の平和を発進しよう。

一人一人が立ち上がって、

みんなで未来を歩んでいこう。

 

摩文仁の丘の風に吹かれ、

私の命が鳴っている。

過去と現在、未来の共鳴。

鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。

命よ響け。生きゆく未来に。

私は今を、生きていく。



2011年6月18日 ボランティア

2018年6月18日 大阪を中心に大きな地震
9歳の小学生が塀の崩壊で圧死。いたたまれない。

7年前の同じ日、鎌倉市のボランティアに参加して宮城県へ
泥だしで目にした生活品の数々

自然災害は管理も征服も出来ない
いかに被害を小さくし、人命を守るのか。

コンクリートの塀で押しつぶされた女の子に手を合わせる事しかできない自分。

247892_181467758574168_4375013_n

続ゴジラの独り言 国際関係に悩む

ガーナからのお土産

先日のガーナ訪問での頂きもの。

ガーナ大学からのマグカップ、カウスボタン、ピンバッチ

大使館某女史より シエラレオネとリベリアのお土産
シエラもリベリアも内戦前しかしらない(1980年代)ので、平和が構築されることを
切に願うのみ。

宮本常一が離島支援を行った頃、自分自身で「発展とは何か、進歩とは何か」と悩み続けたという。

欧米型のいわゆる開発援助が果たして住民の皆さんを本当に幸せにするのか?

そんな事をず〜〜と考え続けているおやじである。
1つだけ確信をもって言えるのは、子供が元気に大きくなるために感染症は少ない方が良いだろう。
そんな事を考えながら仕事をしています。

IMG_2150IMG_2155




援助じゃアフリカは発展しない
ダンビサ・モヨ
東洋経済新報社
2010-07-30

良番組 南京事件

南京事件供NNNドキュメント|日本テレビ


録画で見ました。

前回同様に非常に良くまとめられた調査報道です。
清水潔さんの根気強い取材で可能になったのでしょう。

どうしても歴史を修正しようとする連中がいます。
その点も、1次情報の開示と嘘の証言の検証により容易に論破出来ています。


再放送は
5月20日(日)11:00〜 BS日テレ
5月20日(日)5:00〜/24:00〜 CS「日テレNEWS24」





ご興味あるかたは清水さんの著作をどうぞ

原発無くても日本は平気 東京新聞 5月13日

東京新聞:<原発のない国へ>全電源、自然エネにできる 小泉純一郎元首相インタビュー:政治(TOKYO Web)


小泉純一郎元首相(76)が本紙のインタビューに応じ、原発事故後も原発稼働を前提とする安倍政権のエネルギー政策を「反省がない」と批判するとともに、「原発支援のカネを自然エネルギーに向ければ、原発が供給していた30%程度の電力は10年で自然エネルギーで供給でき、将来、全電源を自然エネルギーでできる国になる」と、原発稼働を直ちにやめ、自然エネルギーへの転換を促進すべきだとの考えを強調した。

 小泉氏は「首相の権限は強い。もし首相が(原発ゼロを)決断すれば、自民党はそんなに反対しない」と政治決断を求めるが、安倍晋三首相では「やめられない」とも述べ、原発ゼロの実現には首相交代が必要だとの考えを強調した。原発ゼロの実現を期待できる政治家として河野太郎外相の名を挙げた。

 自らが進める原発ゼロに向けた運動と野党との連携については「自民党の首相がそういう(原発ゼロの)決断をすれば、野党は黙っていても喜んで協力する」と否定した。

 小泉氏は福島第一原発事故後、「安全で、コストが一番安く、永遠のクリーンエネルギーだという原発推進論者の三つの大義名分がうそだと分かった」と指摘。「(原発事故後の)七年間(事実上の)原発なしで一日も(大きな)停電がない。原発ゼロでやっていけることを証明している」と、原発ゼロは即時可能だと強調した。

 また、使用済み核燃料の最終処分場建設の見通しが立っていないことに関し、「処分場を見つけられない原発を政府が認めることが不思議で仕方がない」と厳しく批判した。使用済み燃料を再処理して、燃料として再利用する核燃料サイクル事業は「破綻している。永遠の夢の原子炉と言われたもんじゅは故障で幻の原子炉になった。まさに無駄遣いだ」と撤退を提唱した。

 安倍政権が進める原発輸出政策については「危険性があり、自分の国で(原発建設が)できないから外国に売り込もうとする発想が分からない」と批判。

 潜在的な核抑止力になるとして原発を推進する意見には「なんで抑止力というのか分からない。日本が核兵器を持てるわけがない。そういうことを言う人の理論が分からない」とした。

 このインタビューは十一日午後、東京都品川区の城南信用金庫本店で行われた。

<こいずみ・じゅんいちろう> 1972年の衆院選で初当選、連続12期務める。厚相、郵政相を歴任し、2001年に首相就任。戦後4位となる5年5カ月の長期政権を築いた。09年に政界引退。東京電力福島第一原発事故後、原発ゼロを訴えて講演活動を続ける。近著に「決断のとき−トモダチ作戦と涙の基金」。76歳。
◆世界2040年に再生エネ66%予測

 2011年の東京電力福島第一原発事故後、国内の全ての原発が運転を停止した。しかし政府は再稼働を急いでおり、現在は関西電力大飯原発(福井県おおい町)など5基が稼働中。発電に占める原発の割合は16年度には1.7%に低下したが、政府はこの数値を30年度には20〜22%に高める目標をエネルギー基本計画で示している。政府は来月下旬にも決める新たな基本計画でも、この数値を維持する方針だ。

 一方、海外では福島の原発事故後、ドイツ、韓国が原発ゼロ政策に転換。依存度引き下げを目標に掲げる国も相次ぐ。米情報会社ブルームバーグ・グループによると、40年時点で世界全体の発電に占める原発の割合は3.5%に低下。逆に、再生可能エネルギーは66.3%に上がる見通し。



私小説 市川拓司 朝日新聞出版 2018

図書館本

市川さん(1962−)の本は何冊か読んできました。
自らが発達障害であり、多くの問題を抱えながら(食生活、対人問題、長距離移動不可)も
素晴らしい作品を書かれ、また翻訳され映画化されたりしています。

本書はまさに、そんなある日の日常を赤裸々にそして淡々と綴っています。

読み終えて少しだけかもしれませんが、市川ワールドの源流というか背景が理解できた気がします。
そして、平和を希求し、愛に包まれた社会・世界を追い続けていることを。

争い、戦争、兵器、銃、暴力を排除した作品だから世界の多くの人に受け入れられるのでしょう。
自分自身も最近、暴力は争いごとの含まれる小説などは極力読まなくなりました。

これからも、そんな素晴らしい作品を書き続けて欲しいです。
そして、少しでも体調が良くなり、奥様とご一緒に世界に出かけて行かれますように。


私小説
市川 拓司
朝日新聞出版
2018-03-07

街場の天皇論 内田樹 東洋経済新報社 2017

図書館本

内田さんが各種媒体に発表した(没もある)文章を再構成しています。
1.死者を背負った共苦の「象徴」
2.憲法と民主主義と愛国心
3.物語性と身体性
というカテゴリーでまとめられています。

網野善彦氏の著作や民俗学的考察、そして歴史的な天皇制に対する民衆と権力者の対応等から
内田さんが上手く天皇の象徴としての役割を論じていると思います。
基本的に私も内田さんと同じく天皇主義者になった一人です。

備忘録メモ
天皇陛下のおことば 2016年8月8日の意味するもの 改憲を抑制する動きと海外メディア
戦後、天皇制に対する関心は低かった
立憲民主制と天皇制は原理的に両立しないと言う人に対して「両立しがたい二つの原理が併存している国の方が政体として安定しており、暮らしやすいのだ」
天皇の役割 権威でなく霊的権力 道徳的中心
現代日本の政治の本質的なバトルは「ある種の死者の負託を背負う首相」と「すべての死者の負託を背負う陛下」で展開している
陛下の意思としての慰霊の旅 儀式を行うこと(天皇の国事行為)
天皇制の根本的な機能は日本という国の霊的統一。
今の指導者層 主権を知らない子供たちが形成 アメリカの属国民であるこは自明の歴史的与件
 対米従属技術に長けた「対米従属テクノクラート」アメリカで学位、アメリカに知友 アメリカに忖度

権力者による海民性排除の理由 海洋的であることと島国的にあること 国運の潮目
徳仁親王のオックスフォードでの研究内容 日本で馬車が発達しなかった理由 水上交通の発達との関連 天皇と海民とのかかわり
三島由紀夫と天皇制 全学連との議論

街場の天皇論
内田 樹
東洋経済新報社
2017-10-06


東条英機・山本五十六・石橋湛山〜明治17年生まれの3人

聴き逃し | NHKラジオ らじる★らじる


保阪正康さんの話が興味深いです。

カルチャーラジオ NHKラジオアーカイブス
NHKラジオ第2 毎週月曜 午後8時30分 | 再放送 毎週月曜 午前10時 この番組では、これまでNHKが放送してきた番組や保存している音声資料から、昭和という時代を生きた人々を取り上げ、その人となり(人物像)や歴史的意味をたどります。 解説はノンフィクション作家の保阪正康さん、聞き手は宇田川清江さんです。

昭和史の教訓〜今年度の放送から

第1回「東条英機・山本五十六・石橋湛山〜明治17年生まれの3人」


砂の剣 比嘉 慂 小学館 1995

図書館本 漫画 ビックコミックに掲載されたもの

筆者は本書の作品(学舎)を手塚治虫さんに読んで欲しくて描いた作品との事です。
しかしながら手塚さんの逝去にかなわなかったと、あとがきに書かれています。

沖縄戦の悲惨さを漫画で描かれています。

米軍基地問題、日米地位協定、米軍兵士等の犯罪多発等 
未だ戦争は終わらず民主主義も確立していない。

戦争を知らない日本人や同胞の世界の人々が増える中、歴史として正確に悲惨な戦争を受け継いで
いかねばいけないと思う。

砂の剣(すなのつるぎ)
比嘉 慂(ひが すすむ)
青林工藝舎
2010-09-21

水木しげるさんの戦場

平成30年3月12日東京新聞

教科書には載る事のない戦争の現実 戦場で何が起きていたか

戦争を知らない私たちが、歴史をしっかり認識して

二度と愚かな戦争をしない事が、戦死した皆さんの追悼だと思う。

IMG_1476

私たちの星で 梨木果歩 師岡カリーマ・エルサムニー 岩波書店 2017

図書館本 途中までの感想

梨木さんの本は何冊か読ませていただいた。師岡さんは初めて。
お二人の往復書簡

梨木さんの感性も師岡さんの感性も非常に透明で柔軟で優しい。
2人のみる社会、世界そして日本の姿が希望であり、時に絶望にも思える。

梨木さんがデモに参加されていたという事にも驚くとともに共感がまた大きくなる。

言葉が紡ぎ出す未来への希望。



私たちの星で
梨木 香歩
岩波書店
2017-09-08

ゴジラのぼやき2

(5) 山本 郁男 - 【シリーズその2】苦労を独り言で言うゴジラ


次は日本の政治もぼやいて欲しいな(笑)

若者がつくる世界

冬季オリンピック
日本だけでなく海外の若者が頑張っている。

海外のメディアが羽生さんをはじめ日本の選手を率直に評価する。

まさにそれが世界なんですね。

No Border 国境なき世界

スポーツ、音楽、芸術、友情、宗教

日本スゴイじゃなくて、スポーツ凄い!

平和の祭典でなければね。スポーツは、オリンピックは。

知ってはいけない 矢部宏治 講談社現代新書 2017

図書館本

戦争をしない国  小学館 2015
日本はなぜ、「戦争が出来る国」になったのか  集英社インターナショナル 2016
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか 集英社インターナショナル 2014
は読ませていただきました。

本書は既出の情報のオーバーラップがあるのはしょうがないですが、改めて日本国憲法より偉い
日米地位協定や米国国務省より米軍が支配する日本の関係性、そして政治家より官僚が支配する
日米合同委員会という構図の中の米国植民地としての日本の現状が分かりますね。


備忘録メモ
安保法体系 旧安保条約 → 行政協定 →日米合同委員会
2016年6月 民主党鳩山政権崩壊 秘密会合の官僚によるリーク 矢部氏の米軍基地問題の契機
占領期特権の継続 裁判権、基地権 指揮権
地位協定=行政協定+密約 裁判権、基地権 指揮権(自衛隊は米軍の指揮下)
砂川裁判 日本司法の汚点
吉田・アチンソン交換公文
マッカーサー 6.23メモ 朝鮮戦争直前 日付の謎 ダレスの関与
国連軍の代わりとしての米軍というロジック
国連憲章を無視続けるのはアメリカ 無責任な軍国主義
真摯に沖縄の声、自衛隊の最前線の声に耳を傾けること


隷属なき道 ルトガー・ブレグマン 文藝春秋 2017

図書館本から購入へ 週30時間労働はおかしいと主張する次男の理論武装用にプレゼント(笑)

単なるベーシックインカム論ではないのがスゴイです。
絶対お勧めの一冊
援助業界の方の一部は既にご存知のCCTかもしれませんが、援助業界が不要になる可能性も高いかと思います。もちろん技術援助なんていう分野もね。

原題:UTOPIA FOR REALISTS 2016 (English)
最初のオランダ語でのタイトルは、ただでお金を配りましょう。との事。
日本語訳はブレグマンとの相談でハイエクの隷属への道を本歌取りしたとのこと。

久々に読みながらワクワクドキドキした。

歴史を読み解き、なぜ一部の者が富み、格差が広がり、飢餓で死んでいく人々がいるのか?
人類が皆飢えずに生きる事が出来るだけの富は既にあるのにも関わらず。
その解決方法をデータを読み込み、歴史を鑑み、種々な実験的取り組みの成果から理想が現実化可能だということを示しています。
そしてその解決方法は比較的簡単なものなのです、特に既得権益に縛られない人たちには。
1. ユニバーサル・ベイシックインカム(好意としてではなく、権利として)
2. 国境開放
3. 週の労働時間15時間
絶対出来ない、理想論という方こそ、是非読んでみてはいかがでしょうか?
いかに歴史的に既得権益者が嘘と捏造等でベイシックインカムを潰し、国境を強固にし、長時間労働を強いてきたかという事を。
そして現状の国際援助の問題点もしっかり指摘しています。

備忘録メモ
過去2世紀の間 一人当たりの所得は1850年の10倍、経済は250倍
寿命 1990年 64年 2012年には70年 これは1900年の倍以上
中世の世界からみれば原題はユートピア なのに子供のウツや、不安の増大
福祉はいらない、直接お金を! ホームレスに3000ポンド給付実験 2009年ロンドン
すでに45か国1億人以上で実施 
条件付現金給付(CCT: Conditional Cash Transfers)あるいは無条件 被験者はお金を無駄にしない
ベーシックインカム法案を提出したニクソン大統領 圧力で変質 上院の廃案に
米国でのベーシックインカムによる貧困撲滅には1750億ドル、軍事費の4分の1
貧困は個人のIQを13ポイント下げる 貧困対策は採算が取れる
比較的裕福な国々でも、収入の不均衡は、すべての人の暮らしを不幸にする。
空き家は常にホームレスの数より多い(ヨーロッパは2倍、アメリカ5倍)
ハウジング(住居)ファースト戦略 ユタ州、オランダ 財政負担を減らし経済的利益誘導
スピナームランド制度(1795年、イギリス 公的救済プログラム)報告書の捏造 貧者はより狡猾になり怠惰になると。マルクスすらこの報告書を利用(歴史の失敗として)
資本主義者であれ共産主義者であれ、貧困者を区別するのは無益だ。
DDPが見逃している労働 GDPの大いなる詐術 80年前GDPは存在すらしなかった
数字まみれの経済学
国民総幸福量は新たな尺度になり得るか
GDPの算定に軍事、広告、金融部門の支出を含める事を戒めた(考案者のクズネッツ)
ケインズが予測した週15時間労働はどうなった?労働時間の短縮は1970年代にストップ
フォード 週5日労働実施 労働の終わり、余暇革命を迎えるはずだった
女性の解放と労働者としての女性 家族としてみると労働時間の増加もある
ケロッグ(コーンフレーク)1日6時間労働で成功 労働効率 事故率
テレビ占有時間 アメリカ平均一日5時間 一生では9年
特許侵害で人を訴え、金を儲ける法律事務所
富を移転するだけで、有形の価値をほとんど生み出さない職業の人達
社会の繁栄を支えている教師、警察官、看護師が安月給
進歩のパラドックス 有形な価値を生み出さないまま金を儲けるシステムで、より金持ちになり、より賢くなるにつれて、より金を使う様になること
研究者が1ドル儲けると5ドル以上が経済に還元される
ハーバード大 1970年研究者の道に進むもの銀行業界の2倍、20年後、金融業界に進むもの研究者の1.5倍 高額納税者への高額税率を実施すれば才能ある個人を正の外部性をもつ職業に再分配するのに役立つ
新たな理想を中心に教育を再構築
給料が高ければその仕事の社会的価値も高いという誤った考えを捨てる
生産性過去最高、雇用減少というパラドックス コンピューター、自動化、AI
2045年コンピューターは全人類の脳の総計より10億倍賢くなっている (2029年に同等)
テクノロジーの恩恵を手放したくないのであれば、選択肢はただ一つ、再分配。金銭、時間、課税そしてロボットも再分配。ベーシックインカムと労働時間の短縮はその具体的方法
国境を開くと富は増大する
西側諸国の途上国支援 50年で5兆ドル 国境開放で世界総生産は67-147%成長し65兆ドルの富が生まれる
世界の62人が35億人の総資産より多い資産を所有する
MIT教授エスター・デユフロ 開発支援の科学的根拠の無さを指摘
RCT(無作為化比較対象試験 Randomized Controlled Trial)による開発支援の評価
ジェフリー・サックスとウイリアム・イースタリーの議論 (貧困の終焉 MDGs)
無料の教科書、無料の蚊帳とその後、10ドルの薬が就学年数を2.9年延ばす
マイクロクレジットのRCT 効果? 現金給付の方が良い結果
無料の給食と無料の制服の効果の違い
国境が差別をもたらす最大の要因
オヴァートンの窓の外へ出る事の重要性(再選をのぞむ政治家は極端なアイデアを避け、人々の許容される範囲に) テレビも。
進歩を語る言語を取り戻す 改正、能力主義、革新、効率、過保護な福祉を削減、自由、
オランダ労働改革 ワークシェアリング、同一労働同一賃金


奴隷制度廃止も、女性の選挙権も、同成婚の容認も、求めた人は狂人と見なされていたことを我々は知っている、だがそれは彼らが正しかった事を歴史が証明している。
偉大なアイデアは必ず社会を変えるのだ。


IMG_1135






憂国論 鈴木邦男 白井聡 祥伝社新書 2017

図書館本

1943年生まれの鈴木さん、
1977年生まれの白井さん ともに早稲田大学政経出身

お二人の対談が非常に深い。
「おわりに」を鈴木さんが綴っているのだが、鈴木さんが吐露されていることが鈴木さんの思想信条の深さと人間的優しさをうまく表していると思う。そして白井さんに対し、賢者と評価する。今の日本の置かれている危険度を鈴木さんは白井さんとの対話の中から指摘しているのだろう。
山本太郎の天皇直訴事件の顛末の話は無知で知らず、興味深かった

備忘録メモ
野村秋介さんが個人的に親しかった記者が多い朝日新聞
三島由紀夫も野村さんもテロはしなかった(自殺はした)
公安警察と右翼の馴れ合い 公安と右翼は一体 左翼との敵対関係をわざと作り出す公安
鈴木さんのアパート焼き討ち 公安は見ていた?
経済至上主義の反対しない右翼
国土を汚されて(70年代、4大公害)、3.11福島原発震災)も反対しない右翼
戦後の日本は71年間連続の閉店セール 賢い日本国民なら気が付く
三島や高橋和巳が生きていたら安倍政権の暴走はなかった
弱いから群れるのではない、群れるから弱いのだ。竹中労
山本太郎直訴事件の顛末 天皇ご夫婦 数か月後に佐野市の郷土博物館訪問して田中正造の手紙を見た 当時直訴未遂であった手紙を現地に受け取りに行ったということ。山本の原発問題への返答なのだろう。
美智子皇后の五日市憲法発言(2013年10月20日誕生日) 憲法改正にたいする押しつけ憲法ではないとの暗示?
天皇陛下の所には毎日全国紙と地方紙いくつか届く 最初に読むのは琉球新報
無条件の対米従属状態からくる幼児性 子供でもいいんだ、何でもできるんだ
櫻井よしこはまともだった、昔は。
あらゆる政策を正当化する理由として対中脅威論を持ち出す
世界から野蛮な国と思われないように国際的な決まりをまもり、ちょんまげや切腹を止め、文化習慣の西欧化を進めた。その時代の方が日本が精神的に豊かだったのでは。
憲法を改正して軍事大国になれば強くなると錯覚するナショナリズムの危険性
21世紀の愛国者の使命はナショナリズムを解毒すること、ナショナリズムを戦いながら、ナショナリズムを越えていくのが日本の右翼の本懐



自発的対米従属 猿田佐世 角川新書 2017

図書館本

久々に付箋紙だらけになりながら読みました。

猿田さん(1977− 新外交イニシアティブ(ND)事務局長 弁護士(日・米))がアメリカから見た属国民主(社会?)主義国家日本の今を綴っています。

備忘録メモ
アメリカの声の発信源としてのアメリカ知日派
日本政府、日本メディアが情報と資金を知日派に供与
日本の既得権益層が「日本製の“アメリカの外圧”」を使って来た。
このアメリカからの外圧作りを「ワシントンの拡声器効果」と表現
少人数の知日派と日本の政治家やマスコミが相互利用し都合の良い政策を実現したある種の共犯関係 これが自発的対米従属 みせかけの対米従属
歴史修正主義者としての安倍という米国内にあるイメージ
歴史的和解を演じる歴史修正主義者たち 硫黄島慰霊祭
劇を作り、劇のとおりに現実が動いていく
メディアリテラシー 報道の在り方と報道の受け取り方
日米間の情報ギャップ アメリカ人の見ているニッポン 日本に無関心
沖縄の声はアメリカに届いていない
アメリカにとっては、日本は特別、韓国は特別  外交上の決まり文句
2013年8月に新外交イニシアティブ(ND)設立
ジョセフ・ナイ元国防次官補 辺野古案再考の意思表示
シンポジウムや講演も外交劇 シンクタンク利用
日本政府のプロパガンダとしてのトランプ・安倍会談 CNNはビデオや画像使わず
永田町での議員の記者会見よりワシントン国務省前で知日派がこう言ったとの方がインパクト
政治家のワシントン詣でと知日派の声利用
意外に少ない知日派の声 日本専門家が少ない(米国従属だから交渉の必要ない)
日本国内政策への知日派圧力 アーミテージ・ナイ報告書等
シンクタンクの影響力 回転ドアとしての政治システム ワシントンに集中
日本資金でアメリカシンクタンクでのシンポジウム
政府系資金(JICA、国際交流基金、大使館、自衛隊、国際協力銀行等)
シンクタンクへの客員研究員の派遣 CSIS(Center for Strategic and International Studies,)など 
日本での話題にならない話でもワシントンで話せば話題になる
TPP推進は日米財界の声 シンクタンクへの資金投入
なぜアメリカは日本に原発維持を求めるのか?(アーミテージ・ナイ報告書) 推進派企業などの寄付 アメリカ国内では主流でない提言
日米地位協定の国際比較プロジェクト 沖縄(日本)の異常性
自ら選んだ従属に気づかない恐ろしさ
トランプショック後の逆拡声器現象 アメリカが日本を利用する 日本からトランプ政権にTPPに振り向くように訴えてください
外務省(ワシントン大使館)から米国シンクタンク研究者や議会関係者に民主党批判
防衛力拡大提言 笹川・CSIS報告書
マルチトラック外交の重要性 基地問題 アジア安全保障



映画『キセキの葉書』

映画『キセキの葉書』オフィシャル・サイト 鈴木紗理奈 監督:ジャッキー・ウー 配給:ミューズ・プランニング


鑑賞券があったので行って来た。
伊勢佐木町の横浜テアトル(いつもここだけど(笑)


内田樹さんが以前書籍の中で書かれていた。
I can not live without you.の思想
あなたが居るから私も生きられる(あなた無しに私は存在しない)。

まさにそんな映画。

平凡(これが大事なんだな)な生活の中に存在するであろう、生かされている自分。
障害(この言葉は嫌いだけど)を持って生まれてきた子供
ウツ、認知症になっていく母親

助け合い、励まし合い(愛)、日々を過ごしていく。

実話に基づいた映画だそうです。

嘘を付かない、ズルをしない、そんな当たり前の日常がキセキを起こすのだと思った素晴らしい
映画でした。





罪人の嘘 2014

罪人の嘘をAmazonビデオ-プライム・ビデオで



最近Amazon prime ビデオの中でWOWOWの作品が選んでみています。
非常に良く出来た作品が多いと思います。

敏腕弁護士の人生の光と影

生きること、幸せとは、死とは、家族とは、そんな事を考えさせる作品でした。



連続ドラマW 罪人の嘘 [DVD]
伊藤英明
TCエンタテインメント
2015-03-18

今年のネーブル

ここ数年は毎年収穫できるようになりました。
庭のネーブル
葉っぱをアゲハ?に食べられたりしますが。


今年は数が少ない分、大きくなっています。

ネーブルの果汁でジンを割って飲むのがこの季節の旬です(笑)

IMG_20171103_110840IMG_20171103_110836

<愛国心>に気をつけろ! 鈴木邦男 岩波ブックレット 2016

図書館本

昨今の「日本スゴイ」「反中嫌韓」的の記事、書籍、テレビ番組の多さに大きな危惧をを感じています。
真面目な意味において右翼が保守なのであれば、米国への従属を嫌い、自主憲法制定も理解できるのですが、最近は憲法改正、米国従属、日米安保維持、沖縄基地問題無視といった感じが右と左を分ける
指標の様に思えてなりません。

そんな文脈からすると鈴木邦男さんは筋が通った保守ではないかと思います。
そして、今の政治に危機感を持っていて本書に繋がったのでしょう。

非国民だの売国奴だと人を罵る連中が真の右翼だの保守だのとの到底思えません。
愛国心などの言う言葉を連発する輩には注意しましょうということです。
鈴木さんは故竹中労さんとも親しく、竹中さん自身が非常に鈴木さんを評価していたと思います。

備忘録メモ

美しいが毒をもつ「愛国心」 愛国無罪 国は傷つき貶められる
愛国心の持つストーカー的危険性 
ヘイトスピーチ・デモと愛国のリンクは無い
鈴木氏は改憲派だが今の急激な改憲の動きは危険だから反対
憲法24条 ベアテ・シロタ・ゴードン(1923〜2012)さんが草案 その先見性はアメリカ憲法以上の民主的・理想的 女性の権利
愛国者の政治家はいるのか 国賊とは
自由のない自主憲法より自由のある押しつけ憲法
改憲派の小林節教授が改憲反対になったきっかけ 国が国民に愛国心をもてという事の問題
空疎なナショナリズムと言葉だけの愛国者の急増
安倍首相の「日本を取り戻す」 自主憲法と愛国心の押し売り
愛国心を批判した三島由紀夫 人類愛ならわかると 愛国心は国家を以て閉ざされた愛
三島は右翼が嫌いだった 憂国






秋深き 2008

秋深きをAmazonビデオ-プライム・ビデオで


amazon primeで視聴

なかなか深い映画でした。

生きる、生きがい、生かされる。

溺れる者は藁をもつかむ、でももしかしたら藁で助かるのかもと信じたい。

生老病死をうまく描いていたと思う。

個人的にはサトエリの胸を沢山触っていた八嶋智人が憎い(笑)



秋深き [DVD]
八嶋智人
東宝
2009-05-22

731免責の系譜 太田昌克 日本評論社 1999

図書館本

2017年NHKスペシャルの番組 731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜 
番組であらたに出て来た証拠を詳細に写し出していた。
それで興味を持ち、過去の書籍を読んでみた。

本書はジャーナリストの調査報道である。緻密な取材を元にいかに731幹部らが罪を免れて
なんら謝罪することなく戦後生きていたかを綴っている。
エリートと言われる官僚、技官(医師、獣医師)らがいかに悪魔として戦争の名の下に悪行を続けてきたのか、
そして戦後、口裏を合わせ、アメリカへ協力することで戦犯免責を付与されたか。

読んでいて、戦争というものが、いかに人間を狂わせるのか、そして感情を失わせるのかが少しだけ
理解できた様に思う。

備忘録メモ
陸軍中央も731部隊での人体実験は承知していた。 
関東軍作戦主任、731部隊担当 竹田宮恒徳央王
風船爆弾に細菌を積む計画 内藤良一軍医中佐(後のミドリ十字社長)人体実験は無かったと嘘証言
100部隊(関東軍軍獣防疫廠)高島一雄獣医大佐 
牛疫ウイルスの風船爆弾でアメリカ攻撃計画
サンダースレポート (戦争免責にかんする文言は無い)
ハバロフスク裁判 日本軍の実験により2千人が死亡 細菌戦関係者12人を捕虜
亀井貫一郎(政治家、通訳) 鎌倉会談
731 2代目部長 北野政次軍医少将(東京帝大医科学部、伝研、石井と同卒業年次)
アメリカでの生物兵器開発と野外実験 1950年以降






NHKスペシャルのHPより 731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜 
戦時中、旧満州で密かに細菌兵器を開発し実戦で使用した、731部隊。部隊が証拠を徹底的に隠滅、元隊員が固く口を閉ざしたため、その実像を知る手がかりは限られてきた。
今回NHKは、終戦直後、旧ソ連で行われたハバロフスク裁判の音声記録を発掘。20時間を越える記録では、部隊中枢メンバーが、国防や国益のためとして細菌兵器を開発した実態、そして旧満州で日本に反発していた中国や旧ソ連の人々を「死刑囚」とし、細菌兵器開発の「実験材料」として扱っていた実態を、克明に語っていた。
さらに、元隊員の資料や当時の学術界の膨大な記録からは、軍だけでなく学術界からも多くの研究者が部隊に参加していた実態が浮かび上がってきた。満州事変以降、学術界が軍と関係を深めていった過程、そして日本軍が旧満州で反発する人々を死刑にすることについて世論の支持が高まる中で「死刑囚」を研究に活用する動きが相次いでいた実態も明らかになってきた。
731部隊はどのようにして生まれ、そして医学者たちは、どう関与していったのか。数百点にのぼる資料をもとに、731部隊設立の謎に迫る。



Profile
鎌倉おやじ
趣味:イワナに遊んでもらう、菜園、読書、焚き火、ランタン

愛読人:内山節、池田晶子、養老孟司、山本素石、高桑信一、相田みつを、宮本常一、網野善彦、野田知佑、南木佳士、川上健一 佐藤優 内田樹(順不同)

夢:晴釣雨読で自給自足、在来魚保護 (最近釣りにはそれほど熱中してません、年のせいでしょうか)
Recent Comments
Archives
お薦め映画