おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

郷土

保阪嘉内 

NHKドキュメンタリー - ETV特集「宮沢賢治 銀河への旅〜慟哭(どうこく)の愛と祈り〜」


本放送が録画ミスしたので、再放送を録画予定(すでに録画出来ているはず)

クラーク一期生の大島正健校長の元で甲府中学時代を過ごした嘉内。
短い人生だったが、まさに波乱万丈で利他なヒトだった。


「宮沢賢治には、生涯をかけて愛した同い年の男性がいた。「風の又三郎」「銀河鉄道の夜」などの代表作誕生の背景に、一人の男性との深い交流が明らかになる。残された賢治の手紙、ノート、資料などを改めて読み解くと、新たな賢治像が、驚きとともに浮き彫りになってくる。岩手の四季折々の景色や、ドラマを織り交ぜながら、賢治の心の風景にも迫る。賢治の作品を、これまでと違った視点で読みたくなること間違いない。」

ふたりの銀河鉄道
読書メモ 再掲

図書館本

宮沢賢治と保阪嘉内 賢治のただ一人の親友とか心友といわれる嘉内。

内容的には嘉内のご子息である保阪庸夫氏らの著作「宮沢賢治 友への手紙」昭和43年筑摩書房を元にした賢治から嘉内宛の手紙を物語風に記述している。
また、菅原千恵子著「宮沢賢治の青春」も大きく影響しているように思う。

著者は山梨出身ということで、保阪が甲府中学時代に薫陶をうけた大島正健校長や甲府中学のことも若干書いている。大島校長が招聘した英語教師、野尻正英(まさふさ)(野尻抱影)が星や山の先生でもあり、嘉内がハレー彗星の観察をしてスケッチを残したこと。野尻の弟は大佛 次(鎌倉女学院の教師もした)
野尻は登山家の小島烏水とも親交があった。

本書ではハレー彗星のスケッチは家の庭(韮崎?)でとあるが、当時の甲府中学と寮があった舞鶴城跡からとの記載もあったと思う。http://azalea-4.blog.so-net.ne.jp/2007-10-24

嘉内が退学除名処分になった後、賢治が嘉内を大沢温泉に誘い酒を酌み交わし、嘉内が失意を吐露したことを晩年の賢治が文語体の詩に残している。







二人の銀河鉄道―嘉内と賢治
江宮 隆之
河出書房新社
2008-02

保阪嘉内 賢治の心友

ETV特集「宮沢賢治 銀河への旅〜慟哭(どうこく)の愛と祈り〜」 - NHK



録画が上手く撮れていませんでした。(涙)

再放送がある事がわかり、ほっとした。










美盃巡礼 七賢篇 名水が醸す珠玉の一盃

ANA Media Station-ANAのCM・機内上映番組はこちらから Movie│ANA SKY WEB



ANAのファーストクラスでお飲みいただける様です(笑)

やっぱり白州の水だよね。

美盃巡礼 七賢篇
白州のテロワールを表現するということ
こちらの動画も良いですね。

こちらで購入出来ます。
https://www.sake-shichiken.co.jp/onakaya/ec_shop/goods.php?no=7




ハイハイ またリンケージ人口ね 

山梨知事選 後藤氏が公約発表「リンケージ人口拡大」(産経新聞) - Yahoo!ニュース


ぜ〜〜ぶ補助金ですかね?

他の候補も色々と言っているみたいですが、本当、人材が居ないのね。

お仕立券知事の後は、何もしない(出来ない?)知事。そして次は?


後日検証するためにメモ


来年1月27日投開票の知事選に向け、現職の後藤斎氏(61)が20日、甲府市内で公約を発表した。1期目の総合計画「ダイナミックやまなし」を改定、追加した50の政策を示した。

 最大課題の人口減対策では、旅行者など交流人口も加えた「リンケージ人口の拡大を図る」と強調。移住と定住促進の情報発信を強化するため、「総合拠点を創設する」と述べた。

 後藤氏は前回知事選で、「リニア開業後の県人口を100万人」との公約を掲げて当選したが、当選後の平成27年9月、「リンケージ人口」を示し、公約を修正した。

 また、国連や政府が推進する「環境」「経済」「社会」の相互連携「SDGs」(持続可能な開発目標)で先進都市を目指すことも明らかにした。

 「森林の水資源が飲料、酒類の原料や農業、観光振興につながる」などの例を説明し、内閣府が選定するモデル都市を目指す考えを示した。

 このほか、AI(人工知能)などに即応できる産業人材の育成▽健康寿命延伸と連携した企業、研究所の誘致▽在宅育児サービスの提供▽少人数学級の充実▽ICT(情報通信技術)を活用する「スマート自治体」による県民サービス充実−などを掲げた。




学習しない高給地方公務員が地域を潰すんですよね。

県職員の賞与 平均88万円余|NHK 山梨県のニュース



民間のどこの比較なんでしょうね?
ファナック?
東京エレクトロン?
山梨中央銀行?


以下記事


県職員の賞与 平均88万円余

12月11日 07時13分

県内の公務員に10日、冬のボーナスが支給され、このうち県職員の平均支給額は88万円余りでした。

県によりますと、県職員の冬のボーナスは一般職員と教員それに警察官の合わせておよそ1万2800人に総額113億944万円が支給され、去年より4億円余り少なくなりました。
支給の平均年齢は43歳で、1人当たりの平均支給額は88万1209円と去年より3万5000円余り、率にして3.87%減りましたが、県によりますとこれは年間のボーナスのうち冬の配分が去年より0.05か月分少なくなったためで、夏と合わせた支給月数は4.4か月分で去年と同じだということです。
県職員のボーナスをめぐっては、ことし10月、県人事委員会が民間の水準を下回っているなどとして年間で0.05か月分引き上げるよう勧告し、現在開会中の県議会で条例の改正案が可決されれば、この分が追加で支給される見通しです。
また、後藤知事には312万円余り、2人の副知事にはそれぞれ240万円余り、公営企業管理者には202万円余りが支給されました。
一方、県内27市町村の職員合わせて8800人余りについては、支給の平均年齢が41.5歳、1人当たりの平均支給額は78万8334円で、去年より1万9000円余り、率にして2.39%少なくなりました。


何処も横並びなのですね。


長崎県職員にボーナス 一般職平均88万円

12/11(火) 11:08配信

長崎新聞

 長崎県内の官公庁で10日、民間のボーナスに当たる期末・勤勉手当が支給された。県は一般職員や県議ら2万1250人に総額約183億4622万円を支給。一般職1人当たりは昨冬比1・57%増の88万3874円(平均年齢44歳4月)だった。

 一般職の増額は、人事委員会勧告により手当の支給月数が0・05月分増えたため。知事は同1・47%増の283万6418円で、国家公務員の指定職の改定状況を踏まえた。議長と副議長を除く県議1人当たりの支給額は同6・81%増の200万1千円。

他の主な県内官公庁などのトップの支給額は次の通り。

溝口芙美雄県議会議長=247万6237円
田上富久長崎市長=234万5843円
朝長則男佐世保市長=219万60円
田口直樹長崎地裁所長=270万1381円
菊地聡海自佐世保地方総監=261万3460円
河野茂長崎大学長=265万3067円



ご参考までに

目次

第1章 人口減少対策をビジネスの基本から導く
第2章 弱者(地方都市、中小企業)の経営は、強者とは正反対
第3章 弱者は競争するな。自分が1番になれる軸を創る
第4章 1番になる最良の方法は、協働という「働き方」
第5章 学習しない高給な公務員が、地方を滅ぼす
第6章 顧客価値は顧客目線な遊び心から創造される
第7章 現象でなく原因を考えると、人口急減の理由が分かる



ハイハイ 補助金、補助金

【山梨知事選】「新しいかじ取り役に」 菅長官、長崎氏を応援(産経新聞) - Yahoo!ニュース



全ては銭ですか?

かと言って現職が良いとも思いませんが。

山梨ってそんなに人材居ないのかな。。。。



以下記事

来年1月27日投開票の知事選に自民党推薦で立候補を予定している長崎幸太郎元衆院議員(50)が8日、甲府市内で総決起集会を開き、菅義偉官房長官、同党の三原じゅん子女性局長が応援に駆けつけた。

 総決起集会には、県選出国会議員、県議、市町村長などを含め、全県から約4千人が参加した。

 菅官房長官は「山梨県政は停滞している」とした上で、「前に進めるのは長崎さんしかいない。国と太いパイプがあり、周辺の県とも連携できる。行動力と未来を見据える政策があり、新しい山梨のかじ取り役になれる」と支持を訴えた。

 菅氏は「経済は国力の源だ。アベノミクスの成長戦略で観光と農林水産業の改革を徹底的にやった。山梨県の有効求人倍率は(政権発足前の)0・69倍から1・66倍になった」と安倍晋三政権の地方創生の成果を強調した。

 長崎氏は決意表明で、人口減少や過疎化に強い懸念を示し、県人口が約82万人の本県より少ない約71万人の高知に対する国の補助金が、本県よりも230億円多いことを紹介。「何もしないことは山梨にとって最大の失敗だ」と後藤斎県政を厳しく批判した。

 その上で、任期の4年間で約1千億円の資金を国から調達することで「災害や救急医療、リニア中央新幹線関連など、幅広い分野で予算が使えるはずだ」と指摘。「今こそ打って出る県政をつくろう」と呼びかけた。




笹子トンネル前の橋 劣化? 人為的?

笹子トンネルが事故の慰霊祭で渋滞していた時に撮影しました。
大きな橋です。日川橋?

これは人為的に削ったのかな?

それとも自然に削れて、鉄筋が錆びている?

なんか怖いんですけど。

普段は通り過ごしてしまう場所ですが、渋滞のお陰で気が付きました。

識者の皆さん。ご教示ください。

IMG_20181202_091356IMG_20181202_091336IMG_20181202_091407

凡人のための地域再生入門 木下斉 ダイヤモンド社 2018


補助金を中央から取ってくる公務員が偉くなるらしい。
そんな事が続く限り、絶対地方再生なんてありえない。
だって、誰もその補助金での事業に対して責任取らないからね。
コンサル、大学教授、地方公務員が食い散らかすだけ。
何か上手くいった補助金事業ありますか? 地方再生につながった?

さて本書

木下さんの書はみんな面白くそして示唆に富んでいる。
それは自らの経験が何層にも重なりあい、多くの方との交流を通してさらに重厚になっている様だからかな。
本書は単に地域再生とか町おこしの方法論や人間関係論ではなく、自らが企業したり自立した生業を始めようとする方にも最適ではないでしょうか?

本書は小説仕立てにはなっていますが、木下さんのこれまでの経験が多分に盛り込まれているのだと思います。特に若い方には読んで欲しいと思います。
そして補助金なんて考えないで(クラウドファンディングもほどほどに)自らがまずは出来る範囲で精いっぱいやる事が成功に繋がるのではないでしょうか?そしてそれが町おこしや地域再生に繋がる。

気の付いた点を幾つか備忘録として
新たな取り組みを潰そうとする地元の権力者
他人の成功を妬む住民(被害妄想的な人々)
補助金情報だけで生活する名ばかりコンサルタント
手柄を横取りしようとすり寄る役人 
資金調達で悩む前にやるべき事
行政と歩調を同じくするコンサル、シンクタンク、大学教授
3か月で資金繰りが出来なくなった南アルプス市の完熟農園(これ結局だれの責任なんだろう?)
今の組織を変えるより一から組織を立ち上げる
補助金の胴元、財務省主計局 補助金のコスパを投書するのも良いかもね。



地方創生大全
木下 斉
東洋経済新報社
2016-10-07



甲府の中心街?

地方都市の衰退が激しいと言われている。

自分が生まれた甲府。
父親の職場がまさに中央4丁目なんていうところだったので
子供の頃に岡島デパート(今もある)とか映画館とかがあり、
お祭りなんかで良く行った。

先日、40年ぶりに岡島デパートに金曜日の午後行ってみた。

各階ほとんど客は居ない。
本当に利益が出ているのだろうか?

とてつもなくデカイ?書店(ジュンク堂)は感動したけど(笑)
高木仁三郎先生の著作と山尾三省氏の著作がしっかり同じコーナーに置かれていて感動。
柳生堂もロウゲツ堂も無くなってもう何年?
子供の頃は本屋に入り浸っていたからな。。。。

シャッター街 ソープは増えた?

まあ、もう住む事もないのですがね。

学習しない高給地方公務員が地方を殺すと書いていた専門家がいたけど。
まあ、的を得ているのだろう。

IMG_3214IMG_3215IMG_3217IMG_3218IMG_3219
IMG_3221IMG_3222

カミサマをたずねて 根深誠 中央公論新書 2018

図書館本

やはり根深さんの本は深いですね。
以前の著作で少しカミサマの話が出来てきたと記憶していますが、あえて突き詰めていなかった
と思います。300ページを超える大作です。

本書はまさに根深さんだから出来た聞き取りだと思います。
地域に根差した信仰とでもいうのでしょうか、科学とか技術とかでは決して解明出来ないであろう
神秘体験としてのカミサマの存在。八百万の神、そして地場のカミサマ。

信じて祈る事で救われる生き様、死に対する備えが出来るのだろうと思います。

最後に著名な細菌学者ご夫婦の話が出て来ますが、なにか非常に示唆に富んでいました。



徳山ダム 不要だった

この水いるの? 節水定着・需要横ばい 岐阜・徳山ダム:朝日新聞デジタル



以下記事


 治水、利水、発電の多目的ダムとして建設された徳山ダム(岐阜県揖斐川町)。1957年の構想浮上から60年余りが経過し、その目的が今の社会に合わなくなっている。



 「徳山ダムが(下流の)横山ダムと連携し、50センチ水位を下げました」。名古屋市で4日に開かれた木曽川水系流域委員会。国土交通省の担当者が強調したのは、7月の豪雨で徳山ダムがみせた治水効果だ。流入する水を一時全量ため込み、揖斐川下流の負担を減らした。

 徳山ダムは治水、利水、発電の多目的ダム。当初は毎秒15トンを愛知、岐阜両県や名古屋市の都市用水に供給するはずだったが、長い工事期間のうちに水余りに直面し、最終的に6・6トンに縮小された。代わりに洪水対策などの容量を増やし、治水効果が上がったという。

 一方、この7月豪雨では長良川の支流・津保川があふれ、岐阜県関市上之保で2人死傷、全半壊約100戸の被害が出た。現地では9月末も家屋がブルーシートで覆われ、畳を上げて修理中だった。車が流された自営業男性(62)は「早く川を浚渫(しゅんせつ)して安全にしてほしい」。家のすぐ裏の津保川は近くで別の川と合流しているうえ、下流約100メートルでカーブし、砂がたまりやすいという。

 岐阜県も付近の危険性を認めており、緊急対策が必要な県管理河川(265キロ)にこの地区の津保川を挙げている。だが2023年までに完成を目指す50キロには含めておらず、着手はその先の予定だった。

 「限られた予算。選ばざるをえない」。県の担当者は苦しげだ。県の今年度の治水予算は124億円。国の事業抑制に加え、06年に表面化した県財政危機から、予算は20年前の4分の1まで減らされている。
検証進まぬ、導水路事業

 利水の必要性が下がっているなか、岐阜県はダムの完成後23年かけて利水負担金約400億円を水資源機構に払う契約を結んでおり、まだあと240億円残っている。本来は西濃地方の市町や企業に水を売って返済するはずだったが、地下水が豊富で一滴も売れず、一般会計から払う。利子や治水分なども合わせ、県の負担は年30億円を超える。

 徳山ダムの利水関連事業はまだ続いている。国の木曽川水系連絡導水路事業(890億円)だ。ダムでためた揖斐川の水を、愛知県や名古屋市が取水施設をもつ木曽川や長良川に流す。渇水時は水を流せば環境改善にもなるといい、上流ルートの途中で一部を長良川に落とし、下流ルートでまた木曽川へ流す。

 だが節水の定着などで、愛知県や名古屋市の水需要は横ばいから減少傾向だ。ピークの1975年に124万トンあった名古屋市の1日最大給水量は昨年、83万トンにまで減った。「100年に一度の大渇水」と言われ、各地で断水騒ぎのあった94年8月レベルだ。

 長良川への放流も、むしろダムの冷たい水を入れることで「アユの成育などに影響するのでは」などという根強い疑問があり、市民グループが独自に毎月、水質計測を続けている。

 民主党政権時代の2009年、全国のダム検証の対象に導水路事業が入り、公開の場で費用対効果などを調べることになった。名古屋市の河村たかし市長は導水路に批判的で、15日も記者の質問に「利水で要るというなら具体的に(国に)証明してもらわないかん」と話した。国交省も簡単に継続の結論を出しにくく、この3年間、会議が開かれていない。全国83の検証事業のうち、いまだ「検証中」は導水路など四つだけになった。(編集委員・伊藤智章)



関連記事

ダム湖渡り通う故郷、山を売らなかった旧徳山村民の思い 保坂知晃 室田賢2018年10月16日11時05分


史実にない城・つり橋、ダムマネーに沸いた村は今…古沢孝樹、編集委員・伊藤智章2018年10月16日13時26分




水になった村
大西暢夫
情報センター出版局
2007-12-01

徳山村に生きる―季節の記憶
大西 暢夫
農山漁村文化協会
2009-05-01

山里にダムがくる
菅 聖子
山と溪谷社
2000-04

増山たづ子 徳山村写真全記録
増山 たづ子
影書房
1997-07-01


故郷―私の徳山村写真日記
増山 たづ子
じゃこめてい出版
1983-01

ダムに沈んだ村
江森 陽弘
近代文芸社
1997-12-01

「白州 ポール・ラッシュ生誕120周年記念」ウイスキー 2017

ジム・マーレイ・ウイスキー・バイブル 2019 | Whisky News


ジャパニーズ・ウイスキー部門
Japanese Whisky of the Year
「白州 ポール・ラッシュ生誕120周年記念」

2017年にも日本一の評価を受けていました。

ウイスキーは飲むためにあるのです、投機の対象にしてはいけません。





IMG_2906IMG_2905

愚かな県 出身者として恥じる

新県議会議長に自民の河西議員|NHK 山梨県のニュース



いつになってもダメな県
行政も議員も一回スクラップアンドビルトしないとダメだ。

出身者として恥ずかしすぎる。


以下記事

新県議会議長に自民の河西議員

09月19日 16時59分

9月定例県議会は19日開会し、冒頭行われた新しい議長を選ぶ選挙で、自民党誠心会の河西敏郎議員を127代議長に選出しました。

19日開会した県議会では、去年12月に議長に就任した白壁議長が「公約を果たした」として辞職したことを受け、新しい議長を選ぶ選挙が行われました。
議長選挙には共産党の小越智子議員と自民党誠心会の河西敏郎議員の2人が立候補しました。
そして、午後2時から開かれた県議会の冒頭で投票が行われ、30票を集めた河西議員を127代目の県議会議長に選出しました。
このあと河西議長は「身が引き締まる思いだ。公正・公平な議会運営に全力で取り組むのでご協力お願いします」と述べました。
河西議長は中央市選挙区の選出で当選3回、自民党誠心会に所属しています。
今回の議長選をめぐっては、市民団体が18日、「自民党系最大会派の当選3回の議員が順番で議長を務めるという悪しき慣例で、議長ポストのたらい回しだ」と議長に手渡して抗議するなど波紋を呼んでいます。

議長を辞職した白壁前議長は、議長の就任期間について、「何をするかしないかというところが一番重要なところだと思う。短期間でも1年以内でも9か月でも10か月でも11か月でも、約束したことをすぐ終わらせる方が県民のためになる。それが新たな議会改革につながる」と述べました。

県議会を傍聴した県議会ウォッチャー米山元弘代表は「議長の責務というのは非常に重いはずなのに、短期間で議長を退任するのは、どうみても県民不在で開かれた議会という基本条例に反する行為だ」と話していました。

地方議会に詳しい山梨学院大学の江藤俊昭教授は「最大会派が内部で調整し、短い任期で議長が交代するのは、単に内輪の論理と批判されても仕方ない。議長には知事など県の執行部と向き合う役目があり、議会での調整力やリーダーシップが求められている。議長の任期は4年だが、2年ぐらいの高い目標を掲げ再選されるという仕組みにしてもいいのではないか」と話しています。





こうして店は潰れた 小林久 商業界 2018

購入

甲州商人はやはり甲州以外でしか成功出来ないのかな?
阪急電鉄、宝塚歌劇団の創始者小林一三は著者と同じ韮崎市出身、根津財閥、若尾逸平らも県外で成功していますね。
出る釘は徹底的に潰されるのでしょう。適度に回りと談合でもしながら井戸の中で仕事する分には潰されない。

私自身が韮崎に移り住んだ何年かの間、大分お世話になったスーパーマーケットです。
地域密着あるいは地域土着なスーパーを再興し、そして消滅に至る過程を元社長の小林氏が綴っています。
本書の中で匿名で登場する会社や人名もそれなりに分かります。特に人間としてダメな連中の会社は。そして、苦難を助けてくれた多くのサポーターの方も。
良いお店として登場するのは、萌木の村、甲府の満足屋
金融関係の手のひら返しも、まさにTVドラマさながらです。半沢直樹かよと。

いずれにせよ、多くの方が再起を望んでいます。
出る釘は今度は皆で打たれない様に、そしてどんどん出る釘を延ばすように応援しましょう。確かに商品が1円安ければ違う店に行くのでしょうけど、その1円のために地域に根付いたお店を潰してはいけない事もあるのです。

備忘録メモ
レジ袋無料化 レジ袋で儲けていたスーパー業界 原価円のものを5円で販売
298円弁当の衝撃と成功
障害者雇用パーフェクト、法定雇用率を守っていない企業、行政多数
見返りは期待しない
隠せば解雇、話せば不問――裏の就業規則
幼少時代の甲府の想い出―夢の街 その後の甲府活性化へのサポート
甲府銀座通りでの出店 補助金使わず 過去の栄光、ムダな会議、行政の関与 補助金ゴロ
教育委員・委員長として教育改革 報酬はすべて寄付

溺れている人がいる。必死に人工呼吸を施す。もう息が無い事はわかっている。でも「まだ息があるぞ!」と人工呼吸を繰り返す。手遅れなのは知っている。周りで見ている人も薄々感じている。この人工呼吸こそが「補助金」ではないだろうか。

行政関係者へ
皆さんはプレーヤーではありません。土日祝日休みで、2年毎に部署を移動してしまうし、イベントの手伝いには手当てが出て、連帯保証人の判子を押しているわけでもない責任のないあなたたちと命懸けで街づくりなど出来ない!




小屋を燃やす 南木佳士 文藝春秋 2018

図書館本
書き下ろし2編と文学界で発表された2編

信州佐久病院の医師としての南木さん(1951−)も退職したのだろう、そんな話が綴られている。
生老病死の世界を本当に分かりやすい言葉で綴っている。

貧しき嬬恋村(たしか生まれは)での生活、幼少時代の想い出。
秋田での医学生を終えて就職した佐久病院。

自身のパニック障害と鬱との共生。
そこから生まれたのだろう、自然への回帰と穏やかな生き様。

間伐材で小屋を仲間と作り、やがて解体してストーブの薪として終える。
まさに人生そのものだろう。

信州の森、千曲川、自然の恵み、渓流魚、一つ一つが重なり合い生かされる自分なのだろう。

南木さんの文章はいつ読んでも、自然や地域に生かされている自分を感じるのである。

小屋を燃す
南木 佳士
文藝春秋
2018-03-29

魂の秘境から 石牟礼道子 朝日新聞出版 2018

図書館本

石牟礼さんは本年2月10日逝去
2015年から2018年にかけて朝日新聞に掲載されたエッセイ

道子さんの幼少時代の想い出、成人後の想い出、そして老いた中で感じた事。
一つ一つの言葉が道子さんの体を通り抜ける事で浄化され昇華しているように感じる。
そして、その言葉は水俣という素晴らしい海と自然に本来は紡がれるべきものだったのだろう。
ネコが狂い死にしてからの水俣をずっと見つめて、肌で感じてこられた道子さん。
3度も川や海で溺れるほど水に愛された道子さん。
沖縄玉砕で死んでいった道子さんの兄。

水俣病の患者さんたちは魂が帰る海の事を訴えた、だが 「言葉と文字とは、生命を売買する契約
のためにある」と言わんばかりの近代企業とは、絶望的にすれ違ったのである。p217


天国でもペンをとらているであろう道子さんに合掌

魂の秘境から
石牟礼道子
朝日新聞出版
2018-04-20

大船本

鎌倉市民になって18年ほど

最寄りの駅は大船です。

通勤が東京ですから、帰宅する頃は夜な訳です。
週末は買い物程度だし。
たまに飲み会なんかを大船でしますが、あまり詳しくは知らないわけです。

以前も大船関連本があって見たのですが、知らない所だらけ(笑)

今回はモノレール沿線の特集なんてのがあって面白い。

もちろん美味しそうなレストランや食堂も沢山取材されています。

ゆっくりと徘徊出来る日を楽しみにページをめくります。



家宝にします。大村智先生

2018年6月6日
北里生命研訪問 

ガーナからのお客様をアテンドして大村先生表敬訪問

日本人のおねだりにも快く対応いただき、写真集(ノーベル賞授賞式その他の)をサイン入りで
頂きました。
身に余る光栄

ガーナでの大村先生のお写真や韮崎の風景も納められています。

また、大村先生は北里のバッチとニーラ(韮崎のキャラ)のバッチをいつもしておられますが
プレゼントした日本ーガーナの友好バッチもその場で付けて頂き、これまた大感激でございました。

IMG_20180608_1322132018_06_11_10_23_442018_06_11_10_23_59

数字の遊び? リンケージ人口 3年前との比較

知事「リンケージ人口が増加」|NHK 山梨県のニュース


リンクは切れるので貼っておきます。


知事「リンケージ人口が増加」

06月05日 16時55分

定住人口のほかに、別荘の利用者や観光客などを人口に換算する山梨県独自の指標、リンケージ人口について、後藤知事は、今年の暫定値が6万5000人となり、3年前より2万1000人増えたと発表しました。

リンケージ人口は、地域経済への貢献などで定住人口と同じ効果をもたらすとされる交流人口を人口として換算する山梨県独自の指標です。
人口減少対策の一環として、県は3年前、リンケージ人口と定住人口の合計を2060年までに100万人とする目標を掲げ、別荘や市民農園の利用者、県人会の会員数、年1回以上県内を観光で訪れる宿泊客などをもとにリンケージ人口を算定するとしていました。
後藤知事は5日の記者会見で、リンケージ人口の具体的な数字を3年ぶりに発表し、先月の暫定値で6万5000人となり、算定方法に一部変更があったものの、3年前に比べて2万1000人増えたことを明らかにしました。
県は、この暫定値と定住人口の合計は88万4000人で、目標とする100万人に到達するまではおよそ12万人だとしています。
リンケージ人口が増えたことについて後藤知事は、県内を観光で訪れた宿泊者数が増えたことなどが要因だとしたうえで「交流人口が増加することが消費や購買力の向上につながる。いずれは山梨県に住んでもらうという流れを強化していきたい」と述べました。

さて、3年前の記事もリンクしておきます。

一応テキスト貼っておきます。

 ◇後藤氏の公約の主な内容◇

■県人口を2027年までに90万人を目標とする

■人口問題担当の女性副知事を設置

■行政や企業、教育機関などが山梨の未来像を探る「山梨未来会議」を新設

■即戦力となる人材育成のために県立高専を設置

■東南アジアの都市に「山梨モール」を設け高品質の農産物を販売

■(桃の花が一面に咲く)「桃源郷」の景観を「世界農業遺産」への認定を目指す

■県民主体の「地域協議会」による提案型の学校づくり

■県民に学び直しの機会を提供する「チャレンジ塾」の設置

■がん治療の「重粒子線治療」など、先進医療体制の積極導入

■県財政に県民から出資を募る各種公募債などを導入

リンクが切れるので貼っておきます。

人口減少対策が課題となる中、山梨県は出生率の引き上げなどで45年後の2060年におよそ75万人を維持できるとする人口ビジョンの案をまとめました。
そのうえで、別荘の利用者や旅行者を含める新たな人口の概念をもとに、後藤知事が公約に掲げる100万人を目指すとしています。
山梨県は、国が策定を求めている、長期的な人口目標を示す人口ビジョンの案をまとめました。
それによりますと、▽出生率を10年後に1.87、25年後に2.07に引き上げ、▽県内への転入が県外への転出の数と5年後に均衡となり、それ以降、転入が上回った場合、45年後の2060年の山梨県の人口は、およそ75万人を維持できると推計しています。
そのうえで、経済的な貢献度合いや帰属意識の度合いをもとに、県とつながりを持つ人口を新たに「リンケージ人口」と位置づけました。
具体的には、▽別荘などの利用者や▽山梨県出身で頻繁に帰郷する人、それに▽県内を訪れる旅行者などで、県では、この「リンケージ人口」と定住人口をあわせて、後藤知事が公約に掲げる人口100万人を目指すとしています。

09月01日 07時46分 2015年



山梨県の公式HPよりhttp://www.pref.yamanashi.jp/chiji/kaiken/2602/17.html

公約の実現について伺いたいのですが、知事は今回、人口100万人への挑戦を大きく打ち出されました。今も人口減少を増加に転じるという話がありましたが、100万人への挑戦、改めてご自身の思いを聞かせてください。

知事

2つのステージがあると今日もお話をさせてもらったように、2027年のリニア新駅が(甲府市)大津周辺に形ができ、その周辺での定住人口の増加も含めて、まずそれまでに90万人、そして2027年以降に100万人という目標を掲げさせていただきました。これもそうではない、私が下方修正したという報道もされていますが、そうではなく定住人口を増やすためには、自然増、社会増の2つがあります。社会増には企業の転入、誘致、新しい雇用をどうつくっていくのか。そして、いままで交通手段として不十分だったものが、リニア(開業)が2027年に実現することが明確になっていますから、それ以降は駅周辺も含めて定住人口が増える。そこに住んで品川、名古屋に通勤する方も含め二段階の数字をいっています。

簡単にできる課題ではありませんが、過去何10年という蓄積の中で、2000年の895,000人台をピークに徐々に減少に転じたものが、この7、8年で急速に人口減になっていますから、企業流出がかなりの大手(企業)も含めておこなわれたということですから、まずそこに歯止めをかけ、これからも山梨で工場機能、お仕事の場をつくっていただくことが、他の地域よりも良い経済活動の魅力の提案、そこに働く人達の暮らしやすさの二つが、教育問題、子育て支援も含めて必要だと思っていますので、そういう部分で私は、ダイナミックやまなしの実現だけで全てが解決するとは思っていませんが、先ほどお話しした、民間の実際に経済活動をしている経営者の意見を踏まえながら、具体化をしていくことについては、いささかのぶれもありませんし、それを必ずやりきっていきたいと心を今日新たにしたところです。

dream4ever

性食考 赤坂憲雄 岩波書店 2017

図書館本

東北学の赤坂さん(1953-)の300ページを超える大著。
時間が出来たらゆっくりと読みたいと思います。
今回は超斜め読み。

食べる、交わる、殺す
神話、民話、柳田民俗学、レビイ・ストロース
殺生と肉食の関係性 クジラの胎児の埋葬
食と性のタブー
カニバリズム
などなど

凄い本です。



目次
はじめに

序 章 内なる野生
 野生の呼び声が聞こえる
 汚れた野生の王国のかたわらで
 いのちの根源は、ひとつか複数か

第二章 異類婚姻譚
 縫いぐるみの神話学
 異類婚姻譚の裂け目に
 残酷なるもの、結婚とわかれ
 ふつうの動物との結婚
 生き物はみな人間に姿を変える

第三章 食と性と暴力と
 肉食の終焉、そして黙示録的な未来へ
 殺生と肉食をめぐる問い
 子どもを食べたがる怪獣たち
 グリムの森の魔女と動物たち
 哄笑と残酷のゼロ地点に
 子どもの本のおいしい食べ方

第四章 動物をめぐる問題系
 糞と尿のあいだから生まれる
 自己からの距離、分類とタブー
 内なる動物性からの逃走という逆説
 穴とヴァギナの精神分析
 自己消費のタブーから共同の家へ

第五章 はじまりの神話
 自己愛と残酷を超えるために
 性のはじまり、複製から自己創出へ
 神話は泥の海を欲望する
 オノゴロ島にて、聖なる結婚と死

第六章 女神の死
 九相図のもとでの性と死の交歓
 腐敗と恐怖をめぐる形而上的な問い
 オホゲツヒメの死と作物の起源
 ハイヌウェレ神話の原像
 女神の殺害と生殖のはじまり
 神話は祭りのなかで再演される

第七章 大いなる口
 ケガチの庭に饗宴が幕を開ける
 戦場で語られた鳥喰い婆の昔話
 大いなる口は小さな劇場である
 食わず女房、または拒食の根っこに
 ふたつの口が妖しい出会いを果たすとき

第八章 生け贄譚
 桜の樹の下は魂鎮めの現場である
 まな板と箸と庖丁、痛みの記憶とともに
 贖罪の供犠と儀礼化、その終焉へ
 桟敷には根源的な暴力が埋もれている

終 章 愛の倒錯

あとがき
主な参考文献

性食考
赤坂 憲雄
岩波書店
2017-07-26

やる気がないからしょうがない 人口減少

県人口33年ぶり82万人下回る|NHK 山梨県のニュース


行政なんかまったくやる気がないのですから
自然消滅していくしかないのでしょう。
誰も責任とらない行政ですから。

リニアが通れば5000人の移住と言ってますが、本当にバカですよね。
高額な退職金貰って、天下り(補助金交付機関でまた給料)、是非とも就職は県庁なり市町村役場ですよ。
まあ、20年後に山梨県庁が存在しているかどうか分かりませんが(笑)

人口減少問題が最重要課題と言うなら、学習しない高給地方公務員を100人ほどクビ斬って
その財源で民間委託した方が結果が見やすいと思うけど。

結果の出せない行政は生存意味がないですよ。


県人口33年ぶり82万人下回る

04月20日 15時11分

山梨県の推計人口は、今月1日時点で81万8000人余りと、33年ぶりに82万人を下回ったことが分かり、県は引き続き若者の流出防止などの取り組みを最重要課題として進めることにしています。

山梨県は、国勢調査と住民基本台帳に基づいて推計した県の人口を毎月発表しています。
それによりますと、今月1日現在の推計人口は81万8455人と先月よりも3012人、およそ0.37%減り、33年8か月ぶりに82万人を下回ったことが分かりました。
市町村別に見ますと、忍野村を除く26市町村で先月より減少し、人口が最も多い甲府市も18万9433人と、先月より866人、およそ0.46%減りました。
県は、定住人口のほか、別荘の利用者や観光客などを含む「リンケージ人口」という概念を設け、2つの合計を2060年までに100万人とする目標を掲げていますが、定住人口は平成12年9月の89万5646人をピークに減少が続いています。
県は、引き続き若者の流出防止や出生率の向上といった人口減少対策を最重要課題として進めることにしています。




富士山は金の成る山?

富士山噴火の防災対策を国に要望|NHK 山梨県のニュース


こちらもおねだり。

上杉隆さんの2007年の記事
http://diamond.jp/articles/-/6080   
「富士山は噴火しない?行政とメディアの情報隠蔽は昔も今も」

風評被害だと上杉さんイジメれていました。

それが今じゃ富士山噴火するから金をくれって!

富士山で儲けているんだから自腹でどうですか?関係自治体のみなさん。


富士山噴火の防災対策を国に要望

04月16日 17時37分

山梨・静岡両県の富士山周辺の自治体は、富士山の噴火に備えて火口の特定するための調査や観測の精度を高めることなど求める要望書を国に提出しました。

山梨・静岡両県の富士山周辺の16の市町村は、富士山が噴火した際被害が広範囲に及び市町村が単独で対応することが難しくなることから環富士山火山防災連絡会を設けて避難体制の整備などを検討しています。
16日は連絡会の会長を務める山梨県富士吉田市の堀内茂市長が内閣府を訪れ、小此木八郎防災担当大臣に防災対策の強化を求める要望書を提出しました。
要望書には富士山の噴火に備えて火口の特定するための調査や観測の精度を高め、県や市町村に迅速に情報を伝達する環境を整備することや、山小屋などの火山対策として噴石から身を守るシェルターの整備にかかる国の補助を充実させることなど5つの項目が盛り込まれています。
要望に対して国側は「富士山が噴火すれば大きな被害が想定されるので要望に対しては前向きに検討したい」と話したということです。
富士吉田市の堀内市長は「富士山の噴火に備えて国が主導して対策を進めていってほしい」と話していました。




県営出会い系サイトですか?

県の重点政策 知事と意見交換|NHK 山梨県のニュース


こんな仕事で給料もらえるのって素敵です。
出しゃばり婆さんに成功報酬で金やった方が人口増えるんじゃない?

以下記事
県が今年度、重点的に取り組む政策について県の幹部が後藤知事に説明する会議が開かれ、地域活性化にむけた結婚支援の事業などをめぐって意見が交わされました。

この会議は県のそれぞれの部局が重点的に取り組む政策について知事と部局長が方針や目標を共有しようと開かれ、人口減少対策やリニア中央新幹線の開業を見据えたまちづくりなど60あまりの項目が選ばれました。
このうち晩婚化が進む中で結婚を希望する人を支援する事業について県民生活部の立川弘行部長が説明しました。
この中でお見合いを仲介する「やまなし出会いサポートセンター」について会員の男女比が2対1と女性が少ないことや、20代がおよそ9%にとどまっていることなどを挙げ、1万円の登録料を今年度から女性は5000円、20代の男性は8000円としたことや、今後、甲府市に加えて富士吉田市にも登録の窓口を設置することなどを説明しました。
このほか世界文化遺産に登録されてから5年の節目を迎える富士山の保全に向けた事業や山梨県の郷土料理を発掘しPRする事業などが知事に示されたということです。
県は会議の議論を踏まえて、修正した重点政策の内容を今月下旬ホームページで公表することにしています。









山梨の著名人は甲府出身じゃない方が多い?

知事が職員に一生懸命と言わなければいけないふるさと(笑)

NHK、わろてんかの伊能さんが小林一三のモデルとされていたのでちょっと調べてみた。
個人的に読書などで知っている人だけね。

石橋湛山 生まれは東京 父の出身地 山梨 増穂 若草等で育つ 一時甲府の伊勢町
網野善彦 御坂町
保阪嘉内 韮崎
遠山正瑛 富士吉田
中沢新一 山梨市 まあ、林真理子もその近く
深沢七郎 石和
飯田蛇笏 境川
小林一三 韮崎
根津嘉一郎 山梨市(正徳寺)
辻信太郎 甲府?
芦澤一洋 鰍沢町
西室 泰三 都留
赤尾好夫 石和
大村智  韮崎
小林中  南アルプス市
小佐野賢治 勝沼
小林 宏治 大月
若尾逸平 南アルプス市
水上達三 韮崎

育ちが甲府 今村均 陸軍大将 http://www.geocities.jp/kinsinsitu/index.html




上記のNHKの記事

後藤知事は、県の幹部職員に対し、3日、年度始めの訓示を行い、今年度のキーワードに「一生懸命」を掲げ、公務員として山梨県の発展に全力を尽くすことの大切さを強調しました。

3日は県庁防災新館に県の幹部職員およそ170人が集まりました。
後藤知事は、去年10月にまとめた県政に対する県民の満足度を調べた結果を示し、前回・平成24年の調査と比べて、全体では上がったものの、「公共交通」と「娯楽」に関しては県民の満足度が落ちていると指摘しました。
そのうえで、「行政サービスは、きめ細やかな県民のニーズにどう応えるかが問われてる。山梨県が今まで以上に発展するために、全力投球をして欲しい」と述べました。
そして今年度のキーワードとして「一生懸命」という言葉を掲げ、「県庁の職員として、ぜひ一生懸命、自分のポジションをやり抜き、一歩上の目標をもって対応して頂ければ、山梨県はもっと底上げができる」と述べ、公務員として山梨県の発展に全力を尽くすことの大切さを強調しました。

まあ学習しない高給地方公務員が地方を滅ぼすと言われていますからね。。。(笑)

ついでにおなじNHKニュース
こんな施策(補助金依存)で人口増えると思っていることが喜劇ですよね。

以下 記事


知事 人口減少対策に全力挙げる

04月03日 16時32分

国の研究所の推計で山梨県の人口が2045年までの30年間で20万人以上減る見通しが示されたことについて、後藤知事は今年度最初の記者会見で、「人口減少対策の新規事業を徹底的にやりきると同時に、市町村、産業界と連携してオール山梨で取り組む」と述べ県の最重要課題、人口減少対策に全力を挙げる決意を示しました。

「国立社会保障・人口問題研究所」が先月末に公表した人口の将来推計によりますと、山梨県は2045年までの30年間でおよそ83万5000人から20万人以上減って59万9000人となり、減少率は28.3%と全国で10番目に高くなっています。
後藤知事は3日、今年度最初の記者会見で「人口減少対策として掲げた69の新規事業を徹底的にやりきると同時に、市町村、産業界と連携してオール山梨で取り組んでいく」と述べ、県の最重要課題、人口減少対策に全力を挙げる決意を示しました。
県は今年度人口減少対策として若い世代の定着を図るため、大学生などを対象にした座談会や中小企業の人材確保に向けた企業向けの講習会、それに出生率の向上に向けて「産前産後ケアセンター」を活用してもらうためのPR事業など人口減少に歯止めをかける対策を重点的に行うことにしています。

稼がない市町村はおのずと滅亡するんですよね。県庁所在地を移す位の事しないと(笑)
もちろん公務員削減で民間活力導入ですよ。


龍一さんと石木川

坂本龍一さん石木ダム映画で訴え|NHK 長崎県のニュース


ダムが不要な事はすでに論理的にデータも示されています。
それなのに強行するのは、ダムの工事が欲しい人々(ダムムラ)の存在ですよね。
石木ダム計画を止めて、全国で進むダム計画も止めましょう。

そして、さらに知らない内に進んでいる治山堰堤や農業ダムといわれる公共事業。
公共事業は日本を救いませんよ!



以下記事
石木ダムの建設に反対する住民を追ったドキュメンタリー映画の上映会が長崎市で開かれ、ゲストの世界的な音楽家・坂本龍一さんが「ネットなどではわからないことがあるので、多くの人に見てもらいたい」と訴えました。

映画「ほたるの川のまもりびと」は、長崎県と佐世保市が川棚町で建設を進める石木ダムに対して、およそ50年にわたって反対運動を続けている住民の暮らしに迫り、ダムの必要性を問いかけるドキュメンタリーです。

公開を前に、25日、長崎市で先行上映会が開かれ、およそ600人が参加しました。

このあと、ゲストの世界的な音楽家、坂本龍一さんが「地元の人の素顔や豊かな自然がわかる映画で、問題を知らない人にも共感を生む」と感想を述べました。

その上で、建設反対の立場から「ネットや数字だけではわからないことがあるので、多くの人に見てもらいたい」と訴えました。

映会を見た佐賀県の40代の男性は「実際に建設予定地を訪れ、本当にダムをつくる必要があるのか確かめたい」と話していました。

石木ダムをめぐっては、建設に反対する地権者などが、国に事業認定の取り消しを求めて裁判を起こしていて、国側は「水の需要の予測も治水計画も適正で、ダムは必要かつ有効なものだ」などと主張しています。

判決は、ことし7月に言い渡される予定です。








小林一三 小堺昭三  ロング新書 2017

図書館本

初出は同社の同名書籍 2015 改題改訂

NHKの朝ドラ 「わろてんか」に登場する伊能栞(高橋一生)が小林一三のモデルと気が付きました。
もちろん、かなり史実とは異なるわけですが。ちなみに小林の子供はサントリーや東宝(松岡修造の祖父)とも大きく関係しています。サントリー白州工場(韮崎市の近く)があるのもそんな関係かもしれませんね。

山梨県韮崎市の出身で阪急グループ、宝塚歌劇団を作り上げた小林氏の生き様を分かりやすく
まとめた感じでしょうか。
順風満帆ではなく、女性問題もあり、逮捕歴もある、しかし努力の人なのは間違いがないですね。
箕輪有馬電鉄(明治43年3月)箕輪公園 動物園取り壊しや公会堂移転して自然をメインに
豊中運動場 後の甲子園高校野球の基礎

色んな人が登場します。
東京電力の基礎をつくった松永安右衛門
同郷で関東の鉄道王になっていた東武鉄道の根津喜一郎
弟子となる五島慶太(東急創業者)



ローカリズム宣言 内田樹 株デコ 2018

図書館本
雑誌TURNSの2014年―2016年の記事に加筆とのこと

タイトルを見て、内山節さんの著作が思い浮かんだ。
ローカリズム原論 新しい共同体をデザインする 2012
そして書の中でも一部内山さんの書籍から引用をしています。

本書ままさに貨幣を越えた共同体における生き方を提示している。
イスラムの事は中田考さんとの対談本があるし、移行期という文脈では
親友の平川克実さんの考えを提示している。
また養老孟司さんの脳化社会や身体論も織り込んでいる様に思う。
そして成長無き時代の生き方を示しているのだと思う。
それが定常というコンテキスト。

備忘録メモ
後期資本主義社会が今
地方移住の運動 資本主義システムの顔を見てしまった人たち
貨幣は人間の身体を守るものと交換することではじめて人間的な意味を持つ。
公共サービスの基本原理は、遊牧民の歓待のルールであるべき
今の社会はポスト・グローバルと言う形で近代以前に向かって退行
江戸時代の統治原理は定常 持続可能 成長ではない
レヴィ・ストロース 直線的時間 熱い社会 円環的な時間 冷たい社会 (内山さん的には
循環する時間 共同体の時間)
経済成長論者が日本の「ストック」(自然、食文化、伝統芸能等)のありがたさに感謝する言葉というものを聞いた事がない
国民資源ゼロのシンガポールが目指す経済成長
成長モデルから定常モデルへの移行
就労経験が株式会社という日本 社会=会社
株主総会=国会 経営者=政府 総務部=国対委員長
民主制から独裁制への移行に必要なのは立法府の威信の低下
定常経済 資源を軽々しく換金しない 自然 次世代に残さなければいけないもの
過去からの贈与に対して反対給付の義務
資本主義の最後の砦は兵器産業 エンドレスな需要と供給
現在の日本のエコノミスト 戦争末期の言論状況 勝つ見込みがない事を言えない状況 メディアにも呼ばれない
科学技術イノベーションの8割は大学発 論文数の激減 若手研究者がポジションを得られない
GDPに占める大学教育への支出 日本は1.6% OECDで最下位 2013年度
教育におけるクリティカルシンキング(批判的にものを見る)技術を教えていない
小商いの勧め (平川さん)
内山節 不払い労働(仕事と稼ぎですね)によって成り立つ村落共同体 自然と人間の哲学より
教育政策の失敗を認めない文科省 教育は贈与 学校教育の真の受益者は集団全体(個人ではない)
Nature 日本の高等教育はなぜ失敗したのか? 2016年
資本主義経済は相互支援、相互扶助的なネットワークを望まない
飢餓リスクを避けるために国内農業を維持する必要性がある。誰も本気に考えていない日本
イスラムのカリフ制がゆるやかな国家連合・民族連合の可能性をひめるかも
雇用なき経済成長
廃県置藩(内田さんが前から主張していますね)と私塾
大手メディアの衰退 地方メディアの生き残り 沖縄、北海道、神奈川、信濃毎日など
他者からの査定を求めない生き方 3.11以降


ちなみに内山さんの上記の書の見出しはこんな感じ(作品紹介の田舎の本屋さんより)
●第1講 コミュニティをどうとらえるか
大震災が明らかにした「開かれたコミュニティ」の意味
大津波の後にも海を信じる漁師たち
翻訳語としての「社会」「自然」
国津神と天津神が相克する世界観
精霊信仰と仏教・道教の融合
都市生活から生まれたご利益信仰

●第2講 日本と欧米の社会観を比べてみると 
上野村の「川下げ」が意味するもの
ユングの集合的無意識から年中行事をみると
建物だけでなく集落の営みすべてを残す
里のご先祖様から家のご先祖様へ
「おのずから」と「みずから」
「おのずから」の世界と自然信仰

●第3講 日本人にとって個とは何か
欧米と日本の「個の確立」の違い
関係性による自己形成こそが人間の原点
伝統的共同体での理想の生き方
伝統的な共同体と「祈り」「願い」「信仰」

●第4講 共同体は単一ではなく多層的なものである
現代コミュニテイ論の出発点となったマッキーヴァー
トクヴィルがとらえる「精神の習慣」
上野村の共同体も単一ではない
単一の共同体論の誤り
都市で発達した共同体・講

●第5講 日本の近代化は共同体をいかにしてこわしてきたか
鎌倉期までの共同体
為政者は共同体に手を焼いてきた
儒学が「国家あっての民」の世界をつくる
明治の「神仏分離令」と「修験道禁止令」
国民精神の確立と文部省唱歌
日本の色の否定
尋常小学校が村の行事をこわす
共同体の終焉と見直しの動き
個人を基調にした社会がいきづまった
国民国家と共同体

●第6講 国民国家・市民社会・市場経済への反撃がはじまった
戦争が国民国家を生んだ
拡大をめざす近代のシステムの劣化と人間の退廃
ラルザック地方の土地に根ざした「反グローバリズム」
ローカリズムとはシステムに管理された社会への反撃

●第7講 風土論でローカルな世界をとらえる
和辻哲郎の風土論がとらえた三つの世界
東アジアモンスーン地帯と大東亜共栄圏
三澤勝衛の風土論の先進性

●第8講  人間にとって主体とは何か
キリスト教は一神教か
「神なき時代」の主体とは
「主体の非存在」を表現したカミュの「異邦人」
人間は「意味の体系」にしばられている
主体は個のなかに存在しているのか
漂流する主体
私とは「関係の総和」である

●第9講 「個としての主体」という牢獄
日本の仏教にみる知性、身体性、霊性=生命性
「社会:構造」と「世間:つながり」
ヴェルレーヌと「源治物語」にみる「自分」の違い
現代社会が生み出すソフトな牢獄
主体と客体のすり替えと自己撞着
なぜ道はふさがれてしまったか
ヨーロッパローカルの思想をこえて

●第10講 復興のグランドデザインと価値の共有―3.11後の社会をデザインする
なぜ脱原発なのか
復興のグランドデザインとは
復興の主体は「関係」にある
外部と結ぶコミュニティと経済活動
価値共有は価値交換から生まれる



民俗選挙のゆくえ 津軽VS甲州 杉本仁 梟社2017

図書館本

山梨県出身者として、恥ずかしい民主主義下の選挙の歴史と言ったところ。
まあ、県庁職員をしていた頃、職員が知事選で選挙活動しているような環境でしたしね。(1980年代後半)今もあまり変わってないのかもしれません。選挙はお祭り。

さて、本書は山梨都留市出身の杉本氏(1947- 都立高校教員を経て 都留文科大学非常勤講師 柳田国男研究会会員)が津軽と山梨(甲州)の民俗、風習等と選挙の関係性を資料を基に綴っている。
また、本来は奄美の選挙(徳田さんかな)もまとめたかったとある。

メインに甲州選挙の部分を読んだ。

備忘録メモ
天野久を当選させた選挙のプロ 林ただし、竹中英太郎(竹中労の父)も。
望月県政 金丸信 上納金システムの構築 公共事業と土建屋 勝ち組と負け組
無尽市長 河口親賀(甲府市長) 138本の無尽に加入 選挙後援会親友会 毎月8日笹や旅館で無尽
無尽県議 望月金三 保守・革新関係なく無尽システム
ドラブチ(嫁盗み)、盆踊り(夜這い)等の民俗としての村(共同体)意識(ムラの娘はムラのもの)
名家としての金丸信 山林地主(武川村 三沢家)長女との結婚 
 経済界、政界との繋がり 山梨中央銀行頭取(名取忠彦 名取家の女婿 実兄は広瀬久忠)
伊勢湾台風被害の復旧対策に20億の災害特別対策費 県庁の窓口に 釜無川右岸の土地改良 一大果樹園地帯へ
ポスト望月県政の後継と託した小沢澄夫前副知事の敗北(1991)(この頃、山梨に居ましたね、俺)
1992年 佐川急便事件で金丸信失脚
金丸信の人柄 人の繋がり重視、面倒をよくみる、約束したことは守る、えらぶらない。人情家。3人の息子を政治家にしなかった(長男 竹下登の長女と結婚、次男(秘書) 西松建設社長の子女と結婚)


韮崎のウイスキー

サン.フーズ ウイスキー富士山 : RERAのウイスキーブログ



サンフーズの甲州韮崎と御勅使というウイスキーは飲んでみた。
安くておいしい。もちろん韮崎(それも自宅のすぐ近く)で白州の様に作っている訳ではなく
ただ海外等からの原酒に山梨の水やらを混ぜて作っているのでしょう。

このリンクの富士山は高いですね。2000円以上
ちょっと買うのを躊躇しています(笑)










共犯だよね おねだり・乞食公務員

書類送検の山梨市副市長が退職届|NHK 山梨県のニュース


なんで懲戒免職じゃないんですか? 共犯だよね。

まさか退職金貰ったりしないよね?

嘘付き、ズルして得する公務員ってやつですか?

最近、こんな連中が多すぎませんか?

おねだり・乞食公務員が偉くなるらしいよ。
補助金取ったやつが偉いんだと。
自分で稼げる地域にすることなんか何も考えていない。

今だけ、金だけ、自分だけ公務員とも言う。

書類送検の山梨市副市長が退職届

09月22日 12時12分

山梨市の職員採用試験をめぐる汚職事件で、受託収賄などの罪で起訴された前市長の指示を受け特定の受験者の試験結果を改ざんしたとして、今月、書類送検された飯島尚敏副市長(62)が来月1日付けで退職することになりました。

これは22日、飯島副市長が明らかにしました。
山梨市の職員採用試験をめぐっては、前の市長の望月清賢被告(70)が特定の受験者を合格させる見返りに現金80万円を受け取っていた受託収賄などの罪で今月11日、起訴されました。
この事件で飯島副市長は、望月前市長の指示を受けて特定の受験者の試験結果を水増しするなど改ざんした書類を作ったとして、虚偽有印公文書作成などの疑いで今月15日、採用担当の職員など4人とともに書類送検されました。
飯島副市長は山梨市のナンバー2として望月前市長が逮捕されたあと市長に代わって職務を執り行っていましたが、市の議会事務局によりますと、22日午前、議長宛てに来月1日付けで退職する届け出を提出し、受理されました。
飯島副市長は今月15日、書類送検されたあと報道陣から進退について問われた際には、「市長の代わりに職務を執り行っている立場として、責任を果たしたい」と話していました。
山梨市では来月1日に市長選挙が行われ、新しい市長が決まることになっています。






地方創生大全
木下 斉
東洋経済新報社
2016-10-07



Profile
鎌倉おやじ
趣味:イワナに遊んでもらう、菜園、読書、焚き火、ランタン

愛読人:内山節、池田晶子、養老孟司、山本素石、高桑信一、相田みつを、宮本常一、網野善彦、野田知佑、南木佳士、川上健一 佐藤優 内田樹(順不同)

夢:晴釣雨読で自給自足、在来魚保護 (最近釣りにはそれほど熱中してません、年のせいでしょうか)
Recent Comments
Archives
お薦め映画