おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

お手伝い

自然災害救援等のクラウドファンディングに関して

コロナ禍や九州での水害でクラウドファンディングが立ち上がっている。

これまで映画製作やら災害復旧等のクラウドファンディングにサポートしてきたのですが
その間接経費の高さに何か理不尽さを感じていた。

自然災害等の場合には若干間接経費が安くなる場合があるようだが
とあるクラウドファンディングへの質問の答えは

「本プログラムについての支援金は、支援額の10%(システム手数料及び決済手数料相当額)を控除したうえで、全額を実行団体にお渡しします。」

これが通常の場合は12%とかそれ以上を取るわけである。

コロナ禍の医療支援では10万円支援したが、現場には9万円しか届かない事になる。
そしてこのクラウドファンディングは実に5億円以上を集めた。
10%としても5千万が運営側に入ったわけだ。

別にタダでやれとは言いませんが(日本財団は間接経費を取らない、赤十字は1%と聞いている(ただ
分配が遅い事は東日本震災で明らか) 1-2%で良くないか??

ビジネスモデルとしてのクラウドファンディングや産直販売的なビジネス(20%の手数料でも農家や漁師サイドは良いというらしい)はさらに改善の余地があるのだと思う。

そんな訳で、今回の水害におけるサポートは熊本で環境保護等の活動を行っている団体に直接10万円を振込みました。

ヤマアジサイの世界

Aboc - アボック社 - 第11回 川島榮生の《ヤマアジサイの世界》



鎌倉アジサイ同好会の会長が書いている記事です。

小生も少しばかり参加させていただいております。

Facebookのページはこちらです。
https://www.facebook.com/yamaajisai/

コロナ災害で気が滅入る日々ですが、可憐で美しい花を見る事で少しでも
心が癒される事を祈念いたします。







鎌倉のあじさいと名花名木めぐり
川島榮生
アボック社
2011-05-15

泥出しボランティア

鎌倉市社会福祉協議会



10月27日に伺った足利市

泥出しがメインでしたが、まだまだボランティアが必要な感じでした。

義援金やボランティア、ふるさと納税など、出来る事は沢山あります。

もちろん、他の被災地も同じです。

こんな記事がありました。

「手押し一輪車がスイスイ動く!特許取らずに「裏技」公開した教授」

これはすごく被災地での活動に役に立つと思う。


そしてこんな製品も良いのではと。


土嚢スタンド 泥出し 泥かき出し

足利市でのボランティアはメインに泥出しでした。

その際、土のう袋を一人が開いた状態を維持して他の人がスコップで泥を入れるという作業。

やはり効率的に行うためには、道具があった方が良いですね。

我が家にある土嚢スタンドは非常に便利です。
1人で法面の補強をするために使っている物です。

他にも何種類か通販で買える様です。

画像はアマゾンより
土嚢スタンド土嚢スタンド2





足利市災害ボランティア

8年ぶりに泥だしでした。

日帰りのボランティアは初めてかな。

体力が落ちているのを痛感

津波の被災地とは違っていました。
誤解を恐れずに言えば、人の命が感じられるボランティアでした。

あの8年前の泥だしやガレキ処理は世の無常を思い知らされた経験でした。

でもイチゴ、アスパラガス、稲が泥を被った景色は心が折れました。

teK0i3NMSbi-TZuhvNnJFA

南三陸 大雄寺 アジサイ 鎌倉アジサイボランティア

ボランティアで何回か伺い、アジサイを植えたけれど、実際に花を見ていないので
今回の俺たちの旅で釣友らと訪れてみた。

残念ながら画像の様に十分な手入れがされていないので花も少なかった。
ほぼ全滅の法面もありました。

鎌倉社協の皆さんは何を想うのだろうか??

後日問題点を指摘したいと思う。


南三陸町震災被害
死者620名 行方不明 211名



鎌倉アジサイの苑プロジェクト 鎌倉市社会福祉協議会が主体となり、鎌倉市や教育委員会、風致保存会、公園協会、造園協会などの協力で実施
2013(平成25)-2017(平成29年) 5年間のべ6回のプログラム(社協等単独での作業も別にあり)
初年度曹洞宗松林山大雄寺の境内500平方メートルに500株を植え2015年まで3年をかけて、2千平方メートルに約2千株のアジサイを植える。同寺は震災前、樹齢300年を超えると言われる杉並木が有名だったが、その多くが津波で流されてしまったことから「地域の新たな名所に」と選ばれた。

 長谷寺や成就院などアジサイの名所として知られる市内の社寺の協力により、アジサイの株分けが行われ、株は4月と5月に市民ボランティアの手により、現地で植栽が行われた。26年度以降に植栽されるアジサイは、社寺で剪定された枝を市内の小中学校で挿し木として育てるほか、市民からも提供を募った。


2017年 タウンニュース 6月30日
東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県南三陸町に、鎌倉のアジサイが植栽され地域住民の癒しの場となっている。
 これは鎌倉市社会福祉協議会による支援活動の一つ。5年目を迎えたことから、このほど現地で「完了式」が行われた。
市内寺社が協力
鎌倉のアジサイが植えられているのは、宮城県南三陸町の大雄寺。同寺の門前には震災前、樹齢300年を超える杉並木があったが、その多くが津波により流されてしまったという。
 こうした事実を知った市社協の関係者が2013年、「アジサイを植えて新たな景観と地域のにぎわいの場に」とスタートさせたのが「鎌倉アジサイの苑プロジェクト」だ。
 市社協が市内の寺社に協力を呼びかけたところ、長谷寺や成就院、建長寺、東慶寺、浄智寺といった市内のアジサイの名所が次々とアジサイの株の提供を申し出たほか、地元の幼稚園や中学校などにも広がっていった。
 こうして集まったアジサイは同年4月、南三陸町を訪れた市民ボランティアの手によって植えられ、以後毎年のようにボランティアが現地を訪れてきた。
 これまでに参加したボランティアはのべ140人、植栽されたアジサイは約4600株に上るという。
今年も6月2日から4日の日程でボランティアら20人が南三陸町を訪問。同3日にアジサイの植栽や雑草の除去が行われた。
 プロジェクトは5年目を迎えたことから、今年で区切りとなる。同4日には市社協関係者やボランティア、佐藤仁南三陸町長、同寺住職の小島孝尋住職らが出席するなか、「完了式」が行われた。

 小島住職は「鎌倉の皆さんがアジサイを植えて下さったおかげで、境内が明るくなった。地域の人も楽しみにしている」とあいさつ。同社協の担当者は「鎌倉市民の思いが、地元の皆さんに受け入れられたことがうれしい」と話していた。


IMG_4956IMG_4957IMG_4963IMG_4969IMG_4976

第20回自生ヤマアジサイ展

今年も始まりました。http://www.fcofuna-kanagawa.jp/events/exhibition/789

お手伝いさせていただいております。
日曜日までです。

大船フラワーセンター。
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/vw7/flower/01.html

画像は月曜日の準備
FBはこちら https://www.facebook.com/yamaajisai/

2019-05-20_10-27-12_3752019-05-20_10-27-26_7192019-05-20_10-27-44_5992019-05-20_10-28-09_1172019-05-20_10-28-18_0572019-05-20_10-28-47_305

フラワーカーニバル

土日はちょっとお手伝い

ヤマアジサイ苗の販売もあります。

その他、屋形船とBBQかな。

44366857_696584787376156_3935960158072471552_n44255887_696584797376155_7696601361734959104_n

返礼品無しのふるさと納税 自然災害

災害支援絞込み|ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス]


北海道胆振東部地震に対する返礼品無しのふるさと納税始まっています。
ご協力お願いします。
また、7月の豪雨災害のふるさと納税も行われています。


備忘録(返礼品無し)


2018/09/09(日)
北海道 むかわ町
10,000円

2018/09/09(日)
北海道 厚真町
10,0000

2018/07/20(金)
広島県 広島市
5000

2018/07/20(金)
京都府 綾部市
5000

2018/07/09(月)
岐阜県 関市
5000

2018/07/09(月)
茨城県 境町(倉敷市代理)
5000


また迅速な支援活動をいつも行っている日本財団もオンラインでの寄付を募集しています。
寄付控除対象です。

https://kifu.www.nippon-foundation.or.jp/hkkido/

9月10日
10000円
平成30年7月豪雨
7月9日
10000円




西日本災害支援 返礼品無しふるさと納税

困った時はお互い様

3.11の際は鎌倉市がボラバス支援等を行ったので、泥だしやガレキ処理の作業ボランティアに何度か
東北に伺いました。

今回の未曾有の豪雨災害では、鎌倉市もボランティア保険の支援や、少額のボランティア活動支援
をしております。

言い訳がましくで恐縮ですが、交通費かけて爺が泥だしするよりは、交通費分プラス義援金の形で
サポートした方が良いと考えました。

返礼品無しのふるさと納税を
倉敷市(代理が茨城県境町)
関市
京都綾部市
広島市

自然災害対応が迅速な
日本財団


なんと関市からはご丁寧にお手紙とストラップが送られてきました。
本当に切れるハサミのストラップ

今後も返礼品無しのふるさと納税で少しでもサポートさせて頂ければと思います。

被災された方は猛暑の中、くれぐれもご自愛ください。


IMG_2517

アジサイトレイン 湘南モノレール

鎌倉アジサイ同好会 湘南モノレール企画

大船駅で見る事ができます。
モノレールが到着する所にもアジサイが飾られていました。




IMG_2351IMG_2352IMG_2354IMG_2355IMG_2356IMG_2358

初めての猪苗代 野口英世記念館など


詳細は後日

食べきれない程のフレンチも生まれて初めてでした。

ではまた


34788348_1682230011831261_3321792973049430016_n

日本の自生アジサイ展 大船(鎌倉) 27日まで

いよいよ明日まで。

色んなメディアにも紹介されたので、土日はかなりの混雑が予想されますが
東京新聞
毎日新聞
神奈川新聞
NHK動画あり

新装なった大船フラワーセンターで綺麗なヤマアジサイがお待ちしております。


平成30年度案内はがきアジサイver.0.99

備忘録 鎌倉アジサイの苑プロジェクト 完了報告

一応皆勤賞で参加させていただきました。

まだ大雄寺さんの満開のアジサイは一度も見てはいませんが
来年はボランティアではなく一観光客として南三陸をまた訪問したいと思っています。

アジサイのボランティア活動は終わりましたが引き続き東北復興には何らかのお手伝いが出来ればと
考えております。

2017年7月29日の新聞折り込み社協だよりより

img011

日本の自生アジサイ展@鎌倉大船

5月23日から5月28日まで大船の神奈川県立フラワーセンターで開催
苗の販売もあります(超希少なヤマアジサイも格安で、と言うか今年は2株500円という破格な価格設定)

https://www.facebook.com/yamaajisai/

今年のテーマです。

遠い昔・・・
あなたの故郷で観た、アジサイを覚えていますか・・・



IMG_4894IMG_4892IMG_4890IMG_4888

日本の自生アジサイ展 鎌倉 

5月です。

平成29年度案内はがき アジサイ同好会small

清里 ロック再建イベント

ほんねん8月火災で営業を停止しているロック
来年の5月には再開するとのこと
多くの舩木ファンが東京六本木に集う

金だけのために清里を食い物にした連中が去り、やっと落ち着いた
ガキの頃の清里に戻ってきていた。

舩木さんの生き様を応援する多くの人々が利他という文脈の中にいるのであろう。

フィールドベレーウイスキーを定価より高く購入して少し応援しましたが
今回は暖貨(ダンケ)という村内特別利用券で少し応援。

イベントではロックのカレーやビールも振舞われました。


IMG_20161215_1748592016_12_15_18_05_41IMG_20161215_180805IMG_20161215_183334IMG_20161215_191943IMG_20161215_192859IMG_20161215_192942IMG_20161215_202220IMG_20161215_202655IMG_20161215_191615

日本の自生アジサイ展 大船(鎌倉) 5月24日から

日本の自生アジサイ展

期日 平成28年5月24日(火)〜5月29日(日)
会場 神奈川県立フラワーセンター大船植物園

主催 鎌倉アジサイ同好会


自分がヤマアジサイにハマったしまったのは、何気に伺った神奈川県立フラワーセンター大船植物園でのこのアジサイ展でした。たぶん2008年頃だと思う。
訂正2007年でした。

そして、このアジサイ展での即売会やネット通販でヤマアジサイや園芸種のアジサイを購入して、挿し木で増やしてまいりました。

なんと去年の本会で「入会されませんか?」とのお言葉を頂き、達人の皆さまの仲間に入れていただきました。

どうぞ、騙されたと思って見にきてください。入場料だけで見る事が出来ます。

平成28年度案内はがき2





同好会の会員の方が出版されている書籍です。



アジサイ図鑑
コリン マレー
アボック社
2009-06-15


ふるさと納税 

今年は特産物系の納税に

有田市と大船渡市と北海道大樹町

有田市は初めて。
大船渡市は復興支援の義捐金以来かな

あと1箇所くらいから特産品が届く予定


PC184260PC264269
IMG_20151227_135207

南三陸 大雄寺 

先日のアジサイプロジェクトで伺ったお寺

素晴らしい杉並木が津波で壊れた。
お地蔵様は一箇所に集められていた。

裏山に上り反対側を眺めると、そこにも墓地があり、海が見える
法名碑には3月11日という日付が多くみられた、そしてお若い方の年令の記載。
ただただ手を合わせることしか出来なかった。

大雄寺_ページ_1大雄寺_ページ_2大雄寺_ページ_3大雄寺_ページ_4P5180677P5180679P5180681P5180670P5180671

南三陸町 石巻



6月に震災後3カ月の山元町で泥出しのボランティアをしました。
その時はまだ3カ月だからしょうがないのかなとも思いました。

7か月経ちました。
何度もボランティアで活動されている方に聞くと、石巻はかなり片付いて来ているとの事ですが
南三陸はかなり遅れているとの事でした。
沢山のボランティアの方が南三陸のボランティアセンターに来ていましたが、まだまだ人手が必要な様です。

多くの若い人達が汗をかきながら一生懸命働いています。

あまり批判的な事を書いてもしょうがないですが、これが先進国の日本なのかな。。。
任せてブ〜垂れている人が多いのかな。。。。


画像の一部をfacebookに上げております。
10月8日
10月9日

石巻

言葉が見つからない。

土嚢を作った

南三陸へ

休憩
Profile
鎌倉おやじ
趣味:イワナに遊んでもらう、菜園、読書、焚き火、ランタン

愛読人:内山節、池田晶子、養老孟司、山本素石、高桑信一、相田みつを、宮本常一、網野善彦、野田知佑、南木佳士、川上健一 佐藤優 内田樹(順不同)

夢:晴釣雨読で自給自足、在来魚保護 (最近釣りにはそれほど熱中してません、年のせいでしょうか)
Recent Comments
Archives
お薦め映画