おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

ブログ等

リニア 備忘録 まさのあつこさん

公然のようで公然でないリニア中央新幹線の赤字問題(1) 2010年代後半に需給逼迫のヘリウム(まさのあつこ) - 個人 - Yahoo!ニュース


公然のようで公然でないリニア中央新幹線の赤字問題(2) アセス新法施行前の駆け込み

公然のようで公然でないリニア中央新幹線の赤字問題(3)国土交通大臣の見極めやいかに

リニアと水資源、その他 

リニア中央新幹線が水を奪う|地域の水循環のはなし


簡潔にまとめられています。


市川宏雄氏の講演会

リニアに悪いことはない、こんないいことはない ― 市川宏雄講演会



講演会の聴講録でしょうか。

自分はこの市川氏の本を読んでのけ反った一人です。
都市一極集中万歳な方であります。
当初リニア推進していた御用学者の方々ですら、地方分権、東京一極集中を回避と言っておりました。

こんな方が都市工学とか言って、謝礼を貰って馬鹿な講演会をしている訳です。
ブログ主さんも指摘していますが、橋山先生の論理的な話を聞く方が地方の子供達の未来に有用だと思います。

嘘だと思ったら、市川氏と橋山氏の本を読み比べれば直ぐに分かります。
最近またトンデモ本「東京五輪で日本はどこまで復活するのか」を書いているようです。






ダムが住民のためではない理由 徳山ダムの例

375.役割を失った水資源機構の山ダムと導水事業: 晴れの日は楽しく、雨の日は静かに


政策ジャーナリストまさのあつこさんのブログ。

いかに出鱈目にダムが作られていくのかがわかります。
住民が反対しても、専門家が反対しても、利権政治ですすむ税金の無駄遣い。

そして脈々と天下りと利権で蠢く独法団体。リニアも同じ構図ですけどね。

是非、ブログ読んでみてください。

ちなみに徳山ダムに関しては種々な書籍、映画、写真集などがあります。

戦時中に疎開された人々を多く受け入れても食糧不足にならなかった徳山村。

今は「水になった村」です。





映画も大西監督によって作られています。
水になった村
大西暢夫
情報センター出版局
2007-12-01





故郷―私の徳山村写真日記
増山 たづ子
じゃこめてい出版
1983-01

危険公務員(笑)

危険ドラッグなら、危険公務員ってのも、必要やわ : いまにしのりゆき 商売繁盛でささもって来い!


下記の書籍を書いた今西さんのブログ
なるほど(笑)




原子力ムラの陰謀: 機密ファイルが暴く闇
今西憲之+週刊朝日編集部
朝日新聞出版
2013-08-20

海の日のEM団子投入は海洋汚染です

ちょっと待って!EM団子・EM活性液の投入 - warblerの日記

リンクより引用しておきます。

お近くでこんな行為が行われたら、行政にどんどん通報しましょう。
不法投棄で海洋汚染です。


『福島県生活環境部生活排水対策推進指導員講習会資料』(抜粋)
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20130712/1373605438
特に、この資料にある『微生物資材の水環境中での利用に関するQ&A』は、ぜひお読み下さい。とても参考になります。

にある通り、微生物資材による培養液を投入すると水質の悪化を招く恐れがあります。
同様な見解が、広島県、岡山県などの公的機関から出されています。
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20130428/1367131822

EM培養液である『EM活性液』はもちろん、
EMで作った「ぼかし」(有機肥料の一種)と「EM活性液」を土に混ぜて丸めて作った『EM団子』は微生物と有機肥料を含んでおり、大量に投入すると同様に環境への負荷が高まります。

EMを河川や湖沼、海などに投入する行為は「EMによる環境浄化活動」として善意で行われていますが、こうしたイベントに参加する前に、本当に環境浄化の効果が期待できるのかどうか、立ち止まって考えて頂きたいと思います。

また、沖縄で開発された微生物資材であるEMを、他の地域の川や池、海に投入することで、元々その環境にはいなかったEMに含まれる微生物が在来の微生物と混在する状態になりますが、環境保全の観点から考えて、これは望ましい状態と言えるでしょうか。もし、在来の微生物がEMに含まれている微生物との競合に負けて姿を消してしまえば、本来の環境保全とは言えなくなります。EMを投入して解決しようとするのは、在来の微生物を含む複雑な生態系の事を忘れた安易な考え方でもあると思います。

環境の回復には、河川等に流入する汚水をなんとかしないと根本的な解決にはならないでしょう。
「○○さえ投入すれば、自然環境が汚れても挽回できる」という短絡思考は、環境を汚さない様に気を付ける気持ちが薄らいでしまい、環境保護活動として本末転倒になってしまいます。




こちらもEM団子記事。

リニア中央新幹線への税金投入実績を政府が答弁した

ICT甲府: リニア中央新幹線への税金投入実績を政府が答弁した


いつも貴重な資料を提示していただいているICT甲府さんのブログです。

JR東海の企業単独の事業で無いことを政府が嫌々公表したということでしょう。

また残念ながら山梨県が無利子で鉄道総研に貸付をしていることは書かれていない。


一部引用
御指摘の「リニア技術開発に対する国庫補助」については、超電導磁気浮上式鉄道(以下「超電導リニア」という。)を鉄道システムとして実用化するための総合的な技術開発の支援を目的として、平成2年度以降の予算において、約543億円を計上している。


さらに、今後の地方公務員の用地買収等でのJR東海社員化しての人件費はどの程度になるのでしょう?



また福島みずほ議員の質問書はこちら。
リニア中央新幹線事業の妥当性に関する質問主意書

右の質問主意書を国会法第七十四条によって提出する。

  平成二十六年六月十三日

福 島 み ず ほ   

そして答弁書 まったく答えになっていない。
第186回国会(常会)
答弁書

答弁書第一三八号

内閣参質一八六第一三八号
  平成二十六年六月二十四日
内閣総理大臣 安 倍 晋 三   


       参議院議長 山 崎 正 昭 殿

参議院議員福島みずほ君提出リニア中央新幹線事業の妥当性に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。

同じく第186回国会
リニア中央新幹線計画の徹底審議と凍結に関する請願

テーマ「編集者 谷川健一〜宮本常一を発見した男」

2014年度第一回(再開79回)講義 - 周防大島郷土大学のブログ - Yahoo!ブログ


宮本常一の世界。
彼のおかげで僕は少し民俗学に近づけた。
そして発展とは何か、進歩とは何か、同じ疑問をもつにいたる。

以下HPより

【NPO周防大島郷土大学2014年度第1回(再開79回)講義】
8月2日(土)午後2時から
会場:東和総合センター(周防大島町平野)
講師:筒井ガンコ堂さん(編集者・エッセイスト)
テーマ「編集者 谷川健一〜宮本常一を発見した男」
聴講料1,000円 高校生以下無料




忘れられた日本人 (岩波文庫)
宮本 常一
岩波書店
1984-05-16


手入れが終われば森に還る日本

日本の過疎地


日本全国が同じなのだろう。 この情景  七夕の日に考えてみる。

自然に生かされて来た日本。

やがて森に還る。

林業を行わないのであれば、何もしない(植林もしない)のが正しいと思う。

ムダな林道(行政と業者の利権バリバリ)や治山という名目だけの堰堤やらダム。

国破れて山河ありとは本当に素晴らしい名言である。

人間が管理も制御も出来ない原子力(核力が正しいテキストだと思うが)を未だに使おうとする
ムラ(マフィア)ヒト達。

生あるものは死する

形あるものは崩れる

成長神話 安全神話が存在しないことを未だに否定する人々もいる。

まずは70億分の1の平等(現在の人口、そろそろ72億)をまず実現してから色々考えるということが
どうして出来ないのだろう。

飢えない、病気や内戦で傷つかない、そんな当たり前な平等を。




小田急バスとリニア

小田急バス創始者の祖父とリニアモーターカー : 辻村ともこ 狛江市議会議員 無所属 公式ブログ 〜狛江の未来と子供を守る会〜


未来と子供を守るのにリニアは不要だと思うけど。
橋山先生の著作をプレゼントしますけど、もしご興味あれば。

以下ブログより
いよいよリニアモーターカーが本格的に生産体制に入っていますね。

私の祖父の鶴川一郎は、小田急バスの創始者として、戦後貧しい日本の出稼ぎ労働者が少しでも多くの収入を得られるようにと時間短縮を叶えるバス会社を立ち上げたと、話してくれたのを覚えています。出稼ぎのお父さんが一刻も早く家族との元へ帰れるようにと願いながら会社を建てたそうです。 私は、現代版時短乗り物リニアモーターカーは、時間を短縮し、日本を繁栄へと導くと信じ、応援したいと思います!

皆様も、是非注目してくださいね!


以下記事一部抜粋
東海旅客鉄道(JR東海)は、この秋にも時速500キロメートルの世界最高速列車「リニア中央新幹線」を着工する。2027年に東京―名古屋で営業運転を始める。今の新幹線では約1時間半かかるが、40分まで短縮される。航空機並みの速さの秘訣は地面に触れずに走る浮上走行。日本が長年にわたり磨きをかけてきた「超電導技術」が支える。

サイト
http://www.nikkei.com/article/DGKDZO73739230T00C14A7TJN000/



宮沢賢治・保阪嘉内 「花園農村の理想をかかげて」



宮沢賢治と保阪嘉内

良いHPです。

ゆっくり見たいと思います。

保阪嘉内も、大島正健校長に習った。石橋湛山の様に。









リニア新幹線 意見広告のお知らせ

「リニア新幹線沿線住民ネットワーク」からの「意見広告(折込チラシ)」と「賛同支援カンパのお願い」 -      「東濃リニア通信」    <東濃リニアを考える会>


原発、ダム、リニア

安全神話、成長神話、土地神話

よ〜く考えた方がいいのですが、、、

後になって騙されたって言っても遅いです。




リニア1リニア2リニア3

JR東海のあまりに杜撰過ぎる環境影響評価を指摘

リニア(中央)新幹線準備書に対する沿線24自治体首長意見概要!(東京・神奈川連絡会) -      「東濃リニア通信」    <東濃リニアを考える会>

いつも的確な指摘なブログです。

ブログより
以上は、リニア新幹線を考える東京・神奈川連絡会が収集・整理したものですが、各自治体首長の主要意見を抜粋したものであり、実際の意見数はこの何倍もの意見が出されています。共通しているのは、
。複凖豎い隆超影響調査がいかに不十分でずさんなものであり、予測・評価も著しく具体性を欠いていること、
⊇猗書の基になっている調査結果は地域の特性を無視し、地域の歴史や文化、人々の生活に配慮していないこと。
準備書の環境保全措置が一面的で、方法書段階での自治体首長意見に応えていないこと。
そ猗書は、公共的企業として、環境に配慮する社会的責任が感じられないこと。
イ曚箸鵑匹旅猝椶濃後調査やモニタリングをしないことは許されないこと、  などです。
知事はじめ自治体首長は、東京都を除く各県の期成同盟会の会長を務める立場上から、説明会や意見募集、そして公聴会での市民意見をすべて取り入れた内容とはとても言い難いのですが、それでもこぞってリニア新幹線計画の不備を指摘せざるを得なかったのは、やはり疑問や不安を訴える沿線住民の声に一定の配慮をせざるを得なかったものと考えます。もし、首長意見を取り入れた評価書でなければ、工事着工はムリと考えるのが筋です。
   私たちは、国交省に対し、大深度地下の使用や着工を認めないよう求めるとともに、環境省に対しても、環境悪化が懸念されるという沿線全体の首長意見に対し、きちんと応える姿勢をとるよう求めます。そして、JR東海に対しては、着工を急ぐのではなく、計画の再考・撤回を求めて行くことが課題です。自治体に対しては、首長としての意見に責任を持つこと、意見が取り入れない評価書は認めないことを求めます。


砂防ダム、治山ダム 

第10回渓流保護シンポジウム in 北海道 「川のメカニズムに学ぶ防災と環境」 - 北海道の砂防ダム・治山ダム


勉強します。

本当に必要なダムは存在すると思う。

しかし、予算消化(業界対策)のための公共工事がいかに多いかも現実である。

行政もコンサルもそして土木業界もそれを知りつつ事業を行う。

原子力ムラと呼ばれるシステムと同じ構図が日本中に存在するのだろう。
わかっちゃいるけど止められない「オレにも養わなければならない家族があるんだ」という詭弁で。



里山資本主義のウソ 〜 失敗を成功と粉飾 〜 これぞ『地域再生の罠』

久繁哲之介の地域力向上塾


是非、久繁さんのブログをごらんください。

すでに、種々な地方自治体やら国が、里山資本主義というキーワード(テキスト)を織り込んだ企画書やらで補助金を得ようと蠢いています。

自分も本を読みましたが、藻谷氏のダブルスタンダードは酷いものです。

また久繁さんの著作を読まれると、いかに地方行政が地域活性化と言いながらステレオタイプな施策しかしていないのかが分かると思います。
これ以上、無駄な税金を使うのを止めませんか?

追記
久繁さんは、専門家として田中淳夫氏をあげているが、自分が読んだ数冊の本ではかなり荒い分析や間違いが見受けられているので。その部分の見解は異なる。







環境アセスメント 

321.社会的な動物であるヒトへの影響: 晴れの日は楽しく、雨の日は静かに


いつも勉強させていただいている、まさのあつこさんのブログ。

環境変化によるヒトへの影響の重要性。
まさにその通りだと思う。

大型公共事業、リニア等々、そこで影響を受けるのは自然だけでなく人間そのものだろう。


ブログより

日本では、環境アセスとは、自然環境のことだけを見る制度だと考えている人が大半だ。「社会的な動物であるヒトへの影響」への認識を少しづつジワジワと広めていければ、と思う。いまさら遅いとは言え、変化を求めていかなければ、1970年代感覚の日本を未来世代にまで手渡すことになってしまう。


リニア中央新幹線、ウラン鉱床を通るのか? そして電磁波 週刊SPA!2012年7月24+31日合併号の原文

ジャーナリスト樫田さんのリニア考

リンクはこちらから

リニア新幹線は必要か、不必要か? 月刊「世界」2012年9月号

ジャーナリスト樫田さんのリニア考

こちらのリンクからどうぞ。

夢の「リニア新幹線」は第二の原発か ーー着工まであと2年ーー 週刊プレイボーイ2012年6月11日号掲載の原文



ジャーナリスト 樫田さんのブログ

リンクからどうぞ。
http://homepage2.nifty.com/kasida/social-matter/frame-linear2012wpb.htm

リニアフェス 飯田 3月2日 東濃リニア通信

飯田学習会「再考せよ!リニア新幹線」盛大に開催される!! - 東濃リニア通信(東濃リニアを考える会)


東濃リニア通信さんのブログ

少しずつではありますが、リニアの問題点を多くの方が気が付いてくれています。
特に未来を担う若い方。

自然破壊も借金もすべて未来へ先送りですから。

備忘録 HPVワクチンとその周辺

HPVワクチンとその周辺 2014年2月中旬のまとめ(1) - 感染症診療の原則


恣意的な質問票で副作用が多いと指摘しているものがあったり、一次資料がなくワクチンはすべて危険だとか、利権だとか書かれたものも目にする昨今ですが。

個人的には癌ワクチンなんていう名付け方がオカシイのと、HPVが性行為で感染するのですから、女性も男性も性行為を意識してから自分の意思で接種を決めれば良いと思うのですよ。
現状、確認されているのは、このワクチンによってHPVの感染率が疫学的に下がっているという事実であって、癌の発生という疫学情報はないよね?

ちなみに風疹ワクチンは絶対すべきだと思うよ。
先天性風しん症候群(CRS) congenital rubella syndromeの不幸を無くすために。

いちおう備忘録的に真剣に書かれているブログをメモしておきます(上のリンクの続き)

まとめ2

まとめ3

まとめ4




備忘録 ニセ科学

EM比嘉照夫氏の「21世紀は北朝鮮の時代」をアップしておこう - samakitaの今日もガハハ 左巻健男/SAMA企画


左巻さんのブログより。

EMで北朝鮮は食糧輸出国になるはずだったんだ(笑)

今じゃ、EMで放射能を除染ですか?

信じる者は救われない。



戻りたい、、、 ベルギービール

ベルギー移住生活: Brussel ブリュッセル観光!


こういうブログ見ていると、現実逃避モードにターボがかかる感じ(笑)

滞在して当時、子供がまだ幼稚園と小学生だったから、あまり活動範囲が広くなかったですが
この画像に出てくる所には何度か行ったかな。

今考えると、良く毎日、ブラッセルからアントワープまで車で真面目に通っていたと思う。


懐かしい。。。。

戻りたい、、、、

ベルギービールのんで徘徊したい(笑)



東濃リニア通信(東濃リニアを考える会)さんより

「がうす通信125号」! 「迫真:リニアに賭ける」! - 東濃リニア通信(東濃リニアを考える会)


いつも勉強させていただいているブログ。

今回使われていた日経の記事。

まあ、よくここまで提灯記事を書けると思います。まさに発表報道(企業、行政の言いなり)。
巨大広告主(JR東海、ゼネコン)に逆らえない構図は、まさに原発広告(電通と電力会社)と同じですね。





日経リニア



原発広告
本間 龍
亜紀書房
2013-09-25


備忘録 国鉄債務 リニア

この国を考える 国鉄債務処理 約18兆円 債務の残高


沢山借金が未だに有るわけです。
無ければ新幹線の運賃はかなり安くなると、JR東海の知り合い社員が申しておりました。

リニア作って、また借金。開業するまで利子負担のみ。

「全国のダム堆砂状況について」などなど

【20140115忘備録】 - 長良川の一滴 - Yahoo!ブログ

FBでお世話になっている方のブログです。


情報満載  
特にダムの堆砂問題などは気になるところです。

ダムは、通常100年間に貯まると想定される土砂の量を堆砂容量として、治水・利水容量とは別に容量を確保しています。

ですが、既にその100年分を大きく超えたダムが存在します。
要するに堆砂容量<堆砂量 
さらに総貯水容量に堆砂量が近いってことはほとんどダムの体をなさないってことかな。
ちなみに、セメントの寿命は100年と昔聞いた覚えがありますが、ダムの寿命は?

以下ブログより

「魚がのぼりやすい川づくりの手引き」  (登るのは魚だけじゃないんだけどねbyおやじ)
(国土交通省/PDF一覧/平成17年)
http://bit.ly/1fw6Acf

「河川における外来魚対策の事例集II章コラム」
「緊急性が特に高いと考えられる影響・被害」
(国土交通省/PDF68頁)
http://bit.ly/1fw8klI


「全国のダム堆砂状況について」
(平成22年度末現在)
(水源連/国土交通省/PDF)
http://bit.ly/1fw5dtU

膨大な情報量ですが川やダムを知る
いろんな意味でたいへん価値の在る資料です。

どれだけ傲慢なのだろうか? JR東海。

記事の裏だって伝えたい リニア、神奈川県環境影響評価審査会。知事意見の延長?


ジャーナリストの樫田さんのブログ。

読むかぎりでは行政とJR東海の癒着ぶりが良くわかります。
審議委員の意見など無視(環境アセス)の様です。

日本は法治国家ですよね?


原発なくても大丈夫

304.都知事選と「原発」: 晴れの日は楽しく、雨の日は静かに

まさのあつこサンのブログ

いつも勉強させていただいています。

グラフの読み方で東電の恥を知りましょう。

「震災後は、節電の効果はあるものの、原子力電源の減少により、火力発電の高稼働および揚水発電により供給力を確保している状況」と書いてある。

でも、ジッと見ているとそれはすぐにまっ赤な「噓」だと分かる。左右を比べてみよう。

さすがである。


渓流の宝石と言われるオショロコマですが、、、ニジマス問題

6年でニジマス繁殖、オショロコマが消えてしまった。 - オショロコマの森ブログ5


ブログの記事より

つい、6年前、この付近は良型オショロコマが豊富に棲息しており、まさにオショロコマの天国であった。ある日、2匹のニジマス若魚が釣れたのが悪夢の始まりであった。そして現在、わずか6年で、オショロコマは完全に消えてしまったのである。 

釣りのためにニジマスを放流する釣り人。

川は釣り人だけのものじゃない。

それすら理解出来ないのだろう。

生物多様性なんて考えもしない。

ご参考までに良いHPです。北海道淡水魚保護ネットワーク


リニア予定沿線 

「東濃リニア通信No17」 橋山さんの記念講演! - 東濃リニア通信


いつも適切なリニア問題を指摘しているウエブです。

 「東濃リニア通信No17」
    
 
「公共交通のあり方を考える愛知懇談会」の案内
記念講演は「橋山禮治郎さん」で、 「リニア新幹線は再考せよ 建設強行は国家100年の愚作(仮題)」ということです。
2014年2月18日(火)18:30〜   労働会館東館 2階ホール 

橋山先生の話を聞いて、リニアがどれほど無用なモノかご理解いただけれると思います。

名古屋市周辺の皆様、いかがでしょうか?




Profile
鎌倉おやじ
趣味:イワナに遊んでもらう、菜園、読書、焚き火、ランタン

愛読人:内山節、池田晶子、養老孟司、山本素石、高桑信一、相田みつを、宮本常一、網野善彦、野田知佑、南木佳士、川上健一 佐藤優 内田樹(順不同)

夢:晴釣雨読で自給自足、在来魚保護 (最近釣りにはそれほど熱中してません、年のせいでしょうか)
Recent Comments
Archives
お薦め映画