おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

科学

CRISPAR ジェニファー・ダウドナ 文藝春秋 2017

図書館本

絶対ノーベル賞を取ると断言できる技術の発見と地球に与える影響を開発者自らが綴っています。ゲノム編集技術という大発見とその操作の容易さと危険性にも論考。

特許及びそれから派生する種々な収入から、おそらく第2のノーベル賞を創設出来るほどの資金を得るのでしょう。
危惧することは著者も指摘しているように科学者の社会的責任の枠を大きく逸脱して人間が人間を思う通りに改造し、植物や動物をも思い通りに作り変える事だろうか。
すでに地球レベルでのモラルや規制が議論されている。

備忘録メモ

CRISPARは分子の予防接種手帳の様な役割を果たしている
特定の20塩基のDNA配列を切る分子のハサミ(スイスアーミーナイフ)
低コスト、高校生でも習得可能
Cas9とガイドRNAはわずか数時間で標的遺伝子を編集し、それがすむと細胞内の自然な循環プロセスにより分解される。
GMOサーモン(遺伝子組み換えサケ)食用として認可されるのに20年の歳月
商用化が近いゲノム編集動物(抗ウイルス性家畜、低アレルゲン卵、角なし牛、長毛羊など)
絶滅の復活?
体細胞か生殖細胞か
太乙遺伝子疾患の治療には最適
癌治療の3本柱、外科手術、放射線治療、化学療法 それに加えて免疫療法の可能性
終末期小児がん患者を救ったゲノム編集
ヒト生殖細胞系の遺伝子改変をめぐる倫理的問題
無謀な実験(科学者・技術者の暴走)、技術の乱用や悪用の危険性 アメリカの原爆開発の歴史
1970年代の遺伝子組み換え(ジーン・スプライシング)技術の時に議論
科学技術について、その使われ方を決めるのは社会全体であり、個人や集団の科学者ではない
CRISPARの社会的規制についての会議 2014年から、2015年1月24日ナパバレー
米国の諜報機関は第六の大量破壊兵器に指定 ヂュアルユース問題
安全性、倫理性、規制 2015年 ワシントンでサミット イギリス、中国等
経済格差が遺伝的階層に繋がる可能性
治療と強化の境界線は?
クリスパーツーリズム(ゲノム編集のための医療渡航)

CRISPR (クリスパー) 究極の遺伝子編集技術の発見
ジェニファー・ダウドナ
文藝春秋
2017-10-04


科学知と人文知の接点 山中伸弥監修 弘文堂 2017

図書館本

島薗先生と山中先生の対談が読みたくて借りました。

350ページを超える大著です、また非常に詳細に現状でのiPS細胞研究や生命倫理に関する動き
再生医療や発生工学、ゲノム編集技術の進歩が導く将来への期待と不安そして問題点等々

以前はSFの世界でのみ綴られたフィクションがノンフィクションになっていくのは間違いない様です。

最終的には科学者の社会的責任が問われるわけですが、果たして経済というビックウエーブに
魂を売らないと誰が断言できるのでしょうか?


感染症リンク集

風邪が流行っております。
ご注意ください。。



◆感染症情報のリンク集

 国立感染症研究所:http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases.html
 厚生労働省検疫所(FORTH):http://www.forth.go.jp/index.html
 エイズ予防情報ネット(API-Net):http://api-net.jfap.or.jp/
 CDC:http://www.cdc.gov/
 ECDC:http://www.ecdc.europa.eu/en/Pages/home.aspx
 China CDC:http://www.chinacdc.cn/ 
 国立医薬品食品衛生研究所:http://www.nihs.go.jp/kanren/shokuhin.html


◆感染症に関するQ&Aのリンク集

<ジカウイルス感染症>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000109899.html
<中東呼吸器症候群(MERS)>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/mers.html
<腸管出血性大腸菌感染症>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000177609.html
<マイコプラズマ肺炎>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou30/index.html
<RSウイルス感染症>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/rs_qa.html
<感染性胃腸炎(ノロウイルス)>
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html
<感染性胃腸炎(ロタウイルス)>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/Rotavirus/index.html
<手足口病>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/hfmd.html
<咽頭結膜熱>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou17/01.html
<重症熱性血小板減少症候群(SFTS)>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts_qa.html
<インフルエンザ>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html
<鳥インフルエンザ>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144461.html
<鳥インフルエンザ(H5N1)>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144523.html
<鳥インフルエンザ(H7N9)>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144470.html
<鳥インフルエンザ(動画)>
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg9687.html
<狂犬病>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/07.html
<結核とBCGワクチン>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/bcg/
<オーラルセックス(口腔性交)による性感染症>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/seikansenshou/qanda.html
<ポリオとポリオワクチン>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/polio/qa.html
<日本脳炎>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou21/dl/nouen_qa.pdf
<子宮頸がん予防ワクチン>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/qa_shikyukeigan_vaccine.html
<子宮頸がん予防ワクチン接種の「積極的な接種勧奨の差し控え」>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/qa_hpv.html
<風しん>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/
<麻しん>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/index.html
<麻しん(English)>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles_eng/index.html
<水痘>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/varicella/index.html
<肺炎球菌感染症(高齢者)>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/haienkyukin/index_1.html
<エボラ出血熱>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/ebola_qa.html
<デング熱>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/dengue_fever_qa.html
<梅毒>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/seikansenshou/qanda2.html


◆広報・啓発ツールのリンク集

<薬剤耐性(AMR)対策>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000120172.html
<インフルエンザ予防対策>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/keihatu.html
<麻しん>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/dl/leaf_z.pdf
<風しん>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/dl/poster09.pdf
<啓発ツール:定期の予防接種(主に小学生までのお子さんが受けた方がよい予防接種)>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/keihatsu_tool/index.html
<予防接種スケジュール(国立感染症研究所)>
http://www.nih.go.jp/niid/ja/component/content/article/320-infectious-diseases/vaccine/2525-v-schedule.html
<予防接種後健康被害救済制度>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/kenkouhigai_kyusai/dl/leaflet_h241119.pdf
<性感染症>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/seikansenshou/index.html
<動物由来感染症>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou18/
<狂犬病>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/

野口英世来ガ90周年

昨年は野口英世生誕140周年

今年が野口がガーナに上陸して90年

そんなことで備忘録

IMG_5816IMG_5825IMG_5826IMG_5901IMG_6098IMG_6099IMG_6100IMG_6103IMG_6109

感染症情報リンク集

ご参考までに、そして備忘録として

◆感染症情報のリンク集

 国立感染症研究所:http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases.html
 厚生労働省検疫所(FORTH):http://www.forth.go.jp/index.html
 エイズ予防情報ネット(API-Net):http://api-net.jfap.or.jp/
 CDC:http://www.cdc.gov/
 ECDC:http://www.ecdc.europa.eu/en/Pages/home.aspx
 China CDC:http://www.chinacdc.cn/ 
 国立医薬品食品衛生研究所:http://www.nihs.go.jp/kanren/shokuhin.html


◆感染症に関するQ&Aのリンク集

<ジカウイルス感染症>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000109899.html
<中東呼吸器症候群(MERS)>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/mers.html
<腸管出血性大腸菌感染症>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000177609.html
<マイコプラズマ肺炎>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou30/index.html
<RSウイルス感染症>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/rs_qa.html
<感染性胃腸炎(ノロウイルス)>
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html
<感染性胃腸炎(ロタウイルス)>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/Rotavirus/index.html
<手足口病>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/hfmd.html
<咽頭結膜熱>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou17/01.html
<重症熱性血小板減少症候群(SFTS)>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts_qa.html
<インフルエンザ>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html
<鳥インフルエンザ>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144461.html
<鳥インフルエンザ(H5N1)>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144523.html
<鳥インフルエンザ(H7N9)>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144470.html
<鳥インフルエンザ(動画)>
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg9687.html
<狂犬病>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/07.html
<結核とBCGワクチン>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/bcg/
<オーラルセックス(口腔性交)による性感染症>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/seikansenshou/qanda.html
<ポリオとポリオワクチン>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/polio/qa.html
<日本脳炎>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou21/dl/nouen_qa.pdf
<子宮頸がん予防ワクチン>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/qa_shikyukeigan_vaccine.html
<子宮頸がん予防ワクチン接種の「積極的な接種勧奨の差し控え」>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/qa_hpv.html
<風しん>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/
<麻しん>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/index.html
<麻しん(English)>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles_eng/index.html
<水痘>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/varicella/index.html
<肺炎球菌感染症(高齢者)>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/haienkyukin/index_1.html
<エボラ出血熱>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/ebola_qa.html
<デング熱>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/dengue_fever_qa.html
<梅毒>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/seikansenshou/qanda2.html


◆広報・啓発ツールのリンク集

<薬剤耐性(AMR)対策>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000120172.html
<インフルエンザ予防対策>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/keihatu.html
<麻しん>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/dl/leaf_z.pdf
<風しん>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/dl/poster09.pdf
<啓発ツール:定期の予防接種(主に小学生までのお子さんが受けた方がよい予防接種)>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/keihatsu_tool/index.html
<予防接種スケジュール(国立感染症研究所)>
http://www.nih.go.jp/niid/ja/component/content/article/320-infectious-diseases/vaccine/2525-v-schedule.html
<予防接種後健康被害救済制度>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/kenkouhigai_kyusai/dl/leaflet_h241119.pdf
<性感染症>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/seikansenshou/index.html
<動物由来感染症>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou18/
<狂犬病>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/

ゲノム編集とは何か 小林雅一 講談社現代新書 2016

図書館本

ちょっと背景とかを知りたくて。この次は発明者のダウドナ氏の本を読んでみたいと思う。

もちろん、間違いなくノーベル賞は取る技術です。クリスパー!

特許で揉めているみたいです。本書が出版時点で。

一番大きな問題は、今後の科学者の社会的責任なのでしょう。
それは生命倫理に基づく宗教や哲学の分野にも大きく関わってくる「命」「生きること」の
根本的な問題として。

遺伝子を思う様に書き換える技術、それはこれまでの遺伝子組み換え技術と比べると
おそらく比較できないほど技術的にも安易に可能となりコストも非常に低くなる。

備忘録メモ
ダウドナとシェルパンティエ 2012年6月サイエンス誌
チャン 2013年1月 eLife誌
ノーベル賞はおそらく上記3名
GMOとクリスパー技術の関連性 安全性は?
寿命、先天的疾患等への応用の倫理的問題




CRISPR(クリスパー) 究極の遺伝子編集技術の発見
ジェニファー・ダウドナ
文藝春秋
2017-10-04

日本人は知らない「地震予知」の正体 双葉社 2011年8月

図書館本

本年(2017年7月22日のニュース)地震予知は不可能 (あまり大きなニュースには成らなかったには意味があるんでしょうね)

 南海トラフ沿いで起きる大規模地震の予測可能性を整理していた政府の中央防災会議の調査部会は21日、大規模地震対策特別措置法(大震法)に基づく現行の東海地震の予知体制が前提としている確度の高い地震予測について「(現時点では)できない」と明記した報告書案を大筋で了承した。親会議の「南海トラフ沿いの地震観測・評価に基づく防災対応検討ワーキンググループ(作業部会)」の会合で報告する。
 現行の東海地震の予知体制が前提にしているのは「2〜3時間から2〜3日以内に東海地震が起きる可能性がある」と発表する直前予知。直前予知が出されると、首相から警戒宣言が発令され、鉄道を止めたり、店舗や工場、学校などを休業したりする「地震防災応急対策」が強化地域8都県157市町村で一斉に実施される。
 報告書案はこうした直前予知を念頭に「大震法に基づく警戒宣言後に実施される現行の地震防災応急対策が前提としている確度の高い地震の予測はできないのが実情である」と盛り込んだ。現行の東海地震対策が前提としてきた直前予知の可能性が事実上、初めて公的に否定された形だ。
引用ここまで

ロバート・ゲラー氏(東大理学部教授)が東北大震災の直後に出版した本。
日本の御用学者の行ったニセ科学を指摘。
研究費申請をした御用学者は研究費を返済するべきでしょう。

読むに従い、どうしてこんなニセ科学が許されるのだろうかと怒りがこみ上げる。
なんら根拠もなく実証もされていないデータ(妄想)を積み上げ、莫大な予算を投入した地震予知研究。

備忘録メモ
予知成功例はゼロ
防災教育、耐震補強など他にやる事があったはず。
学会の常識を無視した東電福島原発 マグニチュード9クラスが起こる可能性
3000年間の間に3回M9クラスの地震が東北沖で起きていたことは2001年までに判明していた。
福島原発震災は人災である
想定外の津波ではない
貞観(じょうがん)津波の論文を黙殺した電力会社
東海地震説主張の石橋氏(これは批判される)、地震津波の際の原発損傷や放射能汚染の可能性の私的は20年以上前から指摘
地震予知が可能と考えるのは日本の御用学者だけ?アメリカの地震学者は誰も言わない
3000億の予算が無駄
とりあえず予算をつかって観測データを蓄積 その結果は??
ナショナルプロジェクトとしての地震予知 中曽根運輸大臣と御用学者 予算激増 土木利権
東海自身は国民の恐怖感を煽る道具として利用 莫大な公共事業 東海地域 1兆円以上
前兆説のウソ 前兆幻想 前兆現象をキャッチしながらこれまで一つも予知出来ていない
地震後知ーーあれは前兆だったという後付け 東日本大震災でも
地震予知神話の定着
周期説になんら根拠なし
ナマズ派はいまも前兆現象を探す
FM波と地震 根拠なし
ナマズの地震予知研究に1億2千万円
予知可能となる年代の先延ばしの連続 
地震予知推進本部は廃止され地震調査研究推進本部に看板書き換え 
大地震ハザードマップの罠 正しくない仮説にもとづいて推計されている
地震予知と錬金術研究は瓜二つ
御用学者の大前提 大きな地震は繰り返して起こる 大地震の前には確実に前兆現象がある
大震法は撤廃すべき(大規模地震対策特別措置法)
震災軽減のための施策
 震災後の正確な情報伝達 
 地震工学の基礎研究と耐震構造への応用
地震予知計画の費用によって蓄積したデータは国家のモノであり研究者、国民に公開すべきである

日本人は知らない「地震予知」の正体
東京大学理学部教授 ロバート・ゲラー
双葉社
2011-08-27


身近にあふれる「科学」が3時間でわかる本 左巻健男 明日香出版 2017

私たちの生活は非常に便利になった(少なくとも自分の人生を振り返ると)。
多くの便利な機械や道具が私たちを助けてくれたり楽しませてくれる。
今後ロボットやAI技術でさらに良くなるのか?それとも人から仕事を奪って
人類は退化するのか。

さて、本書はニセ科学の分野でも有名な左巻先生が編者としてまとめた一冊

日常生活の中で何気に使っている機械の原理や構造を私たちは知らない。
スイッチさえオンにすれば機械は動くと思っている。

まずは身の回りの疑問に思う事が重要だと認識させられる。
不思議の思う事を今ではある意味簡単にネットでも調べられるのだから。
日本の悪しき文化として文系と理系という分け方が未だに蔓延っている。

子供の頃に理科が嫌いになってしまうと、そのまま興味を失い大人になって
簡単にニセ科学やオカルトに騙されてしまう。
もちろん、理系と言われる大学を出ていても、ニセ科学を信じていたり
論理で物事を考えられない人がいたりしますよね。

大人の方も今からでも遅くありません、本書の目次の様な疑問を持ちませんか?
不思議だと思ったら、どんどん調べてみませんか?
子供に、おとうさん、おかあさん、「どうして?」って聞かれて答えられないのは
格好悪くないですか?

そんな僕も本書の55の問いのほとんどを知りませんでした、でも理系の大学出身です(涙)


こんな「どうして?」です。

■第1章 『リビング』にあふれる科学
01 羽根のない扇風機はどうやって風を出しているの?
02 エアコンはどうやって快適な空気をつくっているの?
03 赤外線コタツから出ている光は赤色ではない?
04 リモコンはどうやって指示を送っているの?
05 コンセントの穴はなぜ左右の大きさがちがうの?
06 マンガン乾電池とアルカリ乾電池は何がちがうの?v 07 人の出す熱量は電球1個分と同じ?
08 LED照明の電気代は蛍光灯の半分になる?
09 CD、DVD、BDはどうやって音や映像を記録するの?
10 液晶テレビはどうやって映像を映し出しているの?
10 4Kテレビはどのくらいきれいな画質なの?
11 次世代ディスプレイの有機ELって何?

■第2章 『掃除・洗濯・料理』にあふれる科学
13 ロボット掃除機の頭脳はどうなっている?
14 洗濯洗剤は多く入れても効果がない?
15 酵素入り洗剤はふつうの洗剤と何がちがうの?
16 電子レンジはどうやって食べ物を温めているの?
17 冷蔵庫はどうやって冷やしているの?
18 「焦げつかないフライパン」を使うとなぜ焦げないの?
19 圧力鍋はなぜ短時間でおいしく調理できるの?
20 IHクッキングヒーターはどうやって鍋を加熱するの?

■第3章 『快適生活』にあふれる科学
21 日本の硬貨にはどんな金属が使われているの?
22 「消せるボールペン」はインクを消すわけではない?
23 抗菌グッズは本当に効果があるの?
24 紙おむつはなぜたっぷり吸収してももれないの?
25 電子体温計はなぜ数十秒で測定できるの?
26 最近の水洗トイレは発電もしている?
27 「曇らない鏡」はなぜノーベル賞候補なの?
28 炭酸ガスを出す入浴剤は効果があるの?
29 体脂肪計はお風呂あがりに使うと誤差が出る?
30 ヒートテックはなぜ薄いのに温かいの?

■第4章 『健康・安全管理』にあふれる科学
31 紫外線はカルシウムの吸収を助ける?
32 栄養ドリンクはどのくらい効果があるの?
33 水素水はただの清涼飲料水にすぎない?
34 殺虫剤・防虫剤・虫よけスプレーは人に害はないの?
35 「まぜるな危険」を混ぜたらどうなる?
36 かぜ薬はウイルスや細菌を退治するわけではない?
37 春にインフルエンザが流行するのはなぜ?
38 静電気の「バチッ」はどうすれば防げるの?
39 幼児の誤飲はどう対処すればいい?
40 ヒートショック死を防ぐには夕食前の入浴がいい?
41 冬に多発する一酸化炭素中毒はどう防ぐ?
42 火災を起こす「発火点」と「引火点」って何?

■第5章 『先端技術・乗り物』にあふれる科学
43 太陽電池はどうやって発電しているの?
44 ドローンはラジコンヘリとは全然ちがう?
45 GPSはどうやって位置を特定しているの?
46 3Dプリンターはどうやって「印刷」するの?
47 ICカードや非接触充電のしくみはどうなっているの?
48 生体認証は本当に安全なの?
49 バーコードやQRコードのしくみはどうなっているの?
50 スマホはどうやってネットにつながるの?
51 タッチパネルはどうやって指の動きを検知しているの?
52 走っている電車の中でジャンプをするとどうなる?
53 新幹線はなぜくちばしが伸びたアヒル顔なの?
54 飛行機はなぜ空を飛べるの?
55 エコカーの「エコ」のしくみはどうなっているの?



できない脳ほど自信過剰 池谷裕二 朝日新聞出版 2017

図書館本

週刊朝日の連載をまとめたモノ

池谷さん(1970− 東大薬学出身、薬学部教授 脳科学)はある意味、次世代を担う頭脳の
持ち主だろうか。
連載のネタは主に科学論文(巻末に170篇のリスト)を取り上げて、人間の生活との関連性を
分かりやすく説明している。
短い文章の積み重ねなので、読みやすく、科学に興味を持つ中学生くらいから十分に理解できる
のでは。
例えば、記憶とは獲得、固定、再生で情報の仕入れ、定着、想起の3ステップなのですが、
そのステップにカフェインと尿酸(ともに構造が近似)と記憶の関係性は?
また池谷さんは自分自身の遺伝子を詳細に調べられていて自分のルーツや遺伝子変異を
明かしています。モンゴル民族の遺伝子が世界に広がっていること、池谷さん自身は東南アジアに
ルーツがあると綴っています。論文としてはScience. 2014 Feb 14;343(6172):747-751.
A genetic atlas of human admixture history. Hellenthal G et al.を紹介しています。
この辺の事はyoutubeのDNAの旅(THE DNA JOURNEY、日本語字幕版もあり)の元にもなっているのでしょう。
また腸内細菌と疾患等の関係も紹介しています。

その他備忘録メモ
内部動機と手段的動機 銭だけ、ポジションだけの目標より好きな事をやることの重要性
美食とは「舌の性感マッサージ」 味覚と旨味成分の関係性

できない脳ほど自信過剰
池谷 裕二
朝日新聞出版
2017-05-19









RiKaTan 2017年6月号 特集 科学の「都市伝説」を斬る

図書館本

いろんな都市伝説があることに驚く
信じている人いますか?(笑)

天羽 優子さんの論説
「ニセ科学とスラップ訴訟 EMを例にして 」も勉強になります。

ニセ科学批判はどんどんしましょうね。
ニセ科学に騙されて人生を狂わせたり、お金を失わないために。

こんな内容になります。

科学の都市伝説とは? 左巻 健男

コーラを飲むと骨は溶けるの? 長田 和也
ミネラルウォーターはミネラル含量が多いの? 左巻 健男
酸性食品を食べると体が酸性化するの? 左巻 健男
やせているほど長生きできるの? 長田 和也
ほかに原因があるからタバコで肺がんになるとはいえないの? 清水 隆裕
魚や肉の焦げを食べるとがんになりやすいの? 左巻 健男
うがいでインフルエンザを予防できるの? 平松 大樹
ハチに刺されたとき、オシッコは効くの? 安居 光國
食塩摂り過ぎは高血圧の元凶なの? 左巻 健男
ピアス穴から出てくる白い糸を切ると失明するの? 清水 隆裕
電気分解でイオンは電極へ自由に飛んで行くの? 夏目 雄平・大川 祐輔
牛乳を毎日飲んでいる人は骨折しやすくなるの? 大石 菜摘子
ほうれん草を食べると鉄分がよくとれるの? 仲島 浩紀
早く風邪薬を飲むと、早く風邪が治るの? 清水 隆裕
グルタミン酸ナトリウムを摂り過ぎると「中華料理店症候群」になるの? 松本 忠和
納豆は既に腐っているからっていつまでも食べられるの? シ
牛乳の白ってカルシウムと脂肪分の白なの? 長田 和也
糖尿病の主な原因は、砂糖の摂りすぎなの? 清水 隆裕
携帯電話で医療機器が止まるの? 桝本 輝樹
暗いところで本を読むと視力が落ちるの? 桝本 輝樹
扇風機にあたったまま寝ると死ぬの? 桝本 輝樹
抗生物質はウイルスにも効くの? 吉田 のりまき
モーツァルトを聴くと頭がよくなるの? 伊藤 文
絶対音感は音楽家に必須の音感なの? シ
風邪は、他人にうつすと治るの? 吉田 のりまき
目の裏側にコンタクトレンズが移動するの? 吉田 のりまき
人間は脳を10 %しか使っていないの? 十河 秀敏
右脳人間と左脳人間がいるって本当なの? 左巻 恵美子
ゲームをやりすぎると「ゲーム脳」になるの? 安居 光國
女性のほうが男性よりみずみずしいの? 左巻 健男
体を金粉まみれにすると皮膚呼吸が阻害されて死ぬの? 木色 泰樹
筋肉にたまる乳酸は疲労物質なの? 桝本 輝樹
ウンチは食べ物の残りカスなの? 桝本 輝樹
一卵性の双子は、一つの卵に精子が2匹受精してできるの? 清水 隆裕
胎児のへその緒は、お母さんのへそにつながっているの? 清水 隆裕
首長竜や翼竜も恐竜なの? 松居 誠一郎
恐竜は温血動物なの? 松居 誠一郎
葉が緑色に見えるのは、緑色の波長を利用していないからなの? 安居 光國
緑色の果実は光合成していないの? 伊藤 文
ポケモンの「進化」は進化なの? 松居 誠一郎
金属類を身につけていると、雷に打たれて危ないの? 田崎 真理子
ハガキで蓋をしたコップをひっくり返しても水がこぼれないのは、大気圧のせいなの? 船田 智史
静電気を帯びた下敷きは金属も引きつけるの? 舩田 優
4 階 (10 m ) からストローでジュースは飲めるの? 橋本 鮨
共に質量 1 kg の鉄と綿をはかりの上に載せてはかったら同じ目盛りを示すの? 十河 秀敏
宇宙では体重を天秤ではかっているの? 高山 由香
5 円玉を熱したら膨張して穴は小さくなるの? 田崎 真理子
直列 3本の乾電池の1本が逆になったら 1本と同じ働きなの? 橋本 鮨
クルックス管の羽根車が回転するのは電子の持つ質量が原因なの? 坂元 新
導線を電気が伝わる速さって電子の動きなの? 夏目 雄平
25 ℃の部屋に同じ条件で一晩放置した綿と鉄と水。温度は綿>鉄>水になるの? 藤本 将宏
ガラス容器をかぶせてロウソクの火を消した。この中に 酸素はもう無いの? 藤本 将宏
ブラウン運動は 花粉で観察できるの? 田崎 真理子
凸レンズの実像は直接見ることはできるの? 小波 秀雄
水中で金属 Na が爆発するのは 発生した水素の爆発だけが原因なの? 山崎 誠二
水にモノを溶かすと水溶液の体積はもとの体積の和より小さくなるの? 仲島 浩紀
塩化ナトリウム水溶液は、電気を通さないとイオンに分かれないの? 仲島 浩紀
元素の表「周期表」は、正しくは「周期律表」なの? 長田 和也
火山のマグマは 地球の核からやってくるの? 小田島 庸浩
地震は必ず活断層が起こすの? 小田島 庸浩
流れ星は夜空の星が流れ落ちてるの? 小林 則彦
最強温室効果ガスは二酸化炭素なの? 高山 由香
北極の氷が融けても海面上昇はないの? 高山 由香
海面上昇の主な原因は大陸の氷の融解なの? 丸山 文男

論説
ニセ科学とスラップ訴訟 EMを例にして 天羽 優子


EM菌 擁護者と批判者の闘い―ドキュメント スラップ名誉毀損裁判 左巻健男 暗黒通信団 2017

いかにニセ科学の業界が怪しく汚いかが分かる

すべて左巻さん側が勝訴している。

しかし、未だにEM汚染は教育界や行政にも蔓延している。

どうしてヒトは簡単に騙されてしまうのだろうか?

理科教育で最低限な教養を養って欲しいと思う。


アマゾンの販売価格がすべて中古品として高額になっておりますが、少しまてば定価の216円に
なると思います。



2017_09_13_11_16_03

NMIMR/PPAG  プロジェクトカーの今

2001年かな
ガーナ日本大使館の草の根無償を使って作った車(モバイルラボ)

まだ残っていました。

整備すれば動くでしょう。


某援助団体には反対されたけどね(笑)
VCTは必要ないってね。世界標準なのに。

IMG_20170904_184452







当時のyoutube

サピエンス全史

購入してから大分経ってしまいました

少し落ち着いて読めそうなので出張先まで持参

果たしでどこまで読めるかな。

北里大の大村先生も会食の時に絶賛されていたので。


IMG_20170826_185944









サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福
ユヴァル・ノア・ハラリ
河出書房新社
2016-09-08

サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福
ユヴァル・ノア・ハラリ
河出書房新社
2016-09-08

Beyond Human 超人類の時代へ 今、医療テクノロジーの最先端で ディスカヴァー・トゥエンティワン 2017

読んでいて鳥肌がたった
近未来いや遠い未来の小説だとばかり思っていた事が、実はもう目の先にまで来ているのかもしれない。

アンチエイジング(老化防止)は若返りという文脈で科学的に可能になるかもしれない。
そして臓器移植は人工臓器移植に代わり、人工血液で輸血が行われる。
既に将棋の世界では人間より人工知能(AI)が確実に強い、人間の行動をAIが関与することも可能になるのだろう。
もちろん労働もロボットが代替する。ロボットに関しては日本での技術開発について書かれている。
ヒトとマシンの違いは何になるのか?その境界線は不明瞭になりつつある。

生命倫理問題はどの様に進むのか
アプリで人工臓器を操作する時代
心脳問題(物質である脳が心を作る)はテクノロジーで解答が出るのだろうか?

そして世界は平和になるのだろうか?

Beyond Human 超人類の時代へ 今、医療テクノロジーの最先端で
イブ・ヘロルド
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2017-06-10

テスラの電気自動車

【テスラの勝負】 : 飯田香織ブログ 担々麺とアジサイとちょっと経済


NHKの飯田さん、最近アメリカに出向しています。

なかなか日本ではテスラの自動車に関してニュースになりませんよね。
莫大な広告費をもっている大手自動車会社に対する自主規制でしょうかね?(笑)

ちなみにテスラの電気自動車はチャージ無料ですよね。全米にチャージステーションを展開すうと
以前宣言しています。

ブログより

(Wall Street Journal)

Wall Street Journalは、Tesla’s Second-Quarter Sales Hit by Production Shortfall (テスラの第2四半期の販売、生産不足が痛手に)の中で、テスラが 6 月までの四半期に2万2000 台の Model SとModel X (SUV)を販売し、対前年同期比で53 %増えたと伝えています。

この半年で販売したのは 4万7100 台となり、「4万7000 台から 5万台」としていた目標は達成したものの、第2 四半期は 2万3655 台 という市場予想を下回ったということで、テスラは「深刻なバッテリーパッケージの生産不足」がなければ、販売は増えたと説明しています。

6月初旬までは平均してバッテリー生産が40 %落ち込んでいたとしています。テスラは、世界の経済情勢が変わらなければ、ことしの下半期のほうが上半期よりも販売が増えるとしていて、「GM 、フォード、フィアット・クライスラーの6 月の新車販売が落ち込む中のテスラの台頭だ」としています。

テスラは小規模なメーカーではあるものの、 Model 3は3 万 5000ドル(約390 万円)はこれまでの 2つのモデルよりは割安で販売が伸びると予想しています。

テスラを率いるイーロン・マスクCEO がツイートで「 12月にはModel 3を毎月平均 2 万台生産する計画だ」とコメントし、毎週5000 台の生産というこれまでの計画を達成する見通しだということです。

Model 3 をてこに、生産を去年の8万4000 台から来年には50万台まで増やす予定です。

Los Angeles Timesは、More factory problems as Elon Musk’s Tesla starts producing the Model 3 (イーロン・マスクがModel 3の生産開始するも工場でトラブル)で、「テスラのイーロン・マスクは自動車産業に革命を起こし、 21 世紀のヘンリー・フォードになるか?それとも大胆な構想は、大量生産、販売、修理という複雑な現実には準備不足か?」と問いかけます。

「これまでもよりも割安なModel 3 がどの程度、受け入れられるかがわかる 6か月後に判明するだろう」ということです。

2日にイーロン・マスクが7 月末までにModel 3を販売するとツイートし、 12 月には月間2万台=年間24 万台の生産まで引き上げるとしています。

既存の Model XとModel Sの電気自動車については、第 2四半期に2万 2000台の販売にとどまり、前の四半期の2 万 5000台から減ったことを2 日に発表しました。

その理由として「新しい技術と新しいラインを使って生産した 100 kWHのバッテリーパックの生産低迷」を理由にしています。

3万5000 ドルのModel 3の購入に向けて、少なくても38 万人が1000ドル(約13 万円)をすでに頭金として支払っているということですが、このままでは多くの人たちが車を入手できるのは 2018年だろうと予測しています。

Model 3の生産方法はベールに包まれていますが、テスラのエンジニアによると、ガラスの屋根はデザイン性を重視しているだけではなく、ガラスをはめ込む前にロボットが上から社内に手を伸ばすことができ人手を省けるということで、効率的な大量生産を目的としている説明しています。

インターネットでソフトウエアをアップグレードできることから、ディーラーに行く必要がなく、大きなアドバンテージになるとしています。

New York Timesは、待ちに待ったModel 3 が今週、Fremont, Californiaで生産が開始されると伝えています。発売は 7 月28日です。

この工場では生産余力がないため、イーロン・マスク CEO は新たな生産拠点を検討中で、テスラの売り上げの15%を占める中国の上海近くに工場を開設することについて中国当局と協議したと報じています。

先だって、テスラは Model 3の準備に向けて、ネバダ州で50 億ドルをかけて巨大な工場を建設。また資金調達のために、中国の巨大インターネット企業のテンセントに株式の 5%を売却しました。

第2四半期の販売台数が発表された 2日にはテスラの株価が下がったものの、Model 3 への期待感から年初に比べれば 65%上昇し、時価総額は580 億ドルに上り、 GMより40億ドル、フォードよりも 120億ドルも高い水準となっています。





イーロン・マスク 未来を創る男
アシュリー・バンス
講談社
2015-09-16

暮らしのなかのニセ科学 左巻健男 平凡社新書 2017



ニセ科学を見抜くセンス 2015を土台に大幅に追加補充とあります。

どうしても騙されてしまう人がいます、実に巧妙に科学を装って、
あるいは教師や学校を巻き込んで浸透するニセ科学の歴史、現状を詳しく綴られています。

水ビジネス、EMビジネス、マイナスイオンビジネス、健康食品ビジネス等々、
騙されない様に疑う事も大切ですよ。
参考になる書籍やウエッブサイトが掲載されていますのでご参考にしてください。
本書ではリストされていませんが、明治大学科学コミュニケーション研究所
「疑似科学による疑似科学評定サイト」というサイトもあります。

備忘録メモ
ニセ科学に騙されるのは、科学知識不足、理科教育の不備だけではない。認知バイアス(偏り、偏見、先入観)
動物実験効果あり=人間に効果あり ではない
ダイエットの寿命の関係性 BMIと余命(25以上30未満(太り気味)が最も長生き)
食品添加物は危険なのか? 天然物は安全?
水のクラスター、波動、言葉の記憶、綺麗な結晶(氷)などのニセ科学
マイナスイオンになんら実証結果なし
ニセ科学の総合デパート EM



目次 出版社HPより
第1章 ニセ科学をなぜ信じてしまうのか
1 スティーブ・ジョブズの場合
2 絵門ゆう子さんの場合
3 「人はだまされるようにできている」ことを知る
4 あふれる健康情報と体験談
5 ニセ科学は誰を狙うか
6 ニセ科学にだまされる背景

第2章 がんをめぐるニセ科学
1 がんという病気と発がん
2 代替医療大国のインチキがん治療薬・療法
3 注意したいがん治療についての言説
4 抗がんサプリ
5 がん治療うたい、逮捕者
6 抗酸化性成分の神話
7 焦げた部分を食べるとがんになる?

第3章 サプリメント・健康食品の効果は?
1 健康食品・サプリとは
2 健康被害をもたらすサプリ

第4章 あのダイエット法、本当に効果的?
1 あなたにダイエットは必要か
2 ダイエットは消費カロリー > 摂取カロリーが大原則
3 死んでもやせたい!
4 テレビ番組のダイエット法成功のウラ

第5章 あの健康法に効果はある?
1 ホメオパシー
2 血液サラサラになる必要はあるか
3 経皮毒のウソ
4 足裏デトックスの仕掛け

第6章 食品添加物は本当に危ないのか
1 食品添加物とは
2 安全性の評価
3 食品添加物は危険なのか
4 天然物、無添加食品は安全か
5 CO・OP商品の食品添加物基準
6 急性毒性のものさし、LD50

第7章 ニセ科学はびこる水ビジネス
1 水道水vsミネラルウォーター
2 「水のクラスター」は存在するか
3 磁石を通した水は健康によい?
4 アルカリイオン整水器への疑問
5 悪玉活性酸素除去をうたう水素水
6 「実験商法」という詐欺商法
7 水が「ありがとう」「ばかやろう」で結晶を変える?

第8章 大手企業も次々に──マイナスイオン、抗菌商品
1 科学のイオンと「マイナスイオン」
2 マイナスイオン商品の効能に根拠なし
3 「マイナスイオンを発生する」トルマリン
4 ゲルマニウムは健康によい?
5 テレビをどう見るか
6 プラズマクラスターなどの効果は?
7 除菌グッズへの疑問

第9章 もっとも危険なニセ科学、EM
1 もっとも危険なニセ科学
2 EM開発者・比嘉照夫氏の野望
3 もともとは農業用微生物資材
4 相次ぐ懸念
5 EMの効能に根拠はあるか
6 トンデモは連鎖する

第10章 ニセ科学にだまされないために
1 ニセ科学に引っかからないセンスと知力
2 参考になる文献とウェブサイト



加計学園「半世紀ぶり獣医学部」は不要か 獣医師は「犬・猫の医者」ではない

加計学園「半世紀ぶり獣医学部」は不要か | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online


現在の獣医師問題。備忘録として。

獣医師の働く場所は多岐にわたっているのは事実であり、さらにone-healthといわれる動物と人間の関係性において共通性や差異を研究することであらたな進歩発展があるのは間違いない。

個人的には獣医師の免許を使う仕事はしていないが獣医学のすそのの広さは体感してきた。
現在の職場にも多くの獣医師資格を持つ研究者が働いている(おそらく医師免許や薬剤師免許所有者より多いであろう)。

リンクの記事で唐木先生が書かれていることはほぼ同意するのであるが、どこでボタンを掛け違いたのか?

総理の意向なんか必要ないし(今回の場合は補佐官を含めズブズブな関係性が指摘されているし)、正攻法で行くべきだった様に思う。

世の中は資格をベースに職種が指定されたりするが、防疫(BSEや鳥インフルその他)等に従事する獣医師は給与を公務員の医師並みにすれば良いのではと思う。

以前書いたけど、動物が好きで獣医になる仲間が多いけど(中には医学部に受からないから獣医になるのもいる)地方公務員になったら保健所に回され犬猫の安楽死を担当なんていう残念な事がかなりあるんです。そして食肉衛生検査場で毎日牛や豚鶏の検査に従事する獣医もね。





獣医業界

加計学園「半世紀ぶり獣医学部」の本当の意味 - 唐木英明|WEBRONZA - 朝日新聞社


本質が書かれています。
個人的には国公立大学の統廃合が行われなかったことが一番大きな失敗だったと思っています。
大学院時代の記憶として、それを反対するのは一部の大学の教員と獣医学科のある大学所在地の知事、そして獣医師学会。

結局、ムラなんだよね。獣医業界も。

いずれにしても、来春開学は教員の確保とかから考えても不可能な感じ。
一部報道では定年した教官と若手がメインということで、研究活動なんて不可能な感じだし。



人間と動物の病気を一緒にみる B.N.ホロイッツ、K.バウアーズ インターシフト 2014
原題:Zoobiquity, The Astonishing Connection Between Human and Animal Health

One Healthの観点からの獣医の存在はますます大きくなると思うのだけれど、、、、






人間と動物の病気を一緒にみる : 医療を変える汎動物学の発想
バーバラ・N・ホロウィッツ
インターシフト
2014-01-16

10年前のブログ ヤマトイワナ

おやじのぼやき : 在来魚を後世へ 山梨の研究者 - livedoor Blog(ブログ)


地道な研究が世の中には沢山ある。

記事に登場する坪井さんが、FBで友達になれるなんていう光栄なこともあるのである。

以下当時のブログのコピペ

良いニュースは本当に嬉しいものです。
それも、若い研究者や若い人たちが係っている仕事は。
もちろん、それを支える組織や上司の理解やサポートがあるのです。

イワナもそうですが、在来のヤマメも残って欲しいですね。
そして、それは釣り人のためではなく、動植物が生きている自然と言う世界のために。

う〜〜〜ん転職したい(笑)

以下 転載

ヤマトイワナ:人工ふ化、県水産技術センターが成果 絶滅の危機、調査で判明 /山梨

 オレンジの斑点が特徴で、国内でもごく一部の地域にしか生息していない「ヤマトイワナ」が、県内の渓流で絶滅の危機にひんしていることを受け、県水産技術センター(甲斐市牛句、芳賀稔所長)は06年からヤマトイワナの系統保存を目的に、人工採卵とふ化に取り組み始めた。イワナを捕獲した直後に採卵し受精させるという工夫をこらし、他県の人工授精と比べて極めて生存率は高いという。【中西啓介】

 ヤマトイワナは富士川(山梨)、木曽川(長野)、大井川(静岡)の源流のごく限られた地域にのみ生息する渓流魚。体長は約23〜25センチで、一般的なイワナのニッコウイワナより小型。黄色みを帯びた体にオレンジ色の斑点があり、釣り人には「幻の魚」と呼ばれている。真夏でも15度以下の水温を好むため、生息域は山間の清流に限られる。

 絶滅の危機にあることは県が96年度に始めた渓流魚を対象とした調査で判明。県内にある多摩川、桂川、富士川の全3水系の河川の支流のうち、渓流魚が生息できるとみられる709本を調査しているが、ヤマトイワナはこの11年間で、28河川でしか見つからなかった。

 同センターによると、生息数の減少には、1970年代から県内でコンクリート製の砂防ダムの建設が急速に進み、清流が少なくなった影響がある。また、釣りを楽しむために漁協などが放流するニッコウイワナに、体の大きさや繁殖力の点で及ばず、生息域を奪われているのも原因の一つとみられる。

  ◇  ◇  ◇

 絶滅を防ごうと同センターは06年10月、県北部の富士川水系の渓流で、産卵期を迎えたヤマトイワナの捕獲と採卵を始めた。電気ショックにより一時的に気絶させたイワナ85匹を捕獲。成熟したメス7匹からその場で1100粒の卵を採取し、オスから採取したばかりの精子と受精させた。

 受精卵は同センターの支所(忍野村)に運び、8度の水で約3カ月管理。98・7%がふ化し、84・9%が餌付けできるまでに成長した。同センターによると、生存率は他県で実施された人工授精に比べても極めて高いといい、「遠く離れた研究機関まで運ばず、捕獲した現場で卵を採取し、受精させたのが成功の理由ではないか」と推測している。

  ◇  ◇  ◇

 今回生まれた稚魚は成魚となるまでの約3年間、同村で育てる。その後は水族館などに展示用に配るほか、かつて生息していた県内の渓流に放流したい考えだ。

 同センターは今年10月には、第2回目の人工採卵を予定しており、今回は1万粒以上の卵の採取を目標にしている。また、採卵を控えた魚が河川を遡上(そじょう)するための道を設置した「透過型堰(えん)堤」の整備も県の河川砂防担当者とともに進める。生息調査も拡大して継続し、効果を測定したい考え。同センターの坪井潤一研究員(28)は「地道な研究を通じ、効率的な採卵や飼育方法の確立を目指し、ヤマトイワナを本来の生息域に帰したい」と話している。

毎日新聞 2007年5月27日


獣医新設大学問題 荻上チキ・Session-22 

荻上チキ・Session-22 | TBSラジオクラウド


podcast で聞く事が出来ます。5月25日分

「加計学園問題でも注目集める獣医師。その実情とは?」(探究モード)
■テーマ「加計学園問題でも焦点に!足りているのか、足りていないのか? 獣医師をめぐる実情とは」
■ゲスト:【スタジオゲスト】日本農業新聞の記者福井達之さん、獣医師で、公益財団法人・食の安全・安心財団理事長の唐木英明 さん


唐木先生の話が非常に分かりやすいよ!

犬猫病院
公衆衛生
薬品開発(研究開発)
獣医師数は上から5割、2.5、2.5割くらい


GHQが獣医の6年制をリコメンド 教育改革 で学部にと。国立はいまだに30−40人定員(学年)
効率が悪い
統廃合に反対する人たち(知事など)

毎年1200人 (930人の定員)の獣医師 (私立の詰め込み定員)
入学定員を守ると獣医師が足りなくなる。新たな大学?

16大学に獣医学部(科)(私立がその内 5校) 総数 

小林秀雄と大村智先生

十六 身交う、とは…… | 随筆 小林秀雄 | 池田雅延 | Webでも考える人 | 新潮社


小林秀雄さん担当だった池田さんが書かれている。良い文章だなと思う。

文章に出てくる講演CDは2011年に聞いたのだけど、まだ身についていないようだ。

文章の後半部分を備忘録として

現代の学問は、科学的観点というものを競いあっているように見える。しかし、科学の分野でも、優れた発明をした人、発見をした人は、観点などというものにとらわれず、みな長い時間をかけて、対象を本当の意味で考えてきた、自分の実験している対象、観察している対象と、深く親身につきあい交わってきた、科学的真理もそれを本当に知るためには、浅薄な観察では駄目である……、小林秀雄は、そうも言っている。日頃、科学畑の本や雑誌を手にとることはほとんどないと言っていい私だが、そうか、優れた科学者は、自然というものと身交っているのかと、頭では即座に理解できた。
 それが一昨年、化学者の大村智さんがノーベル生理学・医学賞に決まり、大村さんの研究歴がテレビで詳しく報じられるのを見て、なるほど、これが科学者の身交うということなのだと合点した。大村さんは、学会であれゴルフであれ、行く先々でその土地の土をわずかずつだが掬い取って持ち帰る、そして研究室で土の中の微生物が産みだす天然有機化合物に神経を集中する。この、土の蒐集と観察は四十五年余りにもなり、こうしていままでまったく知られていなかった四八〇種以上の新規化合物を発見、これによって感染症などの予防、さらには撲滅、そして生命現象の解明に大きく貢献したのだという。大村さんが、土の中の微生物のことを、まるで人間の子どもに目を細めるかのように話し、微生物にいくつもいくつもいろんなことを教えてもらっていると語るのを聞いて、まさにこれが「身交う」ということだと思ったのである。

 だが、いまはもう、大村さんのような科学者は、減っていくいっぽうであるらしい。ある観点を設えて、ある方法に従って、ある方向に対象を解釈する、それがいまの学問であり、そこで言われる「考える」は、一定の観点をセットし、一定の方法を編み出し、一定の解釈を誇示する、そういう一連の行為である。「考える」という言葉が、日々そういう意味合いで飛び交っている大学に身を置いていれば、九州の合宿教室で、信ずることと考えることはずいぶん違うのではないかと訊いてきた学生の言もよくわかる。しかし、小林秀雄に「考える」は「身交う」だ、親身に交わることだと言われてみれば、なるほど、考えることは信じることと近い。信じることがまずなければ、親身に交わることはできない、家族、学校、職場などの人づきあいを通じて、私たちはよく知っているのである。

 ではいったい、いつから「考える」は、ある観点をセットして、ある方法に従って、ある方向に解釈する、そういうことになってしまったのか。小林秀雄は、同じ学生の質問に答えていくなかで、こう言っている。十七世紀フランスの思想家パスカルに、「人間は考える葦である」という有名な言葉があるが、
 ――「考える葦」というパスカルの言葉について、僕は書いたことがあります。パスカルは、人間はいろいろなことを考えるけれども、何を考えたところで葦のごとく弱いものなのだと言いたかったわけではない。人間は弱いものだけれども、考えることができる、と言いたいわけでもない。そうではなくて、人間は葦のようなものだという分際を忘れて、物を考えてはいけないというのが、おそらくパスカルの言葉の真意ではないかと僕は書いたのです。……。
 この言葉は、さらに続く。
――物事を抽象的に考える時、その人は人間であることをやめているのです。自分の感情をやめて、抽象的な考えにすり替えられています。けれど、人間が人間の分際を守って、誰かについて考える時は、その人と交わっています。……
 そしてこの後、ここではすでに述べた「子を見ること親に如かず……」が、物事を抽象的に考えることの対極として語られるのだが、こういうふうに読んでみると、ある観点をセットして、ある方法に従って、ある方向に対象を解釈するという現代学問の「考える」は、まさに人間は葦のようなものだという分際を忘れているということだろう。
 パスカルの「考える葦」について、僕は書いたことがあります、と言っているが、それは昭和十六年の七月、八月、三十九歳の夏に書いた「パスカルの『パンセ』について」(新潮社刊「小林秀雄全作品」第14集所収)をさしている。もうその頃から、小林秀雄は学者や文化人の、人間の分際を超えた物の考え方や物の言い方に対して腹をすえかねていたのである。
 次回はそこを読んでいこうと思う。人間が、というよりこの私が、いつのまにやら人間の分際を超えてものを考えるようになっていて、ということは、物事を抽象的に考えるようになっていて、もはや人間であることをやめてしまっているとする、にもかかわらずそのことに気づかず、思慮分別十分ありげに振舞っているとしたらお笑い種であろう、人生がとっくに空洞になっているのに、それを知らない裸の王様だからである。




ワクチンは怖くない 岩田健太郎 光文社新書 2017

図書館本

予防接種は「効く」のか? 岩田健太郎 光文社新書 2010 は読んでいます。

さて、本書です。
基本的にはワクチンは効果があるという当たり前の事を基本情報を押さえながら綴っています。
個人的には子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の副作用問題とワクチン認可問題に関しては
大きな問題があると思っています。
厚労省の審議会議事録を見ると認可前の論争が良く分かると思います。なぜ、あえてガン予防ワクチンと結果も出ていないのに命名するのか? 審議員と業界との癒着、政治家の関与等々です。
筆者も審議会や官僚(厚労省、財務省)の問題点は指摘しています。

基本の話として、科学は万能でなく、ワクチンも万能ではありません。
リスク(副作用、副反応等)とベネフィット(予防効果、治療効果)をしっかりデータに基づいて評価しなければいけないということ。

備忘録メモ
日本と海外での予防接種スケジュールおよび同時接種プロトコールの差異
接種部位の問題 皮下か筋肉か
ワクチン効果の国によるかい離例
災害時の予防的ワクチンに関する情報の公開
効率的(親の負担を減らし、かつ有効な接種スケジュール)ワクチンプロトコールの必要性
予防接種の目的は個の健康「だけ」にすべき。定期接種か任意接種かの非科学的、非人道的。



動物由来感染症(ズーノーシス)

動物由来感染症を知っていますか? |厚生労働省


リンクから小冊子のpdfがダウンロード可能です。

動物から感染する病気 逆に人から動物もあります。

最近女性がオウム病で亡くなりました。

また動物と人、ともに感染する病気として人獣共通感染症という考え方もあります。

ペットなどに度を越えた接触は避けましょう。

また、ジビエ等の生肉摂取なんかもね。

幸福の小径 韮崎 大村先生

清里での哲学3人塾の帰り道 
大村先生のノーベル賞を記念した「幸福の小径」と銅像を拝見
その後、大村先生が作られた白山温泉へ

大村先生が子供の頃の通学路から見えた河川はこれほど酷いモノではなかったであろう。
コンクリートで固められ、魚も登れない堰堤だらけの河川、護岸工事。

大村先生自身も人間が自然を管理、征服できるなどと考えていないだろう。
自然と折り合い(居り合い)をつけながら農業をしていた実家から学校に通った道。

IMG_4181IMG_4180IMG_4186IMG_4188IMG_4190IMG_4195IMG_4200

Rika Tan ニセ科学を斬る 2017年4月号 

ニセ科学特集

このニセ科学特集は本書では、2014年春号、2015年春号、2016年4月号と特集され今回が4回目。
率直に思うのは、どうして未だにニセ科学が蔓延しているのかということ。
どうして、簡単に信じてしまうのだろうか?

やはり子供の頃からの理科や科学の教育の不備も一つの問題だろうし、高校から文系、理系なんていう人生の分け方をする日本の問題でもあろう。

さて、今回の特集の目次(HPより)
超常現象と疑似科学の心理学 菊池 聡
『反オカルト論』の反響 高橋 昌一郎
放射能とニセ科学 菊池 誠
メディアを賑わす「地震予知」のニセ科学性 上川 瀬名
天然・自然vs. 人工・合成 桝本 輝樹
週刊誌の健康・医療記事はどこまで信用できるのか? 小内 亨
なぜ、このようながん治療法を信じてしまったのか 左巻 健男
酵素、発酵、酵母- ごっちゃになってません? 小波 秀雄
インチキ? それとも広告範囲? くられ
幽霊の科学性をあえて評定する 石川 幹人
EM は水質を浄化できるか 飯島 明子
「 縦波の重力波」とは一体何か? 長島 雅裕
行政や教育現場に忍び寄るニセ科学 大石 雅寿
消費者問題としての「ニセ科学」 平林 有里子
マルチ商法とニセ科学の親和性について 猫 小次郎
住民と行政を惑わした「ホタルの光」 松 いたる
科学/ 非科学/ 疑似科学 夏目 雄平

最も注目したのは、板橋区のホタル事件 
良くもこんな公務員(博士号を持つ)を野放しにしておいた(懲戒免職、現在裁判中)ものだと。
ホタルで不正、そして、ホタルは自然のガイガーカウンターだと主張し、さらにナノ銀で福島は除染出来ると!放射能を分解・無害化できるそうだ。
さらに問題なのは、それを信じた国会議員らが居る事。(EMも同じ構図)

個人的に興味深かったのは地震予知の話で、関東では震度5弱以上の地震は年に3回ほど起きているという事実を知っていれば、関東で4か月以内に震度5が起こるという予測が当たって当然ということ。
まったく予知でもないですね。なるほど。

DeNAのキュレーション(まとめ記事)問題にもなった週刊誌やネットの記事の信憑性に関して、ベネフィットを語らず、リスクのみを取り上げる記事(あるいはその逆も同じかな)は疑って読むリテラシーが必要。また治療批判しても代替案が示されていなかったり、専門家の意見の都合の良い部分だけの引用とか。

次のテキストが記事やネット情報にあったら注意!
波動、共鳴、抗酸化作用、クラスター、エネルギー、活性(化)、免疫力、即効性、万能、天然

酵素を食べても結局アミノ酸に分解されて吸収されるのです。

親学(日本会議に絡む人が提唱)の怪しさと嘘。

EMでプールや河川浄化のウソ 弱酸性のシュウ酸罪が同じ効果。 EMも単に弱酸性

どうか良い子は変な大人に騙されないようにしっかり理科や常識のお勉強をしましょうね!!




森の人々 ハニヤ・ヤナギハラ 光文社 2016

図書館本

原題は The People in the trees 2013

500ページを超えるサイエンスフィクション
ではあるが、ノーベル賞受賞者とその人生の蹉跌にノンフィクションの部分もあるのではないだろうか。
訳者あとがきでも触れられているが、著者はそのノーベル賞受賞者の共同研究者のお嬢さんである。

ストーリーは科学者の独白の記録という形で進む、脚注、補遺までも付ける周到さである。

ノンフィクション的にはPNGの島が対応するはずだが、架空の島や民俗的な言葉は著者の育った
ハワイの古語からだろうか?
馴染みのないテキストなので、なかなか読み難いのだが、それがかえって物語を深化させているように
思う。

著者の父親は何度かお会いいた事はあるが、もちろん本書の話やノーベル賞受賞者の話は
したことはない。ただ、小生のボスは彼とは非常に親しい友人関係ではある。

ダニエル・カールトン・ガジュセック Daniel Carleton Gajdusek、1923年9月9日 - 2008年12月11日

森の人々
ハニヤ・ヤナギハラ
光文社
2016-09-15

大村先生 アフリカ 心の時代

大村智博士が地元で講演 - NHK山梨県のニュース


大村先生には1月末に機会があり、ガーナ人研究者、保健省関係者と共に北里研でお会いする
機会がありました。

大村先生の功績は、ノーベル賞であれば、平和賞、化学賞、医学賞のどれにも該当するモノです。

残念ながらアフリカでの素晴らしい貢献(寄生虫疾患に対する薬剤の開発とその無償使用)にも関わらず、北里大学がアフリカ大陸に一つの研究交流契約(MOU)を結んでいる組織がありません。

そんな事もあり、なんとか早く、北里大学とアフリカの大学や組織と研究や人的交流の足場が出来ないかと思っております。

今回の渡航では、少しだけお手伝いをしてまいりました。上手く実を結ぶと良いのですが、、、、

下記の記事はまさに大村先生の神髄だと思います。心の問題はまさに生き様の問題なのですね。

以下記事
おととし、ノーベル医学・生理学賞を受賞した大村智さんが、出身地である韮崎市で講演し、「21世紀は科学技術だけではなく、心を大切にする世紀にしなければいけない」と訴えました。

この講演会は、大村さんの出身地である韮崎市神山町の住民が企画し、会場の神山町体育館には、およそ220人が集まりました。
大村さんは「私の歩んできた道」をテーマに講演し、幼少期は祖母から「とにかく人のためになるのが一番大事」と言い聞かされていたエピソードなどを話しました。
そのあと、ノーベル賞の受賞理由となった寄生虫が原因で広がる感染症の特効薬が、アフリカなどを中心に今も使われ撲滅にむけた活動が続いていることを伝えていました。
また、大村さんは、みずからが設置に関わった病院や研究室には、世界中から集めた絵画などの芸術作品を展示していることを紹介し「20世紀は科学技術は進歩したが、心の問題が置かれてしまった。
21世紀は心を大事する世紀にしていかなければいけいない」と訴えていました。
講演を聞いた50代の男性は「大村さんが医療以外にも、さまざまな分野で社会に貢献していることを知ることが出来ました。同じ出身地の人間として誇りに思います」と話していました。

03月05日 12時49分


地理 1月号 古今書院 2017

地理 1月号 2017 献本御礼

特集 環境問題への科学者の役割

120ページほどの小振りな本である。
しかし、内容がかなり濃い。
初めて触れる書籍であるが、実にしっかりと科学者の役割を果たしている研究者がいることがわかる。
3.11の原発震災以降、科学者の社会的責任がこれまで以上に議論されていると感じる。
御用学者と呼ばれる研究者がいる事も事実であり、そこに利権が存在するのも事実であろう。
科学者は誰のために研究をするのか?
そんな基本的な事を考え直すにも良い本書であると感じる。

特に印象になった点を備忘録的にメモしておきたい。
環境問題が起きている現場には必ずステークホルダーが存在するわけであるから、その彼らとのコミュニケーションや協働作業がポイントとなる。もちろん情報公開も。
フューチャー・アース(未来の地球)への道程を真摯に考える。
多層性のステークホルダーの存在、超学際的取り組みの関係性。
ステークホルダーとは「誰か」より「何か」という問いかけが重要である。
地理学とは地域を主要な研究の場として、地域に深く入り込んで研究を行う野外科学であることから、ステークホルダーと協働する超学際の実現に最も近い学問分である。
森林環境問題(矢作川森における、藏治光一郎ら)におけるステークホルダーとの協働例
 放置人工林における災害防止機能の低下 森の健康診断
 森林所有者 木材生産関連者、森林組合、科学者の関係性
 森林政策の問題 森林の過小利用状態が解消すれば、劣化した森林の恵みも自動的回復?
その他、
土地利用と国土の脆弱性(太平洋・インド洋の環礁国)
地域の水資源管理における協働



「リニア営業線技術開発完了」 NHK


リンクが切れるので転載しておきます。

NHKさんも発表報道だけでなくて、しっかり調査報道もしてくださいね。御用メディアじゃないんですから。

記事の元になる評価はict kofuさんより情報を得ました。
http://www.mlit.go.jp/tetudo/tetudo_fr1_000011.html

ちなみにテスラのハイパーループ計画とリニア さてどちらがあなたは良いと思います?

リニアはすでに莫大な国費を投入されていることも知っておいてくださいね(鉄道総研、山梨実験線)。

以下記事


強力な磁力を利用して車両を走らせる「超電導リニア」について、国の評価委員会は山梨県で行っている走行試験の結果「営業線に必要な技術開発は完了した」という評価結果をまとめました。

JR東海は、10年後の2027年に東京と名古屋を結ぶリニア中央新幹線の開業を目指し、平成9年から山梨県の実験線で「超電導リニア」の走行試験を行っています。
「超電導リニア」は、車両側の「超電導磁石」と地上側のコイルとの間の磁力が反発する力と引き合う力とを利用して走る技術で、世界で初めてリニア中央新幹線に使われます。
国土交通省の専門家による評価委員会は、山梨県での走行試験を基に長期にわたる耐久性や営業線に適した設備が整っているかなどを検討した結果、17日、「営業線に必要な技術開発は完了した」という評価結果をまとめました。
JR東海は今後、「超電導磁石」の改良を重ね耐久性をさらに高めるほか、気圧の変化で感じる耳の違和感をなくすため、車内の圧力をできるかぎり一定に保つ技術の開発を進めていくことにしています。
JR東海は「快適性の向上、保守の効率化などの技術のブラッシュアップに引き続き取り組んでいく」としています。

02月18日 11時53分

ちなみに過去の書籍、当時の社長の須田氏が書いた本 ご本人はまだご存命ですよね?
読書メモを再掲 1989年の書

執筆当時須田氏(1931-)はJR東海社長(昭和62年(1987)より)
東海道新幹線の銀婚式だと。

新幹線部分は省く

括弧内は私が記載

リニアエクスプレスが開通した場合、東海道新幹線の約5割のお客様が、リニアに移行するものとみられる。すなわち、リニアの開通で東海道新幹線の経営収支が悪化し、赤字に転落することを意味している。p244
中略 リニアと東海道新幹線は、一体として同一経営主体によって運営することが、ぜひとも必要と考えられる。p244
(バブル時代の将来設計でも、新幹線の赤字を想定していたのである)

時間短縮による便益。三菱総合研究所の試算によれば、年間延べ7100万時間、金額に換算すると年間2100億円。その内8割は沿線各府県に及ぶが、残り二割は沿線以外の府県に及ぶ。p266 (現在も三菱関連のコンサルが経済効果見積もりを行っているが、果たして評価に値するのだろうか?)

超電導磁石についても、現在は液体ヘリウムによってマイナス269度で超電導状態を得ているが、近い将来、マイナス数十度ないしそれ以上の高温、あるいは常温に近い状態で、強力な超電導現象が得られ、車体の浮上走行も可能になる物質の開発も可能と言われており 中略 冷却に要するコストが軽減され、運行コストもが激減する可能性もあるとされる。p269 (残念ながら20年以上経た2014年現在まったく予測は実現していません)

リニアとペースメーカー p278
宮崎実験線 一部の形式の腕時計が客室で止まった。ペースメーカー装着者のJR東海会長・三宅重光が乗車「私は無事生還した」(宮崎実験線の距離 7km その後車両火災事故)


ハンス・ロスリングのご冥福をお祈りします

ハンス・ロスリング: 地球規模の人口増加について

素晴らしいプレゼンを世界に示してくれました。




宗教と赤ちゃん


国際保健
Debunking third-world myths with the best stats you've ever seen
Profile
鎌倉おやじ
趣味:イワナに遊んでもらう、菜園、読書、焚き火、ランタン

愛読人:内山節、池田晶子、養老孟司、山本素石、高桑信一、相田みつを、宮本常一、網野善彦、野田知佑、南木佳士、川上健一 佐藤優 内田樹(順不同)

夢:晴釣雨読で自給自足、在来魚保護 (最近釣りにはそれほど熱中してません、年のせいでしょうか)
Recent Comments
Archives
お薦め映画