おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

おでかけ

函館周辺釣行

7月30日から8月2日 夏休み 3泊4日

それなりに沢山釣れました。
大きさは34cm位まで

同行者のトラちゃんは尺連発で、35cmイワナ、35cmの大ヤマメでした。
源流域での大ヤマメには驚き。

沈してデジカメが使えず大ヤマメの画像は無し(トラちゃんの撮影直前にヤマメがネットから逃走して
撮影できず)

さすがに4日目は飽きて五稜郭タワー見学と北洋資料館見学でした。

そうそう、アブが多いので山間部に入渓する場合は対策をね!

IMG_1296IMG_1310IMG_1323IMG_1330IMG_1373


カムイコタン イオマンテの火まつり

阿寒湖アイヌシアター イコロ(ㇿが正しい様です)

夜9時より
HPより イオマンテの火まつり

春バージョン4月21日〜6月30日・夏バージョン7月1日〜8月31日

秋バージョン9月1日〜11月30日

阿寒湖アイヌシアター イコロにて上演

●「イオマンテの火まつり」では、心静かに祈り、炎のように歌い舞う幻想の舞台。

 この舞台では、コタンコロカムイ(エゾシマフクロウ・村の守り神)の語りで進行されており、主に樺太アイヌに伝承されている弦楽器トンコリも静寂な音色で会場を包みます。

 2009年9月に「ユネスコ世界無形文化遺産に登録」されたアイヌ古式舞踊が炎に照らされた中で、幻想的に繰り広げられるステージを是非お楽しみください。
ここまで

非常に興味深く拝見 
ただ、日本語の説明しかなく。アイヌ語の説明は無い。モニター映写があるのだから、外国語の説明なりブローシャ―があっても良いと思うよ。
日本のネイティブ民族の民俗なんだから。

最後は観客も参加して踊れます。当然おいらも踊りました。

巡回バス(無料)が出ていてほぼ満席で半分以上が当日はマレーシアからの観光に来た女性。
英語を話すので少しお話しして、火の祭りの長老の言葉を英語で少し説明した。

「アイヌは自然を愛し、大切にし、森、川、土地を敬う民族であると」

満員バスとチケット

2017_07_15_20_39_352017_07_15_20_47_37


北海道料理いろいろ

備忘録として

阿寒湖畔の炉端焼きの店がなかなかシュールだったかな。
中国人には特に有名らしい(笑) 映画の舞台
2017_07_15_19_10_332017_07_15_19_29_532017_07_15_19_38_472017_07_15_19_41_502017_07_15_19_43_172017_07_15_19_54_55




うぐいのルイべ、エゾシカ焼肉、行者ニンニクのラーメンなどはカムイコタンの中央あたりの店
IMG_20170714_172558IMG_20170714_172725IMG_20170714_180327





ビール

IMG_20170714_165224IMG_20170714_190526IMG_20170715_135737IMG_20170715_214806IMG_20170716_114759







釧路空港
IMG_20170716_115229IMG_20170716_115340IMG_20170716_115813IMG_20170716_124234

釣行2日目 夕方 夜

チミケップ湖から阿寒湖温泉街に戻ってきて

阿寒湖の釣り状況を視察(笑)

一人だけ立ち込んでおりました。

その後、炉端焼きの店

アイヌシアターで火の踊り

IMG_1204IMG_1206IMG_1207IMG_1213IMG_1215IMG_1216

釣行2日目 観光 チミケップ湖 

阿寒湖畔の宿に帰る途中

かなり個人的にはベスト3に入るキャンプ場を発見 ノンビリ数日過ごしたいロケーション

また魚もいるらしい、残念ながら過去にニジマスを放流して、在来種が絶滅したとの情報もありますが、、、
エビ釣りの人がおりました。

ノンビリカヌーを出して釣りも良いかも。

また近くにはプチホテルがあって高級リゾート感もありました。

IMG_1197IMG_1198IMG_1201IMG_1199IMG_1202

今年もアジサイボランティア 5年目

詳細は後日
2日夜のバスで南三陸へ 
日曜日の夜帰鎌

新規植栽と手入れ

IMG_4944IMG_4975

自生アジサイ展 記事 大船@鎌倉

2017年5月23日から28日開催中のアジサイ展の新聞記事(5月24日)のご紹介

神奈川新聞
http://www.kanaloco.jp/article/252792
毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170524/ddl/k14/040/175000c
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201705/CK2017052402000184.html


東京新聞神奈川版
18595623_1329163817137884_4723005220091239510_o

日本の自生アジサイ展 鎌倉 

5月です。

平成29年度案内はがき アジサイ同好会small

清里 ロック再建中

ポールスミザーさんの庭が春になると芽吹くでしょう。
そして、火事でお休みしているロックももうじき再開です。

美味しい駒形30年のシェリーカスクも飲めました(ボトル販売は抽選が外れたので)。

清里駅前の景観の悪さ、なんとかならないのかな?

アレックスカーさんにぼろ糞に書いて貰いたい。

IMG_4117IMG_4119IMG_4123IMG_4126IMG_4135IMG_4131IMG_4138IMG_4160IMG_4162IMG_4170

大きな買い物?番犬

大人も座れるそうです。

ついつい買ってしまいました。萌木の村

家の番犬にします(笑)


17361505_1264305476957052_3311558300920182096_n

哲学三人塾

1年ぶりの清里 硬直した頭を柔らかくしたいと思う!image

横須賀に続き苗場 ユーミン

ユーミン 苗場 2017 曲目 曲順 | 松任谷由実 SURF&SNOW in Naeba Vol.37の曲目 曲順


初めての苗場
37回目との事で、多くの方は複数回参加の様でした。

スキー場もそれほど混んでないんですね、最近は。

コンサートは日本人ばかりでしたが、ホテル内はアジア系言語が溢れていた様に思います。


スキーリフト待ちなんかはもう無いんですかね。

ゆっくりスキー出来そうでした。でもしませんでしたが(笑)

1泊2日の優雅な休暇でした。

コンサートの開始が夜9時半 終了が12時過ぎだったかな。

ユーミンの凄さを再認識したコンサートでした。

パーカッションの小野かおりさんも凄かったな。彼女自身も最後泣いていました。

素晴らしいコンサートでした。

コンサートなんて数える位しか行った事がありません。お金も無かったし、子育てに大変だったし。
やっと少し楽になり、余裕も出来た感じ。
家族は魚釣りは大金が掛かっている様に思っているけど、実は年間10万位しか使っていない(笑)
車中泊やキャンプ、あとは交通費ぐらい。お道具代はもうまったくかからないしね。

結局新幹線や飛行機使う旅行が一番お金がかかりますね。
今回のコンサートは10万以上かかった(笑)





16603058_1235457303175203_479450965185496484_n16508648_1235457299841870_8430383331275854839_n16708621_1235472809840319_2941840963073614271_n16708283_1235472839840316_5197531130061865642_n16640767_1235472819840318_4045689216779883487_n

横浜市散策

1時間ほどお散歩

無理やりに宅地開発した様な場所も多いけど、なんとか自然の営みが残されている感じ。

大イワナはいなかったけど、大鯉は多数いたよ(笑)

そして子供たちの笑い声が聞こえるのも良いですね。

IMG_20170212_121210IMG_20170212_140115IMG_20170212_140906IMG_20170212_143252IMG_20170212_143521IMG_20170212_143902IMG_20170212_144348

先週末 淡水魚研究会 焚き火

12月3日、4日と横浜市の森の家という施設で関東淡水魚研究会

僕は淡水魚保護協会の機関誌の電子書籍化に関して少しだけ話をさせて頂きました。

他の皆さんは淡水魚をこよなく愛する研究者や自然保護に係わる人たちでした。

釣りの対象にもならない淡水魚がどんどんと絶滅したり希少種となってします現状を
どうしたら守っていけるのか?
そして守る人々の活動に頭が下がるばかりでした。

国外外来種や国内外来種の問題も良い勉強になりました。

そして「水辺のトマソン」を指摘した斎藤さんの話が一番印象に残りました。
超芸術というよりは、無用の長物という訳が良いかな。

本当になんのための護岸なのか、魚道なのかと考えらせました。

また高校の生物部の女性とが生物部の顧問の先生とともに行った調査研究も素晴らしかった。


淡水魚を含め、地球上の動植物を人間が勝手に絶滅に追いやることは、人間をも絶滅に追いやることで
あることを早く分かった方が良いですね。

日曜日の午後はまったり焚き火してお酒でありました。

IMG_20161204_172707IMG_20161204_172756IMG_20161204_191936IMG_20161204_173806
IMG_20161204_172055

木村英造さんを偲ぶ

イタセンパラシンポジウム案内


11月26日大阪で城北ワンド(これまでジョウホクとばかり思っていました、シロキタ)を見下ろす大阪工業大学

25日の深夜にアクラよりもどり、26日新幹線で大阪 
懇親会終了後、ブラブラして、大阪駅から深夜バスで大船へ

27日朝7時過ぎに到着

詳細は後日

電子書籍化の話が出来てよかったです。


猪鹿紅葉  ジビエ丸焼きキャンプ

早川町YAMATO主催イベント◯11/19(土)ジビエ丸焼きキャンプ

ただただ食べる。
いつもと違うタイプのキャンプ
結局テントも張らずにひたすら飲んで食べて。
お酒は色々と供出させていただきましたが(笑)

望月秀樹さんのところの肉の旨さは以前から知ってはいましたが。
さすがです、やはり処理や知識が断然スゴイです。

IMG_2783IMG_2786IMG_2799IMG_2800IMG_2803IMG_2806IMG_2827IMG_2837IMG_2838IMG_2760IMG_2805IMG_2833

満喫 放心状態 松任谷由実

Yumi Matsutoya Official Site 松任谷由実 オフィシャルサイト > Information 〜ユーミン最新情報〜 > LIVE
松任谷由実コンサートツアー 宇宙図書館 2016-2017 初日

前日に公開ゲネプロ(リハーサル、通し稽古)があったようですが、実質的な初日。

曲順はこんな感じ


CDやラジオ、そしてTVの中だけの人を直接自分の目で見る事が出来ました。

語りの少ない全力疾走のコンサートでありました。

図書館(本)と音楽の関係性を映像を使ってうまく表現していました。

文章(テキスト)が音になる世界。

数々のヒット曲、そしてアンコールでのヒットメドレー

いや〜もう ヘロヘロでした。

会場に向かう横須賀線でビールとハイボールを飲んだ影響もありますが(笑)





宇宙図書館(初回限定盤)(DVD付)
松任谷由実
Universal Music =music=
2016-11-02

TULIP 45th Memorial Tour ”it remembers”

2016年10月21日(金)
神奈川県民ホール 18時30分開演

同日 午後2時7分ごろ、鳥取県を中心に強い地震が発生し、同県倉吉市と湯梨浜(ゆりはま)町、北栄町で震度6弱を観測した。

青春の鳥取、大学がある鳥取市内も震度5強。

何か関係性を感じざるを得ない。


大学の寮で皆で声を張り上げて歌ったチューリップ。

会場には沢山の同年代や先輩にあたる様な方が。

涙されている方も(おいらも)。

皆で大合唱。

心の旅。

口ずさむ 青春の影

嘘をつかない、ズルをしない そんな人生を歩んでこれたのも鳥取での青春のお陰かもしれない。

ヨメさんと一緒に聞いた夜でした。

曲名はこちらのブログによりますと
=第一部=
01.もう笑わなくちゃ
02.あいつが去った日
03.ハーモニー
04.あのバスを停めて
05.夏色のおもいで
06.悲しきレイン・トレイン
07.エジプトの風
08.思い出のフリスビー

〜生ギターコーナー〜
09.恋のドラキュラ
10.箱入り娘
11.田舎へ引越そう

(休憩)


=第二部=
12.We Can Fly
13.セプテンバー
14.夏に別れを
15.心の中は白い画用紙
16.ここはどこ
17.風のメロディ
18.虹とスニーカーの頃
19.ぼくがつくった愛のうた〜いとしのEmily〜
20.青春の影
21.Shooting Star
22.心の旅

=アンコール1=
23.銀の指環
24.あの娘は魔法使い
25.夢中さ君に

=アンコール2=
26.魔法の黄色い靴


過去ログ

過去ログ2

過去ログ3

過去ログ4


TULIP 45th Memorial Tour "it remembers"

チューリップ 45周年 official homepage / TULIP 45th anniversary official homepage


これは、どこかの会場に行かねばだな。

神奈川、東京

まだチケットある様だし。




大阪の野口英世

箕面市観光ガイド > 野口英世像


大学時代の同窓会
今回は大阪出身者が幹事ということで
箕面ということろまでお出かけ。
事前に頂いていたガイドに野口英世像という案内がありました。

日曜日、二日酔いの中 像を見て、箕面大滝まで歩きました。
往復5.6km
汗びっしょりなハイキングでした。

でも、野口に会えて良かった。

後日、ガーナのコレブ病院の野口像
ガーナ野口記念医学研究所の野口像等もアップします。




IMG_2704IMG_2707IMG_2710IMG_2714IMG_2723IMG_2735

ナイロビ 国立博物館

ここも30年以上前の訪問

かなり変わっている記憶

IMG_2013IMG_2014IMG_2015IMG_2016IMG_2017IMG_2020IMG_2023IMG_2030IMG_2035IMG_2038IMG_2039IMG_2040IMG_2043IMG_2046IMG_2050IMG_2052IMG_2054IMG_2056

動物 ナイロビ

つづき

IMG_1799IMG_1805IMG_1814IMG_1826IMG_1832IMG_1845IMG_1893IMG_1910IMG_1914IMG_1930IMG_1958IMG_1969IMG_1986

ドキュメント映画「家族の軌跡〜3.11の記憶から〜」

☆家族の軌跡〜3.11の記憶から〜上映会


大鹿村のリニア勉強会を少し早めにおいとまして韮崎に急ぎました。

大西さんのドキュメント映画「家族の軌跡〜3.11の記憶から〜」の上映会

大西さんとは8年ぶりの再会で少しだけ会話ができました。

大西さんの本が課題図書になって、その分野の本としてはそれなりの冊数が販売されたそうで
非常に良かったです。

熊本、徳山村、そして東北と日本中を飛び回っています。

出来る限り大西さんの活動をサポートさせていただければと思います。




13662293_651784304976833_1743625728183182974_o


ここで土になる
大西 暢夫
アリス館
2015-10-17

大鹿村 鳥ケ池キャンプ場

9月10日夜

リニア勉強会の宿泊地 携帯圏外です。標高1700m

イワナは大鹿産ではなく、メンバーが東北で釣り貯めたものを持参
から揚げも旨かった
キノコも当日とれたハナビラタケも美味しく(茹でてポン酢)、キノコ汁(保存したキノコでしたが)も最高でした。

IMG_0740IMG_0741IMG_0744IMG_0746IMG_0748IMG_0761IMG_0745ed

新渡戸稲造 Boys be ambitious

大鹿村にリニアの勉強会に伺った



新渡戸稲造は札幌農学校2期生なので、直接クラーク先生にはあっていない。

しかし、クラークの先生の教えは脈々と続いていく。

新渡戸稲造のクリスチャン名である、パウロニトベとサインされた

訂正 サインはInazo Nitobeですね。

Boys, be ambitious!  北大総長室ににあるものはBoys, Be ambitious のようだ。

まさか大鹿村でみる事が出来るとは思わなかった。
中央構造線博物館の裏にある、大鹿村歴史民俗資料館“ろくべん館”にあります。

Nitobe

週末は高原でのんびりと

韮崎の自宅経由で甲斐小泉

大きな別荘開発地の友人別荘に男二人(笑)

風呂に入り、夕方から夜中まで色んな話。

硬い桃もなんとか食べる事が出来た(齧って食べる桃がおいらの魂の叫び)。

知らない場所が沢山ありますね。ゆっくり訪問するのは引退してからにしようと写真だけ。

ちなみに別荘地は区画が沢山あり木も沢山生えているのですが、焚き火は出来ない様です(笑)

開発当時(約40年前に購入したそうですが)はかなりの高額な別荘地であったそうです。
3.11で再度売れ行きが良くなったとの事(東京から放射能被害を避けるため?)ですが
中古別荘もかなり売りに出ているようです。

家に戻ってきて庭掃除していてふと思ったのは、そもそも、ここ(鎌倉)が別荘の様な感じなのかと(笑)
裏は山だし、隣は畑だし。

高原の空気でリフレッシュした週末でした。


IMG_20160821_094609IMG_20160821_094656IMG_20160821_094617IMG_20160821_094735IMG_20160821_115941IMG_20160821_080018IMG_20160821_092606

富士見高原病院資料館 結核と歴史と文化芸術

リニューアルして本当に良かった。

結核という病は今も地球上で人類の脅威である。

しかし、薬をしっかり服用すれば完治する。

富士見高原病院は日本においてまだ薬も入手できなかった時代から療養所として運営されており
多くの文化人芸能人も療養のために利用した。
3年間の療養の後に回復し(服薬せずに)天命を全うした方も多いという。
まさに人間本来の免疫力なのであろう。

そんな結核という病気と歴史との関係性を資料館はしっかりと残してくれています。

療養されていた方の一部リスト

それも、荒川館長の資料館に対する大きく深い思い入れがあるからこそだと思う。

以前訪れた時の記録2012年

荒川さんは、初代院長の歌碑の隣に夢二のものも建立したいと言っていました。
素晴らしいです。

IMG_1653IMG_1655IMG_1656IMG_1660IMG_1662IMG_1668




荒川さんの著作の一部
森の作法
荒川じんぺい
志木電子書籍
2016-07-22

「自分の森」で元気になる (朝日文庫)
荒川 じんぺい
朝日新聞社
2004-03-19


低山登山の愉しみ
荒川じんぺい
志木電子書籍
2014-10-31




法事で綾部へ

義母関連の法事 7月31日

曹洞宗のお寺
和尚さんと一緒にほぼ1時間お経を唱えました。
さすがに初めての経験
有り難いというか、これが普通なんだったんでしょうね。昔は。

それに比べて、いかにお経が短いか。山梨のお寺!!

お寺に掛けられた戦争で亡くなられた方の写真
皆さんお若い。
これが戦争。

なぜかこのお寺の地域は人口が増えているそうです。
昔は田んぼばかりだったとの事。

そういえば、義母が生きている時に、夏祭りやらの話を少し聞いた。
まだ、夜這い的な民俗が普通にあった時代。
網野善彦さんも、本の中で、地名は書けないが、まだまだ古き良き民俗が残っている地域があると
書いていましたね。

IMG_1576IMG_1578IMG_1581
IMG_1567

岐阜釣行

金曜日の夜に現場近くで車中泊 その前に荒神の湯

土曜日4時に釣友Kさん到着 もう何度彼と源流釣行しただろうか。10年位かな。

5時過ぎにゲートより林道へ
中の俣ホテル到着が8時半頃 すでに2張のテントとバイクあり(通行禁止なのはずだけど)
軽く休憩やらしてまた上流を目指す。10時半頃

12時過ぎやっと入渓 林道は崩落を繰り返し、草ぼうぼう。歩くのも大変

しかしです。すいません、反応しまくりの釣れまくり
カディスの毛バリ1本でほとんど最後まで釣れました。面倒くさくてフライ交換しませんでした(笑)

3時半位まで釣りをして退渓
テンバまで1時間ほどまた歩く
もうヘロヘロ

この渓だけのご馳走。岩魚の刺身とほぼ焼き枯らし。
ビールと焚き火で夜が更ける
残念ながら星は見えませんでした。
いつもは沢山の星降る天空なのですが

5時に起床
適度に朝ごはんをしていたら雨
7時過ぎに撤収

荒神の湯にKさんと行き、解散

久々の爆釣の釣行となりました。

自然に感謝の7月16日でした。

IMG_0540IMG_0550IMG_0558IMG_0605IMG_0608IMG_0609IMG_0611IMG_0625IMG_0629IMG_0649IMG_0665IMG_0669IMG_0671IMG_0685IMG_0688

アジサイボランティア

今年も南三陸へ
image
Profile
鎌倉おやじ
趣味:イワナに遊んでもらう、菜園、読書、焚き火、ランタン

愛読人:内山節、池田晶子、養老孟司、山本素石、高桑信一、相田みつを、宮本常一、網野善彦、野田知佑、南木佳士、川上健一 佐藤優 内田樹(順不同)

夢:晴釣雨読で自給自足、在来魚保護 (最近釣りにはそれほど熱中してません、年のせいでしょうか)
Recent Comments
Archives
お薦め映画