おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

青春

TULIP 45th Memorial Tour ”it remembers”

2016年10月21日(金)
神奈川県民ホール 18時30分開演

同日 午後2時7分ごろ、鳥取県を中心に強い地震が発生し、同県倉吉市と湯梨浜(ゆりはま)町、北栄町で震度6弱を観測した。

青春の鳥取、大学がある鳥取市内も震度5強。

何か関係性を感じざるを得ない。


大学の寮で皆で声を張り上げて歌ったチューリップ。

会場には沢山の同年代や先輩にあたる様な方が。

涙されている方も(おいらも)。

皆で大合唱。

心の旅。

口ずさむ 青春の影

嘘をつかない、ズルをしない そんな人生を歩んでこれたのも鳥取での青春のお陰かもしれない。

ヨメさんと一緒に聞いた夜でした。

曲名はこちらのブログによりますと
=第一部=
01.もう笑わなくちゃ
02.あいつが去った日
03.ハーモニー
04.あのバスを停めて
05.夏色のおもいで
06.悲しきレイン・トレイン
07.エジプトの風
08.思い出のフリスビー

〜生ギターコーナー〜
09.恋のドラキュラ
10.箱入り娘
11.田舎へ引越そう

(休憩)


=第二部=
12.We Can Fly
13.セプテンバー
14.夏に別れを
15.心の中は白い画用紙
16.ここはどこ
17.風のメロディ
18.虹とスニーカーの頃
19.ぼくがつくった愛のうた〜いとしのEmily〜
20.青春の影
21.Shooting Star
22.心の旅

=アンコール1=
23.銀の指環
24.あの娘は魔法使い
25.夢中さ君に

=アンコール2=
26.魔法の黄色い靴


過去ログ

過去ログ2

過去ログ3

過去ログ4


TULIP 45th Memorial Tour "it remembers"

チューリップ 45周年 official homepage / TULIP 45th anniversary official homepage


これは、どこかの会場に行かねばだな。

神奈川、東京

まだチケットある様だし。




映画 オレンジ 機内映画

映画 Orange http://www.orange-movie.com/

松本が舞台 さよなら、クロ を彷彿

原作を読んでみたくなります

多感な時代、自然に囲まれて育つ若者

学校生活、学園祭、地元のお祭り等々

けっこう機内でウルウルしてました




バイク経歴

大豪邸の大書斎(大嘘)をひたすら片づけ
色んなモノが発掘されてきます(笑)

そんな訳で、バイク
高校一年学校サボって教習所 最初のバイク RV125

次に大学一年 CB250 勝手に安い集合マフラー

大学二年 XS650s 初めての新車

26歳、結婚記念? 中古のGSXR750
ほとんど乗らずにその後山梨の家に鎮座、薪ストーブ設置のため売却 その時の画像

それ以後は50ccか125佞猟牟丱丱ぅかな。

bike rvbike cbbike xsGSXRgoodbye2

学術振興会ナイロビ駐在所 

1980年代から90年代
何度もナイロビや他のアフリカ諸国に飛んでいきました。
そしてナイロビでは必ずお世話になった学振駐在所 当時はカジノの近くにあったと記憶
このパンフレットに写っている山極さん(現在京大総長 写真ではひげ)や故八木繁美先生(熱帯昆虫や土食研究、白ベスト)には大変お世話になりました。そして岸田ご夫妻も頻繁に研究者をサポートされていました。

その駐在所が50周年との事、多くのアフリカでの種々の研究の窓口になり研究者の集いの場でもあった。

光陰矢の如くである。

JSPSの記事がありましたのでリンク。
http://www.jspsnairobi.org/activity/2025.html

Africa50_ページ_1Africa50_ページ_2




おまけ
1984年ナイロビ
ナイロビ1984

無伴奏 小池真理子 集英社 1990

図書館本

現在映画上映中ですね。
そんな訳で読んでみました。

1969年前後
仙台
タバコはエムエフ、セブンスター、両切りホープ
硬貨だけ使える公衆電話
携帯電話もメイルも無い
学生運動

そんな時代の小池さんの青春

「あのころを共に過ごした友人のM.I,そしてあのころの作者を知っているすべての人々に本書を捧げる。」とあります。

そして「ふたりの季節」読書メモ 2009年

ふたりの季節 小池真理子 幻冬舎 2008
小池さんの自伝的小説なのかな。

50代半ばの由香と拓、30年を経て突然の出会い。
高校3年からの2年間の記憶が昨日の様に蘇る。
名曲喫茶、学生運動、小説、映画、キラキラと輝き、不安や欲望の中で漂流する青春。夢、大学。結婚を約束した二人が、何気なく別れていく。
携帯電話もメイルも無い時代、そこにも確実に男女の繋がりがあったし、時間の共有があった。
過ぎ去ったはずの「あの頃」が、鮮やかに、そして走馬灯の様に映し出される。
こんな文章に俺もやられてしまう。
宿命、運命、縁。。。この世に、そうしたものが存在することは、由香にもわかっている。偶然は、あらかじめ決められていた必然でもある。細かい、砂粒のような、目に見えない偶然の堆積。人の一生は、偶然の堆積の中にある。そしてそこには、一本の道が延びている。道はうねったり、曲がったり、細くなったり太くなったりす、途切れそうになったりしながら延々とつながって、現在に至っている。さらに、この先、未だ見ぬ彼方に向かって、道は続き、命ある限り果てることがない。p123
携帯番号とメイルアドレスを交換して別れるシーン
拓が手を振った。由香も背伸びをし、大きく振り返した。
人生は続いている、と思った。坂が上がったり降りたり、すべったり、行き止まりを前に立ち止まったり、暗がりを泣きながら手探りで進んだり。。。。ずいぶん遠くまで来てしまったと思っていたのに、道は先に延びているようである。このまま、もうしばらく、歩いていけそうだ。道の先にあるものは、まだ見えてこない。p129

映画化を前提に幻冬舎の社長に難度も口説かれ、断り続けていたが、書き始めたら予定枚数を大幅にオーバーしたとご自身が書かれている。

そして
あの時代を、由香と拓のごとく、私と共に生き、共に走り抜けてくれた懐かしい恋人に、本書を捧げる。 2008年霜月 小池真理子

格好良すぎるじゃん。オヤジを泣かせるには十分過ぎます。

ここまで

無伴奏 (新潮文庫)
小池 真理子
新潮社
2005-03-02

ふたりの季節 (幻冬舎文庫)
小池 真理子
幻冬舎
2016-04-12

33年後のなんとなく、クリスタル 田中康夫 2014

図書館本

田中さん(1956-)のマルチタレント性を思う存分に綴られているように思う。

脱ダムの康夫さん
作家の康夫さん
ペログリ(交接)のヤスオちゃん
のイメージが僕にはある。

そして、微力だけで無力じゃない、の康夫さん
森林ニューディールの康夫さん
官邸前での白い風船の康夫さん


本書は田中さんがデビューして社会の渦に飲み込まれながら、その渦の波に乗って生きてきた歴史でもある。
長野県知事の話題も書かれていて興味深い。
自然を知りながら、あえて東京という身体性無き脳化社会を描いています。

今回の註は69ページ、案外その註が面白いのは言うまでもありません。
 リニア問題、ダム問題では大西暢夫監督の「水になった村」(徳山村にも言及)、長野県のHIV/AIDS問題

備忘録メモ
富国裕民 (富国遊民かもしれませんね)
県政可視化(知事室を1階のガラス張りに)
宅幼老所(保育士資格をもつスタッフを配置) 県単独予算でスタート


33年後のなんとなく、クリスタル
田中 康夫
河出書房新社
2014-11-26



註でのリニア問題
田中康夫 リニア

「Mazda RX-VISION」

コンセプトモデル「Mazda RX-VISION」世界初公開!次世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」搭載、マツダの夢を表現したモデルです。 | 【MAZDA】マツダ公式ブログ Zoom-Zoom Blog


わが青春のRX-7

再びマツダ!

ほすい(笑)


ぼくの手はきみのために 市川拓司 角川書店 2007

図書館本 これ読んでませんでした。いま、会いにゆきますの次の作品なんですね。

野生時代に掲載された3篇 
 ぼくの手はきみのために
 透明な軌道
 黄昏の谷

市川ワールドですね。

儚さと弱さの中に湧きだす純粋のテキスト

貧しさ、体の弱さ、でも壊れそうで壊れない心

ほのぼのと、時に辛く、時にほっこり暖かい幸福感

安保戦争法案という「戦争という仕事」を作りだそうとしている日本を見ながら
読んだ一冊




ぼくの手はきみのために
市川 拓司
角川書店
2007-02-28

20150523-24 敏江ママの納骨 鳥取 

5月23日 羽田より鳥取コナン空港

その日はスターバックスコーヒーの無かった鳥取に初めての進出ということで開店前に1000人が並んだということで、午後にたまたま車で前を通りかかったらまだ行列

前日に鳥取大学獣医時代に習った南先生の通夜が同じく土曜日にあるとMLで連絡があった。ママと同じ68歳との事だった。南先生の研究室にいたH村君が広島より告別式には参加すると聞いていたが、まさか土曜日の夜に飲む事になるとは、、、

夜は、ママの納骨式に参加する東京組3人と鳥取在住の同じくバイトでママの店でお世話になったT君夫妻(現在某県庁課長)、銀座の店でバイトしていて現在大山町に戻っているN嬢で会食

夜9時、故ドクターの次女と、某店(ひよっと子(笑))で鳥取の海産物やら色々食していたら、H村君から電話。
なんと鳥取に着いたとの事。
当然、一緒に飲む。
大学当時(35年位前)の想い出話に花が咲き、飲みまくる。
その後、僕の知っていて、残っているBar(渚)に行き、また飲む。

そして鳥取の夜はふけていった。

翌日は納骨式

無事に敏江ママはお母さん、お父さんと同じお墓に。
鶯がさえずり、ちょうどお田植えの風景の中で。

その後、丸茂さんで会食、源泉かけ流しの湯に入り 東京へ。

今年は既に鳥取2回 ドクターの7回忌、そして敏江ママの納骨。鳥取の父と母が亡くなってしまった。

循環する時間の中で、いつの日か、また会える事を楽しみにしている。

鳥取「敏江の部屋」 銀座「とんぼ」 敏江ママの生涯は「利他」という生き様だったように思う。

人生を教えてくれた恩人である。
こんな記事がまだありました。銀座のお店。

IMG_5028IMG_5035IMG_5057IMG_5072IMG_5078IMG_5079IMG_5080

チューリップ 青春の影

東京新聞の夕刊の連載 わくわくしながら毎日読んでいる。

大好きな歌

なんどカラオケで歌っただろう。

先日、生で聞かせていただいたときには涙が止まらなかった。

そしてこの財津さんの話 5月22日夕刊。

そしてこの映画のラストシーンも。青春の影

150522東京新聞




さよなら、クロ ~世界一幸せな犬の物語~ メモリアルBOX [DVD]
妻夫木聡
ハピネット・ピクチャーズ
2004-02-06

さよなら、クロ 松本深志 ファイヤーストーム

2003年作品

松本深志高校に住みこんでしまった犬、クロの話が元にあり、そこに青春がある。

映画に映し出されるアルプス、バイク、映画館、自由な校風。

松本深志の学園祭、最終日のファイヤーストームが夜の空を照らし若者はその周りを走る。そして唄う。

そう、甲府一高にもそんな行事があった、しかし、昭和52年、僕が高校3年の時、○○(漢字もカタカナも2文字)な応援団が○○な教員に言われて、まだ明るい内に火をつけた。

あまりの馬鹿さに呆れ、多くの友と泣きながら校門を出た。
そして打ち上げのために予約してあった料理屋をキャンセルした。
しかし担任が飛んで来て、おいら達の抗議の理由を理解してくれた。そして、、、、
当時携帯電話もなく、クラス全員でのご苦労さん会であるはずだったが、残念ながらそれも叶わなくなってしまった。すべて俺の責任である。

そして担任の先生はクビをかけていたと思う。
先生も母校をうれいたのだろ。



松本深志という高校がいつまでも映画の様な学校であって欲しいと思った。

ラストシーンの風景と曲で泣いてください。

追記
主人公の妻夫木 聡さんが獣医という設定が凄く良い(笑)
40年ちかく前の記憶が蘇った映画。

さよなら、クロ ~世界一幸せな犬の物語~ メモリアルBOX [DVD]
妻夫木聡
ハピネット・ピクチャーズ
2004-02-06


備忘録 財津さん



財津
20141206



NHK SONGS 2009 http://v.youku.com/v_show/id_XMTM2MzU0NzIw.html?firsttime=1086







心の旅 合唱 2014コンサートかな





2011年のブログ

その2 安くて良かった(笑)


人に強くなる極意 佐藤優 青春出版 2013

図書館本

佐藤さんの丈夫な頭を若い人に知って欲しい一冊。

ブレない、ズルをしない生き方、働き方を20代30代の皆さんに佐藤さんの波乱万丈?な人生から語る。

512日間の国策捜査による別荘生活が、実は佐藤さんを思想家にもしたのだろう。
参考文献も紹介しながら各章のお題に関連する話が進む。

右とか左とか、2択でない人生を良く生きるために読んで損はないと思う。
そして、もっと佐藤優氏に興味が出たら、他著を読まれると良いだろう。

労働、時間、貨幣 そんな哲学全てが新書の中に織り込まれている。

目次
第1章 怒らない
第2章 びびらない
第3章 飾らない
第4章 侮らない
第5章 断らない
第6章 お金に振り回されない
第7章 あきらめない
第8章 先送りしない


幻肢 2014

公式サイトはこちら。

無料券で見てきました。

原作は読んでおりません。

非常に良く出来たラブストーリーかな。

同級生だとやはり男が幼い。

HPより

医大生の純愛を横軸に、最新の精神医学と幽霊譚を巧みにミックスさせたストーリーは島田荘司ならではのトリッキーな展開。恋人とドライブ中に事故を起こし重症を負い、記憶を失った青年を主人公に、忘れてしまった“恋の想い出”を特殊な治療法でよみがえらせようとする物語をサスペンスたっぷりに描いた本作の監督は藤井道人。伊坂幸太郎原作の『オー!ファーザー』でメジャーデビューした、これからの活躍が期待される20代の新鋭です。出演は、新人の吉木遼が大抜擢。恋人を事故で失った大学生・雅人を体当たりで演じています。恋人の遥役にベテランから若手まで多くの監督からオファーを受ける実力派女優・谷村美月が扮し、淡い恋心を繊細に体現。二人の友人役に遠藤雄弥。さらに佐野史郎、宮川一朗太といった日本映画界には欠かせない演技派が脇を固めています。

ベテラン作家と若手監督との新鮮なタッグにより生まれた『幻肢』。甘くてほろ苦い結末へと観る者を導きます。


原作
幻肢
島田 荘司
文藝春秋
2014-08-28

DREM4EVERなのです。

ワールドカップ日本戦 ハーフタイムのCM

2012年に作られていたんですね。
鳥肌もの。

だって「夢」の哲学ですから。

Dreamerであれ。




青春シリーズそして夢

巨匠のfacebookに感化され。







ねえ、委員長 市川拓司  幻冬舎 2012

図書館本 夏休みの読書感想文にいかがですか?(笑)

市川さんの本は結構読んでいる。
独特な世界、いや普通の世界。

すいすいとテキストが頭の中に入ってくる。
必ず自然の光景が背景にあり、風や月明かり、星の輝きなんかが感じられる。
そして深い深い透明感だろうか。
嘘をつかない、ズルをしない生き方があるように思う。

なんとなく結末が想像は出来る、でもドキドキする。

『泥棒の娘』
『ねえ、委員長』
『Your Song』

3編の物語

オヤジの涙腺を熱くします。
通勤電車では読まない方が良いかと。

ねえ、委員長
市川 拓司
幻冬舎
2012-03-09

阿部夏丸さんの本が読みたくなる夏

ふと読みたくなる。
もう8年も前のブログ
なぜか読書メモが見当たらない。

夏丸さんは最近執筆していないのだろうか、、


原発だのリニアだの政治・経済だの、そんな本ばかり読んでいると精神が病んでくるよ。

川上健一、梨木香歩、湯本 香樹実、市川 拓司なんかを読みたくなる。

もちろん小池真理子の毒も好きなんだけど。(笑)

30年前

さすがにどんぶり酒の宴会ではなかった。
そして、こんな寮歌があったんだね。

宴会での酒は一人一升で注文したな〜。

古き良き、そして恥ずかしい時代だったのかもしれない。
そしてあの時の方が皆純粋だったよね。

P4200349P4200351

大学寮の同窓会ネタで盛り上がり

40年近く前に地方ですら下宿に住めない学生は大学寮があった。

二人部屋。
風呂は大浴場。
5階建て。
各階には宴会場(いえ、集会室)があり。
いつも宴会場やら部屋でマージャンが行われ。
定員は確か200人弱なんだけれど、4月末には新入生がかなり止めていく。
そうすると先輩は一人部屋の恩恵を受けるわけである。
24時間を一緒に過ごすという濃い青春。
まさにバブル前夜な時代だったのかもしれない。
バイトで大卒以上の給料を稼ぎ出し、今は亡き恩人でもある歯医者のM氏に旨い食い物や旨い酒を教わり。
当時のバイト先の飲み屋のママは今では母の様な有様である。(東京にいたりする)

そんな寮は昨年、大改築で一人部屋のワンルームマンションの様になってしまった。
そして僕の落書きも消えてしまっただろう(数年前までは存在したのだが)。

出来れは、集会室で飲み、寮の裏の海で語りたかったと思う。

そんな青春を一緒に過ごした奴らが4月、現地に集う。

肩書も地位も財力も関係無い。

友よ!先輩、後輩。飲もう、そして語ろう。

『今、伝えたいこと(仮)』 福島・女子高生の叫び

『今、伝えたいこと(仮)』 福島・女子高生の叫び - デイリーモーション動画

まさに犠牲のシステムとしてのフクシマ
未来を、自由を奪われた若者の叫び。
フクシマ出身と言えない現実。

是非、見て自分自身で考えてみてはいかがでしょうか。

北の国から 再放送 第8回

BSフジでの再放送を録画しておきました。すでに20回分くらいでしょうか。
最近の楽しみです(笑) コマーシャルは飛ばせるし。


第8回が非常に濃いというか、示唆に富んでいて、倉本さんの凄さを感じます。

沢からパイプで小屋まで水を引く

富良野の夜景

時計型薪ストーブ ランプ

共同体としての仲間、家族、夫婦、恋人たち

男と女、下北沢。

街には五輪 真弓の「恋人よ」が流れ、八代亜紀の「雨の慕情」が紅白で歌われていた。

1980年 高度経済成長という大きな流れの中に日本が飲み込まれていた。
そして昭和55年が終わっていった第8話でした。
その時、僕は、、、、青春の荒波にもがいていたように思う。

さて、続きを見ることにしよう。

人間は過去からしか学ぶことは出来ない、良い未来を作るためには、過去から学ぶしかない。

こんなキャストだったんですね。鬼籍に既に入られているかたも。
黒板五郎:田中邦衛

黒板純:吉岡秀隆

黒板螢:中嶋朋子

宮前雪子:竹下景子

北村草太:岩城滉一

北村清吉:大滝秀治

北村正子:今井和子

吉本つらら:熊谷美由紀

中畑和夫:地井武男

中畑みずえ:清水まゆみ

松下豪介:南雲佑介

中川:尾上和

こごみ:児島美ゆき

駒草のママ:羽島靖子

成田新吉:ガッツ石松

ほか

飯田高校の学生さんが凄い!!  リニア

飯田高で「こんにちは県議会」〜リニアにシビアな意見〜 ≪ ミナミシンシュウ.jp


素敵で立派な高校生達。
リニアなんかいらないんですよね。

本当に地元(郷土)の事を考えている若い人たちです。

そう、未来を作るのは若者なんだよ。今を生きる(生きてきた)爺さんじゃないんだ。


強行遠足100Km復活  

100キロ強行遠足 復活へ : 山梨 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


下記の記事では、順位やタイムを競うのではなくとあるが、競ったっていいわけです。(笑)
やりたくない連中はやらなくてもね。

石橋湛山が居た頃にはまだ存在しなかったであろうが、水上達三、小倉寛太郎(疎開時)、飯田 龍太、その他諸先輩は何処まで歩いたんでしょう。
中沢新一も歩いたのかな?
芦沢一洋は?


以下転載
伝統の100キロ強行遠足が復活へ――。毎年秋に開催されている甲府一高(甲府市)の男子強行遠足が、長野県小諸市までの100キロに延長される見通しとなった。11年前に生徒の死亡事故が発生して以来、距離を短縮して実施してきたが、奥田正直校長は「歩道のあるコースを選び、保護者や卒業生の有志を沿道に配置するなど、安全面に万全を期したい」と話している。

 強行遠足は、1924年に始まった同高の伝統行事。順位やタイムを競うのではなく、自分の体力に応じた距離を走破する。

 男子は65年から、同高をスタート地点に小諸市までの100キロの行程で実施。しかし2002年に女子生徒が車にはねられ亡くなったため、安全面を最優先に歩道のあるルートを選ぶなど、見直しを進めた。その結果、08年からは76キロを16時間以内に走る行程になった。沿道の拠点には医師や看護師を配し、生徒の体調急変に備えている。

 同高によると、昨年は男子の7割超が76キロを完走しているという。また卒業生や保護者、小諸市民などから、伝統コースの復活を望む声が寄せられていたことから、延長を検討。同窓会やPTAの役員から了解が得られたため、復活の方針が固まった。

 詳細なコースは、長野県警と相談し、4月のPTA総会で正式決定する予定。同高を昼過ぎに出発し、終点の小諸市役所まで、24時間以内に各生徒が自分で設定したゴールを目指す。女子は昨年と同じ43キロのコースに挑む。

 奥田校長は「生徒は苦しいかも知れないが、自分で目標を定め、成長を実感する機会と捉えて挑戦してほしい」と話している。
(2013年1月21日 読売新聞)


ニセ医者と呼ばれて 

レンタル

沖縄の実話に基づくお話。
未だに戦争の負債の多くを日本は沖縄に課しているように思えてならない。
そして、米兵の事件が絶え間ない。
作品自体は素晴らしいと思いました。

そして個人的なこと。
主人公の医介輔(宮里善昌さん)はブーゲンビル島で一人部隊の中で衛生兵として生き残ったということだ。
その事実を見たときに、僕は大学院時代に調査で訪れたパプアニューギニアのラバウル、そしてブーゲンビル島の記憶が蘇った。

そして、なぜ僕が不戦、反戦を信条にするのかを再確認したのです。
20代、まだ頭が柔らかかった頃、至る所にある日本語で書かれた慰霊碑、そして花やお線香が絶えないその現場。慰霊団の方もいらっしゃった。そして兵器の残骸や防空壕跡(ラバウルのモノは噴火ですでに無いらしい)

どうして、日本からこんなに離れた所で戦争をしなければいけないのか?
多くの若い命が散っていった。
以前のブログでも書いておりました。



読売テレビ日本テレビ系ヒューマンドラマスペシャル ニセ医者と呼ばれて 沖縄・最後の医介輔 [DVD]
読売テレビ日本テレビ系ヒューマンドラマスペシャル ニセ医者と呼ばれて 沖縄・最後の医介輔 [DVD]

ラバウルラバウル2ラバウル3

アオグラ DVD

レンタル

見始めて、凄い既視感。
事前情報なく見たDVD.

読んでいたんです。四月になれば彼女は。by 川上健一

当時の読書メモ(2006)
川上健一さんの自叙伝的小説なんだろうと思って読みました。
卒業式の3日後の一日の出来事が全てです。
青森の十和田と三沢を中心とした出来事がホンダのバイクと共に描写されます。
肩を痛めて野球を諦め、けんかに明け暮れながらも、地元での就職が決まっている主人公が、大人の世界と青春の想い出の世界との狭間で揺れ動く心を吐露しています。
そして小学校時代の初恋の人との出合い、旅立ちというストーリーが続きます。
最後に主人公は東京に出る事を決めます。 

そこから、川上さんの小説家への道が始まるのです。
(この辺は「ビトウイン」に詳しく書かれています。

タイトルはサイモントガーファンクルの曲名から。
メモ、ここまで。

ほのぼのした気持ちになりました。
川上さんは今は八ヶ岳山麓にお住まいと聞いています。

アオグラ 四月になれば彼女は [DVD]
アオグラ 四月になれば彼女は [DVD]
クチコミを見る

ハナミズキ スタンダード・エディション [DVD]

レンタル


切なさと悲しさと儚さと。
北海道の自然と都市との対比(東京、ニューヨーク)。

夢を追いかけることができる自由があることの素晴らしさ。

映像も美しい。

素敵な映画でした。
唄も素敵です。

ハナミズキ スタンダード・エディション [DVD]
ハナミズキ スタンダード・エディション [DVD]
クチコミを見る

ゴールデンスランバー [DVD]

レンタル GW初日?(29日にみました)

原作は読んでいません。

結構深い映画で、しかも引き込まれる楽しさ。でも怖い。

国体維持なんて言葉が浮かんできました。
国家の上に成り立つ人生、青春。そしてその時代の想い出。

権力側も国家維持を考え、市民側も筋を通す人間が居る。

見落としている点も沢山あるとは思うのですが、笑いの中に国家の怖さが
隠されていたのでしょうか。

花火という事象が何を表わしていたのか、「ハレ」の日の象徴なのか
人生の中の青春なのか、きっと他の意味があるのでしょうが、非常に花火が
象徴的でした。

ゴールデンスランバー [DVD]
ゴールデンスランバー [DVD]
クチコミを見る

かいじゅうたちのいるところ [DVD]

レンタル

僕は精神年齢が低いので、こういう作品大好きです。
子供の頃、夢か現実か分からない状況を設定する自由ってのが大好きなんです。

現実逃避のつもりが、実は現実を投影しているリアルそのものだったり、そこから、さらに夢の中に逃げ込んだり夢想、妄想する楽しさ。

一人遊びも好きだし、皆で遊ぶのも好きだし、結局遊んでばかりの子供の頃の記憶が今の自分を創っているのは間違いありません。

この映画を見ていて、子供の頃に戻ったような錯覚に陥りました。

海という未知の世界、森という神が住む世界、そして人間が操れる火、それぞれ違った動物たちが世の中の多様性の普遍を表わしているのでしょうか。

母親という安全基地があり、そこから小さな冒険に何度も出かけて行って、やがて子供は青春を迎えるのでしょう。

かいじゅうたちのいるところ [DVD]
かいじゅうたちのいるところ [DVD]
クチコミを見る
Profile
鎌倉おやじ
趣味:イワナに遊んでもらう、菜園、読書、焚き火、ランタン

愛読人:内山節、池田晶子、養老孟司、山本素石、高桑信一、相田みつを、宮本常一、網野善彦、野田知佑、南木佳士、川上健一 佐藤優 内田樹(順不同)

夢:晴釣雨読で自給自足、在来魚保護 (最近釣りにはそれほど熱中してません、年のせいでしょうか)
Recent Comments
Archives
お薦め映画