おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

世の中

時代を読み違える人々 甲府 岡島

山梨唯一の百貨店23年3月新装 「岡島」商業施設に移転 「街活性化に貢献したい」 /山梨 | 毎日新聞



甲府市内がある意味輝いていた時代を生きたので良く分かります。
おごれるものはひさしからずや。

沢山あった映画館、そこで映画を見て、岡島の食堂でご飯を食べるのが一つの贅沢だった時代。

車を所有している人もまだ少なく、オヤジの持っているホンダのカブが憧れだった時代。

バブル時代、そしてゴールを過ぎた(失われた?)30年といわれる時代で、地盤、看板だけで
なんとかしようとしていれば当たり前でしょう。

地方紙(サンニチと言うらしい(笑))は発表報道だけで、企業や行政に都合の悪い事は報道しない。

ちなみに、ショッピングモールと百貨店(department store)は何が違うの?
もう看板降ろしてやり直したら?

木下斉さんらの書籍を知っている人は、こんな話は必然だったと思いますよ。



以下記事

山梨県唯一の百貨店で、甲府市の中心市街地にある「岡島百貨店」が2023年2月に現店舗での営業を終了し、近くの商業施設に移転する。売り場面積は現在の7分の1に縮小されるが、新たな顧客の獲得を目指し「山梨発の地方百貨店の新たな事業モデル」としたい意向だ。現店舗ビルは解体され、商業ビルと28階建てマンションの複合施設として28年7月に完成する予定。


 百貨店を運営する岡島の雨宮潔社長と、跡地を取得した不動産総合開発会社「タカラレーベン」(東京都千代田区)の清水一孝副社長が28日、甲府市内で記者会見して明らかにした。

 百貨店は23年2月に、現店舗(地上7階、地下1階)での営業を終了。同3月に、近くにある商業施設「ココリ」(地上20階、地下1階)の地下1階から地上2階部分に店舗面積約4500平方メートルで新装オープンする。地下を「上質な日常を提供する食のフロア」、1階は「上質ファッションのフロア」、2階は「新しいライフスタイルのフロア」とのコンセプトとする予定だ。

 人気ショップの移転や県内に初めて進出する店を入れるなどして、現状の売り上げの6割を目指す。また「岡島」の名前や友の会を継続し、百貨店商品券もこれまで同様に利用できる。

 1936年から営業を続けてきた店舗の跡地には、約360世帯が住める28階建てマンションと、300台の自走式駐車場を備え、屋上には緑ある広場を設けた6階建て床面積約3200平方メートルの商業施設を作る。

 岡島は、1843年に茶業・呉服として創業。百貨店は、高度経済成長期の甲府市中心街の活性化に貢献したが、バブル崩壊や最近の百貨店不況で業績は悪化。最近2年は黒字経営だったが、建物の老朽化や耐震性の問題も指摘されていた。

 岡島の雨宮社長は「今回の計画は建物の老朽化が第一の原因。今後も百貨店としての高い信頼性を維持するとともに、新たな顧客の獲得を図っていき、長く中心で商売を続けてきた立場で、跡地を含めた街の活性化に貢献していきたい」と話している。【照山哲史】









競わない地方創生 ―人口急減の真実―
久繁 哲之介
時事通信社
2016-02-29



上記久繁さんの本
目次

第1章 人口減少対策をビジネスの基本から導く
第2章 弱者(地方都市、中小企業)の経営は、強者とは正反対
第3章 弱者は競争するな。自分が1番になれる軸を創る
第4章 1番になる最良の方法は、協働という「働き方」
第5章 学習しない高給な公務員が、地方を滅ぼす
第6章 顧客価値は顧客目線な遊び心から創造される
第7章 現象でなく原因を考えると、人口急減の理由が分かる

闇の盾 寺尾文孝 講談社 2021

図書館本

筆者は1941年生まれ 本書発売時に81歳だろうか。
現在はHPも無い、営業も行わないでも客が絶えないといいう日本リスクコントロールという
会社の社長だという。年会費2000万円だそうです。
高卒後に警察官(機動隊経験あり)、その後、国会議員の私設秘書などで人脈を広げたとの事。
登場人物がまあスゴイ人達ばかり、上場企業社長や幹部、バブル紳士、犯罪者として逮捕された人々、芸能人などなど。

人生の終盤で書いて残して置きたかったのだろうか?
ご自身は犯罪には手を染めなかったのだろうか、ご自身の家族のことなどには触れていません。

金額の単位が10億とか三桁の億だったりして浮世離れしております。



インスタントラーメン 

ついコンビニで新しいラーメンを見ると買ってしまう(笑)

でも、継続的に売られているモノは数少ないですね。

なかなかヒット商品というものは出ないんでしょうね。

2022-07-25_12-05-15_9422022-07-25_12-05-37_8282022-07-25_12-06-22_8452022-07-25_12-06-52_669

コロナ 20220720 0721

第7波



全国で15万人の新規感染者 そして18万

感染症の仕組みは単純です。大昔から一緒 

感染源(病原体としてのウイルスや細菌など)
感染経路(空気感染、接触感染など)
宿主(病原体が増えるためのある意味培養器)

この3個に対する方策が感染症蔓延対策のメインになるんですね。
病原体を殺す、無毒化する 
感染経路を断つ、隔離や今回の場合、密を避ける、換気を十分になど
宿主対策はワクチンや治療 治療薬等

いかに感染のリスクを下げるかが重要なんですが、喉元過ぎれば熱さを忘れるのでしょうか。
不特定多数の集まる場所が換気が悪く、大声でしゃべっている様な状況は明らかに感染リスクを
上げますよね。

インフルエンザ並みのリスクには当分ならないでしょう。
感染後の後遺症の問題も大きくなっています。

20220720コロナ全国
20220721コロナ

スポーツビジネスの闇、いかさま、

五輪組織委元理事、4500万円受領か スポンサーのAOKIから | 毎日新聞




この高橋さん有名ですよね。
以前、ブログでも書きました。


この読書メモ 最初はamazon review に出てましたが、やがて削除
そして再投稿出来ない状態。これいつものリニアやダム書籍の扱いと同じですね。
どうしてもリニア作りたい、ダム作りたい人たちがいるわけだ。













ある権力者の死

特定宗教団体は特定されているのに
大手メディアは何を躊躇って発表しないのか。
権力者が広告等になっていた事は明からであることは
団体の機関誌等で過去において明らかだろう。

霊感商法でしられた団体がなぜ野放しなのか?

7月9日に発表された小出先生の文章を備忘録としたい。

http://www.go.tvm.ne.jp/~koide/Hiroaki/remark/%E3%82%A2%E3%83%99%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E6%AD%BB.pdf

アベさんの死_2アベさんの死_1

投票日 参議院選挙

すでに期日前投票しているので
ひたすら庭仕事
真夏の陽気でした。

どんな結果になっているんでしょうね。

既得権益でがんじがらめな人達は投票には行くのでしょう。

3.11で日本のリセットが出来ると思っていましたが、何も起こらなかった。

そして、世界からは周回遅れになっていても知らんぷり?
それとも気付いてすらいない?

結果、戦争という仕事を再度作り出すのでしょうね。

2022年7月8日のテロに関して 修正あり

Democracy  La democratie   民主主義  私は亡くなられた方と思想信条は大きく異なります。
しかし、暴力による言論弾圧や現状変更には反対です。

“I disapprove of what you say, but I will defend to the death your right to say it” was his attitude now.

“Je ne suis pas d’accord avec ce que vous dites, mais je defendrai jusqu’a la mort votre droit de le dire” etait desormais son attitude.


「私はあなたの意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」

ヴォルテール

追記
その後の取り調べにおいて、宗教団体への私怨であることらしいですね。
そうすると、テロではないですね。

ただし安倍氏がその宗教団体の機関誌に広告塔の様に登場していた事実を犯人は元凶として
捉えていたのかもしれませんね。

Send-off party at Roppongi

日本で学位を取り、その後その国出身者として初めて弊社のスタッフになった彼が
一度地元に戻りUSで研究を続ける。

これも人生だし、研究に国境はないので、頑張ってほしい。

そんな訳で、何度か伺った事がある六本木のお店でノンアルコールでビュッヘ

久々のガーナ料理は旨かった。

2022-07-02_12-56-10_5402022-07-02_13-17-10_8482022-07-02_13-17-52_247DSC_2197

猛暑続く

猛暑が続く今日この頃

でもアジサイはまだ咲いていてくれます。

なぜか山わさびも芽が出てきた。




swBC0xlWSeO_wCPr5e87HA15jaCXS5S9KM7lL9EtyC9A

平和の詩  政治・外交の失敗が戦争

戦争を知らない政治家が増える。
時の権力者は決して最前線に行こうとはしない。
国会議員も決して武器を持たないだろう。

そんな連中が防衛予算を増やせ、敵基地攻撃能力、核シェアだとほざく。

「戦争という仕事」は自衛隊の任務ではない。

戦争を放棄するとしたと宣言した事を忘れようとしている。

戦争は絶対悪なのである。








選挙に行こう 改革はするが戦争をしない国へ






キョンキョン



サントリー様 無償提供をお願いいたします。

首領様の政治パーティーにはドンドンと無償提供をされるということですね。

是非とも、拙宅には山崎2022などを提供下さい。有料購入の抽選にもハズレました。

山崎や白州のシェリーカスクなども大歓迎です。

2022年6月14日 東京新聞朝刊の投書欄より
弁護士さんの主張

東京新聞6月14日

首相官邸の2800日 長谷川榮一 新潮新書 2022

図書館本

官邸官僚 安倍一強を支えた側近政治の罪 森功 文藝春秋 2019を読んでいたので
著者の事は情報として知っていた。
そして総理会見で記者を指名したりする人、会見を早く終わらせる人でも有名。

本著者も、おそらくこの森氏の著作を読んでいたので、あえて安倍氏との高尾山登山を詳しく
綴っているのだろう。

本書自体は自画自賛、言い訳満載のいわゆるエリート官僚の生き様が良く分ります。
悪いのは僕じゃないもん、チーム安倍でやっているんだもん。
そんな感じです。
山口敬之氏(元TBS 安倍氏本)のベトナムでの韓国軍の蛮行の話を慰安婦問題で話題に
上げるのもね。
プーチンさんとも何度も何度も飯を食っている安倍さんですよね、政治外交の失敗が
戦争なのをご存知ですか? 本書では安倍外交ベタ誉めですが。北方領土も竹島も拉致被害も、
何か解決しました?

官僚に成りたい若者も減りますよ、そして政治家に虐められる官僚として早期退職する
若手官僚たち。ご自身は良いポジションで、第2の人生の様ですね、おめでとうございます。

広報官ってBullshit jobs ですよね。



首相官邸の2800日(新潮新書)
長谷川榮一
新潮社
2022-03-17



日本の自生アジサイ展

https://www.facebook.com/yamaajisai/


今年もあります。


場所は鎌倉の大船フラワーセンター




2022 ハガキ2022アジサイ展


11年2か月、そしてアルジャジーラ記者の殺害





11日は月命日
東北の多くの命が天国に

そしてパレスチナではアルジャジーラの記者がイスラエル軍により殺害された。

ウクライナ、そして多くの国での内戦や飢餓。

ヒトという生物は歴史も過去からも何も学ばないのだろうか。

sP684gGaQPKn0_DDeCET3A

四国 4月23日 part2 高知へ

結構見る所は沢山あるんですね。

竜馬と同じ目線で、未来を見てきました。

2022-04-23_13-58-17_6642022-04-23_14-01-28_5182022-04-23_14-14-30_8272022-04-23_17-02-51_4782022-04-23_17-04-19_8372022-04-23_17-15-28_1382022-04-23_17-15-40_113

四国 4月23日part1

琴平から高知市に向かう行程

大歩危小歩危

祖谷のかずら橋 周辺  

アレックス・カーさんが愛した場所で、ヤマアジサイも有名なんですが
ゆっくり見る事はもちろんできず。滝も撮影方法で景観台無しな事も分かる。

2022-04-23_10-05-37_2562022-04-23_10-12-01_2232022-04-23_10-59-06_8352022-04-23_11-02-36_8312022-04-23_11-04-20_6682022-04-23_11-04-49_8492022-04-23_11-11-23_801





<ヴィジュアル版> ニッポン景観論 (集英社新書)
アレックス・カー
集英社
2014-09-17

GW終了 

遠出はせず、ほぼ庭仕事。

杉の伐採材(溝腐れ病)で切ってもらった大木が乾燥してきたので
ひたすら焚き火。

メダカとミジンコの観察。

アジサイ植栽。

そして最終日は、やっと単車で見回り。
上郷方面(朝比奈)から横須賀IC,下道で葉山、逗子、鎌倉、藤沢と単車で慣らし運転(未だに(笑)) 海岸はマリンスポーツ花盛り、飲食店も大賑わい。果たしてGW明けの状況はどうなるのでしょうね?


四国 4月22日 こんぴら

まあ、一生に一度でしょうから。

途中まではタクシー。帰りは階段をしっかり下りました。

2022-04-22_13-10-32_2282022-04-22_13-16-14_7642022-04-22_13-35-59_0982022-04-22_14-39-29_758DSC_2094

Netflix 私の解放日誌

集中的に見ている韓ドラ

かなり心象表現や映像がハマります。

都会と田舎、家族、友人、恋人、会社

ありふれた日常の中に生きる幸せを見つけていく思想とでもいうのでしょうか?

スズメバチが光ファイバーを齧る?

ドコモ光不通案件の顛末

27日昼から回線不通

30日朝 修理業者さん到着

家の内部から装置を使い不具合場所は83m先であると同定

されに、その同定場所(中継ボックスから先に断線がある事を同定)

なんと中継ボックスの中にスズメバチ1匹(まだ巣は作っていなかったとの事)
そのハチが断線の原因との事。今年の1例目との事。
毎年あるようです、ハチやタイワンリスによる光ファイバーの断線。

そんな訳で、無事に修理が完了して

録画したい番組に間に合いました。
明菜ちゃんのコンサート
鳥取吞み鉄
立花隆

TVが止まる(涙)

ドコモ光トラブルでインターネットと光TVがダウン

これは、いくつか理由があり、同定は出来ないけれど。

4月20日ドコモショップで光電話解約手続き。併せてホームゲートウエイの交換の手続き

1.ドコモ光でホームゲートウエイを交換(取替えは自分)良くネット不通がおきたので(TVは問題無し。)

2.4月27日光電話(固定)の回線廃止

そして光電話が切れる日(27日)にネットもダウン、どうじにテレビも見れない
認証ランプおよび光回線ランプ消灯

Netflixも当然アクセス出来ません。

光電話解約時に良くあるトラブルの様です。
故障対応の113,115は昼間は2時間以上繋がらない(30分位で強制終了もされる)

結局深夜3時位(28日)に再度電話で、現地確認となり2日間はこの状況が続くことになる。

長男がNuro光を契約しているので、ネットは一応、そちらに繋ぎ変えてOKではありますが
テレビは回線修理まで予約番組もNetflixもダメ

そんなGW開始となりました。

官邸は今日も間違える 千正康裕 新潮新書 2021

図書館本

2019年に厚労省を退職された(キャリア職員 医系技官ではない)著者が見た霞が関と永田町。

絶妙な時期(コロナ禍になる前)に厚労省を辞めたのは正解でしょうね。

これまでも厚労省を辞めた医系技官の暴露ぼやき系の著書はありましたが、
本書は法律改正や政策立案などに係わった方なので興味深い。

いわゆる脱藩官僚(経産の古賀さん、原さん 議員の江田さんも?、財務の高橋さんら)の皆さん
とその根本的な主張は同じではないかと思う。

ただ、昨今の官邸主導型の人事を利用した官僚支配の問題点を著者は例をあげて指摘している。
コロナ初動ミス(一斉休校や給付金等)はまさに官僚を無視して進めた結果でしょう。

政治家と官僚のモチベーションが国民の幸せに向かっていないのだろうと想像しています。

若手官僚の離職が象徴するように、誰のために働いているか分からない状況なのだろう。

旧態依然とした前例主義、デジタル化の遅れ、国会待機等の無駄

出来る官僚が辞めていく日本に未来はないのだと思う一冊でした。



ブラック霞が関(新潮新書)
千正康裕
新潮社
2020-11-18


韓ドラあるある!(笑)

爺的にはもっと色々あるんだけどね。面白い!

初雪の大切さ
韓国縁台での会話
筋肉サービスショットなどなど

誰もが納得のハッピーエンドシーンとか。

日本のドラマは勝てないかな。




モトコンポ サービスマニュアル

おそらく以前、中古でモトコンポを購入した時に
購入しただあろう新品のサービスマニュアル

書庫の書籍を整理していたら発見。

昨年?ヤフオクでモトコンポを売却した時に
購入者の方に差し上げれば良かった。。。。

そんな訳で、ヤフオクでかなりの高額で取引されているようなので
ヤフオクで売ります(笑)


2022-04-17_11-04-01_7932022-04-17_11-04-19_134

高速バスは飲酒、飲食禁止なのですね

4月14日新宿バスタより甲府駅行きバス
その後、韮崎駅へ列車

アメリカヤ横丁で一人呑みしようとおもったら、お目当ての店は休み(涙)
韮崎駅でタクシーを待つも、全然来ない。
そんな訳で久しぶりに徒歩で帰宅。1時間。

まあ源流釣行の予行演習としておこう。

夜9時にタクシーが居ない駅っていうのもどうよ?

そうそう、高速バスは今は飲食も飲酒も禁止なのですね。コロナで。
そんなこと全然しらなかった。食べ始めてからアナウンスあり。

DSC_2071
DSC_2070




徒歩で自宅までの道すがら

DSC_2074DSC_2075DSC_2077

釣りに行きたい〜〜

未釣行な爺です。

フィギュアを眺める職場の環境(笑)


278542441_4957822504271979_2766001420197084046_n

東京新聞 4月1日 114歳からの哲学

毎年恒例の東京新聞ではありますが。

なかなか良かったのがコレ。

生きていればまさに62歳

今も版を重ねる14歳からの哲学

114歳の哲学も読んでみたいです(笑) 114万円。

池田晶子さんが存命なら、今の世をどう語るのだろうか?

ちなみに紙面のQRコードからは14歳からの哲学に飛ぶようになっている。

2022-04-02_07-31-54_134




14歳からの哲学 考えるための教科書
池田 晶子
トランスビュー
2003-03-20







世界平和実現 ウクライナとロシア友好国に

4月1日。

これが未来への常識になるウソとして存在し続けて欲しい。

未来を生きる、子供たちが夢をもって生きられる世界に!

Recent Comments
Archives
お薦め映画