おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

読書

書庫整理

終活の意味とスペース不足という意味を込めて雑誌の整理

ビーパル60数冊、考える人 差し上げます。着払いか現地受け取り

焚き火、ナイフ関係は抜いています。芦澤一洋さん関連も抜いてありますが。


2022-08-05_09-54-39_4462022-08-05_09-59-00_0492022-08-05_09-59-04_3182022-08-05_11-15-27_292


闇の盾 寺尾文孝 講談社 2021

図書館本

筆者は1941年生まれ 本書発売時に81歳だろうか。
現在はHPも無い、営業も行わないでも客が絶えないといいう日本リスクコントロールという
会社の社長だという。年会費2000万円だそうです。
高卒後に警察官(機動隊経験あり)、その後、国会議員の私設秘書などで人脈を広げたとの事。
登場人物がまあスゴイ人達ばかり、上場企業社長や幹部、バブル紳士、犯罪者として逮捕された人々、芸能人などなど。

人生の終盤で書いて残して置きたかったのだろうか?
ご自身は犯罪には手を染めなかったのだろうか、ご自身の家族のことなどには触れていません。

金額の単位が10億とか三桁の億だったりして浮世離れしております。



イベルメクチン 大村智 編著 河出新書 2021年11月30日

図書館本

コロナ禍における治療薬としてのイベルメクチンに関する多方面から考察
大村先生のノーベル賞受賞の基礎となった薬品でもある。
個人的に同郷であるし、アフリカでのオンコセルカ症撲滅への多大な貢献を知っている者としても
イベルメクチンがコロナに効果があれば最大限に嬉しい。
またイベルメクチンはジェネリックがすでに存在し、値段も安価で、安全性も長年の経験から明らかではある。

しかしながら、賛否両論であり、査読された論文ですらまだ2021年末では効果が判定出来ない様に
思える内容になっている。
効果があるとする人々は医師主導型の臨床試験結果を元にしていて、実際に効果があると信じている。
またメタ解析では、いちぶ解析方法が誤っているのに修正されることなく論文発表のままであったりする例があるとの事。

2022年7月 本邦においてはコロナ第7波で一日の新規感染者が15万人を超えた。
コロナに対するワクチン、治療薬が、イベルメクチンが多数の命を救った様に多くの人々に
行きわたる事を祈念する。

製薬会社の興和の第三相試験の結果が待たれる。2022年1月にはオミクロン株への抗ウイルス効果確認とのプレスリリースを出している。 https://www.kowa.co.jp/news/2022/press220131.pdf


おもちゃ 河井案里との対話 常井健一 理想社 2022

図書館本 

400ページ弱の大著と言って良い常井氏の取材に基づく力作。

常井氏の他の著作(無敗の男 中村喜四郎 全告白 – 2019)が凄かったので読んでみました。

他にも多くの政治家や政治の世界を扱った著作があります。

本書では案里しの生い立ちから広島での選挙買収事件を多方面から(河合夫妻や関係者、親族も含め)取材してまとめています。

案里は県議になったら公共事業に頼らない産業育成を模索していたと書かれている
慶応のSFCで日本の未来を夢見た女性が、時代の波と政治の波に翻弄され、
男性優位な薄汚い政治の魑魅魍魎の世界で「おもちゃ」にされた、いや、おもちゃに
なって行くことを是認した自分を今後どのように生かしていくのか期待したい。


歴史修正主義に騙されないために

年に何回かあるんです。
図書館で借りて、読み始めて、購入する図書

まさにこれは持っていたい一冊です。



DSC_00028hJBnmlYRQidpUsXHd9Jzw


首相官邸の2800日 長谷川榮一 新潮新書 2022

図書館本

官邸官僚 安倍一強を支えた側近政治の罪 森功 文藝春秋 2019を読んでいたので
著者の事は情報として知っていた。
そして総理会見で記者を指名したりする人、会見を早く終わらせる人でも有名。

本著者も、おそらくこの森氏の著作を読んでいたので、あえて安倍氏との高尾山登山を詳しく
綴っているのだろう。

本書自体は自画自賛、言い訳満載のいわゆるエリート官僚の生き様が良く分ります。
悪いのは僕じゃないもん、チーム安倍でやっているんだもん。
そんな感じです。
山口敬之氏(元TBS 安倍氏本)のベトナムでの韓国軍の蛮行の話を慰安婦問題で話題に
上げるのもね。
プーチンさんとも何度も何度も飯を食っている安倍さんですよね、政治外交の失敗が
戦争なのをご存知ですか? 本書では安倍外交ベタ誉めですが。北方領土も竹島も拉致被害も、
何か解決しました?

官僚に成りたい若者も減りますよ、そして政治家に虐められる官僚として早期退職する
若手官僚たち。ご自身は良いポジションで、第2の人生の様ですね、おめでとうございます。

広報官ってBullshit jobs ですよね。



首相官邸の2800日(新潮新書)
長谷川榮一
新潮社
2022-03-17



半藤一利 語りつくした戦争と平和 保阪正康 監修 東京新聞 2021

図書館本 多くの方に読んで欲しい一冊

2021年〈令和3年〉1月12日逝去

半藤さんは良く知られていますが、「絶対」という言葉は使わない人だと。
ただ「絶対に戦争はいけない」は訴え続けていた。

東京空襲で死を覚悟した経験から、日本の近代史を自らが調べ、面談して記録して、文字に残す。
これまで隠されていた事実が沢山明らかになったのも半藤さんの仕事の結果である。

愚かな絶対悪の戦争をしないために、戦争とは何か、ロシアのウクライナ侵攻が行われている今、
より多く方に読んでもらいたい一冊です。
学校や教科書では習わなかった歴史をしっかり読み込めば、戦争が政治の失敗により起こることが分かるのである。政治的な解決が付かない時の最終手段。

備忘録的メモ
海軍戦史 全100冊が3部作られた。2部は海軍、1部は皇室。2部は敗戦時に焼却
大事な事はすべて昭和史に書いてある。5つの教訓
々駝嬰熱狂をつくってはいけない。そのためにも言論の自由・出版の自由こそが生命である。
∈蚤腓隆躓,砲いて日本人は抽象的な観念論を好む。それを警戒せよ。すなわちリアリズムに徹せよ。
F本型タコツボにおけるエリート小集団主義(例・旧日本陸軍参謀本部作戦課)の弊害を常に心せよ。
す餾歸常識の欠如に絶えず気を配るべし。
イ垢阿棒果を求める短兵急な発想をやめよ。ロングレンジのものの見方を心がけよ。
事業化された戦争 賠償金を得るため
太平洋戦争から学ぶ3つの教訓
1.シビリアンコントロールが守らなければいけない。
2.文化や伝統に反する戦争であった。(特攻や玉砕)
3.死を要求する。(捕虜の待遇、死の命令は出さないという国際的ルール)
中国や北朝鮮が攻めて来たら、、、などと言う政治家。 戦争は政治(外交)の失敗
日露戦争戦史 陸軍海軍とも正しく作ったが、その内容を正確に陸海大学校ですら教えなかった。
 日本人がいかに一生懸命戦ったかなどしか。物語、神話として。
 実際はルーズベルト大統領の仲介でなんとか講和 
 「坂の上の雲」は物語の戦史でしかない
軍部と天皇の関係性 そして太平洋戦争
海軍・陸軍の親独派は薩長、太平洋戦争は官軍(薩長)がはじめて賊軍が終わらせた
デモクラシーの後にファシズムがやってくる。保阪
S3年 張作霖爆殺 新聞社が避難 S6年満州事変 新聞社幹部を飲ませて籠絡
米国が突き付けた3つの原則、象徴天皇、主権在民、戦争放棄 改憲論者の矛盾がここ
歴史の検証 出典公開の努力を
過去を顧み、深い反省の上に立って、惨禍を繰り返さない事が大事。
トルストイ「外交官が解決出来なかった問題が、火薬と血で解決されるわけもない。



陰謀論とニセ科学 左巻健男 ワニブックス新書 2022

ニセ科学論者の第一人者でしょう。左巻先生

これまでも雑誌RiKa Tanの特集で何度もニセ科学を斬ってきました。

本書はその、総集編的な一冊です。
さらに、陰謀論にも言及しています。
まずは、疑って、自分自身で調べれば、論理が成立しているか否か簡単に判断できるはずです。
特に、ニセ科学、ニセ医学で寿命を縮めたり無駄な出費をしないためにも。

くれぐれもニセ科学に騙されないセンスと知力を身につけてください。
もちろんネット上に蔓延しているフェイク情報にも騙されないように。

コロナ禍においても、いかにも専門家の振りをしてモーニングショウなどで小遣い稼ぎしていた
論文もほとんどなく、その論文すら疑惑だらけという女性がおりましたね。
アビガン、アビガンと大声でなんの根拠もなく叫んでおりましたね。

さて、本書ですが特に陰謀論と陰謀の違いなども旨く説明されています。
そして反ワクチン派、津波人工兵器説、アポロ月未着陸説、9.11自演自作説などなど

もちろん、EM、怪しい水の色々な話、波動、超能力などの情報もしっかり書かれています。



官邸は今日も間違える 千正康裕 新潮新書 2021

図書館本

2019年に厚労省を退職された(キャリア職員 医系技官ではない)著者が見た霞が関と永田町。

絶妙な時期(コロナ禍になる前)に厚労省を辞めたのは正解でしょうね。

これまでも厚労省を辞めた医系技官の暴露ぼやき系の著書はありましたが、
本書は法律改正や政策立案などに係わった方なので興味深い。

いわゆる脱藩官僚(経産の古賀さん、原さん 議員の江田さんも?、財務の高橋さんら)の皆さん
とその根本的な主張は同じではないかと思う。

ただ、昨今の官邸主導型の人事を利用した官僚支配の問題点を著者は例をあげて指摘している。
コロナ初動ミス(一斉休校や給付金等)はまさに官僚を無視して進めた結果でしょう。

政治家と官僚のモチベーションが国民の幸せに向かっていないのだろうと想像しています。

若手官僚の離職が象徴するように、誰のために働いているか分からない状況なのだろう。

旧態依然とした前例主義、デジタル化の遅れ、国会待機等の無駄

出来る官僚が辞めていく日本に未来はないのだと思う一冊でした。



ブラック霞が関(新潮新書)
千正康裕
新潮社
2020-11-18


本山賢司さんありがとうございました。

本山さんと面識はありません。

多くの事を教えて頂き、楽しませていただきました。

天国でも楽しい焚き火をしてください。

合掌

2022-04-03_09-26-45_7562022-04-03_09-26-20_4592022-04-03_09-24-19_7042022-04-03_09-02-58_753

野田さん ありがとうございました。


NPOさんに2回目の寄贈する予定で先日から整理していました。野田さん本は球磨川関連の皆さんには良いかなと選んでいました。今はもう天国から世界中の川を見守っているのでしょう。合掌

2022-04-03_08-46-47_047

東京新聞 4月1日 114歳からの哲学

毎年恒例の東京新聞ではありますが。

なかなか良かったのがコレ。

生きていればまさに62歳

今も版を重ねる14歳からの哲学

114歳の哲学も読んでみたいです(笑) 114万円。

池田晶子さんが存命なら、今の世をどう語るのだろうか?

ちなみに紙面のQRコードからは14歳からの哲学に飛ぶようになっている。

2022-04-02_07-31-54_134




14歳からの哲学 考えるための教科書
池田 晶子
トランスビュー
2003-03-20







野田知佑さん逝去




この日が来ることは分かっていた。人は死ぬのだから。

本当にたくさんの著作を読ませていただいた。面識はない。

でも多くの事を学んだ。

自然を愛し、不正を嫌い、犬を愛し、釣りをした。

また一人尊敬できるナチュラリストが逝ってしまった。

R.I.P.



ブックポスト復活

市民からのクレームと東京新聞のおかでしょうか?






なんとも整合性の合わないお知らせですね(笑)



復活したポスト3月24日夜撮影
DB2tCYiaQoux0TqbSrYvng

Amazon Audible 登録



我慢していたけど、月1500円だから(最近外呑みもないし)まあいいかな(笑)

通勤時間(いつもは読書)の目の疲れ(夜更かしyoutube?)などもあり、聞きながらに変更かな。

これでまた漢字が読めなくなるかな。。。

とりあえず、ハラリなどをDLしてみた(書籍も持っているのに(汗)

自由への手紙 オードリー・タン (インタビュー) 講談社 2020

図書館本 良書

インタビューに答える形でオードリー・タンの思想哲学が語られる。
実に明解に、そして分かり易く。
格差から、ジェンダーから、デフォルトから、仕事から自由になるというテーマ。
理想論と言われるかもしれない、しかし理想や夢は追い求めなければ得られもしないだろう。
それは、権力者や国家あるいは一部の利権を握る人々の利己的行動があるのだから。
民主主義にはお金がかかると言われている。だからこそ、より公平に効率的に
国家あるいは地球のシステムをつくり変えなかければいけいないという事だろう。

備忘録的メモ
ドラえもんを生んだ日本(オードリーがファン)
ベイシックインカムの可能性追求
他言語文化としての台湾
オープンなロビー活動 密室の陳情の排除






主な内容 出版社HPより

Chapter0 日本の皆さんへ
「権威のAI」に自由を奪われてはならない
私がスマホを使わない理由
自分の自由のために傷つけあってはいけない
ドラえもんの「かわいさ」が日本の強み

Chapter1 格差から自由になる
格差を拡大するソーシャルメディア
マスクを「すべての人」に
ベーシックインカムの可能性
若い世代に必要なスキルセットとは?
ネット上の対立を回避するには?
ツイッターがリプライ機能を制限した理由

Chapter2 ジェンダーから自由になる
愛する対象はホモサピエンス
ピンクがヒーローの色になる
カミングアウトがしやすい社会
「結婚を祝福されたい」という願い
「家と家」から「個人と個人」の結びつきへ

Chapter3 デフォルトから自由になる
アナキズムと老子の教え
安全な居場所から思いやりは生まれる
強制せずに協働する方法
参加型社会のリーダー像とは?
絶望の切れ間に光がある
政治家よりも#(ハッシュタグ)が力を持つ

Chapter4 仕事から自由になる
AIが怖くない2つの理由
「ハンコ問題」は、ハンコの話ではない
「見えない人たち」を見る目をもつ
理想とお金をセットで考える
経済活動のゲームを超えた働き方
日本人は「改善」の人々




赤石岳、謎の遭難 出利葉義次  風詠社 2022

図書館本 

副題:リニア中央新幹線建設計画の隠された真実
フィクション(小説)なのだけれど、舞台設定と状況はすべてノンフィクション。
著者の登山経験や知識がストーリーの中にふんだんに生かされていると感じる。
そして小説の中で死亡するのは鉄道会社の孫請けボーリング調査会社社長。

最近のリニアトンネル工事で亡くなられた方、そして怪我をされた方もすべて孫請け、下請け会社の方ですよね。原発関連の事故(被曝)と同じ構図ですね。


宮沢賢治「銀河鉄道の夜」を読み解く 大村 紘一郎 アスパラ社 2022


宮沢賢治と保阪嘉内の交友におけるクラーク博士の教えが大島正健甲府中学校長(クラーク一期生)を通じて影響していることは明らかですね。もちろん石橋湛山先生も。良い師に恵まれる事が人生を豊かにする。
そこには、利己を嫌い、利他に生きる嘉内と賢治の共通する世界があった。


275192523_4849137105140520_8136267297616879176_n






歪む社会 安田浩一x倉橋耕平、 論創社 2019

図書館本 良書 お勧め
歴史修正主義とサブカルチャー (倉橋耕平 青弓社 2018)と同時進行で読了
2018年7月から3回にわたる対談

3年前の本書であるが、現時点で感じるのは、ヘイトや差別に対する国民の正しい見方が当時よりはかなりマトモになっている感じはします。差別やいじめで自死する人々が居た事もその潮流の一部かもしれません。
学術的に確定している事柄を、メディア(雑誌、漫画、一般書等)でのビジネスとして歪曲する現実、そして嫌中、反韓などの言説を「売れるから」というだけで商売する出版社。
いかに、騙されないかという文脈で考えると、非常にニセ科学に似ていると感じます。
科学を装い、知識や情報を持たない人々を騙して商売するニセ科学。


備忘録メモ
右派の特徴 言葉が軽い 保守=メインテナンス(笑)
歴史の否定、差別、自己正当化、分断、
内輪論の保守言説を表舞台へ 小林よしのり 1998年新ゴー宣 戦争論
日本会議の後ろ盾としての財界 ニュース女子問題
ヘイトスピーチ側:他者の表現の自由を奪い、表現の自由を主張
小林よしのりを評価して、僕らに(安田氏ら)放任された人たちが、いまの大出版社幹部
朝日の記者だから叩かれる。植村氏は吉田証言を元に記事を書いた事は無い。
コミンテル陰謀論 杉田議員
言説のテンプレート 慰安婦強制連行 一兵士の逸脱行動 すでに罰せられている。
都合の良い歴史、正当化したいものが先に存在
学術的に存在しない歴史修正主義本(大学図書館等に存在しない、学術的に無意味)
歴史と国家の繋がりは留意(国家に都合の良い歴史が記述されていく)
教育学者の藤岡氏が歴史に参入(つくる会)、TOSS 向山氏、ニセ科学、親学、
ニセ科学、トンデモをスルーする学者の問題あり
情報戦、歴史戦というコンテキスト
運用型広告:ネットに表示される広告(使用者の好みに応じる、クリック履歴に対応)
学術本と一般書の価格差。販売部数 ケント本 50万部 筆者印税4500万円 ビジネス
組成濫造によるビジネスを確保した歴史修正主義
ネット使用者に最適化した情報のみの提供
真か偽かの検証無しで流される情報やフェイク
戦争体験した保守議員の引退、消失 古賀、野中
ネットにそう書いてある!の思考停止


歴史修正主義とサブカルチャー 倉橋耕平 青弓社 2018

図書館本 良書 お勧め

歪む社会(安田浩一x倉橋耕平、 論創社 2019)と同時進行で読了。

なぜいとも簡単に歴史的真実が歪められ、市民が信じてしまうのかが理解出来ました。
インターネットで収集する情報は自分に都合が良かったり、心地良いものだけを選択する時代、それに追随する営利企業としての出版社やメディア。
ニセ科学等にも親和性がある歴史修正主義がどの様に蔓延したか時間的な変遷をメディアとの関連で広く深く考察しています。
2022年に読んだわけですが、現時点で俯瞰すると、歴史修正主義者の言動の熱量は下がって来ている(ヘイトや差別に対する法律成立や社会がそれを是正するように動いているせいだと考えたい)。
そして歴史修正主義者の手法を理解しておくことが必要である。

備忘録メモ
専門家と(学術分野)で確定している事実を無視
論争の場所が学術誌や学会でなく、メディア(雑誌、漫画、一般書等)
ビジネスとしての歴史修正主義(サブカルチャー 保守ビジネス、稲田元防衛大臣の誕生)
修正主義の現状は歴史否認、歴史否定
陰謀論を用いて現状を説明可能に見せる
八木、潮、渡部、福田、西尾、桜井、藤岡、小林、ギルバート 歴史学者皆無、メディア知識人の進出
日本会議と教科書採択運動
学術出版社から歴史修正主義的な出版皆無 
ウケる、売れるの基準での出版
「専門家」でないという免罪符、メディアにおけるイデオロギーの「論破」だけでOK
論壇のサブカルチャー化 小林の論壇参入 アマチュアの参入可能
読者が結論を出す、読者参加型メディア 保守論壇誌
民主的議論を演出するメカニズム ゴー宣 
朝日新聞叩き、他紙も慰安婦報道、性奴隷の初出はAP通信 毎日>朝日
国内英字紙での性奴隷表記 朝日>毎日>読売 
朝日を叩くことの商業性(ビジネスチャンス)
アマチュアリズムの中で展開する歴史修正主義
メディア産業界の対立を利用してビジネス化 朝日vs産経
広告収入文化 グーグル検索
情報に対する査読、編集の消失
歴史修正主義者の手法




目次
はじめに

序 章 なぜ「メディア」を問うのか
 1 保守言説の広がり
 2 これまでの調査研究でわかっていること
 3 本書の対象――歴史修正主義と一九九〇年代
 4 「何が語られたか」ではなく「どこで/どのようにして語られたか」
 5 本書のアプローチ――コンバージェンス文化
 6 本書の構成

第1章 歴史修正主義を取り巻く政治とメディア体制──アマチュアリズムとメディア市場
 1 歴史修正主義の特徴
 2 歴史修正主義はどこで/誰が展開しているのか
 3 教科書をめぐる政治運動と右派メディア知識人
 4 歴史修正主義をめぐるメディア市場

第2章 「歴史」を「ディベート」する──教育学と自己啓発メディア
 1 「自由主義史観」と「ディベート」
 2 「歴史」を「ディベート」する
 3 メディアでのディベート表現の展開

第3章 「保守論壇」の変容と読者の教育──顕在化する論壇への参加者
 1 「論壇」の輪郭と「論壇」の問い直し
 2 読者の「教育」――読者コーナーのメディア論

第4章 「慰安婦」問題とマンガ──『新・ゴーマニズム宣言』のメディア論
 1 これまで小林よしのりはどう語られてきたか――先行研究と本書のアプローチの違い
 2 「慰安婦」問題を否定する保守言説の構築とそのメディア特性
 3 「読者」の扱いと言説空間の構築

第5章 メディア間対立を作る形式──〈性奴隷〉と新聞言説をめぐって
 1 〈性奴隷〉の初出をめぐって
 2 主要新聞報道で〈sex slaves〉はどのように用いられたか
 3 批判の「形式」へのこだわり

終 章 コンバージェンス文化の萌芽と現代──アマチュアリズムの行方
 1 コンバージェンス文化の萌芽
 2 コンバージェンス文化の現在

おわりに


鎌倉図書館 サービス劣化は誰の責任?

東京新聞神奈川版の記事

回収車の駐車場が確保できない?(嘘です。5-10分程度止める場所は回収ポスト周辺にあります)
まさに私が良く使う図書回収ボックスです。
通勤帰宅時や出勤時に利用します。

どんどんとサービスが低下している鎌倉市
税収が悪い訳ではありません。

市長が文化芸術に対するマインドが低すぎるのです。
文化宗教都市として多くの知識人や芸術家が住んできた鎌倉。

こんな些細なサービスすら削り落とす市政とは何?

ますます、住民税を納めたくなくなるので、ふるさと納税します!!

2022-02-18_07-33-10_298

東京新聞の矜持 がんばれ

3.11の後に新聞を変更した。
朝日新聞から東京新聞へ

そしてネットの有料購読で毎日新聞

石原節と称してメディアが過去の差別発言を無かった事の様に報じた。

これに対して、東京新聞はある意味、まじめに反省しているようである。

歴史を改ざんしたり修正したりしない態度を今後も続けて欲しい。

FLHKUIvVgAAlH0gAzZ6JIwlSLihsC0mvwZRVAQgztFvJmSRC0prbydXS26g

八ヶ岳デイズ 雑誌

マンネリ化してきたと感じるのは爺だけかもしれませんが(笑)なんか富裕層向けの住宅紹介が多いと思うのはヒガミかな。。。点でみ見ると美しい場所が多い地域なのは確かです。それが線になり面になり、やがて立体空間となるとまた違う視点が生まれると思います。


QdUo0sZgTVSZD4q6a2tsYw




八ヶ岳デイズ 特別版 (TOKYO NEWS MOOK 964号)
東京ニュース通信社
2022-01-17

八ヶ岳デイズ vol.21 (TOKYO NEWS MOOK 944号)
東京ニュース通信社
2021-09-29

大船本

通勤で大船駅をほぼ毎日使うのに周辺の美味しいお店などの
情報に疎い私。
こんな素敵なお店があるんだと気が付きます。
さらに、大船観音や大船駅周辺の歴史まで網羅
ゆっくりと食べ歩きや散策するには最適なガイド本かな。
ただ、以前の様に割引券は付いてない。


WwNQ26KaQoC4OZlQzS9QHw



下の書籍は2018年バージョンかと

大船本 エイ出版社の街ラブ本
ムック編集部
ヘリテージ
2021-07-21

石橋湛山 志村秀太郎 東明社 昭和41年(1966) 

図書館本

志村氏の佐藤垢石の評伝(畸人・佐藤垢石 1978)が面白かったのと
郷土の名士である石橋湛山にも興味があったので読んでみた。

志村氏は大正5年 湛山と同郷(増穂)の生まれ。石橋湛山(1884年〈明治17年〉9月25日 - 1973年〈昭和48年〉4月25日))

湛山氏の幼少期からの生活情報等をこまめに収集している。
そしてあまりに有名ではあるが湛山が2度落第したおかげで、多大な薫陶を受けることになる
大島正健校長が山梨県立第一中学校(後の甲府中学、現甲府一高)赴任する。(1901年明治34年)

この大島校長が札幌農学校のクラーク博士第一期生で、クラークに直接学んでいる。
また、卒業後も第一高等学校に2度不合格している。

早稲田卒業後は東洋経済新報を手伝う事になる。

鎌倉町(現鎌倉市)に居を構え(3人の虚弱の子供のため)、色々と活躍することになる。町議にもなる。神奈川の水道問題に貢献

大正10年にすでに軍縮を提言(37歳)その後も湛山の主張をかばった町村金五氏ら。
昭和9年には海外向け月刊誌「オリエンタル・エコノミスト」を出版
早川徳次、望月小太郎ら山梨同郷の協力なサポート

静岡から国政へ(湛山の父・日布 身延日蓮宗の主力地域)

湛山首相誕生 山梨の議員で湛山に投票したのは内田常雄だけだった。
健康を害して短命に終わる石橋内閣(評者注:孫崎亨氏のある種の陰謀論、岸が絡む、もあるが)
公には老人性肺炎とされている。
政界引退後 中国、ソ連との交流、貿易拡大に尽力

畸人・佐藤垢石
志村秀太郎
講談社
1978-02T



石橋湛山




リニア新幹線特集 週刊金曜日 2021年12月10日号 

副題:そんなに急いでどこへ行く? リニア新幹線


トンネル工事での死亡事故や残土問題、自然破壊問題がなかなか大手メディアで紹介されないのは
原発問題と似ています。巨大広告主である企業に忖度せざるを得ない新聞、雑誌、TVなどの存在です。

JR東海という私企業の案件だったものが財政投融資という3兆円もの資金を国家から低金利で調達してしまった現状(本件も本書で説明あり)はまさに一度走り出した巨大公共事業の暴走は止められないという日本の負の遺産そのものの様に感じます。

本特集では、裁判原告団団長の川村先生、ジャーナリストの樫田氏、井澤氏らの現場に足を運び取材した記事(大手新聞社やTVなどでは決して報道されない)が書かれています。

リニア新幹線予定沿線住民の方はもちろん、近隣の方も是非読んで欲しい記事です。

トンネル残土問題などは、熱海で起きた盛り土による土石流死亡事件にも繋がる話ですね。
また、大深度地下トンネルでの地盤沈下問題(外環道トンネル掘削事件)はまさにリニアでの
大深度地下トンネルと共通する事でしょう。(田園調布ではリニア大深度地下トンネル裁判が始まっています)。

h78SirhSRVWxwDBGHBKwsw





ニセ科学を斬る RikaTan 2022年1月号 通巻40号

残念ながら本号で一応の休刊とのこと。
余力を残してとあるので、ニセ科学だけでも毎年更新して欲しいと思う。

さて本号ですが、まさに現在までのニセ科学集大成と言って良いほどの内容。
1ページに1タイトルで100ページ以上、そして論説として数編がまとめられている。

最近のコロナワクチンmRNAワクチンのデマや陰謀論から始まっている。
そして、EM,水、食品、サプリ、栄養などなど

お金をつぎ込んで体調を壊したら元も子もないのですが、心優しき人々は
信じてしまう。

まずは、疑ってみる事の重要性がニセ科学に騙されない事の基本かもしれません。

是非、多くの方に読んで欲しい一冊です。


YxsmIT6-TyuueqQ5DlU7_w






京大 おどろきのウイルス学講義 宮沢孝幸 PHP新書 2021

図書館本 良書 お勧め

宮沢氏の講義を受けている学生さんたちは幸せだと思う。
しっかりしたウイルス学の基礎から現在、そして未来の展望を俯瞰できるのだから。

2020年初頭からのコロナ禍においては本当のウイルス学者はあまり表に出て
コメントなどをしてこなかった。中には日本にはコロナの専門家はいないと言った
私立大学医学部の教授まで居て驚いたものだ。日本人のコロナ研究大家は現在は
テキサス大学の教授であり、彼の弟子が日本の大学や研究所でコロナウイルスの
研究に従事しています。

また、ご自身の論文内容の疑義があり、アビガンを早く処方しろとテレビで叫んでいた
トンデモ医学博士(医師でも、薬剤師でも、獣医でもない)が毎日の様にテレビの
ワイドショーに出てトンデモコメントをしていたことを記憶している。

本書の著者の宮沢氏も何度かTVに出演していたが、言葉尻を取られて炎上?したことも
あるようだが、それによって彼のこれまでの素晴らしい業績の評価が落ちる事は無い。

著者が危惧するように、ヒトに病気を起こす病原体だけに高額の予算を付けてきた事の
反省が今行われ検証されている。
昨今の新興再興感染症の多くが人獣共通感染症、One Health そしてZoobiquity(汎動物学)と
いう文脈で研究解析されなければいけない事は明白な訳です。人の病気に獣医が口出すな的な
論調がある事に情けなく感じます。ウイルスに職種も国境も関係ないんです。

そして、専門家が自分たちの得意分野を共有して立ち向かわなければいけないのです。

宮沢氏もそれを最後に強調しています。



アフリカ人学長京都修行中 ウスビ・サコ 文藝春秋 2021

図書館本 良書

マリのバマコ(首都)出身のサコさんの京都在住記かな。

日本に30年という事ですが、京都の事を京都人より知っている感じ。
京都の掟的な暗黙の了解や、外部の人は決してわからないルールの数々。

建築(住宅)の専門家として京都を俯瞰してもいて非常に面白い。

「おこしやす」と「おいでやす」の違いも私は当然知りませんでした。

よそのお宅を訪問するときは白い靴下を履く事を、ロータリークラブに入会してから
教わったそうです。

京都で言う「戦前」は応仁の乱の前の事と以前聞いた事があったけど、本書でも
京都の奥深さを感じました。

アフリカ人学長、京都修行中
ウスビ・サコ
文藝春秋
2021-02-15

読書の秋から冬?

最近読書量が減っているのはYoutubeとNetflixのせいだろうな。。。。

お恥ずかしい限りである。

書棚の肥やしになっている本も多数だし。

頑張って読まねば。

元裁判官の本は非常に論理的であり、住民に寄り添っているのである。

添田さんの本はもちろんこれまで通り素晴らしい。


0oS9ogJFTo2Z6j4q9_zsUg
Recent Comments
Archives
お薦め映画