おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

読書

身近にあふれる「科学」が3時間でわかる本 左巻健男 明日香出版 2017

私たちの生活は非常に便利になった(少なくとも自分の人生を振り返ると)。
多くの便利な機械や道具が私たちを助けてくれたり楽しませてくれる。
今後ロボットやAI技術でさらに良くなるのか?それとも人から仕事を奪って
人類は退化するのか。

さて、本書はニセ科学の分野でも有名な左巻先生が編者としてまとめた一冊

日常生活の中で何気に使っている機械の原理や構造を私たちは知らない。
スイッチさえオンにすれば機械は動くと思っている。

まずは身の回りの疑問に思う事が重要だと認識させられる。
不思議の思う事を今ではある意味簡単にネットでも調べられるのだから。
日本の悪しき文化として文系と理系という分け方が未だに蔓延っている。

子供の頃に理科が嫌いになってしまうと、そのまま興味を失い大人になって
簡単にニセ科学やオカルトに騙されてしまう。
もちろん、理系と言われる大学を出ていても、ニセ科学を信じていたり
論理で物事を考えられない人がいたりしますよね。

大人の方も今からでも遅くありません、本書の目次の様な疑問を持ちませんか?
不思議だと思ったら、どんどん調べてみませんか?
子供に、おとうさん、おかあさん、「どうして?」って聞かれて答えられないのは
格好悪くないですか?

そんな僕も本書の55の問いのほとんどを知りませんでした、でも理系の大学出身です(涙)


こんな「どうして?」です。

■第1章 『リビング』にあふれる科学
01 羽根のない扇風機はどうやって風を出しているの?
02 エアコンはどうやって快適な空気をつくっているの?
03 赤外線コタツから出ている光は赤色ではない?
04 リモコンはどうやって指示を送っているの?
05 コンセントの穴はなぜ左右の大きさがちがうの?
06 マンガン乾電池とアルカリ乾電池は何がちがうの?v 07 人の出す熱量は電球1個分と同じ?
08 LED照明の電気代は蛍光灯の半分になる?
09 CD、DVD、BDはどうやって音や映像を記録するの?
10 液晶テレビはどうやって映像を映し出しているの?
10 4Kテレビはどのくらいきれいな画質なの?
11 次世代ディスプレイの有機ELって何?

■第2章 『掃除・洗濯・料理』にあふれる科学
13 ロボット掃除機の頭脳はどうなっている?
14 洗濯洗剤は多く入れても効果がない?
15 酵素入り洗剤はふつうの洗剤と何がちがうの?
16 電子レンジはどうやって食べ物を温めているの?
17 冷蔵庫はどうやって冷やしているの?
18 「焦げつかないフライパン」を使うとなぜ焦げないの?
19 圧力鍋はなぜ短時間でおいしく調理できるの?
20 IHクッキングヒーターはどうやって鍋を加熱するの?

■第3章 『快適生活』にあふれる科学
21 日本の硬貨にはどんな金属が使われているの?
22 「消せるボールペン」はインクを消すわけではない?
23 抗菌グッズは本当に効果があるの?
24 紙おむつはなぜたっぷり吸収してももれないの?
25 電子体温計はなぜ数十秒で測定できるの?
26 最近の水洗トイレは発電もしている?
27 「曇らない鏡」はなぜノーベル賞候補なの?
28 炭酸ガスを出す入浴剤は効果があるの?
29 体脂肪計はお風呂あがりに使うと誤差が出る?
30 ヒートテックはなぜ薄いのに温かいの?

■第4章 『健康・安全管理』にあふれる科学
31 紫外線はカルシウムの吸収を助ける?
32 栄養ドリンクはどのくらい効果があるの?
33 水素水はただの清涼飲料水にすぎない?
34 殺虫剤・防虫剤・虫よけスプレーは人に害はないの?
35 「まぜるな危険」を混ぜたらどうなる?
36 かぜ薬はウイルスや細菌を退治するわけではない?
37 春にインフルエンザが流行するのはなぜ?
38 静電気の「バチッ」はどうすれば防げるの?
39 幼児の誤飲はどう対処すればいい?
40 ヒートショック死を防ぐには夕食前の入浴がいい?
41 冬に多発する一酸化炭素中毒はどう防ぐ?
42 火災を起こす「発火点」と「引火点」って何?

■第5章 『先端技術・乗り物』にあふれる科学
43 太陽電池はどうやって発電しているの?
44 ドローンはラジコンヘリとは全然ちがう?
45 GPSはどうやって位置を特定しているの?
46 3Dプリンターはどうやって「印刷」するの?
47 ICカードや非接触充電のしくみはどうなっているの?
48 生体認証は本当に安全なの?
49 バーコードやQRコードのしくみはどうなっているの?
50 スマホはどうやってネットにつながるの?
51 タッチパネルはどうやって指の動きを検知しているの?
52 走っている電車の中でジャンプをするとどうなる?
53 新幹線はなぜくちばしが伸びたアヒル顔なの?
54 飛行機はなぜ空を飛べるの?
55 エコカーの「エコ」のしくみはどうなっているの?



鎌倉図書館 予約ランキング

スゴイ予約数とスゴイ蔵書数ですね。

さすがです。

住民税分読みたいとは思いつつ(笑)

芸術文化に税金を使って欲しいね、鎌倉は

さて、市長は誰になるのかな?

Screenshot-2017-10-12 利用者サービス:ベストオーダー

Kindle fire HD10

ついついAmazon primeの優待で。。。。 64Gの方を。。。。

タブレットとしての機能として使うのは
電子書籍、メイル、amazon primeの映画や音楽 Facebook、News その他

今回は大きさだけに目が行ってしまいました(笑)

Kidle fire HD10





リニア新幹線が不可能な7つの理由 樫田秀樹 岩波ブックレット 2017年10月

献本御礼

是非とも多くの方に読んでいただきたい。
TVのニュースや新聞ではほとんど報じられないリニア新幹線の問題。
リニアはまさに、原発安全神話報道や巨大公共事業(ダム、高速道路等々)と同じ構図だということが
良く分かります。
すなわち施工側(JR東海)の広告主(原発における電力会社や電事連)に対してメディアは真実や
住民側の声に耳を傾けない。事故が起こったり談合や贈収賄があれば報じるという態度なわけです。

樫田さんは前著
<増補> “悪夢の超特急"リニア中央新幹線 ~建設中止を求めて訴訟へ (旬報社 2016)でも地に這う様な
取材でリニア計画沿線で住民の声を聴き、関連する行政およびJR東海の資料を分析しています。
本書ではより理解しやすくするために、わかりやすく問題点を整理しています。

リニア計画とは?
難問1 膨大な残土
難問2 水涸れ
難問3 住民立ち退き
難問4 乗客の安全確保
難問5 ウラン鉱床
難問6 ずさんなアセスと、住民の反対運動
難問7 難工事と採算性
おわりに―住民・市民の声に耳を傾けられるか

難問7つ(もちろん他にも問題は沢山ありますが(電力消費量や技術的な問題)のどれ一つ現状で解決していません。
にもかかわらず工事だけが進んでいるのです。
いったい誰のための公共交通なのでしょうか?
現在裁判も始まっていますので、これらの問題に対してJR東海は回答せざるを得ない状況になっています。

海外ではイーロン・マスクが主導するハイバーループ計画で時速1000kmを超える超高速次世代交通システムや(世界10か国で路線計画を予定)、中国では時速360劼任料行を再開し、時速500劼凌傾眤システム開発に着手していると報道した(2010年)。

果たして莫大な国費(JR東海単独事業ではなく、実験線やリニア技術開発にすでに国費が投入されている)を投入してまで、大自然破壊を伴うリニア新幹線が必要なのか?大深度地下や南アルプス地下での事故や地震対策は? 原発安全神話を信じていた結果の帰結はどうであったのか。

誰のためのリニア新幹線なのでしょうか?



悪魔と人の間 下里正樹 日本機関誌出版センター 1985

図書館本

731部隊取材紀行

悪魔の飽食の森村誠一さんとともに取材に従事した下里さん(1936-)の渾身の取材記録だろうか。
第3部は下里氏と森村氏の対談(1982年京都大学)

悪魔の飽食の出版無期延期(写真の誤用)という実質的な絶版を角川書店が復刊

身の毛がよだつ証言が集められています。

どうして人が悪魔になったのか、それは戦争という行為だけでは無い、日本人の社会が育んできた
特殊な遺伝子なのかもしれませんね。

備忘録メモ

研究論文における「猿」は誰だったのか?

同僚であるはずの日本人までも青酸カリを飲ませて敗走した日本軍



悪魔と人の間―「731部隊」取材紀行 (1985年)
下里 正樹
日本機関紙出版センター
1985-04

下里正樹
日本機関紙出版センター
1985-04

絶望を生きる哲学 池田晶子の言葉 講談社 2017

図書館本

池田さん(1960-2007)が亡くなってすでに10年。

池田さんにとっての哲学とは生きる知恵だった記憶している。
知る事より考える事。
そして、食うために生きるのではなく、生きるために食う。

おそらく本書で紹介されている池田さんの本は全て目は通していると思うのだが
すでに多くの事が忘却の彼方に行ってしまっていたことを改めて痛感した。

14歳からの哲学をはじめとして、未だに池田さんの著作で絶版になったものは無いと聞く。
良いモノは未来永劫に続いていく、普遍的な価値を継続しながら。

備忘録メモ
正義と倫理が、嫉妬の別名
信教の自由、信教の不自由が正しい 信じることより考える事
「生きる力」というのは、言葉を換えれば、「腹の括り方」みたいなもの。いい大学、いい就職、
それがどうした。「僕は善く生きるということを知っている」
我々の日常とは、明日死ぬ今日の生、その連続以下買いの何ものではない。なのにどうして人は、
言葉を求めずにお金を求めるのか。

本書には登場しませんが、僕の好きな池田の文章

暮らしの哲学より

回帰する季節に記憶を重ねることで、人生の一回性を確認することに他なりません。中略。
大人になっても夏は来ます。でも夏休みはもう決してやって来ない。

毎年、夏の気配を感じとる頃、夏を待っているのか、夏休みをまっているのか、よくわからない感じになる。
大人になって勝手に夏休みをとることができ、贅沢な旅行ができるようになっても、子供の夏休みの日々、
あの濃縮された輝きにかなうものではないとういうことが、よくわかっている。おそらくすべての大人がそうでしょう。

すべての大人は、もう決してやって来ない夏休みを待っている。人生の原点であり頂点でもある無時間の夏、
あれらの日々を記憶の核として、日を重ね、年を重ね、流れ始めた時間の中で繰り返しそこに立ち戻り、
あれらの無垢を超えることはもうこの人生にはあり得ないのだという事実に、今さらながら驚くのではないでしょうか。
(夏休みは輝く)


こんな内容 HPより
不安の正体 ―― 思い込みを見抜く
人間の品格 ―― 無駄な人になりたいか
社会と現実 ―― 損か得かの問題なのか
他人と自分 ―― なぜ人に好かれたいのか
肉体と精神 ―― 病気というチャンス
存在の謎 ―― 自分の命は誰のものか
人生の意味 ―― 生きることに理由があるか
死に方上手 ―― 死んでも続く楽しみ ・・・・・・全92篇



参謀力 若狭勝 双葉社 2017年7月

図書館本

良く分からない解散(2017年9月末)そして選挙(2017年10月)
若狭さん(1956-)が支持する小池さんが都知事になり、都議会は都民ファーストが与党になった。
ある意味、小池さんと若狭さんの合作としての緑の党なのかもしれません。

本書自体はモリ加計問題を6月までの状況で論評し、メインは自叙伝的なご自身の生き様を綴っている。
奥様を早く亡くされ、シングルファーザーとして二人のお子さんを育て、特捜部スタッフとして
大きな事件を担当した。

検事という仕事は罪を裁くというよりは、その罪が本当に被疑者の行った事なのかを多面的に
尋問し調査することだと分かる。

殺人事件、納得できない痴漢事件、政治家の犯罪等を実例をあげて書かれていて興味深い。

賄賂に関しては、お仕立券の話が少しでてくるが、前山梨県知事の名前が出て来ないのは残念だ。

社会弱者が不条理な判決を受けないためにも、しがらみ、忖度といった古い日本の男文化を
払拭したいという若狭さんの今後に期待したい。
原発再稼働に対しても懐疑的な点も評価できる。


できない脳ほど自信過剰 池谷裕二 朝日新聞出版 2017

図書館本

週刊朝日の連載をまとめたモノ

池谷さん(1970− 東大薬学出身、薬学部教授 脳科学)はある意味、次世代を担う頭脳の
持ち主だろうか。
連載のネタは主に科学論文(巻末に170篇のリスト)を取り上げて、人間の生活との関連性を
分かりやすく説明している。
短い文章の積み重ねなので、読みやすく、科学に興味を持つ中学生くらいから十分に理解できる
のでは。
例えば、記憶とは獲得、固定、再生で情報の仕入れ、定着、想起の3ステップなのですが、
そのステップにカフェインと尿酸(ともに構造が近似)と記憶の関係性は?
また池谷さんは自分自身の遺伝子を詳細に調べられていて自分のルーツや遺伝子変異を
明かしています。モンゴル民族の遺伝子が世界に広がっていること、池谷さん自身は東南アジアに
ルーツがあると綴っています。論文としてはScience. 2014 Feb 14;343(6172):747-751.
A genetic atlas of human admixture history. Hellenthal G et al.を紹介しています。
この辺の事はyoutubeのDNAの旅(THE DNA JOURNEY、日本語字幕版もあり)の元にもなっているのでしょう。
また腸内細菌と疾患等の関係も紹介しています。

その他備忘録メモ
内部動機と手段的動機 銭だけ、ポジションだけの目標より好きな事をやることの重要性
美食とは「舌の性感マッサージ」 味覚と旨味成分の関係性

できない脳ほど自信過剰
池谷 裕二
朝日新聞出版
2017-05-19









ドン 飯島勲 プレジデント社 2017

図書館本

政治屋(政治家ではない)になりたい方
悪徳公務員
公共事業依存土建屋さん
そんな人たちには役に立つ一冊ではないかな。


ちょっとくらい(実はかなり)悪い事しても、ズルしてもいいじゃない。
そんな文脈がつらつらと続きます。

まさに今の日本の政治の舞台裏なんでしょう。
確かに政治屋さんのメイン業務は利害調整でしょう、それは否定はしません。

でもね、政治家も公務員も公共事業を請け負う業者も税金で飯食っているんですよね。

都議会のドンの内田さんは偉かったそうですよ。
厚労省の岡光次官も偉かったんだって。有罪でしたよね確か。
良い口利きと悪い口利きがあるんだって。
どうやったら献金が集まりやすいかとかね。
人事委員だった男性から洋服の仕立券(ギフト券)を受け取った知事が罪に問われないドンも
いましたね。

ドン ―最強の敵か、最良の友か
飯島 勲
プレジデント社
2017-06-14

RiKaTan 2017年6月号 特集 科学の「都市伝説」を斬る

図書館本

いろんな都市伝説があることに驚く
信じている人いますか?(笑)

天羽 優子さんの論説
「ニセ科学とスラップ訴訟 EMを例にして 」も勉強になります。

ニセ科学批判はどんどんしましょうね。
ニセ科学に騙されて人生を狂わせたり、お金を失わないために。

こんな内容になります。

科学の都市伝説とは? 左巻 健男

コーラを飲むと骨は溶けるの? 長田 和也
ミネラルウォーターはミネラル含量が多いの? 左巻 健男
酸性食品を食べると体が酸性化するの? 左巻 健男
やせているほど長生きできるの? 長田 和也
ほかに原因があるからタバコで肺がんになるとはいえないの? 清水 隆裕
魚や肉の焦げを食べるとがんになりやすいの? 左巻 健男
うがいでインフルエンザを予防できるの? 平松 大樹
ハチに刺されたとき、オシッコは効くの? 安居 光國
食塩摂り過ぎは高血圧の元凶なの? 左巻 健男
ピアス穴から出てくる白い糸を切ると失明するの? 清水 隆裕
電気分解でイオンは電極へ自由に飛んで行くの? 夏目 雄平・大川 祐輔
牛乳を毎日飲んでいる人は骨折しやすくなるの? 大石 菜摘子
ほうれん草を食べると鉄分がよくとれるの? 仲島 浩紀
早く風邪薬を飲むと、早く風邪が治るの? 清水 隆裕
グルタミン酸ナトリウムを摂り過ぎると「中華料理店症候群」になるの? 松本 忠和
納豆は既に腐っているからっていつまでも食べられるの? シ
牛乳の白ってカルシウムと脂肪分の白なの? 長田 和也
糖尿病の主な原因は、砂糖の摂りすぎなの? 清水 隆裕
携帯電話で医療機器が止まるの? 桝本 輝樹
暗いところで本を読むと視力が落ちるの? 桝本 輝樹
扇風機にあたったまま寝ると死ぬの? 桝本 輝樹
抗生物質はウイルスにも効くの? 吉田 のりまき
モーツァルトを聴くと頭がよくなるの? 伊藤 文
絶対音感は音楽家に必須の音感なの? シ
風邪は、他人にうつすと治るの? 吉田 のりまき
目の裏側にコンタクトレンズが移動するの? 吉田 のりまき
人間は脳を10 %しか使っていないの? 十河 秀敏
右脳人間と左脳人間がいるって本当なの? 左巻 恵美子
ゲームをやりすぎると「ゲーム脳」になるの? 安居 光國
女性のほうが男性よりみずみずしいの? 左巻 健男
体を金粉まみれにすると皮膚呼吸が阻害されて死ぬの? 木色 泰樹
筋肉にたまる乳酸は疲労物質なの? 桝本 輝樹
ウンチは食べ物の残りカスなの? 桝本 輝樹
一卵性の双子は、一つの卵に精子が2匹受精してできるの? 清水 隆裕
胎児のへその緒は、お母さんのへそにつながっているの? 清水 隆裕
首長竜や翼竜も恐竜なの? 松居 誠一郎
恐竜は温血動物なの? 松居 誠一郎
葉が緑色に見えるのは、緑色の波長を利用していないからなの? 安居 光國
緑色の果実は光合成していないの? 伊藤 文
ポケモンの「進化」は進化なの? 松居 誠一郎
金属類を身につけていると、雷に打たれて危ないの? 田崎 真理子
ハガキで蓋をしたコップをひっくり返しても水がこぼれないのは、大気圧のせいなの? 船田 智史
静電気を帯びた下敷きは金属も引きつけるの? 舩田 優
4 階 (10 m ) からストローでジュースは飲めるの? 橋本 鮨
共に質量 1 kg の鉄と綿をはかりの上に載せてはかったら同じ目盛りを示すの? 十河 秀敏
宇宙では体重を天秤ではかっているの? 高山 由香
5 円玉を熱したら膨張して穴は小さくなるの? 田崎 真理子
直列 3本の乾電池の1本が逆になったら 1本と同じ働きなの? 橋本 鮨
クルックス管の羽根車が回転するのは電子の持つ質量が原因なの? 坂元 新
導線を電気が伝わる速さって電子の動きなの? 夏目 雄平
25 ℃の部屋に同じ条件で一晩放置した綿と鉄と水。温度は綿>鉄>水になるの? 藤本 将宏
ガラス容器をかぶせてロウソクの火を消した。この中に 酸素はもう無いの? 藤本 将宏
ブラウン運動は 花粉で観察できるの? 田崎 真理子
凸レンズの実像は直接見ることはできるの? 小波 秀雄
水中で金属 Na が爆発するのは 発生した水素の爆発だけが原因なの? 山崎 誠二
水にモノを溶かすと水溶液の体積はもとの体積の和より小さくなるの? 仲島 浩紀
塩化ナトリウム水溶液は、電気を通さないとイオンに分かれないの? 仲島 浩紀
元素の表「周期表」は、正しくは「周期律表」なの? 長田 和也
火山のマグマは 地球の核からやってくるの? 小田島 庸浩
地震は必ず活断層が起こすの? 小田島 庸浩
流れ星は夜空の星が流れ落ちてるの? 小林 則彦
最強温室効果ガスは二酸化炭素なの? 高山 由香
北極の氷が融けても海面上昇はないの? 高山 由香
海面上昇の主な原因は大陸の氷の融解なの? 丸山 文男

論説
ニセ科学とスラップ訴訟 EMを例にして 天羽 優子


焚き火の達人 伊澤直人 地球丸 2017

購入

焚き火全般に関して書かれています。
読まれて損はないと思います。

秋の良い季節になってきました。

安全に楽しい焚き火をいかがでしょうか?

ソロの焚き火もワイワイがやがやの集団焚き火も楽しいものです。

一つとして同じ焚き火はありません。

一期一会の焚き火を!


カラー写真がもっとあるとさらに良いです。


731免責の系譜 太田昌克 日本評論社 1999

図書館本

2017年NHKスペシャルの番組 731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜 
番組であらたに出て来た証拠を詳細に写し出していた。
それで興味を持ち、過去の書籍を読んでみた。

本書はジャーナリストの調査報道である。緻密な取材を元にいかに731幹部らが罪を免れて
なんら謝罪することなく戦後生きていたかを綴っている。
エリートと言われる官僚、技官(医師、獣医師)らがいかに悪魔として戦争の名の下に悪行を続けてきたのか、
そして戦後、口裏を合わせ、アメリカへ協力することで戦犯免責を付与されたか。

読んでいて、戦争というものが、いかに人間を狂わせるのか、そして感情を失わせるのかが少しだけ
理解できた様に思う。

備忘録メモ
陸軍中央も731部隊での人体実験は承知していた。 
関東軍作戦主任、731部隊担当 竹田宮恒徳央王
風船爆弾に細菌を積む計画 内藤良一軍医中佐(後のミドリ十字社長)人体実験は無かったと嘘証言
100部隊(関東軍軍獣防疫廠)高島一雄獣医大佐 
牛疫ウイルスの風船爆弾でアメリカ攻撃計画
サンダースレポート (戦争免責にかんする文言は無い)
ハバロフスク裁判 日本軍の実験により2千人が死亡 細菌戦関係者12人を捕虜
亀井貫一郎(政治家、通訳) 鎌倉会談
731 2代目部長 北野政次軍医少将(東京帝大医科学部、伝研、石井と同卒業年次)
アメリカでの生物兵器開発と野外実験 1950年以降






NHKスペシャルのHPより 731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜 
戦時中、旧満州で密かに細菌兵器を開発し実戦で使用した、731部隊。部隊が証拠を徹底的に隠滅、元隊員が固く口を閉ざしたため、その実像を知る手がかりは限られてきた。
今回NHKは、終戦直後、旧ソ連で行われたハバロフスク裁判の音声記録を発掘。20時間を越える記録では、部隊中枢メンバーが、国防や国益のためとして細菌兵器を開発した実態、そして旧満州で日本に反発していた中国や旧ソ連の人々を「死刑囚」とし、細菌兵器開発の「実験材料」として扱っていた実態を、克明に語っていた。
さらに、元隊員の資料や当時の学術界の膨大な記録からは、軍だけでなく学術界からも多くの研究者が部隊に参加していた実態が浮かび上がってきた。満州事変以降、学術界が軍と関係を深めていった過程、そして日本軍が旧満州で反発する人々を死刑にすることについて世論の支持が高まる中で「死刑囚」を研究に活用する動きが相次いでいた実態も明らかになってきた。
731部隊はどのようにして生まれ、そして医学者たちは、どう関与していったのか。数百点にのぼる資料をもとに、731部隊設立の謎に迫る。



日曜日の狩猟採集生活 渓流編集部 つり人社 2017

図書館本

ガキの頃、田んぼ、農業用水路、里山、干潟なんかで色んな動植物を採取していた人には
懐かしさと当時のワクワク感をノスタルジックに胸キュンではないでしょうか。

何人かお会いした事がある方も登場するので非常に身近に感じる一冊。

全ての野遊び海遊びは動植物が生きられる自然があるからこそでしょう。
砂防堰堤だの治山ダムなどが地球の血管である河川に血栓の様に作り続けるのは何故なのでしょうか?
そして山から供給される砂が不足して海岸線が浸食されている。

子供や孫たちに今より良い自然環境を残すことが大人の役割だと思います。

そして、子供や孫を連れて自然の中で大いに遊びましょう、食べましょう。

こんな流れ
狩猟採集写真館―外に出てみよう。生きものを捕まえてみよう。
昆虫採集
捕まえた昆虫を食べてみる
春の野山の山菜採り
秋のキノコ狩り案内
渓流で魚釣りをやってみよう
海の採集生活
少年時代の狩猟採集生活

最後のサバイバル何とかの服部某なんていう輩、遊びで魚や獣を殺して食べて、食べ残せば山に
埋める様な売文家の文章は要らないですね。




fam Autumn Issue 2017 (三才ムックvol.964)

つい付録欲しさで(笑)

本自体はキャンプ道具やら

アウトドア料理な感じ


2017_10_01_13_43_16





欠歯生活 北尾トロ 文藝春秋 2017

図書館本

北尾さんの本は、狩猟の本は知っていたので、何気の本書を手に取った。

ここまで歯に特化したエッセイがこれまであっただろうか?
まさに小生と同年代の北尾さんにとっての歯医者さんは
削って詰める、あるいはいきなり抜歯という痛い想い出ばかりなのである。

特に北尾さんは歯が弱いらしく、最初のインプラントが壊れてからの詳細な記録を
本書で綴っている。もちろんそれ以前の歯痛と歯医者さんとの対峙の話も。


テキストを読むだけで歯がムズムズしてきて、歯肉が痛んでくる感覚が湧き上がるのである。

最終的にはメデタシ、メデタシなのだが、ご本人からするとまさに人生における戦争体験記の
ような感じだろうか。

是非とも、本書の印税で少しはインプラント代を補てんしてもらいたいと思う。

幸運にも欠歯は何本かあり、ブリッジもあり、詰め物、被せモノの歯も何本かありますが
いまだインプラントはない読者より。


八ヶ岳デイズ vol.13 2017

今回はパン特集

八ヶ岳山麓にこんなにも沢山のパン屋さんがあるとは驚き。
それも凄く旨そう!

色んな種類のパン、それに付けるジャムやサンドイッチの素材も豊富。

薪ストーブで作るパンなんてのもあります。

また、火災から復活した清里のロックの記事もあります。

なぜか、北杜市長も相変わらず登場するんですね(笑)

ソーラーパネルが素晴らしい自然の景観を壊しまくっていて、多くの観光客の皆さんや地元の方から
クレームがあるにも関わらず今も建設計画があるようです。


MM 市川拓司 小学館 2017

図書館本

市川ワールド全開といった感じです。
電車やバスの中では読まない方が良いと思います。

15才 主人公の二人が過ごした短い期間
そして、いつの日か再び出会うのだろう

大人たちの醜い不正、それを真似た様なクラスメートの存在。
格差、差別、いじめ


そんな中で嘘をつかず、ズルをしない青春ラブストーリー。
そして感動の最終章へ。

種々な映画や音楽を背景に進む展開。

市川さんの描く主人公はいつも心優しく、気くばりができて、相手を思いやる事が出来る。
自己中心的ではないんだよね。
常に利他的なんです。
平気で嘘をつき、ズルをする連中の対極にいる。


ネタばれになるのでこれ以上は書かないでおきます。

一文だけ備忘録として書かせてください。
いまの世界は、なんでこんなのか?誰がこんな世界を作ったのか。
「ずっと、ずっと昔はもっと母性的なものが世界のルールをつくっていたのよ」とモモは言った。
「気前がよくて、面倒見がよくて、優しくて、自分と違っても嫌ったりなんかしない。弱くたって
いい。下手くそだっていい。そういうひとたち」
こういった世界は、何かを成し遂げるには時間が掛かるけど、みんなが幸せでいられる。
「でも、富の概念が生まれた途端に力の原理がしゃしゃり出て来た。中略 巧な嘘や噂なんかに
惑わされたりせずに、自分で考えて、真実を見抜くの。そして欲深い大人たちを孤立させるの。
おこぼれに与ろうなんて考えたりせずに、彼らを孤立させて、恥じ入らせるのよ」

MM
市川 拓司
小学館
2017-07-12


短歌 そして生きること

「施設の新聞で字を覚えた少女」が絞り出す歌 | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準


以前ブログで紹介しました。

その2


大きな賞、おめでとうございます。
短歌があったから生きてこられた。

想像を絶する壮絶な生き様。

ちなみにリンクの記事は下記の岩岡千景さんの本の内容とほぼ同じではないかな。
本当に取材したのでしょうかね??




是非読んでみてはいかがでしょうか?

キリンの子 鳥居歌集
鳥居
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2016-02-09



「満州」再訪・再考 重田 敞弘 草の根出版会 2003

図書館本

副題:平頂山虐殺と731部隊への道

筆者が自らの足で歩いて記録した本。

2017年夏、NHKは731部隊の新な事実をロシア裁判資料から明らかにしましたね。

未だに明かされていない戦争に関する事実。

戦争には常に加害性と被害性の切り口があると思う。

そして自国の歴史に記述されているテキストが果たして正しいのか?
都合の悪い事実を加害側は常に隠蔽しようとするのだろう。

未だに南京虐殺が無かったとまことしやかに主張する人が居る。

そして多くの日本人(自分を含めて)が知らない平頂山虐殺(3000人に及ぶ)を
中国をどの様に記録しているのか。1931年9月16日 

そして731部隊という狂気の集団の悪魔の行為。しかし幹部は罪を逃れた歴史。

被害や虐待を受けた側が何を思うか?そこを想像出来ない日本人にはなりたくないと思った一冊。
沢山の写真が掲載されていて中国の様子も分かります。


暗闘 山口敬之 幻冬舎 2017年1月

図書館本 結構待たされました。

山口氏の「総理」を読んでいたので、一応読んでみた。
相変わらずの安倍氏ヨイショ本。
トランプ氏が大統領選を制し、大統領就任前に安倍氏が誰よりも早く面談した裏話(大した話じゃない)等々。そして外務省の暗闘だそうだ。
どれだけヨイショすれば良いのだろうか。
基地問題も拉致問題も原発問題も何一つ解決していませんよね?
ジャーナリストの役割をご存知でしょうか?

それよりもTBSを更迭されお辞めになった理由を独白した方が良いと思うのですよ。

2015年4月3−4日  しおりさん事件
2015年4月23日   山口氏ワシントン支局長解任
2015年6月8日    成田空港での逮捕状執行されず
2015年8月26日   山口氏書類送検
2016年5月30日   山口氏TBSテレビ退社
2016年7月22日   嫌疑不十分のため不起訴処分

2017年05月29日   しおりさん記者会見 検察審査会に審査申し立て
2017年9月22日   東京第6検察審査会が「不起訴相当」と議決

追記 9月23日
安倍御用記者・山口敬之レイプ疑惑がまさかの不起訴相当に! 官邸による逮捕もみ消しをうやむやで済ませるのか



産経さんの記事

暗闘
山口 敬之
幻冬舎
2017-01-27


総理
山口 敬之
幻冬舎
2016-06-09

メディアに操作される憲法改正国民投票 本間龍 岩波ブックレット 2017

購入

本間さんと言えば原発広告関連と広告代理店に関する著作で有名ですよね。

なんで国民投票?と思い手にした一冊。

なるほど、穴だらけの憲法改正のための国民投票法なんだということが分かります。

原発安全神話やプロパガンダも巨大公共事業やリニア新幹線などの印象操作による広告戦略の
一貫なんですね。
テレビ、ラジオ、新聞、ネット等を制するものが権力を思うがままに操作できるということでしょう。
国民投票法(2007年5月制定)された後、これまでメディアからの問題指摘は無い。それは
電通に忖度するメディア側の弱腰と、過度な広告収入への依存だと本間さんは指摘する。

本書は広告宣伝戦略が憲法改正に大きく関わる事を指摘して、問題点と解決策を提示しています。
そして国民投票はメディアにとっては100年に一度の大特需だということ。

現行法の問題点
外国(人)からの寄付金に対する規制や制限がない。
公務員と教職者の投票運動に対する規制が厳しすぎる。
周知期間、運動期間が短すぎる。
最低投票率が規定されていない。

改憲派の広告宣伝を担当するのは電通である。
改憲派は電通を通じて発議までのスケジュールを想定して広告発注を行う事ができる。(事前に
広告枠を押さえる事ができる)

欧州諸国におけるメディア規制を参考にすべきである。


EM菌 擁護者と批判者の闘い―ドキュメント スラップ名誉毀損裁判 左巻健男 暗黒通信団 2017

いかにニセ科学の業界が怪しく汚いかが分かる

すべて左巻さん側が勝訴している。

しかし、未だにEM汚染は教育界や行政にも蔓延している。

どうしてヒトは簡単に騙されてしまうのだろうか?

理科教育で最低限な教養を養って欲しいと思う。


アマゾンの販売価格がすべて中古品として高額になっておりますが、少しまてば定価の216円に
なると思います。



2017_09_13_11_16_03

日本オオカミは消えたか? 宗像充 旬報社 2017

図書館本 これは購入します。

よくぞここまで調査していただき、また過去の文献を調べて分かりやすく記載していただき有難い。

最近もカワウソが対馬で発見されたとの報道がありました。

読んでいて良く分かったことは、その分類(鑑別)の難しさでしょうか。モデル標本との比較ということからDNAを用いた遺伝的解析になりつつはあるようですが。

簡単に絶滅したから(遠吠えが聞かれない、糞や足跡が見つからないとか)、外部から狼を移入しようなどという安易な流れにならない様にと思います。

日本オオカミとタイリクオオカミ、ヤマイヌ、オオイヌ、他の大陸の近縁種などとの遺伝学的近縁さなどの学問的解析も進んでいるようです。

オオカミが居なくなった事とシカの増加を直接説明する証拠はない。

オオカミによる人的被害(特に子供)は過去に多く報告や記録がある。

焼畑地帯ではオオカミは益獣であった。






狩猟伝承 (ものと人間の文化史 14)
千葉 徳爾
法政大学出版局
1975-01-01


オオカミと自然 そして狩猟

宗像さんの本が凄かった。
これは買わねばと思う。

また千葉さんの本、これも買わねば。

しっかりした調査と過去の資料の読み込みが良い本を作る。

最近のレベルの低い狩猟本やサバイバル云々などという書籍はまったくの問題外で
古典として絶対残らないのであるよ。

少なくとも狼を日本に移入しようなどと言う事が馬鹿げていることが良くわかりました。

2017_09_12_16_29_072017_09_13_08_07_23

サピエンス全史

購入してから大分経ってしまいました

少し落ち着いて読めそうなので出張先まで持参

果たしでどこまで読めるかな。

北里大の大村先生も会食の時に絶賛されていたので。


IMG_20170826_185944









サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福
ユヴァル・ノア・ハラリ
河出書房新社
2016-09-08

サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福
ユヴァル・ノア・ハラリ
河出書房新社
2016-09-08

731とは何であったか

再度真剣に読みたいと思う。
常石さんの本もどこかに埋もれているはずである。

本来人類の健康のためにあるべき医学生物学研究を人を殺すために使った研究者達

医学教育や大学教育の中でもこの負の歴史はしっかりと教えなければいけないと思う。

もちろん、兵器研究をDual useなどと言い逃れして研究費のために民政利用と誤魔化す物理、化学、工学系も。

IMG_20170822_075043

安倍三代 青木理 朝日新聞出版 2017

図書館本

青木さんの本は何冊か読んでいますが、本書が一番凄いと思う。
AERA誌への2015-2016の連載に大幅に追加取材と加筆・修正。

世襲議員として安倍晋三氏
祖父 安倍寛
父  安倍晋太郎

そして母方の祖父岸信介
関係者に対する聞き取り、文献調査などを通して安倍晋三氏を解剖する感じです。

結論から言えば、なぜこんな首相が存在するのか不思議になります。
生涯一度も受験を経験していない晋三氏。
政治家になるまでの多くの友人や恩師の話から、まったく政治的な思想哲学はないし、歴史認識も無い。
いつ洗脳されて、歴史修正主義者になってしまったのだろう?
凡庸で真面目で可もなく不可もなく、仲間内では優しく人が良く要領もいいお坊ちゃま(
青木)

備忘録メモ
安倍寛:東大 村長 国会議員 大政翼賛会の非推薦で議員 金権腐敗批判、戦争反対 2期目1942年 1946年没
安倍晋太郎:東大 国会議員 外務大臣 海軍特攻志願(軍人になりたいとは思っていなかかった) 1951年岸洋子と結婚
西村正雄 東大 晋太郎の異父弟(8才下) 日本興業銀行頭取 晋太郎が対面したのは1979年


翼賛選挙を非推薦で戦った議員 鳩山一郎、芦田均、三木武吉、西尾末広、河野一郎、大野伴陸、片山哲、二階堂進、三木武夫ら

政治の貧困が戦争に導いた、軍部の暴走を政治がコントロールできなかった 田中六助
国連脱退、日独伊三国同盟締結を当時のマスコミが歓迎し国民もこれを支持

安倍三代
青木理
朝日新聞出版
2017-01-20

ぼくたち、ここにいるよ アキノ隊員 影書房 2017年8月

宮城秋乃さん(1978−)の写真図鑑であるとともに殺される動植物と自然の記録でもある。

宝箱の様な多様性に富むやんばるの森。
もちろん毒を持つ動物や昆虫もいるだろう。
でも、それはあくまでも人間という動物の価値観だけなのですよね。

ヘリポッドという戦争訓練用の施設を森を殺し、動植物を殺して作る人間。

言葉を発することが出来ない動植物の姿をアキノ隊員は撮り続けている。
ご自身のFBやHPで素晴らしい写真を公開されているので、そちらも御覧ください。

是非とも多くの方に見て頂きたい本書でもあります。

壊される森の写真を平気で見られる人が少ない事を祈る。

犠牲のシステムのしての沖縄をいつまで続ければ良いのか?

犠牲のシステムとは(高橋哲哉 東大教授)
「犠牲のシステムでは、或る者(たち)の利益が、他のもの(たち)の生活(生命、健康、日常、財産、尊厳、希望等々)を犠牲にして生み出され、維持される。犠牲にする者の利益は、犠牲にされるものの犠牲なしには生み出されないし、維持されない。この犠牲は、通常、隠されているか、共同体(国家、国民、社会、企業等々)にとっての「尊い犠牲」として美化され、正当化されている」


宮城さんを取材した記事がこちらから読むことが出来ます。8月17日 鎌田彗さんの取材
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170817-00010387-jprime-soci&p=1




騙されてたまるか 清水潔 新潮新書 2015

図書館本

「南京事件」を調査せよ 清水潔 文藝春秋 2016 が素晴らしかったので本書も読んでみました。
清水さん(1958-)が居て、調査したおかげで救われた被害者のご家族や冤罪を晴らし、犯人逮捕に
至ったことがある事が分かります。
その背景には、おかしいと思う事はしっかり調査し報道する、調査報道の基本の「キ」がある。
記者クラブの発表報道ばかりを報道だと勘違いしている現状に非常に大きな危機感を感じます。

読むに従い、日本の警察の一部だと信じたいが、非常に杜撰な操作や不正が行われていることが分かります。
足利事件(幼児誘拐殺人)での冤罪では、ほぼ犯人と推定されている人間が未だに逮捕に至っていない現実があり、ある意味、犯罪者が野放しになっている。

第十二章 命すら奪った発表報道――太平洋戦争では、大本営発表というニセ情報を流し続けたメディア、その反省は今の報道に生きているのだろうか?
まさに、権力に忖度してメディア自身が戦争を煽った現実がまた今蘇っていないだろうか?

メディアの幹部が権力者と会食するという現状、まさに太平洋戦争時と同じではないだろうか。

敗戦後72年の今、調査報道の重要性を改めて社会は認識しなければいけないのだろう。


本書の構成はこんな感じ(出版社HPより)

はじめに
第一章 騙されてたまるか――強殺犯ブラジル追跡
「逃げるが勝ち」など許さない/ジャーナリスト・タッグ結成/ホールドアップ/騙された!/強殺犯との対峙/二ヶ国で放送/遺された写真

第二章 歪められた真実――桶川ストーカー殺人事件
「遺言」/豹変/絶望/裏取り/決断/警察が嘘をついた/改竄/情報は簡単に歪む

第三章 調査報道というスタイル
調査報道と発表報道/大統領まで辞任させる調査報道

第四章 おかしいものは、おかしい――冤罪・足利事件
“点”から“線”へ/逮捕/深まる謎/自供とDNA型鑑定/実験/浮上する“影”/神話崩壊/遺族の声/突破口/再鑑定/釈放/真犯人報道

第五章 調査報道はなぜ必要か
「発表報道」のワナ/調査報道が敬遠される理由/それでもなぜ私は報道するのか/伝書鳩化する記者/“真意”が隠されることも/勘弁してくれ、「記者クラブ」/出入り禁止/それは本当に「スクープ」なのか

第六章 現場は思考を超越する――函館ハイジャック事件
とにかく現場へ/事件発生/一瞬の勝負

第七章 「小さな声」を聞け――群馬パソコンデータ消失事件
証言の矛盾や対立をどう判断するか/消えた“被害”

第八章 “裏取り”が生命線――“三億円事件犯”取材
取材現場は“嘘”の山/「三億円事件犯」現れる!/三億円が鳩になった!/潔くボツにする勇気

第九章 謎を解く――北朝鮮拉致事件
現場がわからない/拉致事件の共通点/「猫のタロウを探しに行きます」/橋の上からの風景

第十章 誰がために時効はあるのか――野に放たれる殺人犯
逮捕を潰した「エゴスクープ」/時効が存在する理由/時効撤廃

第十一章 直当たり――北海道図書館職員殺人事件
行方不明/状況分析/直当たり

第十二章 命すら奪った発表報道――太平洋戦争
あなたのマフラーになりたい/一夜/すれ違い/真実を知って/別れのキー/再会/婚約者に導かれ
おわりに



飛躍の挑戦 葛西敬之 WAC 2017

図書館本(葉山)

自画自賛なんですね。
ちなみに、ご自身の女性スキャンダル;1991年9月13日号FOCUSを組織的買占めしたことには触れていません。
自分に反対する者は悪者、政治家を使いひたすら利己的に会社を運営する姿が良く分かります。本書の中では他のJR各社(東日本 松田、西日本 井手)や宮廷革命グループとして悪者のレッテル。
是非とも悪者の皆さんのご意見も伺いたいものです。
また現在は安倍首相の後見人を名乗っているらしいですね。
誰のために働いているのかなと思ってしまいます。
新幹線事業と現在にリニア新幹線構想を同じ土俵(時代背景、経済状況)で考えているようです。
経済成長も見込めない、人口減少が確実な日本、さらには非効率かつ莫大な電力消費と環境破壊が自明であるのにもかかわらず、大規模公共事業のダムや高速道路と同じで一度始めたらひたすら突き進む愚かさ。
読んでいて、なぜこんな老害が許されるのか? 代表取締役名誉会長などという肩書を公共交通を担う会社が許すのだろうか?

備忘録メモ
瀬島龍三氏との知遇(義弟の父親の1年上級)
東海道新幹線と中央新幹線を一元管理できなければJR東海は成り立たない
昭和62年 安倍総務会長(現首相)が「リニア中央新幹線構想」を提起
瀬島、金丸、三塚 山梨実験線
JR東日本との不仲 
米国でのリニア展開 国交事務次官経験者の宿利氏を起用 平成26年

リニアの問題点に関しては下記を推奨
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」橋山禮治郎 2014
<増補> “悪夢の超特急"リニア中央新幹線 ~建設中止を求めて訴訟へ 樫田秀樹 2016
リニア中央新幹線に未来はあるか─鉄道の高速化を考える 西川榮一 2016
危ないリニア新幹線 リニア・市民ネット 2013
安全性の死角―JR東海と新幹線 吉原公一郎 1995 


Profile
鎌倉おやじ
趣味:イワナに遊んでもらう、菜園、読書、焚き火、ランタン

愛読人:内山節、池田晶子、養老孟司、山本素石、高桑信一、相田みつを、宮本常一、網野善彦、野田知佑、南木佳士、川上健一 佐藤優 内田樹(順不同)

夢:晴釣雨読で自給自足、在来魚保護 (最近釣りにはそれほど熱中してません、年のせいでしょうか)
Recent Comments
Archives
お薦め映画