おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

環境

リニア新幹線建設に反対します!

リニア新幹線を考える静岡県民ネットワークからの動画です。是非。



2022年 調査報道が出来るのは信濃毎日と静岡新聞だけの様です。
山梨県などは御用新聞ローカル紙(ミニコミ誌)ですので、広告主と行政の発表報道だけです。

信濃毎日が連載をしております。



日軽金属雨畑ダム(山梨県早川町)のドロドロな不正や違法問題も山梨のメディアはほぼ報道せず。
いつも静岡新聞が調査報道している現状。

そして、リニア新幹線の環境アセスメントや山岳トンネル建設に伴う水問題、そして、リニア新幹線構想という基本的な問題にも鋭く報道している姿は非常に清々しいし、ジャーナリズムの矜持を感じる。

是非、リンクから最近の取り組み記事を読んでいただきたい。



大井川とリニア 第3章 “国策”の舞台裏


事務次官、異例の知事訪問 国交省27年開業へ焦り【大井川とリニア 第3章 “国策”の舞台裏◆


前のめりの小委員会、環境面の議論深まらず【大井川とリニア 第3章 “国策”の舞台裏】


地方創生という大義 期待が先行、衰退懸念も【大井川とリニア 第3章 “国策”の舞台裏ぁ


民間事業 政治関与鈍く 国民の理解得る議論を【大井川とリニア 第3章 “国策”の舞台裏ゴ亜






2020年7月2日の静岡新聞の記事 「時代錯誤のリニア再考を」
地震学者でもある石橋先生の論考 
あまりに正論で、誰か是非反論してください。
静岡新聞200702




こんな本がリニア関係であります(自己購入分だけ)


リニア1リニア2






(当分この記事をトップに置きます。毎日のブログネタは下の方で更新されていますので、よろしく
2019年です。はやく工事を止めないと本当に酷い環境破壊が世界に知られてしまいますね。

最近(2019年11月)、静岡からの情報(まあ山梨にまともな調査報道できるメディアはないので)
がしっかりしています。

一つはこちらのweb


静岡新聞も大井川とリニアの関係をしっかりとアーカイブしてまとめています。是非ご覧ください。


ジャーナリストの樫田さんのクラウドファンディングによる書籍制作 すでに最初のゴールは突破していますが
さらなる調査報道のために皆さんのお力を貸してください。
2019年5月

報道が少ないリニア計画の真実を伝えるため取材費用を募ります。

リンクからよろしくお願いいたします。

日々のリニア関連記事はカテゴリー「リニア」で書き込んでいます。

談合問題や工事関連の事故などは東農リニア通信さんのブログが非常に細かくフォローしておりますのでご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/ookute3435

出来てから嘆いたり、文句を言ってもダメなんだよね。原発やダム、見えない処で進む砂防堰堤やら農業ダムといった利権構造。
分かりやすい動画です。是非ご覧ください。



鉄道・運輸機構はJR東海に第2回目無担保貸付5千億円を実行  2017年1月 ictkofuさんのブログ

2016年7月16日東京新聞 服部某のコメントは自身の売名行為だけだと思いますが、登山者や自然を愛する人たちがリニアに反対していることは嬉しい限り。
160716東京新聞リニア



2014年12月26日 (金) 午前0:00〜時論公論 「リニア中央新幹線着工 期待と課題」中村 幸司 解説委員


2014年11月05日 (水) くらし☆解説 「リニア中央新幹線建設と環境問題」中村 幸司 解説委員
動画はこちらで一部見る事が出来ます。
http://cgi4.nhk.or.jp/eco-channel/jp/movie/play.cgi?did=D0013773305_00000


2011年NHK リニア”が来る 〜日本の環境アセスメント〜
2011年12月21日 放送

リニアと大深度地下。 JR東海の嘘の説明を国会で追及。 3月20日
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=44626&media_type=

2015年3月3日の国会でのリニア


JR東海葛西名誉会長の記者クラブでの講演 自画自賛、悪いの組合、リニア説明会何が問題なんですか?と質問をはぐらかす。どうしてもアメリカにリニアを売り込みたい。だから代表権は渡さない。


2014年10月13日東京青山でのアーサーさんの講演 その後、川村先生との対談
リニア新幹線構想をアメリカの戦後占領政策という文脈から話されていて、目から鱗の方も多いかと思います。


飛んで火に入るリニアの虫 アーサー・ビナード講演会 第2部
https://www.youtube.com/watch?v=S1JyTseB0iQ

樫田さんの新刊(出版社の自主規制で発売直前に没になっていました)が出ました。
橋山先生の書籍が俯瞰的、鳥瞰的論考だとすれば、本書は地域に生きている人々の目線で長期間にわたって取材した渾身の一冊です。






日本自然保護協会からの「リニア中央新幹線補正評価書についての意見」2014年9月12日

youtube動画 17分ほどです。是非、リニア問題の入り口としてご覧ください。



教えていただいたブログです。リニア 原発 野鳥の会
野鳥の会の会長親子がリニアファンクラブは知っておりましたが、ここまでズブズブな会なんですね。
ちなみにリニアファンクラブの有名人の皆様はこちら。


橋山先生が新書でアップデイトされた内容を書かれています。是非ご覧になって考えてみてください。
もちろん反論大歓迎。



リニアのカテゴリー中に書きましたが、多くの方が知らないので備忘録として。
ドイツのリニア失敗、撤退の記事。

北山敏和さんの鉄道いまむかしの中にリニアがまとめられています。山梨リニアのページ等充実しています。

また、これまで出版されたリニア関連書籍のうち、自分自身で読んだものをamazonのリストにまとめておりますので眺めてみてください。いかに1980年代からいい加減な経済予測や提灯記事が本にされて
いたのか分かります。もちろん、的確な情報をもとにした論考した書籍もあります。

動画等に関しては一部別ブログでも紹介しております。

「科学の限界」の著者でもある池内先生の論考 2013年10月25日東京新聞(23日の中日新聞と同じ)
技術優先の単線思考
池内リニア




2013年10月6日東京新聞 夢を疑う
Scan2



2013年9月29日東京新聞朝刊 山口二郎教授記事
JR東海会長の件
9月29日東京新聞 山口二郎




ちょっと古いですがJR東海会長の葛西氏(当時リニア対策本部長)の講演記録です。JR単独事業ではリニアは不可能だと述べています。それも当時は事業費3兆円です。現在9兆円
葛西敬之JR東海リニア対策本部長の関西経済連合会での講演
(昭和63年10月31日講演 経済人 関西経済連合会刊 1989年1月)



2012年7月に書いたブログ:日本野鳥の会 : 原発問題に関する当会の見解
是非ともリニアから出る電磁波と野鳥の問題も調査研究していただきたいですね。
ちなみにこの会の会長親子はリニアファンクラブ員だそうですが。


2013年夏出版 リニアなぜ不要なのか。是非読んでみてください。
危ないリニア新幹線
危ないリニア新幹線 [単行本]

2013年4月15日 衆議院 予算委員会第8分科会 佐々木憲昭議員 
あまり迫力は無いですが国会でドンドン問題点を指摘していただきたいですね。


東濃リニアを考える会のブログです。非常に客観的かつ詳細に過去の分析等をされています。

素晴らしい報道です。2013年の2月まで知らなかった事を恥じています。
日本の環境アセスメントとリニアの関係です。

2011年末のNHKの報道その1
2011年末のNHKの報道その2


リニア新幹線関連書籍(読んだもの)のリストをamazonを使って作ってみました。是非、ご自身で読んでみてはいかがでしょうか。ジャーナリストがJRのデータ垂れ流しで都合の良い経済予測などしていた過去の状況が良くご理解いただけると思います。また、真剣に日本の鉄道や公共交通を考えて議論している方もいます。

山梨県 意見募集 どんどん素朴な疑問と意見を送りましょう。県職員はすでにJR東海社員のように税金でお働きになっています。

日本記者クラブでの橋山先生の講演と質疑応答 2012.10.24




JR東海のHPで山梨などリニア中央新幹線の沿線6都県で開いた住民説明会の資料や質疑の概要を、ホームページ(HP)で公開との事(平成24年10月19日新聞報道)

2012年4月21日(土)、神奈川県の川崎市総合自治会館ホールで行われた、「シンポジウム あなたの真下を「リニア」が通る 〜リニア新幹線は必要なの?〜」の模様。(動画です)  こちらでも視聴できます。

ICT甲府さんのブログが山梨県内の動きをまとめておられます。経済効果等の報道発表されたシミレーションがいかにデタラメかご覧ください。ちなみにこのシミレーションを提出したのはJR東海に資金融資している銀行の下部組織のコンサルタントということらしいです。

断層を横切るんですね
山梨県のHPにも断層の地図があります。
これはあくまでも国の調査に基づく地図であり、原発建設反対訴訟において多々明らかになる「実は断層がありました」的な隠蔽にも気をつけなければいけません。

リニアの駅はJRが作ってやるから、おまえら県別でしっかりしろというプレスリリース。pdfです
いったいJRって何様? 環境評価方法書がよほど不備があり、このままだと着工不能だと認識したのでしょうか。
札束で横っ面を叩いて県知事を働かせるわけだ。実に素晴らしい経営戦略ですね。
そして利用者負担で運賃を取る。もしかして原発・電力と同じ総括原価方式ですか?
2011年11月21日夜追記


まさかと思っていましたが、天皇陛下からいただいた大切な森(恩賜林)にリニアを通すようですね。
恩賜林という言葉は山梨県だけにあるそうです(僕らは子供の頃から聞いているので、全国にも同じような森があるとばかり思っていましたが)。

今年は陛下より御下賜されてから100年の記念事業もあるとの事ですが、、、、
陛下が良しと言われているのでしょうか?

また下記の環境影響評価方法書の内容の杜撰さが各県で問題になっているとの報道があります。
山梨には重要な魚類は居ないんだそうです。本当ですか?在来魚保護に危機感を行政も持っているはずじゃないですか?ヤマトイワナは絶滅しても良いんですか?


中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価方法書(平成23年9月)

8月26日の長野県環境部による意見書。pdfです。
これはJR東海のリニア環境配慮書に対する意見募集に対して行ったものです。

長野県大鹿村の意見書です。pdfです。

トンネルの片方のサイドである大滝村は意見書が出ましたが、もう片方の
山梨県早川町は何も出してないのかな?
ご存じの方ご教示ください。

山梨県立大学の伊藤洋学長のリスク方程式という記事です。
正、続 とあります。
論理的です。是非じっくりとお読みくだされば幸いです。

さらに続々と記事を書いておられます。どうぞ多くの皆さん読んでみてください。
リニアとお猿の電車とは違うんですよ。
6月22日
http://blogs.yahoo.co.jp/kendaigakucho/20328674.html
6月23日
http://blogs.yahoo.co.jp/kendaigakucho/20337364.html
6月24日
http://blogs.yahoo.co.jp/kendaigakucho/20345954.html


2011年7月18日(祝)に相模原でシンポジウムがあるそうです。ここには駅のために2200億が使われるそうですが。。。。
20110718リニア_ページ_120110718リニア_ページ_2




積極的にリニア新幹線の問題を環境というテキストでブログにされている方もいます。こちら。


また山梨県北杜市のブロガーの皆さんのご意見が数日にわたりコメントされています。(6月13日から18日のブログ)
皆さん、真剣に考えていただきありがとうございます。

以上2011年6月21日追記

リニア計画の最終答申案が出され、今パブコメがされています。
答申案は以下のアドレスです。48ページありますので少し重いです。
http://www.mlit.go.jp/common/000142571.pdf

5月5日まで(この日程もなんだかなですが)パブコメが募集されています。是非、賛成、反対、ご自身の意見や不安を書かれてみてはいかがでしょうか。何処かの発電所みたいに、事が起きてからでは遅いと言うことは歴史が証明しています。

パブコメの結果です。まったく答申に反映していません。

誰のための計画なのでしょうか?
将来の需要があるのでしょうか?
未来を担う子供達にこれ以上借金や環境破壊を先送りにしないためにも。


リニア計画ほど不確定要因が多く、多くの困難とリスク(経済的、技術的、環境的)を抱えたプロジェクトは、世界中探してもまず存在しない

コンコルドの轍を踏まないためにも。

必要か、リニア新幹線
必要か、リニア新幹線
クチコミを見る


不公平の無い様にJR東海のリニア関連ページもリンクしておきます。

バイパスは結構ですが、リニアである必要性は無いし、一県一駅のハブ機能も見えない。そんなに急いで日本国内を動く必要性が見えない。

リニア市民ネットはこちら。
みどり・山梨
川村先生関連のリンク
別記事

笹川陽平さんとリニアの関係 金丸さんも登場
笹川さんのハンセン病撲滅計画には頭が下がるが、リニアに関してはダメですね。やはり感染症と科学技術は違うと思う。

山梨県のリニア関連
本当に山梨県のためになると信じているのかね?
信じる者は救われないと思うよ。

リニア中央新幹線建設促進期成同盟会 のページ
通過する県の誰が得をするのでしょうか?県民の皆さんは未来の子供達の事を考えて目先のニンジンを食べない方が良いと思います。

鉄道ジャーナリストで鉄道をこよなく愛する人もリニアを疑問視しています。(第4章等)
鉄道の未来学 (角川oneテーマ21)
鉄道の未来学 (角川oneテーマ21)
クチコミを見る

鉄道は生き残れるか
鉄道は生き残れるか

淡水魚を守る 木村英造(紀村 落釣)という人

2016年 3月14日 逝去 残念でなりません。

「野の学問」を生涯されたヒトだと思います。合掌

木村さんの功績を記念してイタセンパラシンポジウムが2016年11月26日(土曜)大阪で開催されます。
木村さんイベント2
イタセンパラシンポ _ページ_1




5月28日東京新聞夕刊の記事です。
木村先生東京新聞夕刊160528



6月12日 木村さんを支えた高田さんの記事 東京新聞
高田さん160612東京新聞



3月27日 新村安雄さんの東京新聞朝刊の記事 記事の元画像(カラー)もお送りいただきました。
kimura 東京新聞160327
12915049_1031915783554410_2118646115_o




木村先生逝去




東京新聞より
木村英造氏(きむら・えいぞう=元淡水魚保護協会理事長)14日、老衰のため死去、94歳。大阪市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は長女の本庄万里子(ほんじょう・まりこ)さん。

 1971年に淡水魚保護協会を設立。長良川河口堰(ぜき)の反対運動などに取り組んだ。ポルトガル研究でも知られ、著作に「大航海時代の創始者」がある。


2013年11月 
『淡水魚』『淡水魚保護』および特集号の電子書籍化に関して、木村英造先生の承諾を頂きました。
こちらのサイトより執筆者の皆様、およびご興味のある方はご意見、コメントいただければ幸いです。

facebookにもページを作成いたしました。

2012年に奥様ご逝去のお知らせをいただきました。心よりご冥福をお祈りいたします。

幾つかのグループや大学の研究室、公的機関で細々と在来魚の保護のための飼育や渓流保護活動が行われている。
もう一度、木村英造先生が主宰したような団体が出来ないものだろうかと思う。木村先生がお元気なうちに。
リンクしている淡水魚の窓の「平成17年度下半期のご報告」にもありますが木村先生,高田先生が淀川のイタセンパラを守る活動をされています。是非、ご協力ください。
淡水魚の窓はこちら
一竿有縁の渓 根深誠 七つの森書館 2008 より

“木村英造と会う”(第4章 釣り旅の周辺、月刊「弘前」2000年10月号加筆)での根深さんと木村さんの会話が印象深い。山本素石の事、淀川下流域の絶滅寸前のイタセンパラの事、そして木村さんが淡水魚保護協会を解散し引退してから、自らパソコンを練習しホームページを開設してイタセンパラを守ろうとしていること。木村さんが根深さんに言う「ホームページなら1人でもやれる。これが人生最後の闘いになるだろう。もう長くはない。できれば、その間にもう一度君に会いたいな。君は無理をするな、ともかく70歳まで生きろ、そうすればまとまった仕事が出来る」

最近松下竜一氏の本を何冊か読んで、木村英造さんは松下竜一さんような心と魂を持っているのだと再確認した。上手く書けないが、筋が通っているのである。(2010年1月1日 追記)

高田 昌彦さんの木村さん紹介

2007年10月発行 淀川のシンボルフィッシュ イタセンパラ
購入はこちらから

イタセンパラ












協会木村






木村先生木村英造―淡水魚にかける夢

愛をもて 渓魚を語れ


淡水魚の放流に関する記事
生物多様性の保全をめざした魚類の放流ガイドライン
個人的にお勧めな釣りと自然関連本をまとめてみました

おやじのお薦め書籍や森、自然、釣りなどに関して読んだ本をアマゾンを使ってまとめてみました。

水道代 井戸の完成後

昨年末(2021)に丸井戸が完成して。
庭木の水やりメインで使っています。メダカにも。

およそ丸井戸の貯水量は

円柱の体積は 半径x半径x3.14x高さ(底からの水位)なのでアバウトに
0.5x0.5x3.14x6=4.7㎥ と言う事は4700L 我が家の風呂桶が大体200-250L位だから20回分の風呂の量は毎朝確保されているという事だろうか?

と以前書いた。

神奈川県の水道料金が2か月に一度請求される。
おおよそ65立方位で1万円ちょっと 下水道は合併浄化槽なので使っていない。
それが現在では5千円程度で40立方位かな。 約半額になった。
年間6万程度の水道代金(冬は庭の水撒きも少ないが、風呂に使う)

3万円程節約になったかな。
まあ、水撒きの際は井戸ポンプを電気で稼働したり、500リットルの200リットルのローリータンク
に貯水するので、電気代は掛かっている(これは電力量を計算すれば電気代はわかるかな)
500リットルタンク満水に約30分かかる。

井戸水を使って太陽熱温水器なんかを装備すれば、お風呂の水とエコキュートの電気代も減るかも。
それに温泉気分(露天風呂でも良いのだが)。

取りあえず、富士山噴火で上水道が止まっても、水の心配は軽減できるのである。

MINAMATA エンドロール 写真集

弱者が常に痛みを感じる世界。
そんな世界を変える事が出来るのが映画であり、写真であり、多くの民衆その人達だと思う。

NIMBYにならない個人、無関心で済ませない自分たち。

2022-07-17_18-37-09_3742022-07-17_18-37-12_7472022-07-17_18-37-18_1512022-07-17_18-37-23_7792022-07-17_18-37-28_6932022-07-17_18-37-33_7262022-07-17_18-37-38_2502022-07-17_18-37-43_7772022-07-17_18-37-48_7852022-07-17_18-37-53_7202022-07-17_18-37-59_0272022-07-17_18-38-09_1182022-07-17_18-38-12_6902022-07-17_18-38-14_1992022-07-17_18-38-19_4732022-07-17_18-38-24_5982022-07-17_18-38-29_2832022-07-17_18-38-34_8382022-07-17_18-38-39_7982022-07-17_18-38-45_0232022-07-17_18-38-50_4182022-07-17_18-38-56_3292022-07-17_18-39-12_4312022-07-17_18-39-14_282

MINAMATA
アイリーン・美緒子・スミス
クレヴィス
2021-09-07

ユージン・スミス写真集
ユージン スミス
クレヴィス
2017-11-30




















そしてこの写真集は多くの方に見て頂きたい。映画の中のシーンにも多く登場します。
2022-07-18_18-06-06_3822022-07-18_18-07-08_2352022-07-18_18-11-17_731

映画 MINAMATA 2021



Amazon primeでpay per view で見る事が出来る事をしったので。
書籍で知る水俣とはある意味違うインパクトがあります。
もちろん、この作品はフィクション部分もある事は映画の最初に表示されます。
ただし、多くの住民の皆さんが死に、苦しみ、今もなお後遺症など患われているのも事実です。
2013年首相の「水俣病は克服した」との発言の件も含まれています。





「写真は撮られる者だけでなく、撮る者の魂すら奪う。
だから、本気で撮れ。」

ユージンスミス氏の写真集を見ると、この言葉の意味が分かると思います。

ユージン・スミス写真集
ユージン スミス
クレヴィス
2017-11-30


新装版 苦海浄土 (講談社文庫)
石牟礼 道子
講談社
2004-07-15


チェンソーの技術 そして個人の技が凄い

「第4回 日本伐木チャンピオンシップ」 - ニッポン知らなかった選手権 実況中! - NHK





凄いし、カッコイイ、人馬一体、いや人機一体。ハスクとスチールどちらも良いチェンソー。

爺も上手になりたい(笑)

玉切りだけだけど。

里山アジサイ手入れ

下草の伸びが凄い。
NPOさんの普段の手入れが行われないと、里山はすぐに森になり、人の侵入を拒む様になる。
これまで植えてきたヤマアジサイ達もかなり大きくなり、鉢植えでは分からない自然本来の
花を咲かせている。
根元をトリマー刈り、その後刈払い機で下草刈り。

朝の8時から11時位、曇天でしたが、水分補給は1L、家に戻ってからもがぶ飲み。

次回は今日十分でなかった剪定などをしようと思う。

お疲れ様。

DSC_0004DSC_0005DSC_0006DSC_0007DSC_0008DSC_0009

梅雨明け 6月27日 




梅雨が明けたらしい。

いきなり猛暑がはじまり、電力が足りないという。

真剣にテスラの蓄電池の導入を考えよう。
屋根にに8kWのパネルが乗っかっていて、天気がよければ一日の収支はプラスになる。
そんな時に余った電力を蓄電しておけば買電の必要と頻度も下がるしね。

イーロンマスクが考えた世の中がどんどん現実化しているようだ。
特に広大な面積な地域では発電と蓄電で原発も火力発電も不要になる可能性が高い。

無題

日本ミツバチ?

まだ、飼いませんよ(笑)

お勉強、お勉強

簡単ではない事は分かる。

q_LNrlVaRu2nhfPaYC9RWA

里山にヤマアジサイ小径を

6月18日のNPOさんとのコラボ植栽で600株以上のヤマアジサイ(一部園芸アジサイも交じる)を

鎌倉の里山に植栽したことになる。

3年前からの活動で、NPOさんのこまめな下草刈りのおかげで非常に高い生着率で
花も沢山咲いて来ている。

今回はハイキング道の両側に植える事でヤマアジサイ小径になるように植栽。

大き目な株を植えた(2-3年苗)ので来年は開花してくるかな。

2022-06-18_08-52-48_9842022-06-18_11-47-58_3592022-06-18_11-48-19_838

ヤマアジサイ 植栽準備

アジサイの会の会員宅から鉢付のヤマアジサイを102株

里山植栽のために鉢を外し、名札にドリルで穴開け

18日朝から植栽予定

2022-06-17_10-49-34_9802022-06-17_10-49-42_8192022-06-17_13-04-04_5082022-06-17_15-21-56_309

田原さん大丈夫ですか? リニア



公共事業は日本を救うとでも思っているのかな?
それもリニアというローテクで。電力消費や環境負荷を完全無視で、ゼネコンやら利権尊重?


記事より

リニアで令和版の『日本列島改造論』を実現する

そのためには、まず前段となるリニア中央新幹線の品川―名古屋間の工事を迅速に進めることだ。JR東海は2021年4月になって工事費が難工事への対応や追加の地震対策のため「これまでの計画より約1.5兆円増えて約7兆円になる見通しだ」と発表し、2027年を予定していた開業時期も「静岡工区が着

着工が遅れているのは大井川など自然環境への影響を危惧しているためだ。当然、環境への配慮は必要だ。南アルプストンネル問題などは地元が納得する方法で早急に解決しプロジェクトを動かさなければならない。ならば国も関与するべきだ。

財政投融資のかたちで3兆円の国費も入る。JR東海だけに委ねるのではなく、環境問題も含め、国が主体的に関わっていけばスピードは上がるはずだ。

新型コロナウイルスの感染拡大で日本経済は大きく傷んだ。1人10万円を給付するといった程度の対症療法では意味を持たない。新しい富を持つシステムを日本国を舞台につくり上げることが必要だ。そのために日本の大動脈を超電導技術を駆使したリニアモーターカーで差し替える。新幹線はもう古い。半世紀前のものだ。世界も驚かない。

ただし、構想だけは角栄から拝借する。『日本列島改造論』では新幹線のほか、高速道路を軸に、日本列島に静脈を通わせ、日本全体で国を興そうと構想した。インターチェンジを「線」と「面」の結節点と捉え、工業団地や住宅街を形成、人口25万人程度の都市を全国につくる計画だった。これをリニアモーターカーとスマートシティで実現する。南限を沖縄にまで広げ、東シナ海の油田開発と組み合わせるのだ。

『日本列島改造論』の令和版であり、米ニューディール政策の日本版である。





超電導リニアの不都合な真実
謙一, 川辺
草思社
2020-11-30


上高地でのダム計画 元官僚が反対の旗振り

【上高地の1世紀 歩みとこれから】А 嵎欷遏廚函嵳用」揺れ続け 国立公園指定 戦後はダム建設計画|信濃毎日新聞デジタル





上高地でのダム計画 元官僚が反対の旗振り 
公務員の矜持だね。

「■第一部 観光地・上高地の軌跡

 「梓川土地改良区内の村民は日夜是(これ)が開発を考察した結果期せずして上高地ダムを建設する議を決したのであります」

 1954(昭和29)年、社会資本整備を議論する県総合開発審議会に、農業用水の確保を望む梓川下流域の住民から陳情書が提出された。内容は、太平洋戦争中に当時の農林省が調査していた「上高地ダム」の建設推進。県は56年、水力発電や農業用水の確保、治水を目的とした上高地ダム建設を盛った「中信地区総合開発計画」をまとめた。

 県立歴史館(千曲市)に当時の計画概要書が残る。それによると、上高地ダムは岩石や砂利を積み上げる「ロックフィルダム」で高さ約45メートル、貯水量7400万立方メートル。島々谷に建設する3カ所の発電所は最大出力12万4200キロワット。ダム候補地として河童橋付近、明神池の下流側と上流側の3地点が概要書に記されている。

 庁内には異論もあったが、県は前のめりだった。50年には国土総合開発法が制定され、戦後復興に向けた「大義」もあった。他方、国立公園を所管する当時の厚生省はダム建設を認めない立場。56年10月の信濃毎日新聞の記事で、厚生省は「自然景観を将来に保存するためには上高地にダムを建設し人工湖をつくることには反対だ」としていた。

  ◇

 上高地ダム建設の反対運動の旗振り役となった人物がいる。当時の国立公園協会理事長で、日本自然保護協会初代理事長の田村剛(1890〜1979年)。旧内務省職員だった田村は米国などを視察し、日本の国立公園制度の確立に尽力した。国立公園指定以前の上高地を景勝地として全国に知らしめた「日本新八景」の選定にも携わった。

 新八景は27年、大手新聞社が主催し、国民による投票などで渓谷や湖沼など各8部門で1位の名所を決めた。当時、一般に広く知られていなかった上高地は投票で渓谷部門の11位。1位は天龍峡(飯田市)だったが、選考過程で一転、上高地がトップに躍り出た。田村の他、日本初の林学博士とされる本多静六、日本山岳会の創始者の一人である小島烏水(うすい)などの知識人が選考委員に名を連ね、上高地を強く推したとされる。新八景に選ばれた翌28年に国の名勝・天然記念物に、34年に国立公園に指定された。

 日本自然保護協会の現理事長の亀山章さん(78)=東京=によると、当時は日光東照宮(栃木県)や天橋立(京都府)といった歴史文化を感じさせる景観が評価され、「原生的で手付かずの自然景観が美しいとする価値観は根付いていなかった」。国立公園制度の成立を念頭に「日本の新しい風景観の象徴として上高地が選ばれた」とみる。

 田村は56年、上高地ダム建設反対の懇談会に出席した。関係団体で「上高地保存期成連盟」をつくり、ダム反対運動へのろしを上げた。翌57年7月、奈川渡ダムの建設計画へ移行させる案を県が発表し、上高地ダムは中止が決定。現地の地質調査結果から、建設が技術的に困難と判断した。反対運動との激しい衝突は見ないまま、ダムによる水没を免れた。

  ◇

 上高地はその後、75年にマイカー乗り入れ規制が始まり、94(平成6)年のピーク時には年200万人の観光客を数えるまでになった。第1部は、「保護」と「利用」の間で揺れ続けながら有数の山岳リゾートとなった歩みをたどり、現在を見つめる。」


JR東海のドン死す

【JR東海・葛西敬之氏死去】「万全の対策を立て、問題を乗り越える」葛西名誉会長が語る“リニアの現在地”《東京―大阪間が67分に》 | 文春オンライン




多くのメディアが逝去を報道。

しかしながら、なぜか負の部分はまったく報じない。
ご自身の不倫問題が書かれた雑誌を社員を動員して回収させたり。
まったくのローテク技術のリニアを強引に推し進めたり。
(JR東日本の松田氏も反対していた。国鉄解体のトリオの一人だが)
そしてヘイトに近い嫌中派でもあった。

そもそも大蔵省(現財務省)が昭和の3大馬鹿査定に懲りて、リニア中央新幹線に国費を入れない事を決めていたのを、時の権力者(安倍氏ら)を使って財投を使って強引に進めた結果が、今である。

新幹線も赤字、リニアは単独ではペイ出来ないと歴代の社長が著書に書き、とっくに実現されているはずの常温超電導はまったく実現どころか高温超電導でとん挫。

そして、環境アセスメントの杜撰が指摘され、裁判となっている。

時代錯誤と技術過信が招いた愚かなリニア計画、それを推進したのが葛西氏であったことは
歴史に残されるべきでしょう。







キャッチアンドリリース 



パタゴニアらしい論考で、良いと思います。

ただし、本質的な事が書かれていない。

川は、湖沼は、海は、森は、誰のものか?

釣り人だけのものではない。

釣りのために外来種(国内、国外問わず)を放流したりすること自体をどう考えるか?

一人のへっぽこフライフィッシャーとして思う。

リニアと地震

地震の専門家が書いたリニア無用論

審議会の資料や他の専門家の著作や資料をしっかりと読み込んで論じている。
非常に分かりやすく(もちろん専門的な部分は難しい)書かれている。

いかにリニアが危険であるかが淡々とつづられている。

そもそも、南海トラフ地震がリニア運行時に起これば、リニアの乗客の救助より
地上部分の被害の救助、復旧が優先順位が高いだろう。

多くの人が大深度地下で救出を待つことになるだろうと。

そして冬に地震がおこれば南アルプスの非常口から脱出できるの?
絶対無理である。

そんな当たり前のの事が、理路整然と書かれております。
メモが多過ぎて、時間がとれたら要約します。

xBIBVkoyTaSgKvHbg18dmw







野田さん ありがとうございました。


NPOさんに2回目の寄贈する予定で先日から整理していました。野田さん本は球磨川関連の皆さんには良いかなと選んでいました。今はもう天国から世界中の川を見守っているのでしょう。合掌

2022-04-03_08-46-47_047

野田知佑さん逝去




この日が来ることは分かっていた。人は死ぬのだから。

本当にたくさんの著作を読ませていただいた。面識はない。

でも多くの事を学んだ。

自然を愛し、不正を嫌い、犬を愛し、釣りをした。

また一人尊敬できるナチュラリストが逝ってしまった。

R.I.P.



かやぶきの里〜高知県・梼原町〜」 - よみがえる新日本紀行 - NHK

「かやぶきの里〜高知県・梼原町〜」 - よみがえる新日本紀行 - NHK








録画で視聴 昭和55年のカヤの葺き替え、そして2020年 
宮本常一「忘れられた日本人」 土佐源氏の故郷の事には触れていないけれど
宮本常一も茅葺の里を歩き、色々な話を聞いたのだろう。
昭和55年 沢山の子供たちがモチ撒きに参加していた。雪の中の登校風景。
3日間の葺き替えで100本の日本酒が消費された。
沢山のものを失いながら時代は進んでいったんだろう、道の駅には隈研吾氏設計の
茅葺を使った建物が今はある。







故 毛利 甚八 さんも梼原を歩いた





BS世界のドキュメンタリー グレタさん 2020スエーデン

非常に良質な番組でした。

前編、後編 あり



後編でデモの様子が写しだされます。

IT IS TIME TO REBEL. 今こそ抗議する時だ。

このREBELという言葉が好きです。だからバイクもレブルです。
時に反逆という意味あいもあるけれど、常識を疑い、真実を探求するためのREBELなんです。

2022-03-06_22-17-31_8452022-03-06_22-18-25_9422022-03-06_22-19-19_3952022-03-06_12-26-53_802

石木ダム問題 再度

ダムをつくる根拠が無い。

5分だけ動画見てください。

ダムが必要な訳ではなく、ダム工事が必要な人々のための施策はもう止めましょう。







こちらもどうぞ

丸井戸貯水量

丸井戸の貯水量

円柱の体積は 半径x半径x3.14x高さ(底からの水位)なのでアバウトに
0.5x0.5x3.14x6=4.7㎥ と言う事は4700L 我が家の風呂桶が大体200-250L位だから20回分の風呂の量は毎朝確保されているという事だろうか? 色んな事が出来そうだ(笑)

水質検査は年明け予定

2021-12-30_10-09-49_0392021-12-30_10-10-03_4272021-12-30_10-11-58_383

丸井戸

12月13日から丸井戸の工事をしていただいています。
24日位には深さ8m程度の井戸が出来るでしょう。

今日(18日)現在 7m程度です。硬めの地層でエアーハンマーで砕きながら
土砂を引き揚げています。

6m位の地層からは貝も発見

爺はひたすら、その残土を使って庭の平面化です。

2021-12-18_12-08-54_9002021-12-17_16-01-50_318

熊ホウトウ

先日のボランティア

モンベルのムーンライト7が3個並ぶと壮観

本来、ムーンライトシリーズは月明りでも簡単に迅速に組み立てられるというコンセプトだったと思うのですが、ムーンライト5とか7はかなり慣れていないと結構時間がかかる。
ちなみに爺は全種類を持っている(笑)
源流行には1or 2を持参していたが、最近はさらに軽量にしたくてツエルトで室内の結露をガマンするのが定番となっている。

さて、貼るのを忘れていた、今月17日捕獲された熊肉入りのホウトウ

なぜか体が非常に暖まるのである。
若いカップルには危険かもね(笑)


DSC_1920DSC_1923DSC_1924DSC_1929

ダムが必要な訳でなく、ダム工事が必要な人々のための公共工事 石木ダム

石木ダム着工も抗議続く 強制収用に現実味 専門家は歩み寄り呼び掛け /長崎 | 毎日新聞



誰のための公共事業?

ダムが不要な事は、すでに専門家からも指摘されていて、ダム工事が欲しい人々のための
公共事業となっている


以下記事

 川棚町に計画され、水没予定地に今も13世帯が住み続ける石木ダムで、土地・建物を強制収用する行政代執行が現実味を帯びてきた。1975年度に事業採択され、座り込みなどの活動で長年着工が見送られてきたが、今年9月、抗議の動きが続く中で、県が本体工事に着手した。現状のまま工事が進めば強制収用は避けられない。専門家は「代執行は双方が痛手を負う」とし、行政と住民に歩み寄りを呼び掛ける。

 「これ以上の先延ばしは難しい」。ダムの本体工事が始まった翌日の9月9日、中村法道知事は険しい表情で語った。

 県は、対話での解決を目指してきたと強調する。昨年11月ごろ「白紙撤回が話し合いの条件ではない」との住民側意向を受け、協議の機会を模索。しかし、協議のテーブルにも着けないまま、対話期限と設定した今年8月が過ぎた。県は「条件面で折り合いが付かなかった」とする。

 現在のダム完成目標は2025年度。工期を見据えると、工事を進めざるを得ない段階だ。住民の土地の権利は既に消滅し、明け渡し期限も過ぎた。法的には、県はいつでも強制収用できる状態だ。裁判でも県の主張を認める判決が続く。

 県によると、現時点で、工事に伴い今後収用対象となるのは、住民が抗議や監視のため40年以上前に建設した「団結小屋」。ただ担当者は、住宅も「いずれは対象になる」と話す。

 一方、住民側が軟化する気配はない。岩永正さん(70)は「県は、ダムをつくってしまえば私たちが逃げると思っているんだろうが、そうはいかない」と憤る。

 最近では、福岡県が15年、東九州自動車道の予定ルートで、用地買収に応じなかった豊前市のミカン園を強制収用した例がある。小屋などを撤去し、土地を西日本高速道路に引き渡した。国土交通省によると、国が直轄・補助するダム建設事業に関する代執行は、ここ10年間ほどでは把握していないという。

 鹿児島大学術研究院の宇那木正寛教授(行政法)は、成田空港建設に反対する三里塚闘争の経緯から「力による執行は力による抵抗を生む」との教訓が得られたとする。「代執行の強行は行政への信頼を損ね、他の公共事業に協力が得にくくなる可能性がある。住民側にも喪失感が残るだろう。唯一の解決法は話し合いだ。交渉テーブルに着くため、まず双方の歩み寄りが必要だ」と指摘している。

 ■ことば
石木ダム

 県と佐世保市が川棚町の石木川に計画するダム。佐世保市の利水と、川棚町の治水が目的。計画では総貯水量約548万トンで、事業費は約285億円。国が1975年度に事業採択した。県は82年、土地の強制測量に県警機動隊を動員して座り込む住民らを排除し、対立が深まった。県は2010年に水没道路の付け替え工事を始め、21年9月、本体工事に着手。建設に伴う移転対象のうち約8割の54世帯は既に転居し、13世帯が残る。

〔長崎版〕






雨畑公害 みんな知っていたのに

山梨・雨畑ダム下流 底生生物激減か 民間研究者、昨年調査|あなたの静岡新聞


11月28日静岡新聞


行政も地元住民も皆知っていましたよね?
まあ、日軽金関連企業の元社長が山梨県職員の天下りでしたから。

静岡県側から告発されなければ、すべて闇の中だったでしょう。

リニア、雨畑と残念過ぎる11期連続町長の町。


以下記事


駿河湾産サクラエビの不漁をきっかけに注目されている富士川水系の河川環境で、雨畑ダム下流の雨畑川や、同川が流入する早川下流(いずれも山梨県早川町)で底生生物(水生昆虫類)の数が激減しているとみられることが、同県の民間研究者の調査で27日までに明らかになった。底生生物はアユと並び河川環境の良しあしを示す指標とされ、研究者は近年の環境の変化に警鐘を鳴らしている。


 地域自然財産研究所の篠田授樹さん(55)=山梨県都留市=が1994年と2020年にほぼ同一箇所の29地点で、25センチ四方の枠を河床などに置き、枠内にいる底生生物の調査を行った結果を比較して判明した。
 篠田さんが集めたサンプルの比較では、雨畑ダムから2キロほど下流の雨畑川と、富士川本流との合流地点から3キロほど上流の早川で1994年にはそれぞれ1平方メートル当たりに換算し、千個体以上がいたコカゲロウやユスリカの仲間の幼虫が、2020年にはほぼみられなくなった。
 ダムから2キロほど下流の雨畑川の調査ポイントは、19年まで約10年間、採石業者による高分子凝集剤入り汚泥(ポリマー汚泥)の不法投棄が続いた場所の約200メートル下流。篠田さんは底生生物の激減について「原因は不明だが普通ではない」と話していて、ダム由来の濁りや日本軽金属の自家発電用水力発電施設の取水による水枯れが原因の可能性もあると指摘する。
 一方で、篠田さんの調査では、雨畑ダムの10キロほど上流では、底生生物の数にはほとんど変化はみられなかった。近年、大規模な土砂崩れの発生が伝えられる雨畑ダム上流だが、篠田さんは「ダムより上の雨畑川の自然は依然豊かだ」と話し、「自然の濁りは数日でとれる。底生生物を元に戻すには河川での工事など人の振る舞いを変える必要がある」と訴える。
 昨年、29地点で実施した調査で得たサンプルについて、底生生物の種類ごとの生息数なども分析する予定。
 
 ■通称「カワムシ」生息状況 国、支流は調査せず
 国土交通省はおおむね5年ごとに行う「河川水辺の国勢調査」で、早川と富士川の合流地点から下流の富士川本流3地点で釣り人が「カワムシ」と呼ぶ底生生物の生息状況の調査をしている。ただ、支流では未実施だ。篠田授樹さんの調査データは学術的にも貴重とみられる。
 取材班が同省関東地方整備局に情報公開請求して得た、2015年に委託先のコンサル会社が実施した最新の調査結果では、前回実施の10年と比較したうえで「富士川水系における底生動物相には大きな変化は生じていないものと考えられる」と結論付けている。
 一方、篠田さんのデータからは、雨畑ダムの堆砂やポリマー汚泥の不法投棄などで変貌が伝えられる同じ富士川水系の雨畑川や早川の河川環境の変化がうかがい知れる結果となった。



井戸を掘る

防災やら趣味やらで井戸に興味がある。
母親の実家にも、私の韮崎の家(中古購入時)にも井戸がある。

そんな訳で井戸なのである。

まず水が出るのかどうかの試掘。11月16日 無事に水はありそう。8m
地層の変化が面白い

そして用水確認 11月19日
地上から1.2mの所まで水がある。

ポンプでくみ上げると綺麗な水が出てくる。

これで本堀り出来そう。

1月が楽しみ

11月16日 試掘
2021-11-16_10-01-22_5292021-11-16_16-15-10_355





11月19日 用水確認
2021-11-19_09-22-27_1642021-11-19_09-26-41_9552021-11-19_09-29-34_258

奥会津最後のマタギ 滝田誠一郎 小学館 2021

図書館本 良書

1950年生まれの猪俣昭夫さんの日常を追ったノンフィクション。
著者の滝田さんの著作には多くの評伝があり、非常に読みやすい。
人物を見る目が確かで優しいと感じます。

狩猟、ニホンミツバチ、ヒメマス、川釣り、在来野菜、マタギ育成などなど
非常に興味深い、民俗学的な背景なども含めて猪俣さんと猪俣さんの仲間たちの
生活綴られている。

最近ではドローンを使ったクマの狩猟だったり、農薬(ネオニコ)によるミツバチの激減なども
記されています。

自然の中で生かされている人々の生きる智慧が未来にも受け継がれる事を願わずには
いられないです。


事故続出 リニア

リニア工事で相次ぐ事故、沿線住民がJR東海と国交省に中断求める「外環の陥没からも不安感じる」:東京新聞 TOKYO Web



今後も確実に続くのでしょう。
遅延している工事を早めるので当然です。

COP26でも化石賞を頂いた日本
新幹線の4倍の電力消費をするリニアでさらに環境破壊

世界の嫌われモノにまっしぐら。







ネオニコと生態

報道特集 ネオニコ系農薬・ヒトへの影響は・・・ | TBS FREE


ちょうど本を読みだしたら、報道特集でやっていましたね。
20211106TBS

沈黙の春 再びか!








Recent Comments
Archives
お薦め映画