中国中車、時速600舛離螢縫完成 JR東海に肉薄: 日本経済新聞


ここにきて、報道各社が中国のリニアを書き始めていますね。

大陸的には優れた交通手段だとは思いますが
果たして、電力消費や環境破壊といった問題をどこまで解決できるのか?
また、これまで中国の交通システムでABC,CNN等までが騙されたフェイクニュース(企業側が
投資者を騙すため)の大規模なハリボテ式のプレスリリースもありますし(笑)




【大連=渡辺伸】鉄道車両製造で世界最大手の中国中車は20日、時速600銑辰覗るリニアモーターカーが完成したと発表した。中国の鉄道として最速となる。JR東海はリニア車両で最高時速603銑辰魑録しており、それに迫る形となる。鉄道分野で世界的に技術開発競争が激しくなりそうだ。

中車の孫永才董事長は発表文で「中国の高速リニアは産業化する能力がある」とコメントし、実用化へ意欲を示した。具体的な計画は明らかにしていない。同社は巨大経済圏構想「一帯一路」などの国に車両を輸出しており、技術力をアピールする狙いもありそうだ。

同車両は5両編成。2016年10月に開発に着手。20年6月に試験走行に成功後、調整を続けてきた。車両は軽さや強度の高さが特徴という。19年時点の試算では列車を待つ時間などを含めた所要時間は北京と上海間で3時間半。新幹線に比べ約2時間短縮できるという。

JR東海はリニア車両の試験走行で15年、鉄道の世界最高速度である時速603銑辰魑録。営業運転で最高時速500銑辰箸覆襯螢縫中央新幹線の計画を進めている。

中車は20年12月期の売上高が2276億元(約3.8兆円)、純利益が113億元。同社は15年、国有鉄道メーカーの中国北車と中国南車が合併して誕生した。