星野ルネさんの3冊目かな。


単に世界のことわざの本なら参考文献にリストされている本を読めば良い。
この本の素晴らしさはルネさんの体験に基づくウイットやちょっとしたヒントがある点だろう。

多様性の中に実は世界共通の真理が有る様に感じる。
Love and Peace 誰もが願う共通ゴール。

ことわざを通じて、人類が恨み合い、殺し合う事がない社会をと思う。

最初の方のページはカラーでとてもビビットと素晴らしい。
出来れば、少しお値段上がっても良いのでオールカラーで出版して欲しい。
それほど綺麗でためになる本である。




まんが アフリカ少年が日本で育った結果
星野 ルネ
毎日新聞出版
2018-08-20