図書館本

半藤さん(1930-)と池上さん(1950-)の対談

半藤さんは以前、歴史に学ぶのでなく、歴史を学ぶべきだと指摘した。
昭和史を専門家と言われるまでになった編集者でもあり、歴史家でもあるのだろう。
昭和、平成そして令和となった現在。
いかに歴史を学び、そこから戦争のなかった平成を令和にも続けるのか?

備忘録メモ

細川政権は近衛と同じだからダメ、その通りになった。
福島原発事故と戦時中の報道規制(鳥取大地震、東南海地震、三河地震)
天皇と災害慰問の時代
寄り添うという言葉を消した安倍首相
原子力の平和利用のウソ 広告代理店から柏崎原発視察の誘い(文藝春秋編集長時代に何べんも、池上さんも)
広告で黙らせる電力会社 福島原発事故の時に発売された日経ビジネス(有名俳優を使う 日経ビジネス2011年3月14日号)
原発輸出はことごとく失敗(安倍政権)
日本 バスに乗りこくれるな的な失敗 3国同盟、クエート侵攻(日本の金は米軍へ)
半藤さん 平成30年8月15日 秋篠宮家の悠仁さん(小6)に昭和史を講義 その後秋篠宮へ講義
(日本の国防の難しさ、海岸線の長さ
言葉の言い換え、大本営時代と同じ 移民ー外国人労働者 戦闘ー武力衝突 単純労働ー特定技能
官僚が政治家に忖度しはじめた時代 内閣府人事
帝国陸海軍  〜〜のはずがない、〜〜するはずがない 神話 
赤字国債、プレミアム商品券 公明党対策
労働者派遣法 竹中平蔵 派遣する側会社の会長
軍部独走 昭和天皇が摂政になったころから始まった 天皇への軍人教育
生前退位と政府の軋轢
昭和天皇の核武装発言