山梨知事選 後藤氏が公約発表「リンケージ人口拡大」(産経新聞) - Yahoo!ニュース


ぜ〜〜ぶ補助金ですかね?

他の候補も色々と言っているみたいですが、本当、人材が居ないのね。

お仕立券知事の後は、何もしない(出来ない?)知事。そして次は?


後日検証するためにメモ


来年1月27日投開票の知事選に向け、現職の後藤斎氏(61)が20日、甲府市内で公約を発表した。1期目の総合計画「ダイナミックやまなし」を改定、追加した50の政策を示した。

 最大課題の人口減対策では、旅行者など交流人口も加えた「リンケージ人口の拡大を図る」と強調。移住と定住促進の情報発信を強化するため、「総合拠点を創設する」と述べた。

 後藤氏は前回知事選で、「リニア開業後の県人口を100万人」との公約を掲げて当選したが、当選後の平成27年9月、「リンケージ人口」を示し、公約を修正した。

 また、国連や政府が推進する「環境」「経済」「社会」の相互連携「SDGs」(持続可能な開発目標)で先進都市を目指すことも明らかにした。

 「森林の水資源が飲料、酒類の原料や農業、観光振興につながる」などの例を説明し、内閣府が選定するモデル都市を目指す考えを示した。

 このほか、AI(人工知能)などに即応できる産業人材の育成▽健康寿命延伸と連携した企業、研究所の誘致▽在宅育児サービスの提供▽少人数学級の充実▽ICT(情報通信技術)を活用する「スマート自治体」による県民サービス充実−などを掲げた。