図書館本

前作に続いて衝撃的というか執念の調査報告。
決して陰謀論や妄想の結果とは思わない。
不可思議な事があまりに多すぎる。
筆者はそれを一つ一つ丁寧にかつ論理的、科学的に詰めていく。
おそらく、更なる証拠もお持ちなのだろう。

ご遺族の方に早く真実を伝えてあげたいという強いマインドを感じます。

備忘録メモ
ファントム2機の日航機追尾
日航機機体腹部付近の赤い物体
運輸省 1トンもの書類廃棄
生のボイスレコーダーの非公開
検死医師の証言 2度焼きした形跡
ケロシン(航空機燃料)で焼けた遺体写真(学術書や論文)との違い
遺体の無い場所は燃えていない
山頂付近にて旋回し、物の上げ下げしていたヘリコプター 
スチュワーデスの制服焼けていない
機長の制服ない
機長 自衛隊出身パイロット
日航機尻もち事故担当検査官の自殺
後部圧力隔壁を自衛隊隊員がエンジンカッターで5分割(生存者もいない現場)
国産ミサイル開発研究で洋上訓練
ジェット燃料に含まれない物質の検出 火炎放射器の成分?
海底に沈んでいる(発見済み)機体の一部の未調査

日航123便墜落 遺物は真相を語る
青山透子
河出書房新社
2018-07-21