川辺川ダム:熊本県知事の建設白紙撤回から10年 「ダムによらない治水」の今は - 毎日新聞


有料で、全部を読めませんが。
球磨川の支流の梶原川で釣りをした当時、もう工事はかなり進んでいました。
こんな素晴らしい川がダムで潰されてしまうのだなと、無力さを感じていました。

でも、国の不正や地元の方の努力でダム計画は一時的に止まっています。
永遠にストップしてほしい。


以下記事
熊本県の蒲島(かばしま)郁夫知事が、球磨川水系で進められていた国の川辺川ダム建設計画の白紙撤回を表明して11日で10年となった。表明1年後に誕生した旧民主党政権が中止を決断し、ダム計画は休眠状態となったが、特定多目的ダム法に基づく廃止手続きはとられておらず、ダム計画は法的に今も生きている。ダムによらない球磨川水系の治水を考える国、県、地元自治体の協議は決着しておらず、計画が息を吹き返す可能性も残っている。【福岡賢正】

 「『現在の民意』は川辺川ダムによらない治水を追求し、いまある球磨川を守っていくことを選択している」…




僕は福岡さんの本で川辺川問題を知りました。