先日のガーナ訪問での頂きもの。

ガーナ大学からのマグカップ、カウスボタン、ピンバッチ

大使館某女史より シエラレオネとリベリアのお土産
シエラもリベリアも内戦前しかしらない(1980年代)ので、平和が構築されることを
切に願うのみ。

宮本常一が離島支援を行った頃、自分自身で「発展とは何か、進歩とは何か」と悩み続けたという。

欧米型のいわゆる開発援助が果たして住民の皆さんを本当に幸せにするのか?

そんな事をず〜〜と考え続けているおやじである。
1つだけ確信をもって言えるのは、子供が元気に大きくなるために感染症は少ない方が良いだろう。
そんな事を考えながら仕事をしています。

IMG_2150IMG_2155




援助じゃアフリカは発展しない
ダンビサ・モヨ
東洋経済新報社
2010-07-30