図書館本(厚木市立図書館)

ツキノワグマに関して網羅的に記載されていて昨今の獣害や絶滅危惧種としてのクマ問題を知るには
非常に良書だと思う。ただ値段が3600円はなかなか市民や学生には手が出しにくい。
もちろん紙ベースの本にする事は重要なのかもしれないが、pdfベースでも良いから多くの人に読んで貰うというのが筆者の願いではないではないだろうか?
そして多くの仕事は科研費や補助金等でなされており、論文などは現在オープンアクセスになっており無料で市民が読める様になりつつある。

さて備忘録メモ

クマの行動圏:オス>メス 地域差はある
人里への出没の常態化 2004年から隔年で 年間2000頭から4000頭の捕殺
ヒノキの精油に異常に執着 クマ剥ぎ行動との関連
ヒグマとツキノワグマ どちらが攻撃的という答えはない
管理保全の取り組み 九州は絶滅(おそらく)四国(絶滅危惧)他は増加?
非致死的管理の試み 奥山放獣 学習放獣 テレメトリー追跡 効果は高い 再被害率低い
種子散布者としてのツキノワグマ、垂直方向に植物の分布を押し上げる
クマの生存理由を問う必要はない by米田一彦 日本人より日本に長く住んでいるクマ
ツキノワグマの管理は自治体単位でなく地域の集団(地域個体群)が望ましい
人身事故統計の収集の難しさ データベース無し
生態調査、管理法確立、人材育成 予算が少なすぎる
極端な排除主義、過激な愛護思想は建設的な保護管理遂行の障害



目次(出版社より)
主要目次
はじめに

第1章 ツキノワグマという動物
 1 クマの仲間
 2 アジアのツキノワグマ
 3 日本への渡来
 4 日本のツキノワグマ 
第2章 森や人間の変化
 1 分布域の急激な拡大
 2 人里への出没
 3 出没のメカニズム
 4 個体数の増加
 5 はげ山だった日本の山々
 6 狩猟者の減少
 7 里山の機能喪失
第3章 人間との衝突
 1 農業被害
 2 林業被害
 3 畜産業・水産業被害
 4 心理的な被害
 5 人身事故の実態
 6 ツキノワグマの行動の変化
第4章 姿を消したツキノワグマ
 1 九州のツキノワグマ
 2 四国のツキノワグマ 
第5章 管理や保全のための試み
 1 非致死的管理の試み
 2 集落に誘引しないための取り組み
 3 危機的個体群の保全
 4 管理や保全のための普及啓発
第6章 これからどうつきあうか
 1 保護管理計画の現状
 2 管理や保全の課題
 3 モニタリングの課題
 4 人身事故を繰り返さないために

おわりに/引用文献、