書類送検の山梨市副市長が退職届|NHK 山梨県のニュース


なんで懲戒免職じゃないんですか? 共犯だよね。

まさか退職金貰ったりしないよね?

嘘付き、ズルして得する公務員ってやつですか?

最近、こんな連中が多すぎませんか?

おねだり・乞食公務員が偉くなるらしいよ。
補助金取ったやつが偉いんだと。
自分で稼げる地域にすることなんか何も考えていない。

今だけ、金だけ、自分だけ公務員とも言う。

書類送検の山梨市副市長が退職届

09月22日 12時12分

山梨市の職員採用試験をめぐる汚職事件で、受託収賄などの罪で起訴された前市長の指示を受け特定の受験者の試験結果を改ざんしたとして、今月、書類送検された飯島尚敏副市長(62)が来月1日付けで退職することになりました。

これは22日、飯島副市長が明らかにしました。
山梨市の職員採用試験をめぐっては、前の市長の望月清賢被告(70)が特定の受験者を合格させる見返りに現金80万円を受け取っていた受託収賄などの罪で今月11日、起訴されました。
この事件で飯島副市長は、望月前市長の指示を受けて特定の受験者の試験結果を水増しするなど改ざんした書類を作ったとして、虚偽有印公文書作成などの疑いで今月15日、採用担当の職員など4人とともに書類送検されました。
飯島副市長は山梨市のナンバー2として望月前市長が逮捕されたあと市長に代わって職務を執り行っていましたが、市の議会事務局によりますと、22日午前、議長宛てに来月1日付けで退職する届け出を提出し、受理されました。
飯島副市長は今月15日、書類送検されたあと報道陣から進退について問われた際には、「市長の代わりに職務を執り行っている立場として、責任を果たしたい」と話していました。
山梨市では来月1日に市長選挙が行われ、新しい市長が決まることになっています。






地方創生大全
木下 斉
東洋経済新報社
2016-10-07