大鹿村にリニアの勉強会に伺った



新渡戸稲造は札幌農学校2期生なので、直接クラーク先生にはあっていない。

しかし、クラークの先生の教えは脈々と続いていく。

新渡戸稲造のクリスチャン名である、パウロニトベとサインされた

訂正 サインはInazo Nitobeですね。

Boys, be ambitious!  北大総長室ににあるものはBoys, Be ambitious のようだ。

まさか大鹿村でみる事が出来るとは思わなかった。
中央構造線博物館の裏にある、大鹿村歴史民俗資料館“ろくべん館”にあります。

Nitobe