違う本のメモの予定でしたが、、、その本も凄いのだけれど。

これまで読んで来た本でベスト3に入るであろと思います。

くれぐれも最終章は電車等の人目があるところで読まないのが良いかと思います。

おいらは、知人と飲んだあとに横須賀線で読んでしまった。。。。

嗚咽を我慢するのが、、、、、

それなりにラブストーリーは色々と読んだけれど、これほどの作品は初めてである。
平野さんの思想信条や生き様を反映しているのだと思う。

最近、軽薄な言葉のメイルや嘘に満ちた発言に多く触れていたので心が清浄な空気と水に触れた気分である。


マチネの終わりに
平野 啓一郎
毎日新聞出版
2016-04-08