リニア、国交省への異議申立書 - 記事の裏だって伝えたい


ジャーナリストの樫田さんのブログより ご興味ある方はリンクよりどうぞ

以下記事 
国土交通省に異議申立書を。遅ればせながら、そのことをアップします。

 リニアが通過する東京都から愛知県までには、リニア計画に異議を唱える市民団体が10前後あります。この連絡網が「リニア新幹線沿線住民ネットワーク」。

 10月17日の国土交通大臣によりリニア事業が認可されてから、それら市民団体は幾度と会合をもち、前々から「やろう」と話し合っていた、認可の取り消しを求め国土交通省への異議申立書の提出を行うことを決めました。

 こちらから、その異議申立書をダウンロードできます。

 普通の署名と同じですが、印鑑が必要なため、お近くの団体に郵送しなければなりません。

 提出期限が12月16日なので、提出への準備のために、異議申立書をそれぞれの団体が受け取るのは12月 5日から10日が〆切です。団体によって締切日が違うので問い合わせてみてください。連絡先は下記にある通りです。
 
 記載事項は、

1,申立人の氏名(2カ所)と印鑑。申立人は成人に限られる。
2,年齢(12月16日時点)と住所
3,異議申し立ての理由  などがありますが、最後の

4,「意見陳述」を申し出るかどうかについてですが、これに「申し出る」に○をつけた場合、直接国交省に話をすることができます。

 また、沿線住民ネットワークが異議申立書を提出するには、来年以降を読んでいるからです。
 つまり、ネットワークとしては、事業取り消しを求めて「行政訴訟」をやりたい。そのとき、今回の申し立てをした方のみが行政訴訟の原告になれるのです。

  ただし、私は、10団体のそれぞれの送付先を把握してません。
 なので、これに賛同したいが、どこに送ったらいいかがわからない方は、以下の「リニア新幹線沿線住民ネットワーク」に加盟する10団体のどこかにコンタクトしてみてください。