土木ムラとリニアムラの合作でしょう。

しずおかハートNetさんがまとめられた本日の記事
国交大臣自らが土木出身ということからも分かりますね。



【記事まとめ】
『リニア中央新幹線 太田国交相が着工認可』

様々な問題を抱えたまま、リニア計画が、今日認可されました。
水源枯渇の問題、迷惑だけを受ける地域の出現、計画中にルート上が国際的自然保護地域に指定される、膨大な残土、などの問題はどうするの?
代替案は何も示されていないままです。

本日、『リニア新幹線の工事認可をするな!院内集会』が予定されています。
http://www.labornetjp.org/EventItem/1413462711503staff01

10月17日(金) 午後1時30分〜4時30分
参議院議員会館B(地下)108


_______________________

<リニア新幹線>「おいてけぼり」あせる関西
毎日新聞 10月17日 12時47分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141017-00000044-mai-soci

 ◇名古屋−大阪間の開業は45年を予定

 17日に着工が認可されたリニア中央新幹線は、東京−大阪間を67分で結ぶ「夢の超特急」だが、今回の認可は2027年開業予定の東京・品川−名古屋間だけだ。名古屋−大阪間の開業について事業主体のJR東海は45年を予定し、関西の自治体や財界が求める同時開業は一層遠のいたが、なお働きを続ける。

 大阪府と大阪市、関西財界は今年7月、「リニア中央新幹線全線同時開業推進協議会」を発足させ、国やJR東海に同時開業を働きかけている。関西経済同友会の村尾和俊代表幹事は「あきらめずに訴えていく」と話し、大阪商工会議所の佐藤茂雄会頭も「国家プロジェクトとして早期完成を目指してほしい」と認可は歓迎しつつ、「地方創生という新たな視点が加わった今こそ、西日本の拠点・大阪への同時開業が望まれる」と強調する。

 府は同時開業の経済波及効果を、東京−名古屋間の先行開業より全国で年間2150億円増えて約1・4倍になると試算し、利点を示して働きかける。さらに、JR東海が短期間での多額の建設費負担を懸念しているため、府・市は建設費の利子の一部を負担する考えも示している。松井一郎府知事は17日、「(大阪への開業が)一日でも早い方が、JR東海にも多大な利益になる」と話した。

 新大阪駅から東京に出張に向かっていた会社員、山本健司さん(34)=大阪市西区=は「月に2、3回新幹線を使って出張するが、1時間も短縮されると朝に余裕ができる。ゆっくりとコーヒーも飲めそう。開通は待ち遠しいけど、その頃はきっと退職してるんでしょう」と笑っていた。

 一方、名古屋以西の路線は、京都と奈良が綱引きを演じている。

 1973年の国の基本計画で新駅は「奈良市付近」とされ、2011年5月の国の整備計画で踏襲された。京都府と京都市、府内の経済団体などは「経済効果が高く関西国際空港へのアクセスもよい」と、京都駅ルートをアピールする。山田啓二知事は「関空も無く経済状況も全く異なる40年以上前の計画について、『決まったこと』として議論もしないなら政治家としての責任放棄だ」と言う。

 一方、奈良県内の新駅については奈良、生駒、大和郡山の3市が名乗りを上げている。しかし京都の誘致活動を受け、県内39市町村のうち33市町村長が昨年12月、大和郡山市に候補地を一本化するよう求める提言書を、荒井正吾知事に提出した。大和郡山市の上田清市長は「日本の大動脈の二重化が必要だ」と、東海道新幹線とは別ルートの整備を訴えている。【吉永康朗、熊谷豪、藤田文亮、宮本翔平】

_________________________

リニア新幹線、国交相が着工認可 
環境対策「問題なし」
朝日新聞2014年10月17日10時39分
http://www.asahi.com/sp/articles/ASGBK3F8XGBKUTIL00Q.html

 JR東海が2027年の開業をめざすリニア中央新幹線について、太田昭宏国土交通相は17日、JR東海の工事実施計画を認可した。大量に出る残土の処分などの環境対策や電磁波の安全性、資金面などについて、計画には問題がないと判断した。

 JR東海はただちに品川―名古屋間の工事の着手に向け、用地交渉や地元説明会を始め、年明けにも実際の工事を開始する方針。総工費約9兆円の巨大事業は、国の基本計画決定から40年余を経て建設段階に入る。

 南アルプスを貫く長大トンネル工事などでの環境配慮について、太田国交相はこの日の閣議後会見で「大臣意見で求めた環境への措置について、JR東海がすべて行うと言っていることを確認した」と述べた。

_________________________

リニア中央新幹線、太田国交相が着工を認可 2027年開業へ
産経新聞 10月17日(金)9時57分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl…

 太田昭宏国土交通相は17日の閣議後会見で、JR東海が2027年に東京(品川)−名古屋間の開業を目指すリニア中央新幹線の工事実施計画を同日付で認可すると発表した。これを受け、JR東海は今後、沿線での事業説明会を開くなど取り組みを本格化させる。品川−大阪間が全線開業すれば工事費が総額9兆円を超す巨大プロジェクトが動き始める。

 JR東海は8月26日、全国新幹線鉄道整備法に基づいて工事実施計画の認可を申請。国交省はこれまで、技術基準への適合▽環境への配慮▽工事費や工事の完了予定時期−といった面を中心に、慎重に審査を進めてきた。

 認可を得たことで、JR東海は近く、各地に工事事務所を設置。沿線での事業説明会をはじめ、測量や設計、用地取得、建設会社との工事契約などを進める。実際の土木工事の開始は年明け以降の見通し。品川−名古屋間の工事費は5兆5235億円としている。

 リニア中央新幹線は最高時速約500キロで走行。品川−名古屋間の所要時間は最短40分と、現行の東海道新幹線の最短1時間28分から半分以下に短縮する。JR東海は健全経営を維持するため、名古屋までを2027年、大阪までを2045年に開業する「2段階方式」を採用、同社が全額自己負担で建設するとしている。

________________________

リニア中央新幹線、工事実施計画認可へ…国交省
読売新聞 2014年10月17日 09時52分
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20141017-OYT1T50019.html

 国土交通省は17日、JR東海が東京(品川)―名古屋間で2027年の開業を目指すリニア中央新幹線の工事実施計画を認可する方針を固めた。

 太田国交相が同日午前の閣議後の記者会見で発表する。JR東海は、ただちに建設工事の手続きに着手する。リニアが開業すると、東京―名古屋間は約40分で結ばれる。大阪延伸は45年になる見通しだ。

________________________

リニア中央新幹線、国交相が着工認可 品川−名古屋
日経新聞 2014/10/17 9:49
http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040001_X11C14A0000000/

 太田昭宏国土交通相は17日、JR東海が2027年に東京・品川と名古屋間で開業を目指すリニア中央新幹線の着工を認可した。大阪までの全線開業は45年の予定。〔共同〕

________________________

国交相がリニア着工認可 品川―名古屋27年開業 総工費9兆円
スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/…/10/17/k…/K20141017009117810.html

 太田昭宏国土交通相は17日、JR東海が2027年に東京・品川―名古屋の開業を目指すリニア中央新幹線の着工を認可した。大阪までの全線開業は45年の予定。国の基本計画決定から41年を経て、東京―大阪を1時間余りで結ぶ総工費9兆円のプロジェクトが動きだす。日本独自の超電導リニア技術を高速鉄道に導入するのは世界初となる見込み。巨大都市圏形成に伴う経済活性化への期待と、採算性や工事による環境影響への懸念が交錯する中での事業着手となる。

 太田国交相は記者会見で「自然環境などへの影響が懸念されている」と述べ、地域の理解と協力を得ることをJR東海に求める方針を示した。

 JR東海は8月26日に名古屋までの工事実施計画の認可を申請し、国交省が技術や安全面から可否を審査していた。今後、沿線住民への説明会などを経て、数カ月後に用地取得や工事が本格化する見通し。

 工事実施計画によると、名古屋までの工費は車両費などを含めて5兆5235億円。JR東海が全額負担する。全ルート286キロのうち86%はトンネルで、南アルプスを貫く工事となる。都市部では用地買収が不要な40メートル以上の大深度地下を通る。

 車両に超電導磁石を搭載し、磁力によって浮上させ、最高時速500キロ超で走行する。品川―名古屋の最短時間は現在の東海道新幹線の1時間28分から40分に、大阪までは2時間18分から1時間7分に縮小する。

 政府は6月に閣議決定した成長戦略でリニアの早期整備を盛り込んだ。巨大都市圏形成により国際競争力を強め、海外から投資を呼び込む考えだ。

 一方、人口減少が進む中での巨大プロジェクトに対し、有識者からは需要や採算性、大量の電力消費を疑問視する声が出ている。工事に伴う自然環境や地下水脈への影響に対する懸念も残る。

 大阪延伸については、関西の政財界を中心に、国が財政支援して前倒しするよう求める声が強い。名古屋―大阪の工費は約3兆6千億円とされる。

[ 2014年10月17日 09:59 ]

________________________

国交相リニア着工認可 東京−名古屋40分
日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/…/f-gn-tp0-20141017-1383125.html

 太田昭宏国土交通相は17日、JR東海が2027年に東京・品川−名古屋の開業を目指すリニア中央新幹線の着工を認可した。大阪までの全線開業は45年の予定。国の基本計画決定から41年を経て、東京−大阪を1時間余りで結ぶ総工費9兆円のプロジェクトが動きだす。日本独自の超電導リニア技術の高速鉄道への導入は世界初となる見込み。巨大都市圏形成に伴う経済活性化への期待と、採算性や工事による環境影響への懸念が交錯する中での事業着手となる。

 JR東海は8月26日に名古屋までの工事実施計画の認可を申請し、国交省が技術や安全面から可否を審査していた。今後、沿線住民への説明会などを経て、数カ月後に用地取得や工事が本格化する見通し。

 名古屋までの総工費は5兆5235億円。JR東海が負担する。全ルート286キロのうち86%はトンネルで、南アルプスを貫く工事となる。都市部では用地買収が不要な40メートル以上の大深度地下を通る。

 車両に超電導磁石を搭載し、磁力によって浮上させ、最高時速500キロ超で走行する。品川−名古屋の最短時間は現在の東海道新幹線の1時間28分から40分に、大阪までは2時間18分から1時間7分に縮小する。(共同)

 [2014年10月17日9時44分]

___________________________

ホットストック:日コンベヤが上げ幅拡大、国交省のリニア着工認可を材料視
2014年 10月 17日 10:04 JST
http://jp.reuters.com/arti…/stocksNews/idJPL3N0SC09O20141017

[東京 17日 ロイター] - 日本コンベヤ が上げ幅を拡大。太田昭宏国土交通相が17日、東海旅客鉄道 が2027年に東京・品川─名古屋の開業を目指すリニア中央新幹線の着工を認可したと伝わり、関連銘柄として買いが集まった。

共同通信によれば、大阪までの全線開業は45年の予定。国の基本計画決定から41年を経て、東京─大阪を1時間余りで結ぶ総工費9兆円のプロジェクトが動きだすという。