『役人の掟』を書いた元経産官僚、原英史・政策工房社長が語る 「なぜ官僚は国民の利益より業界のシガラミを優先するのか」  | 磯山友幸「経済ニュースの裏側」 | 現代ビジネス [講談社]


古賀茂明さんとも仕事をしていた原さん。
何冊が本は読ませていただきましたが、立ち位置は古賀さんなんかと同じです。
そういえば、新潟の泉田さんも経産省、政治家の江田さんも経産省でしたね。
慶応の岸教授とかも。

本来であれば、経産省をしょって立つ様な方なのに。。。

業界とべったりな官僚に関しては古賀さんも何度も著作の中で指摘してきた。

一番、損をしているのは国民だと言う事を、寄りかかり民主主義、あるいはお任せ民主主義では永遠に分からないでしょうね。

官僚国家日本を変える元官僚の会なんてのがありますね。