GW大人見(笑)

倉本さんの思想を再確認したく。

神楽坂、石畳、人間模様

やっと5話まで見ました。

優しい時間の二宮君がさらに凄い?

追記
結局29日に全11話を見たのだけれど、倉本作品には珍しく自然が出てこないのですね。
だからある意味、人間だけの社会のドラマ。
家族、都会、労働、時間、貨幣 そして都会が作りだす病
脳化社会が作り出す都会の中で生きざるを得ない人々。
家族制度、社会制度の中で差別や偏見が見え隠れするシーンを上手く倉本さんが映像にしていました。
八千草薫さんと森光子さんの1対1での会話のシーン(愛人対正妻)が凄く深く感じました。
二宮君と黒木メイサの鎌倉のシーンも良く出来ていました。


拝啓、父上様 DVD-BOX
二宮和也
ポニーキャニオン
2007-08-01