しずおかハートNetさんより
リニア静岡




考えてみようリニアのこと 静岡県民として

リニア中央新幹線は静岡県をトンネルでわずか10劼曚苗眠瓩垢襪里澆任后
しかも長野県境、山梨県境 近くの東海パルプ社有林の中
⇒じゃあ、関係ないよ! で、いいのかな? 何かがおかしいよ

南アルプス世界自然遺産の登録地候補だけど大丈夫?
静岡市は市域の70%が森林。
じつは森林都市なのです。

豊かな森林は、土砂流出や土砂崩れを防止し、雨水の浄化・保水機能を持ち、風や温度の調節があります。
そこで育まれた生態系は自然の水循環、物質循環の調節をすることで、ずっと下流の静岡市民の、もちろん流域市町の生活圏を安全に保ってくれています。

また、南アルプス地域は、世界的にも貴重な地形・地質、世界でも希少な動植物の生育地です。

南アルプスに穴をあけちゃって、だいじょうぶかなあ?

リニアは絶対ペイしない!
JR東海も認めちゃっています。
会社は大丈夫?

リニアの消費電力は、大きそうだけど、浜岡原発は、当てにしないでね。
消費電力については、JR東海の説明と、これに反する諸説があります。
秘密なの? リニア推進のJR東海会長・葛西敬之氏は、バリバリ「原発推進派」 怖っ!

リニアはそんなに素晴らしいのか?
計画は40年も前に作ったもの。
直線走行で時速500劼リニアの自慢ですが、それは現在の鉄道で可能です。
「リニア」である必要なし!

計画時には
仝什澆里茲Δ僻行機の利便性向上を予想してなかった
⊃郡汗の代用で直線専用線走行が念頭だった
車輪の鉄道で、かなりの高速化が可能になることを考慮していなかった

2008年、ドイツはリニア計画を断念しています。
理由は
ー要予測が過大だった
建設コストの増大・赤字確実
在来線との乗り継ぎができない
ち音、電磁波、自然破壊の影響が大きい 計画が甘かった?
そのドイツの断念の理由は、日本にもぴったり当てはまるね!

大井川下流域、7市63万人の水、毎秒2トンの水、どうしてくれるの?
2013/11/8静岡新聞で「リニア渇水 大井川流量減少を予測 下流域市町等から懸念噴出」の報道がありました。
川勝平太静岡県知事は、リニア環境アセス・前段階のリニア審議会・静岡県地元意見聴取で、環境影響、南アルプス自然遺産登録計画等には、一切触れませんでした。
心配ですね。

63万人は、静岡県の人口の5人に1人です。
わたしたちの問題だよね!

みんなで考えよう!!

お問い合わせご連絡はこちらへ
リニアネット・静岡 080-2669-5479 sizenmokawamo@gmail.com