レンタル

倉本聰脚本『北の国から』『優しい時間』に続く、富良野三部作の集大成とのこと

生きるとは、死ぬとは。
生かされている自分をいつ感じるのか。
森があり、川があり、海がある。

沢山の倉本哲学が込められているのだろう。

映し込まれている森、草花、清流、里と都会、涙、笑顔。
時間、労働、貨幣 そんな本質的な視点をゆっくり動くカメラワークが捉えているようにも思えた。

自然の中で素直になれる人間でありたいと思った素晴らしい作品でした。




風のガーデン DVD-BOX
中井貴一
ポニーキャニオン
2009-04-15