公共事業改革市民会議 - Home

良いweb紹介


税金で公共事業は行われる。

当然優先順位や費用対効果や費用便益分析が行われる。(ただし注意しないとデタラメな数字で騙される)

経済成長ゼロ時代をむかえインフラ崩壊(既存のインフラが耐用年数で壊れたり、違法建築で耐用年数すら維持できない)の時期に突入している。

それでも政府は優先順位を無視した巨大公共事業を強靭化という防災、減災という耳障りの良いテキストを用いて進めようとしている。

孫子の代へ負の遺産だけを残す。
いや孫子の時代には日本という枠組みは既に存在しないのかもしれない。