お金は日本(JBIC)にまったく触れていません。2月24日

アメリカの工事や雇用のために不要なリニアをどうして技術提供するのでしょう?
そして、世界が開発を止めたリニア技術をアメリカの産業界が必要とする?

結局リニアが必要ではなく、リニア工事が必要なアメリカなんですよね。


以下記事
JR東海に追い風 首相、米にリニア技術提供提案

 安倍晋三首相は22日の日米首脳会談で、米国の高速鉄道整備計画に協力し、超電導リニアモーターカーの技術を提供することを提案した。東海旅客鉄道(JR東海)は23日、「これを機に大きく進展することを期待しており、全面的に技術支援する」とコメントした。JR東海は米国で超電導リニア技術を売り込んでおり、念願だった高速鉄道の受注が前進する可能性が出てきた。

 JR東海は距離や人口などからリニアに適した路線として、ワシントンとボストンを結ぶ「北東回廊」の約730キロに照準をあわせている。入札や建設の時期がいつになるかは不明だが、第1弾となるワシントン―ボルティモア(約60キロ)での受注を目指している。

 米側が主体となる国家プロジェクトを想定し、現地のコンサルティング会社と組み、政府関係者らに技術や利点を説明してきた。1月には葛西敬之会長が訪米するなど働きかけを強めており、「首脳会談で具体的に提起されたのは大きな前進」(JR東海)になる。

 JR東海は2027年にリニア中央新幹線の品川―名古屋間の開業を計画しており、海外展開も見据え、ノウハウを蓄えている。