リニア計画凍結目指す、沿線住民6団体がネットワーク結成集会/相模原 (カナロコ) - Yahoo!ニュース


どんどんと追い込まれるJR東海とリニア作りたいムラの人達。
リニア新幹線が欲しいのでなくリニアの工事が欲しい人たちが問題。これは被災地で地元の人たちが不要だと言うのに推進される巨大防潮堤と同じ構図ですね。
もちろん現在の強靭化計画を進める土木ムラと同じ。

以下記事
JR東海が計画するリニア中央新幹線に反対する沿線住民でつくる「リニア新幹線沿線住民ネットワーク」が発足した。10日には、中間駅設置が内定している相模原市緑区の橋本駅前、ソレイユさがみで結成集会を開催。県内外から6団体が集い、リニア計画の凍結・中止を目指す結成宣言を採択した。

 リニア中央新幹線は2027年に東京−名古屋間で開業を予定。45年には大阪まで運行する計画だ。県内は川崎、相模原市の大深度地下を通るルートで、橋本駅周辺に新駅設置が内定している。

 ネットワークに参加したのは県内と東京、山梨、長野、岐阜の沿線で反対運動に取り組む6団体。結成集会で開かれた講演とシンポジウムで計画の問題や疑問点が指摘された。

 脱原発を訴える作家の広瀬隆さんは「みなが省エネの知恵を絞り、原発をやめようという時代に、大量の電力を使うリニア計画は許されない」と提起した。

 物理学者で独立行政法人・産業技術総合研究所の阿部修治さんは「狭い日本に弾丸列車は必要か。地震国で安全は担保できるのか。科学技術信仰が暴走しているのでは」と指摘。千葉商科大大学院客員教授の橋山礼治郎さんは「世界にリニアに関心があるのは日本だけ。需要も必要性も疑問。政治が計画の再検討を命じるべきだ」と説いた。

 参加団体の一つ「リニア新幹線を考える相模原連絡会」の浅賀きみ江さん(63)は「多くの団体と連携することで運動の輪が広がる。計画凍結のため、政治に働き掛けるとともに反対の世論を盛り上げていきたい」と話していた。