図書館本

中野氏(1964-)は労働省に入省したキャリア官僚で、その後公募に応じて大学教官との事。

昨今(昔は大蔵省支配?)よく言われる財務省支配とか指導というテキストが何を意味するのか、それを著者のこれまでの経験を元に考察しているといったところだろうか。

中野氏自身が指摘しているように、なかなか財務省の中の人、あるいは脱藩官僚からの財務省批判の声は聞かれない(高橋洋一氏くらいだろうか)。それに比して、昨今の脱藩官僚あるいは現職官僚からは財務省批判や所属省庁批判が行われているように思う。
特に最近では経産省に居た古賀さん、原さん、経産省出身で議員の江田さん(「財務省のマインドコトロール」)などが官僚制度を含めた問題点を書かれている。

果たして、財務省の官僚が恣意的に何かを画策して政治家や経済界を利用して自分たちの思い通りの日本にしようとしているのか?あるいは私利私欲のために何かをしようとしているのか?
おそらくは中野氏が指摘するように、一部のメディアや識者の言動がそのような雰囲気を作り出しているようだ。
また、役所のご説明工作も(中野氏自身は現在ご説明は聞かないことにしているそうだが)、政治家や評論家にもそれほど大きなインパクトは与えないのではないかとも指摘している。

確かに財務省支配論が本当であれば、ここまで財政が悪くなるとは考え難い(とっくに増税やら社会保障費削減等を実行しているだろう)。

なので今回の野田政権による増税は、一部巷で言われているように、野田さんの歴史の中での評価を狙ったとの見方もあながち間違っていないだろう。

そして現在関西に在住の中野氏が大阪地域で感じる淀んだ空気の原因は社会の閉塞感であり、橋下市長たたきをする人達こそが既得権益者であるという認識がすすんでいる現状なのだろう。

そんな閉塞し淀んだ社会を成績エリート達の集団である財務省官僚が利他的にそしてノブレスオブリージュな行動をする事が少しでも明るい社会を作るのかもしれない。そんな事を感じた一冊である。

そして本質的なところに、民主党政権前の大蔵省ー自民党という巨大産業が存在していたことは歴史の事実であろう。

財務省支配の裏側 政官20年戦争と消費増税 (朝日新書)
財務省支配の裏側 政官20年戦争と消費増税 (朝日新書)
クチコミを見る