リニア走る姿見られない? フードかぶる高架部分  - 山梨日日新聞 みるじゃん

既成メディアやJRなどは都合の悪いことを絶対言いません。
計画当初から分かっていたことでしょう。

そして、そんな文脈で質問されると、うまく詭弁で通り抜ける。

フードを取って走るのみたいですか?
素晴らしい騒音と電磁波のタダ漏れ状態で、きっと土地は値下がり、野性動物は居なくなり、住民訴訟の嵐なのでしょうね。

フードを取って喜ぶのは、乗客が少しだけ景色が見えるだけ!

さて、フードをしても漏れる、騒音や電磁波はどう処理するんでしょう?

以下記事
リニア走る姿見られない? フードかぶる高架部分 
地元反応「観光資源が…」「騒音防止に」


 リニアの走る姿は見られない? リニア中央新幹線の一部となる山梨リニア実験線の延伸区間の工事で、リニアモーターカーが走る高架に、コンクリート製の覆い「フード」を取り付ける作業が進んでいる。走行による騒音防止などが目的で、これから始まる本線でも同様の工事が行われ、地上区間の一部では通過するリニアがフードに隠れて見られなくなる見通しだ。「走行風景を観光の目玉として売り出したい」との思惑があった地元関係者からは落胆の声も聞かれるが、沿線に暮らす住民は「騒音対策として不可欠」としている。