山梨県/県産農産物(養殖魚)の放射性物質検査の実施について


養殖魚は飼料で育ちます。
水生昆虫などを殆ど食べないでしょう。
だから放射能汚染しないはある意味当然です。


そして相変わらず富士五湖の淡水魚の放射能検査を継続的に行わない。

芦ノ湖はやっています。

風評被害は透明性と情報公開でしか防げないと思うのですが、この県のやり方は姑息すぎませんか?



水産省発表(ここの7月25日を見てください) 多くの淡水魚(イワナ、ヤマメ等)が大きく基準値を超えています。福島だけじゃなくて宮城や栃木も。