湛山平和賞創設へ - NHK山梨県のニュース


母校の大島校長はクラーク博士に習い、石橋湛山先生はその大島先生に習った。水上達三氏は湛山先生に習った。

水上達三と石橋湛山に関しては、こちら。 そして、こちらも。

そしてboys be ambitious! の意味を忘れてはいけないのだけれど。一高生よ!

湛山先生の後輩への手紙。

リンクが直ぐに切れるので転載
湛山平和賞創設へ

26日で開館5周年を迎える山梨平和ミュージアムは、山梨県出身の元総理大臣、石橋湛山にちなんだ平和問題や国際関係の優秀な論文を表彰する石橋湛山平和賞を創設し、中学生以上を対象に全国から募集することになりました。
甲府市の山梨平和ミュージアムは、戦争と平和について考えてもらおうと5年前の平成19年5月26日にオープンしました。
石橋湛山記念館の別名が付けられ山梨県出身の元総理大臣で平和主義の論客として知られた石橋湛山の資料も展示されています。
ミュージアムでは「5周年の記念に」と石橋湛山平和賞を創設し、全国から広く論文を募集することになりました。
論文は湛山にちなんだ平和問題や国際関係について中学生・高校生が対象と大学生・一般が対象の2つの部門で募集し、選考委員は作家の井出孫六さんや県立大学の伊藤洋学長などが務めます。
山梨平和ミュージアムでは7月から9月いっぱい全国に応募を呼びかけ12月までに最優秀賞と優秀賞、それに佳作の受賞者を発表することにしています。

05月25日 09時05分