自民:国土強靱化法案、6月提出− 毎日jp(毎日新聞)

京大の藤井さんの本と同じですかね?
公共投資でGDPは一時的に上がることはあるけど、その後に反映しないと高橋洋一さんが書いていたように思う。
人口激減社会でコンクリートで固めまくって、維持管理費も未来に先送り。
震災に対する準備や投資は必要なのは言うまでもないが、過去の公共事業と同じ構図(未だにその借金は返却されていない)が見え見え。



自民:国土強靱化法案、6月提出

毎日新聞 2012年05月23日 22時16分(最終更新 05月23日 22時57分)

 自民党の国土強靱(きょうじん)化総合調査会(会長・二階俊博元経済産業相)は23日、党本部で会合を開き、東日本大震災などを踏まえ、災害に強い国土づくりを目指す「国土強靱化基本法案」をまとめた。10年間で総額200兆円をインフラ整備などに集中投資する方針で、6月上旬に国会に提出する。

 法案では、政府が国土強靱化戦略本部を設置し、全国の防災力強化や「国土の均衡ある発展」を目指し、具体的な事業や実施期間に関する基本計画を策定すると明記。計画に基づき、国や自治体が高速道路の未整備区間の解消や公共施設の耐震化などを進め、公共投資による需要創出でデフレ脱却を図る。【中井正裕】