図書館本

久繁哲之介さんが新聞にリニア新幹線開設における経済効果が地方都市では逆に空洞化による衰退がありうると指摘していた。僕もまったく同様に考えていたし、中間駅など出来ても1時間に1本しか止まらないというリニアがまったく不可解だった。

そんな訳で、本書を読んでみたわけである。
250ページに及ぶ資料集と言っても良いかもしれない、そして久繁さんの地方都市への熱い思い入れを感じる。

まちづくり理論集、まちづくり資料集という構成

幾つか気がついた点をメモ

自治体の30%が市民のライフスタイルを知ろうともしない(アンケートはするが、職員が歩きもしないところも多い)

5つの社会変化; 車社会、インターネット社会、グローバル社会、格差社会、カップル現象社会

スローシティ5つの要件;ヒューマニズム、スローフード、関与(文化、参加)、交流、持続性

巣鴨の例が面白い
市民の参加は必須(行政主導でない)
公共空間を市民ライフスタイル発現の場に
自主、自立、自考の精神




目次
まえがき ―まちづくりの考案者は、専門家から地域市民へ

序 章 まちづくりは地域市民のライフスタイルを尊重し実現する手段
 1 欧米と日本のライフスタイルの違い
 2 なぜライフスタイルの違いを認知できないか
   
第1章 西欧に根づく「スローシティの精神」
 1 スローフードの精神
 2 サードプレイス
 3 パッセジャータ
 4 公共空間を市民ライフスタイル実現の場と位置づける
 
第2章 市民ライフスタイルを知らない日本のまちづくり
 1 ライフスタイル店舗にはスローシティの精神がある
 2 ケーススタディ:2つのコンパクトシティ
 3 「消費の場」分析:街中vs郊外、大都市、在宅
 4 アンケート調査で市民ライフスタイルはわかるのか
  
第3章 スローシティの取組みが必要な理由
   ―ライフスタイルを変える5つの社会変化への対応
 1 「消費の場」分析
 2 車社会:消費の郊外化
 3 インターネット社会:消費の在宅化
 4 格差社会
 5 グローバル社会
 6 カップル減少社会
  
第4章 地域固有の文化・風土を活かしたスローシティ事例
 1 再開発高層ビルはスローシティとは対極のファストシティ
 2 スローシティは大都市でも可能「原宿と巣鴨」
 3 スローシティの精神が根づくまち「巣鴨」
 4 供給者と消費者を繋ぐ交流空間「高知市の街路市」
 5 若者も都市に関与できる「福岡市の裏通り」
 6 裏通りも楽しい「小布施」
 7 感交地「美山」
 8 スローシティとファストシティの「不動産価値の高め方」比較

第5章 スローシティを実践する「コミュニティ」事例
 1 まちの活性化にコミュニティは欠かせない
 2 大資本店舗も「まちのガイドライン」を守る風格漂うまち
   ―旧居留地連絡協議会(神戸市)
 3 駅前と繁華街の狭間で衰退したまちがサードプレイスに再生
   ―名古屋織物共同組合、長者町まちづくりカンパニー(名古屋市)
 4 若者を集め、まちの新しい文化を創出 
   ―柏駅周辺イメージアップ推進協議会、ストリート・ブレイカーズ(柏市)
 5 元祖「昭和レトロ文化」の創造から活用までを学ぶ   
   ―門司港レトロ倶楽部(北九州市)
 6 阿波踊りは年1度、川を通年型観光資源として創造 
   ―新町川を守る会(徳島市)
 7 大型温泉地との差別化で人気のスローな温泉地 
   ―明日の由布院を考える会(旧湯布院町)
 8 浅草おかみさんは「地方アンテナショップ」生みの親 
   ―浅草おかみさん会(東京)
    
第6章 スローシティ実現に向けて
 1 まちづくりの主役は市民、開放型コミュニティを創ろう
 2 コミュニティが運営する西欧型地域スポーツクラブを創ろう
 3 地域固有の文化・物語を発掘・創出しよう
 4 公共空間を市民ライフスタイル実現の場にしよう
 5 ブライアントパークに感じるスローシティ精神

索引
あとがき

日本版スローシティ―地域固有の文化・風土を活かすまちづくり
日本版スローシティ―地域固有の文化・風土を活かすまちづくり
クチコミを見る