ルポ 下北核半島 鎌田慧 斉藤光政 岩波書店 2011年8月
図書館本

読んで思った事。
自分の無知と無教養、そして無関心がとんでもない負担を地方に押し付けていたことを。
東京電力がなぜ青森に必要なのか?
むつ市、六ヶ所村、大間、東通、むつ小川原開発。

青森県が核の捨て場にされ、原発が誘致され、さらには戦争の前線基地として日米が最新鋭兵器を配備しアジアを越えてアフガン、イラク戦争に係わっている。軍用基地やレーダーサイト。

原発や再処理問題を鎌田さんが、米軍基地、自衛隊関係を斉藤さんが書かれている。

六ヶ所の核基地化は政府と財界の規定方針だった。下河辺敦氏の後援等より。
三点セット(ウラン濃縮工場、低レベル放射性廃棄物埋設センター、高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター)から五点セットへ(MOX燃料工場、再処理工場)

大間原発反対運動;故熊谷あさこさんが娘の小笠原厚子さんと建てられたログハウス(あさこはうす)の話。

思いやり予算、交付金といったものはすべて税金であり、基地や原発に依存しないと生活できないように誘導した国や企業、でも実は一人ひとりの国民が選挙で選んだ政治家であり、拝金主義化した日本全体の問題が青森であり沖縄なのだというのが事実なのだと3.11を経験した多くの人が認識したのではないだろうか。

鎌仲ひとみさんの「六ヶ所村ラプソディー」も是非。

ルポ 下北核半島――原発と基地と人々
ルポ 下北核半島――原発と基地と人々
クチコミを見る

六ヶ所村ラプソディー [DVD]
六ヶ所村ラプソディー [DVD]
クチコミを見る