一時はバス釣り芸能人様達が頻繁に訪れた国立公園
ブームが去れば、このありさま。
ブラックバスを放流してまで銭もうけした漁協。

爆音をとどろかせて走るバスボートも要らないし、バス釣り人もいりません。なぜ富士五湖に世界中から観光客が来るのか?
俗化した観光地はやがて廃れる事は歴史が証明しているんだけど。

以下NHKニュース

河口湖“遊漁税”廃止へ

平成13年以降河口湖を訪れる釣り客から入漁料とともに徴収していた遊漁税について、徴収業務を委託していた湖の漁協が「町内のほかの湖では徴収していないのに統一性を欠く」などとして徴収を行わない姿勢を示したことから富士河口湖町は7月以降の徴収を断念しました。
河口湖の遊漁税は自治体が独自に導入できる「法定外目的税」として富士河口湖町が平成13年に全国に先駆けて導入しました。
当時、年間20万人ほど訪れていた釣り客を対象に入漁料に上乗せするかたちで200円ずつ徴収し、湖周辺の駐車場やトイレなどの整備や維持にあててきました。
しかしことしに入って徴収業務を委託していた河口湖漁協から「町内のほかの湖では徴収していないのに統一性を欠く」などとして7月以降、徴収を行わないと通知があり、町はほかの方法を使ってでも徴収を続けるべきかどうか検討してきました。
その結果、釣り客が導入当時の4分の1に減り、税収入自体が少なくなっていること、また駐車場やトイレなどもある程度整ったことも考慮し、徴収の継続を断念したということです。
遊漁税の廃止は来月開かれる町議会に条例案として提案するということです。

05月19日 11時56分