河野太郎ブログ、経産省が隠蔽した文書の全文

経済学は分かりません。
でも、永遠に無くならない補助金というシステムが存在するとすると、それはトンデモ無い事だとおもいいます。

補助金で成り立つ産業があるようですが、実はそれを産業とか事業と呼んではいけないのではないでしょうかね。

産油国でもレアメタル産出国でも無い日本がサバイブするには付加価値をつけて海外に売る事しかない様に思うのですが、いかがでしょうか?
そして、そんな事が出来る企業からの税金で国が成り立っているわけでしょう。
税金泥棒(タックスイーター)が元本を完全に使い切っているのが現状だと思うんですよ。

一体、日本(いつまで続くのかな)はどこに向かうんでしょうかね。