図書館本

いけちゃんとぼく、の西原さんである。
現在TV放映中の崖っぷちのエリーの主人公である。

FXなんていう人間が作り出したバクチで儲からないということを
声高々?に描いている。
でも、西原さんは漫画で儲けるのである。
結局損はしないである。

バクチという装置は胴元が基本的には儲かる仕組みが出来上がっている。
公営ギャンブルを見れば良く分かる。

遊べる金がある人だけが本来は遊びとしてやる分野である。

パチンコにしてもFXにしても既に娯楽という部分は殆ど無いのである。
まあ、FXなんて完全な銭にためのバクチで楽しむという文脈も文法も
ないとは思うけど。

良い子(良い大人)の皆さんは、漫画としてだけ読まれるのが良いのでしょう。

西原理恵子の太腕繁盛記 FXでガチンコ勝負!編
西原理恵子の太腕繁盛記 FXでガチンコ勝負!編
クチコミを見る