TBS「歸國」
録画しておいたテレビドラマを見た。
発展とは何か、進歩とはなにか、そして幸せとは何か。
戦後65年、忘れ去られる戦争。
未だに戦争の評価が定まらないようにも思う。

何かを捨てないと、何かが得られないのだろうか。

もし、そうだとするならば、長渕剛が言ったように

「便利」と「発展」どちらかを捨てるべきなんだろうな。

便利という文法を変更して、考える事なんだろうな。

宮本常一も同じ事を日本中を歩いて感じたんだと思う。

信州上田の無言館もドラマの中で重要な位置を占めていましたね。