メチル水銀:鯨の町・太地、一部住民の毛髪から平均の4倍 - 毎日jp(毎日新聞)
確かに妊婦における海産物の摂食基準(キンメダイだかに水銀が多いとか)があったように記憶している。
いわゆる開発途上国も以前の日本の様になんら基準を設けずに、川や直接海に有害物質を流し込んでいるのだろう。

きっと、マグロになんかも地域によって水銀の蓄積量が違うのだろうね。

結局人類は科学を信仰しながら、廃棄物や現時点でコストのかかる処理等の事は先送りにしているわけだ。