これまで酷い肩こりというものになった事がない。

しかしである。
先月以降、やたらと肩が痛いのである。

おそらく眼の疾患で、眼の使い方が変わった事(右目と左目の使い方がおそらく違うのだろう)で肩の筋肉にも影響しているのだ。

あるいままた、単なる老齢化による筋肉の委縮ないしは疲労。

インドメタシンの軟膏やら湿布という秘密兵器を導入しても痛いのは
なかなかとれません。

水のシャワーだけしかないというのも若干理由づけにしたいところでもある。

たまには足の延ばせるバスタブに花王のバブを入れてゆっくり浸かりたいと思う今日このごろである。
そして出来れば肩もみマッサージをしてもらいたい。

アムステルダムの知人宅にはなんと高級マッサージ機がありました。
最近の機械は良くできています。かなり疲れが取れました。
でもやっぱりヒトの手によるマッサージには叶わないですね。

こんな文章をタイプしているからさらに肩が凝るというのも間違い
ない事実です。