初めてこの国に来た1984年 もちろんスーパーマーケットなどなかった。
買い物するにはいつもヒトとヒトとの会話があって成立するということが
あたりまえだった。
10年まえ、中規模なスーパーマーケットは有った。でも、やはり細かいものや、ある種専門的なものは別の店でマンツーマンでの会話の中で買い物が
成立していた。
今は大型のショッピングモールが出来て、多くのものが、手に取れ、カートに入れ、そしてレジで無言でお金のやり取りである。
もちろん、レジの女性は挨拶をすれば、ちゃんと答えてはくれるのだが。

便利というものは、やはり、何かを失いながら進むのだろう。

パックされた食品があることが良いことなのか、ふと疑問に思ったのである。
野菜チキン