涙の別れ、ノーマン・ボーログ博士の辞任-日本財団会長 笹川陽平ブログ
SG2000で知られる農業プロジェクト。以前ガーナ等で直接活動をされている日本人の方にガーナの我が家でセミナーをしていただいた事がある。気負いもなく、ODAの悪口も言わず、これがまさに援助という枠組みを超えた人と人との協働なのだと思った。
確かに金は必要である。でも最終的には人がすべてなのであると確信した若かりし頃である。