27b40899.JPGなんとも情けないプレスリリースです。
臨床試験の第2相試験の中止です。すなわち第3相に進まない。

大会社のメルクが試みた、アデノウイルス5型(複製能なし)をベクターとして用いたものですが、3千人のHIV陰性ボランティアでの治検で感染防御効果なし、感染後のウイルス量の減弱なしという散々たるものでした。

いかにワクチン開発がHIVの場合難しいのかがわかります。
1983年にウイルスが発見されて以来、すでに20年以上経ちました。
根治は出来ないまでも、発症を抑える薬は開発されましたが、一生飲み続けなければいけないし、副作用の問題、薬剤耐性ウイルス出現の問題など難問山積みです。

教育と言う予防医学がもっとも重要なことは言うまでもありませんが、薬にも、十分な教育にもアクセス出来ない多くの子供や青少年に何とかサポートしたいものです。